い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/05/19(金) 04:28 ”こち亀”トリビア
第2回”こち亀”トリビアの時間がやってまいりました。
さて、前回の記事では、両津の年齢を紹介しました。
ですので今回は中川・麗子・大原の年齢を紹介したいと思います。

まあ、前回の記事から1ヶ月経っているのは仕様です。
と言うか、私としては早い方だと思ってます。



続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:6   トラックバック:0
2006/04/17(月) 04:46 ”こち亀”トリビア
さて、マンガには独自の時間軸というものが存在します。
例えば名作”めぞん一刻”だと、現実とリンクして年が過ぎてゆき、それに合わせて、きちんとキャラも年を取っていきます。
対して”うる星やつら”だと、毎年毎年同じ学年を繰り返します。
たとえ何回クリスマスやら、バレンタインやらをやろうとも一向に年を取りません。

さて、ここに「週刊ジャンプ」が誇る長期連載マンガ”こち亀”が有ります。今年で何と30年を数えます。30年間1度も休載はありません。同誌で連載中の誰かさんに見習わせたいです。

さて、このマンガの時間軸はどうなっているのでしょうか。
長期連載という事で、何度もお正月や、クリスマス、さらには毎年、両津の誕生日ネタがあります。
しかし、キャラは一向に年を取っている気配がありません。
いったい、両津は何歳なのか。
今回は”こち亀”トリビアと称して、そこを検証したいと思います。

え?単に知識を披露したいだけだろうって?
あえて否定はせんよ。

だってマニアってのはそういうモノだもの。



続きをどうぞ

コメント:6   トラックバック:1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。