い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/02/28(火) 04:10 コミックレビュー
マンガ家の小野寺浩二氏をご存知でしょうか?
萌えの第一人者にして、フェチの申し子(と、私が勝手に思っている)マンガ家です。
氏は、その自作の中でたびたび、熱く熱く萌えやらフェチやら語ってきました。
そんな中でも特にすごいのが”妄想戦士ヤマモト”です。
かつて「アワーズライト」に連載されていましたが、雑誌の休刊と共に終了しました。しかし、人気があったためか、「ヤンキンアワーズ」で見事に復活を遂げ、今回改めて最終回を迎えました。
そんな訳で今回はこの作品の紹介を。
妄想戦士ヤマモト
少年画報社刊/小野寺浩二氏


[作品概要]
この作品は登場人物が、熱く熱く、暑苦しいほどに萌えを語り尽くすギャグマンガです。本当にそれだけのマンガです。
萌えを題材にしてはいますが決して萌えマンガではありません。あくまでもギャグマンガ、です。




続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:2   トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。