い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/06/30(金) 02:33 その他のマンガ
さて、今週も面白い展開をみせた”LIAR GAME”。
今回も考察・感想を少々。
ってか、全然考察してないなぁ。



続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:0   トラックバック:0
2006/06/29(木) 06:46 ゲーム全般
はい、という訳で、前回、とんでもない電波女を仲間に加えた一行。
まだまだ続きます。
もう電波のレベルが完全に笑えないトコまでいってしまった感がぬぐえない。高レベル過ぎて常人には理解不能です。内容も話も。

プロローグ編
天野香織編
遠藤美咲編


[今回のキャラ]
DSC01304.jpg

真行寺霞。
硬派な生き方にあこがれる、姉御肌の女の子。
少々偏った正義感と使命感をポリシーに、スケバン達の良きリーダーとして活躍している。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/28(水) 06:34 ゲーム全般
という訳で、”東京23区制服WARS”レビューの続きを。

プロローグ編天野香織編を見てから、この記事を見てネ。


[今回のキャラ]

DSC01305.jpg

遠藤美咲。
フランス生まれの帰国子女。
制服自由化組織H・E・L・Pの幹部だったが、現在は行方不明。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/27(火) 04:08 コミックレビュー
ぷちもも くまさんちーむ
角川書店刊

[この本は]
いろんな作家が描く、美少女キャラが活躍する読みきりマンガを一冊にまとめた本です。
ま、所謂「萌えマンガ」の集合体です。


で、今回はこの本のマンガを紹介しようかと思います。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/26(月) 23:42 週刊少年ジャンプ関連
各所でネタにされているだろうケド、私もネタにする。
「週刊少年ジャンプ」30号の132ページに衝撃の絵があった。
”テニスの王子様”のOVAの情報ページなのだが、そこにある絵がコレ。
DSC01289.jpg


菊丸影分身の術

2人に見える!?いやいや2人いるんです!!

ちなみに説明文によると「菊丸は2人になって、その喜びを二重に表現…!?会場にいる誰もが目を疑った瞬間」となっています。


はっきり言うとね、コレを見た人全てが

作者の精神か頭の中身を疑った瞬間だと思いますよ。


もうね、笑えるとかいう次元をはるかに超えたネタに言葉が出ません。
影分身とか言っちゃってるし。
この作品、次はどんなネタで笑わせてくれるのか、今から楽しみでしかたありません。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
2006/06/26(月) 04:23 コミックレビュー
気がついたら横浜の勝率が楽天を下回っている…
これで人気・実力の両面で12球団最下位…
なんてこったい…

さて、気を取り直してっと。

ひとひら
双葉社刊/桐原いづみ氏

という訳で、今日はこのマンガの紹介。


[あらすじ]
極度のあがり症で緊張すると声が出なくなる麻井麦。
熊鷹芸術学院に入学した麦は、強引に演劇研究会に入会させられる。
この学校には演劇研究会とは別に演劇部も存在しており、10月の文化祭で互いが公演し、観客の投票でどちらかが廃部というコトに決定していた。
研究会の人数は全部で5人。当然、麦も俳優として出演を迫られる。
しかし、極度のあがり症の麦はムリだと言い切るが…



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/24(土) 03:41 ゲーム全般
さて、という訳で前回から引き続いて電波ゲーのレビューを。
とりあえずプロローグ編レビューを見てから、見てください。

[今回のキャラ]
DSC01286.jpg

天野香織。
由緒正しい神社に育った霊能力少女。
修行もかねて街頭占いを行っている。
極度の上がり症で、何とか場を取り繕おうとがんばるのだが、逆にそれが裏目に出てしまう事が多い。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/23(金) 05:05 その他のマンガ
「ガンガンパワード」にて七瀬葵氏の連載が始まったので読んでみた。
1言で感想を言うと、エロい。
初め、水兵きき氏のマンガかと思いましたからね。
いや、しかし、アレはちょっと…って感じ。

さて、本題の”LIAR GAME”の記事を。




続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/22(木) 05:33 ゲーム全般
私はツミゲーをたくさん持っている。
もう、数えるのもバカらしくなるくらいある。
なんでそんなにあるの?と思う方もいると思うが、中古ショップのワゴンセールとかあって、安いとついつい買ってしまうのだ。
いつかやるつもりで買うのだが、結局やらずに溜まっていく。
まあ、1本300円~500円くらいのソフトが大半なので、金額的にはそれほどでもないのだが、時間的にキツいのも溜まる一因かな。

今回、そんなツミゲーの中の1本”東京23区制服WARS”をプレイしてみたのだが、コレがなかなかの電波ゲーなので、ちょっと紹介してみる。
これから数回に渡ってレビューする予定だが、第1回目はプロローグ編のレビューを。

ちなみにネタバレは満載ってゆーか、ストーリー紹介とツッコミとで構成しようと思います。
その辺のご了承をお願いします。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/22(木) 02:34 雑記やメモ
ちょっと遠出をして、普段あまり行かないトコロにある古本屋に行ったら、長年探していたマンガを発見した。
既にプレミアが付いていて、然るべきトコロで買うと定価の5倍ほどするので、諦めかけていたのだが、その店では新品同然の美麗状態にも関わらず105円で売っていた。
B○○K ○FFさん(伏字の意味、全く無し)サイコーです。
売った方も有難うございます。アナタが無知で良かった。

で、気を良くして、いらないゲーム数本と、ちょっと高めのプレミア付き同人誌(某有名作家のモノ、私が唯一集めてる同人誌のシリーズ)まで購入してしまった。
ツミゲーがどんどん増えていく……

私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
2006/06/21(水) 01:06 ゲーム全般
テイルズ チャンネルで”テイルズ”シリーズの新作と”テイルズ オブ デスティニー”PS2リメイク版他、全部で4タイトルの発売が発表されていました。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:1
2006/06/20(火) 18:38 ヤンチャン烈
えー。
という訳で、新雑誌「ヤングチャンピオン烈」VOL.1を購入しました。
購入した理由は永野あかね氏が描いていたからです。
ま、そんな訳で感想と、個人的な注目作を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/20(火) 03:36 ゲーム全般
えーと。
長らくお待たせ致しました。(多分、誰も待っていないだろうケド)
よーやく”ミステリート(PS2版)”の2周目プレイが終わったのでまとめ記事でも書こうかなと思います。
遅れた理由は、ツミゲー状態だった前作をプレイしていたから……


という訳では、モチロンなく、何故か突然に”風雨来記”がプレイしたくなり、1と2をプレイしてしまったからです。
このゲームは周期的に突如プレイしたくなるんですよね。
私の中では傑作ゲームNO.1認定の(1番好きなゲームは別にあるケド)このゲームで、涙を流したくなる時があるのです。
何回プレイしても泣けます。私は多分、このゲーム以外では泣けない。

おっと、話が逸れました。
そんな感じで、まとめの記事を。

ちなみにネタバレ満載です。
今後、このゲームをプレイ予定の方はご注意ください。


第零話感想。
第壱話感想。
第弐話感想。
第参話感想。
第四話感想。




続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2006/06/19(月) 19:00 サンデーGX
”貧乏姉妹物語”のアニメはテレビ朝日だそうで。
何で朝日系列ではないのか。
私の住んでる地域では門前払いですよ。
そのうち放送する可能性もあるケド、最悪DVDレンタルかな。

ま、観ない可能性も否定はしないけれども。

そんな感じで「サンデーGX」7月号の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/19(月) 00:49 野球関連
サッカーワールドカップはクロアチアに引き分けた様ですね。
ま、サッカーに対する興味は薄いので、どーでもいいですけど。

さてプロ野球では我がヒイキ球団・横浜ベイスターズの三浦選手が1500奪三振を達成しました。
プロ野球史上47人目の快挙だそうです。

試合は延長戦にもつれこんだ末に、西武ごときに負けてしまいましたが、オメデトウございます。
今後も横浜のエースとしての益々のご活躍を期待しております。




続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/18(日) 01:08 お笑い全般
ネット界隈ではマリアの年齢が17であるコトが衝撃の様ですが、私は楠奈美が中学3年生だったコトに衝撃を受けました。
どー見ても太輔より年上に見えるのにーーー!
これを読んでくれている方の中に、このネタが解る人がいる可能性は低いですが。

さて、余談はおいといて、6/17放送の”エンタの神様”の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/17(土) 06:13 ヤンアニあいらんど
という訳で「ヤングアニマル」の増刊号の「ヤングアニマルあいらんど」no.5を購入したのでその感想を少々。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/16(金) 03:14 その他のマンガ
さて、毎週恒例の”LIAR GAME”のお時間です。
という訳で今週もハリキっていってみましょーか!



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/16(金) 00:59 アニメ全般
さて「週刊少年マガジン」28号の”さよなら絶望先生”は「~~通り」というネタだった。
「ジーコの指示通り」「レシピ通り」「気象庁の予報通り」……
そして「原作通り」。
そこで今回は私が知る限り、最も「原作通り」ではないアニメを語ってみたいと思います。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/15(木) 05:24 その他のマンガ
”ミステリート”は2周目の参話まで進みました。
まとめ記事はもう暫くお待ちください。
待っている人はいないと思いますが、一応。

さて、「週刊少年マガジン」28号にて氏家ト全氏の新連載が始まりました。その名も”アイドルのあかほん”です。
”女子大生家庭教師濱中アイ”終了から3ヶ月。
”妹は思春期”を読みながら、心待ちにしていました。

という訳で感想を少々。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/13(火) 01:34 週刊少年ジャンプ関連
ファンの方は不快感を抱くかもしれない。だが敢えて言う。
私はこのマンガはネタマンガだと思っている。
どう読んでもギャグとしか思えない話が、至極真面目に展開されているからだ。
だから、このマンガに対するツッコミは避けてきた。
しかし「週刊少年ジャンプ」28号の”テニスの王子様”で、どうしても気になる設定があったのでソコにツッコミを入れてみる。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/12(月) 18:10 コミックレビュー
現在「ヤングキングアワーズ」誌上にて”惑星のさみだれ”を絶賛連載中の水上悟志氏の短編集の紹介を。


げこげこ
少年画報社刊/水上悟志氏


[内容紹介]
小井戸哲撒(23)はある朝目覚めるとカエルになっていた。
それ以来、人目を避けて部屋に閉じこもっている。
その彼女・ななみは何事もなかったかの様に付き合いを続けていたが……
表題作”げこげこ”を始め、全9作を収録した水上悟志氏の短編集。
いろんな人の日常に訪れた、ちょっと不思議な非日常を描いたモノが多いです。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/11(日) 00:01 お笑い全般
「コーヒー入り炭酸飲料」を飲んでみた。
すごいマズかった。
メーカーによると6人に1人がハマる味らしい。
私は選ばれし民にはなれなかった様だ。
ってか、甘いコーヒーが嫌いという時点でダメだという話ですよ。
厳密に言うと、「マズい」というより「甘くて口に合わなかった」という方が正確ですから。


さて今週の”エンタの神様”の感想を少々。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2006/06/10(土) 05:12 コミックレビュー
イケてる2人
少年画報社刊/佐野タカシ氏

[作品概要]
クールな美少女・小泉明と、小泉明命!の佐次京介。
そんな2人を中心に繰り広げられる青春白書。
ちょっとエッチなラブコメディー。
そんなマンガです。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/08(木) 22:11 その他のマンガ
さて「週刊ヤングジャンプ」で絶賛連載中の”LIAR GAME”第3部ですが、今週も感想と考察的なモノをやってみたいと思います。
まあ、無い知恵絞って考えてみます。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2006/06/07(水) 19:07 マンガ以外の本
私は爆笑問題の大ファンです。
彼らが出演している番組は可能な限りチェックするし、モチロン著書も読んでいます。
そこで今回はこの本の紹介。
爆笑問題の風説のルール
集英社刊/爆笑問題著



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/06(火) 05:13 コミックレビュー
ユートピアズ
小学館刊/うめざわしゅん氏


[作品概要]
―そこは、どこにも無い場所―

このマンガは不思議な世界を描いたオムニバス形式のマンガです。
現実の世界を描いている様で、現実とは違う部分のある世界。
イロイロと不思議な世界を描いた全9作品。

説明するのが難しいのですが、そんなマンガです。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/05(月) 04:37 コミックレビュー
えー、ドラマCD化も決まってノリにノッてる作品の紹介を。
いずれアニメ化するための布石ですかね。
声優陣は全然知らない人ばかり。
一応、アニメを卒業して既に6~7年たつからなぁ。
最近の声優は詳しくないです。
まあ、購入予定はないケドね。

ロザリオとバンパイア
集英社刊/池田晃久氏


[作品概要]
妖怪だけが通う「私立陽海学園」に手違いで入学してしまった人間・青野月音は、バンパイアの美少女・赤夜萌香と親しくなりたいが為に学園に残るコトに。
正体が人間だとバレると殺されるので、正体を隠して学園生活を送る。
しかし、事有る毎にトラブルに巻き込まれる月音たち。
そして、「はぐれ妖」のグループに目をつけられ、襲われる月音。
そんな中、萌香の血を注入され仮初のバンパイアになった月音。
そして―――



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/06/04(日) 00:54 お笑い全般
”ミステリート”のまとめ記事UPするとか言っときながら、全然2周目プレイしていないので、いつになるのか解りません。
まあ、それ以前に、まっていてくださる方がいるのかどうかの方が怪しいですが。

それはさておき。
さあ今週も始まりました、”エンタの神様”(の感想)
張り切っていってみましょー!



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2006/06/03(土) 05:10 ヤンアニ嵐
さて毎月恒例「ヤングアニマル嵐」の感想のお時間です。
実はこの雑誌、先月号で終了した”トキメキ☆とらいあんぐる”を読みたいが為に買い始めたのですが(以前から立ち読みはしていたが)終わってしまっても買い続ける始末。
まあ、今は”恋花温泉”が面白いから損はしてないかな。
そんな訳で「ヤングアニマル嵐」NO.7の感想です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
NextPage



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。