い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/08/30(水) 17:36 ヤンキンアワーズ
今月号から小野寺浩二氏の連載が開始。
ソノあたりも含めて「ヤングキングアワーズ」10月号の感想を。



続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:2   トラックバック:0
2006/08/29(火) 18:08 ネタ系
”カケル”というマンガがある。
かつて「ヤングサンデー」で連載していたマンガだ。
しかし、作者と編集部との確執によって、未完のまま打ち切られた。
コミックが全13巻で小学館から発売している。
私はこのマンガが大好きだ。
もう何回読んだか解らない。

で、今、このマンガがFOX出版から新装版として毎月1冊刊行されている。全9巻の予定らしい。
今月は3巻が発売された。
カケル
FOX出版刊/竹下堅次朗氏

今回はあらすじ紹介や感想はしません。
気になる方はご自分で読んでみてください。

まあ、私はこのマンガは何度も読んでいるし、コミックも全巻持っているので、新装版は買わなくてもいいのですが
しかし、新装版のオマケとして、現在の作者が当時を振り返ってのレビューが掲載されているので購入している。
これがナカナカ面白いし、何回も読んだとはいえ、改めて読むと、また新たな発見があって面白い。

そんな3巻でついつい笑ってしまった誤字を発見したのでちょっと紹介。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/28(月) 03:30 コミックレビュー
実は昨日このマンガの紹介をしようと思っていたのだが、記事を書いている途中でパソコンの操作を誤り、記事を消去してしまい、その後書き直す気になれず、雑記を書いた次第。
ネタ切れとか書いたケド、半分ジョークでした、ってコトで。
コピーとか、小マメな保存は大切なのだなぁ。


異時
メディアワークス刊/木村明広氏


[あらすじ]
時間旅行が出来るようになった時代の話。
時間を越えたペンフレンドという企画に応募して、過去の人物「歴木琢磨」と文通を始めた「七瀬繭」。
18歳でサッカーが得意でキャンプが趣味の高校生だという。
会ったコトもない彼に恋をしてしまった繭は、歳を偽り、顔写真も姉の菖蒲のモノを使用していた。
だが実は少年の方にも秘密があった。
それは余りに過酷なモノで――――

そんな2人の出会いから始まる話です。

当ブログの参考リンク
1巻と2巻の記事



続きをどうぞ

コメント:1   トラックバック:0
2006/08/27(日) 05:18 雑記やメモ
今週の”エンタの神様”は”24時間テレビ”の為、中止。
この番組は、現在、ニュース以外では唯一、慣習的に観ている番組なのだ。
つまり、この番組がやっていない週は、ほとんどテレビを観ていないというコトなのだ。ま、どーでもいいケド。

さて、今回はネタ切れ時恒例の雑記記事です。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2006/08/25(金) 09:37 コミックレビュー
このブログでこのマンガを紹介するとは思っていなかった。
確かに最終回の感想は書いたが、コミック紹介をやるつもりはありませんでした。
と、言うか、私はつい最近まで同人誌目当てで買った限定版の6巻しか持っていませんでした。
しかし、この巻は荻上メインの話を2話丸々描き下ろしというコトで、荻上好きとしてちょっと紹介しようかな、と思いまして。

げんしけん
講談社刊/木尾士目氏

[作品概要]
「現代視覚文化研究会」、通称「現視研」。
アニメ・マンガ・ゲームといった、所謂2次ヲタ系のサークル。
大学に進学し、ソノ手のサークルに入ろうと決意していた笹原完二。
彼が選んだのは「現視研」だった。
そして今日も、ゆるゆるとアレな日々が続く。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/24(木) 10:17 コミックレビュー
謎の彼女X
講談社刊/植芝理一氏

[あらすじ]
高校生の椿明。
彼のクラスに転入してきた卜部美琴。
彼女は1言で表すと「ヘンなヤツ」だった。
そんなある日、椿が放課後に教室にいくと卜部が「よだれ」を垂らしながら寝ていた。
椿は興味本位でその「よだれ」を舐めてしまう。
椿はその夜、不思議な夢を見る。
そしてほどなくして謎の体調不良で倒れてしまう。
卜部は自分の「よだれ」を舐めたコトが原因だと言うが………



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2006/08/23(水) 17:26 その他のマンガ
えーと。
何故か毎回紹介している”美少女いんぱら!”の連載第3回目(第4話)の感想です。
ってか、このマンガの為に「スーパージャンプ」を毎号買っている私。
何やってるんだ、私は……


関連記事
1話、2話の記事
3話の記事



続きをどうぞ

コメント:3   トラックバック:0
2006/08/22(火) 22:48 コミックレビュー
今年の夏の甲子園は乱打戦で点の取り合いが多い中、決勝の投手戦は観応えがあったかな、と。
再試合は1日休養日を設けた方がいいかと思うのですがね。

さて、今日はこのマンガの紹介を。

C.M.B. 森羅博物館の事件目録
講談社刊/加藤元浩氏

[作品概要]
明友高校に通う七瀬立樹。
ひょんなことから知り合った森羅博物館館長・榊森羅と共に、巻き込まれた事件の解決をめざす。

さて、この巻には2つの事件が収録されています。

当ブログの参考記事
1巻の記事
2巻の記事

ちなみにちょっとネタバレ要素を含みます。要注意。




続きをどうぞ

コメント:4   トラックバック:0
2006/08/21(月) 06:03 サンデーGX
”Rec”がゲーム化かぁ。
ちょっと欲しい気もするが……
う~~ん。
中古で2000円台になったら購入してもいいかも。

って訳で、「サンデーGX」9月号の感想をGO!



続きをどうぞ

コメント:3   トラックバック:0
2006/08/20(日) 04:48 お笑い全般
ビデオ観ながら寝てしまった……
なのでちょっと遅いケド8/19放送の”エンタの神様”の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/19(土) 03:54 コミックレビュー
よーやく忙しい日々もひと段落し、”グローランサー5”もだいたい終了してマンガを読む余裕が出来てきました。
この期間にツミ本が増えました。特に雑誌が。
少しずつ消化していかないとなぁ。
あえて誰とは言わないが、誰かさんみたいに押入れの棚底ブチ抜いて引越しというハメになりかねないので。


さて本日はこのマンガの紹介。
魔月館奇譚
秋田書店刊/井荻寿一氏

[作品概要]
就職浪人の小平優平。
格安のアパート・魔月館に住み、就職活動をするコトに。
だがそのアパートは優平以外はモンスターしか住んでいなかった。
直ぐにでも逃げ出したいトコロだが、管理人の月子に一目惚れしてしまい、出るに出れない状況に。
毎日、住人達とドタバタしながら月子との仲を進展させていく。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/18(金) 22:56 ヤンチャン烈
「赤マルジャンプ」の感想を書こうかと思ったのですが、半分も読んでいないので、「ヤングチャンピオン烈」Vol.2の感想を。

Vol.1の感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/17(木) 03:43 コミックレビュー
今回はちょっと趣向を変えて同人誌の紹介。

ハッピーワールドエンド!
画廊喫茶はぴど/竹下堅次朗氏


[内容]
”Happy World!”の副読本です。
作者自らが全話をセルフレビュー。
”Happy World!”の裏話満載の、ファン必携の一冊です。

当ブログの参考記事
10巻の記事
11巻の記事
最終話感想記事


作者・竹下堅次朗氏のホームページ
画廊喫茶はぴど



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/16(水) 07:56 雑記やメモ
今回の記事は、どーでもいい雑記です。
ま、いつものネタ切れ時の暫定処置です。
ゲームばかりでほとんどマンガ読んでないからね。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2006/08/14(月) 05:15 ゲーム全般
って訳で”グローランサー5”もひと段落したので、ちょっと感想を書いてみる。

ネタバレは有りの方向なので、未プレイの方は要注意。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/13(日) 00:59 お笑い全般
個人的な話ですが地獄の1週間に突入しました。
その前に”グローランサー5”でエンディング迎えて良かった。

さて、ソレはソレとして毎週恒例の”エンタの神様”の感想を。

そういえば先週感想をアップしたら

[クワバタオハラ 写真]

ってワード検索で当ブログに訪問する方が多かったが、そんなにあんな写真が気になるのですか?



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/12(土) 07:22 ゲーム全般
って訳で、”グローランサー5”はとりあえずエンディングを迎えました。
とりあえず状況を書く。
恒例の告白イベントはランディを除いて全員成功。
とは言っても、女性はコリンとシェリスしか見ていないケド。
告白前データは残っているが、そこから長いのでまだやってない。
ランディのみ失敗。何故だ!?
アレか!?おみやげ選びで失敗したか!?


ってかね、シェリスが!!

シェリスが!!

シェリスが!!

シェ・リ・ス・が!!!!


サイコーです!!



…すみません。徹夜明けでハイになってます。
いまから寝ます。おやすみなさい。
ちゃんとした感想は後日書きます。

とりあえず。
後は最強武具探して、闘技場でアイテム充実させて、それから2周目に突入する予定。

私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
2006/08/11(金) 03:38 その他のマンガ
えー、以前から言ってますが、”グローランサー5”をプレイ中なので、アッサリ目にマンガ感想を。
今回の紹介マンガは”美少女いんぱら!”の第2話と、「モーニング増刊 モーニングtwo」掲載の石黒正数氏の読みきり”気の抜けたビールで…”の2本です。

後者はこのマンガ目当てに買った様なモノです。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/09(水) 07:23 コミックレビュー
あー、またこんな時間までゲームをやってしまった。
休みの日だとついつい徹夜してしまうなぁ。
ってか、RPGだと長々やってしまう…
金ためが大変だからね。

さて本日はこのマンガの紹介。
24のひとみ
秋田書店刊/倉島圭氏


[あらすじ]
美人教師・ひとみ先生。
この話はひとみ先生が嘘を吐きまくって、人を困らせる話です。
ひとみ先生のキメセリフはモチロン「嘘です」です。
そんな話。



続きをどうぞ

コメント:5   トラックバック:0
2006/08/08(火) 06:03 雑記やメモ
”グローランサー5”をプレイしている影響で、マンガをあまり読んでいない。
だから、簡単に気になったコトを、だらだらと書き連ねてみる。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/06(日) 00:27 お笑い全般
このブログに
[小学生 妹 エッチ]
のワード検索で来たバカ野郎!
正直に名乗り出ろ。

私はロリコンではない!!

だからそういうのはやってないぞ。

っと、気を取り直して。
8/5放送の”エンタの神様”の感想を。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2006/08/05(土) 04:34 ヤンアニ嵐
ゲームの合間にマンガを読む。
そしてまたゲームをやる。
そして寝る。
寝る前にブログで記事を書く。
ダメダメな生活の見本だ…

っという訳で、「ヤングアニマル嵐」No.9の感想を。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2006/08/04(金) 06:42 ゲーム全般
という訳で、PS2”グローランサー5”をプレイ開始しました。
ロール1の途中まで進みましたが、プレイしてみた感想を少々。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/04(金) 06:16 その他のマンガ
はい。
という訳で、第3部、完結しましたね。
今回のナオの考えは、コレまでの「ライアーゲーム」の根底をひっくり返しました。
嘘つきが儲けるゲームではなく、その欲望に打ち克つゲームだ、と。
ま、この解釈はどーでもいいとして(いや、全然よくないケド)、今回の話の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:1
2006/08/03(木) 02:49 雑記やメモ
特にネタがないので、1つの記事にするまでもないコトをつらつらと書き連ねてみようと思う。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/02(水) 02:30 その他のマンガ
「酔拳の王 だんげの方」様でナツ100なる企画をやっている。
マンガ好きを自称する私としては参加せざるを得ない!という訳で参加してみる。

マンガの選考基準は
・連載が終了しているもの。
・連載中のものは20巻以上発行されている物
・現在でも比較的手に入りやすい、読みやすいもの。(古本屋とか 漫画喫茶とかで手に入る 読める)
・最低ラインは50個です。(100個選べない人用)
以上の4点。

さて100作か。
連載作品は20巻以上という敷居が高いので、なるべく完結した作品を選んでみます。
作品名とその作品への思い入れ等を1~2言という形式でやります。
ちなみに画像・リンクは貼りません。メンドクサイので。
また巻数・作者名等が間違っている場合もあり得ます。連載中のは2006年8月現在の既刊数です。
ジャンルは私見です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/08/01(火) 02:09 雑記やメモ
”蒼い空のネオスフィア”というマンガをご存知でしょうか?
講談社から発売されているコミックで、同名のPCゲームのマンガ版です。
元のキャラデザは駒都えーじ氏が描き、マンガは海野智氏が担当しています。
今日はこのマンガに関する、嬉しい出来事がありました。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。