い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/11/30(木) 06:46 コミックヴァルキリー
”Xenos”がドラマ化決定。
ソレに呼応する様にセカンドシリーズの連載が決定。
スゲェ楽しみ。ま、ドラマの方は観るかどうかは未定ですが。

さて今回から独立創刊となった「コミックヴァルキリー」Vol.3の感想を。


[当ブログのバックナンバー感想]
Vol.1感想
Vol.2感想



続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:0   トラックバック:0
2006/11/30(木) 01:55 ゲーム全般
というモノがあったのでやってみた。
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/game/index.html

[私の結果]
+++ ゲーム検定 成績発表 +++

あなたの総合得点は73点  全国平均 53点

全国順位(11月30日 1時現在)
5789位(120538人中)

――ジャンル別得点―――――――
            0_______50_______100%
ハードウェア       ■■■■■■■■
ゲームシステム&テクニック■■■■■■■■■■■■
キャラクター       ■■■■■■■■■■■■■
ビジネス         ■■■■■■■■■■
雑学           ■■■■■■■■■■■■■■
――――――――――――――

――講評―――――――
あなたは「ゲーム将軍」
ゲームに関して水準よりかなり多くの知識を有してはいるが、まだまだ上には上がいる!このままの地位に甘んじていてはいけない。日々精進あるのみだ!
貴方がもっとも詳しいゲームのジャンル:
   雑学
貴方がもっとも詳しいゲームの年代:
   90年代後半から現在にかけての熟成期
――――――――――――――

[検定後感想]
まぁ、選択問題なのでカンで当たっていたのもある訳ですが、なかなかのモノかなぁ、と。
発売日とか覚えてるワケねーだろう!?
とか、
こんなゲーム、聞いたコトすらねー。
といったモノまであって面白かったなぁ、と。

まぁ、世間がSFCやっている頃にFCをやっていて、世間がPSに移行し始めた頃にSFCに移行したのが私です。
PS買う前にSS買っていたのも私です。
そんな私のゲーム暦がこの結果なのかなぁ、と。
つまりアレだ。最初の頃の問題なんか、何かの呪文にしか見えないよって話。


私の文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
2006/11/29(水) 18:25 コミックレビュー
ツンデレ―――本当はベタボレなのに、恥ずかしさや世間体などからついツンツンとした態度をとってしまう性格の総称。
イロイロと解釈はあると思うし、ツンデレという言葉が出始めた頃とは違って、意味合いが広くなってきているのでこの解釈では違うと言う方もいるかもしれないが、私はこの様な意味だと思っている。

そこから派生したと思われる言葉が、いまや無数に溢れている。
そんな中の1つにツンエロというのがある。
元は”メゾン・ド・ペンギン”から始まった言葉だと思う。
ツンツンした態度をとりながら、実はえっちぃコトをしたいという状態のコトだ。
ある意味、男の妄想の極致を具現化したともいえる。
「何も知りません」という顔をしながら、自分の前ダケではえっちぃ娘に早変わり。
コレが男の夢でなくて何だというのだ!!(イカレた妄想です)


さて長々と書いてきましたが、今回はツンエロ娘が活躍するマンガを紹介します。
恋花温泉
白泉社刊/川津健二朗氏


[作品概要]
美人3姉妹が切り盛りするカップル限定の温泉旅館・恋花温泉。
恋人と宿泊予定だったが、来る直前にフラレて、1人で泊まるコトになった秋山和裕(かずひろ)。
彼を励まそうと献身的なサービスをする3人。
その結果、次女の野乃花にホレて、恋花温泉で働くコトに。
3姉妹に囲まれながら、野乃花との恋の行方は?
という感じの湯けむりラブコメ(ちょっとえっちぃ)です。


[当ブログの参考記事]
毎月の「ヤングアニマル嵐」の感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/28(火) 19:58 コミックレビュー
さて本日は[健康優良少年少女向けラブコメディ]の紹介を。
あ、この文は私が考えたわけではなく、帯に書いてあった文です。

東京★イノセント
スクウェア・エニックス刊/鳴見なる氏

[あらすじ]
妖怪・白狐の住む島。妖怪の数が減っていて種族の滅亡の危機を迎えていた。
白狐の若者・半蔵は嫁を探すという任を受ける。
条件は「強く、美しく、働き者で心優しい」コト。
そして東京に向かう半蔵。

一方、東京で暮らす一条寺メイ。16歳になったばかり。
一条寺家の娘は16歳になると物憑き体質になるという因果があった。
 
そんな2人の出会いから始まる物語。

[当ブログの参考記事]
連載第1回目の感想記事



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/27(月) 23:58 週刊少年ジャンプ関連
えー。
という訳で、今日は久しぶりに「週刊少年ジャンプ」の話を。
というのも、「週刊少年ジャンプ」52号のあるマンガで衝撃の展開があったからです。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/26(日) 02:59 お笑い全般
おっと。
ちょっと遅くなってしないましたが今週もやります。
って訳で、11/25放送の”エンタの神様”の感想。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/25(土) 06:03 コミックレビュー
という訳で、今日はちょっと(?)えっちぃマンガを紹介しようと思う。
ま、私の紹介するマンガは大半がえっちぃマンガだったりするのですがね。



ぬいぐるみっくす
ワニブックス刊/泉ゆうじ氏

[あらすじ]
主人公のコータくんの誰にも言えないヒミツとは?
なぜかドキドキすると「ぬいぐるみ」に「意識」が移してしまうのだった!?
しかも、不思議と意識が飛んでしまう先では、「ぬいぐるみ」が憧れの美少女達と大変なコトに…
ちょっとエッチでとってもキュートな、泉ゆうじ氏が描く学園ファンシーラブコメ!!

※このマンガのあらすじを書きたくないので、裏表紙の作品紹介をそのまま抜粋しました。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/23(木) 22:57 コミックレビュー
お前ら!ネコミミっ娘は好きかーーーー!?
私は大好きだ!!

っていうのは半分ウソで、好きか嫌いかと問われれば、まぁ好きな方ですねというレベルです。

で、今回はネコミミ好きのネコミミ好きによるネコミミ好きの為のネコミミマンガを紹介します。


ネコサス:シックス
ワニブックス刊/塩野干支郎次氏


[あらすじ]
地味な主人公・勝克彦(かつ・かつひこ)クンの元に未来の世界からネコミミアンドロイドがやってきた。
そのネコミミアンドロイドが巻き起こす超絶ギャグマンガです。

とにかく全編に亘ってネコミミの嵐。
正にネコミミマンガ。
ネコミミっ娘好きにはたまらないコトこの上なし(推定)です!



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/22(水) 23:59 その他のマンガ
さてさて。
”美少女いんぱら!”のお時間です。
今回はまたもや3ページしかありません。
皆、もっとマジメにアンケートを出してください、いやマジで。
私は出してないケドね。

さて今回の話はイロイロとスゴいです。
って訳で、「スーパージャンプ」No.24号掲載の第10話。


[前話までの感想]
1・2話
3話
4話
5話
6話
7話
8話
9話



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/21(火) 05:08 サンデーGX
「ヤングサンデー」52号から”1ポンドの福音”の最終章が掲載されます。スゴい楽しみです。

さて今月もハリキっていきます。
って訳で、「サンデーGX」12月号の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/20(月) 04:56 ヤンキンアワーズ
毎月20前後と30日前後は、購入している月刊誌が多く発売する。
楽しみではあるのだが、その分お金の減りが早いのが厳しい。
って訳で、隔月雑誌の感想です。
「アワーズ+」1月号の感想に暫くお付き合いくださいませ。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/19(日) 00:06 お笑い全般
このブログはマンガとゲーム専門にして、芸人をケナす為のブログを新しく作ろうかな。
というのを、現在考案中。

ま、これ以上ブログやるのもメンドウなので、今のままでいいかな。
って訳で、11/18放送の”エンタの神様”の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/18(土) 03:20 雑記やメモ
特に書きたいマンガがないのに雑記と称して何らかの記事を書いてしまうのは、ブログが義務化されている証拠なのでしょうか。
まぁ、私の場合、1度サボったら再び書くまでに時間を要するので、何らかの記事を書きたいなぁ、と思っているのですが。

って訳で、今日は特に1つの記事で書くまでも無いマンガ&ゲームの雑記を少々。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/16(木) 03:52 コミックレビュー
プロ野球、セ・リーグの新人王は広島の梵選手でした。
何故だーーーーーー!!!
何故、横浜の吉村選手じゃないんだーーー!
アレか!?規定打席に到達していないからか!?
今季の横浜にあって、唯一の明るいニュースだと思っていたのに…。


さて気を取り直してっと。
本日紹介するのはこのマンガ。
つぶらら
双葉社刊/山名沢湖氏

[あらすじ]
地方の高校1年生・鈴置つぶら。彼女はアイドルグループ「キャラメル☆エンジェル」の大ファン。でもカミングアウトするのが恥ずかしいので隠れヲタ。
しかも新しいクラスの空気に馴染めず会話もぎこちない感じ。
しかし、それを見たクラスの友人たちはクール系のキャラだと勘違い。
そんなこんなの物語。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/15(水) 00:02 ネタ系
20061114225152.jpg

っという訳で本日は11/15ですねぇ。
本日、11/15は何と!
私の通算20回目(笑)の誕生日です。(精神年齢は5ちゃいですが)


DSC01858.jpg

ありがとーーー!!
ハッピーバースディ、私。
おめでとう、私。
ご愁傷様、私。

さて、11/15が誕生日のマンガキャラって誰かいましたかね。
確か”そんな奴ァいねぇ!!”の佐藤一郎クンが11/15だったと記憶しています。
同作品の作者・駒井悠氏も11/15だったかな。
ま、1番有名だと思うのは坂本竜馬ですかね。
彼は命日も11/15だったと思いますが。


さて。
今日は私の誕生日を記念しまして、私から皆さんにバースディプレゼントを用意させていただきました。
それでは続きを読むでお受け取りくださいませ。
尚、返品・苦情・罵倒の類はご遠慮ください。



続きをどうぞ

コメント:4   トラックバック:0
2006/11/14(火) 22:43 ゲーム全般
クリックすると公式HPへいけます
クリックすると公式HPへいけます

もう発売から1ヵ月半が過ぎました。
いつになくクリアするのに時間がかかってしまいましたが、ようやく(とりあえず)全シナリオをクリアしました。
そこで今回は”風雨来記”PS2版の感想というか、PS版との違いについて書こうかな、と思います。

多少のネタバレは含みますが、物語を楽しむ上での致命的なバレは含まない様に気をつけます。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/13(月) 04:09 野球関連
えー。
アジアシリーズは日本ハムの優勝で幕を閉じましたね。
韓国チャンピオンのサムスンの敗北はちょっと信じがたかったのですが、台湾チャンピオンのラニューはいいチームでした。
決勝戦は緊迫した試合が楽しめましたね。
やはり投手戦は手に汗握るのが楽しめてイイね。

コレでとりあえず、今季のプロ野球の試合は終了ですかね。
後はもう、来季に向けて本格的にストーブリーグが始まるというトコロでしょうか。

我がヒイキ球団・横浜ベイスターズは来季どうなるのかな。
ハッキリ言って、今の戦力では厳しいモノがあるのに、フロント陣は補強に積極的ではないからなぁ。
門倉選手の引きとめも本気には感じられないし…
来季もまた厳しい戦いが続きそうな予感。
疲れて帰ってきて、スポーツニュースを観るのですが、その時に横浜が負けているのを観ると精神的にくるんだよなぁ。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
2006/11/11(土) 23:53 お笑い全般
”さよなら絶望先生”ネタじゃあないが、最近この感想記事が義務化されてる様な気がしてきました。
たぶん、誰も待ち望んでいません。
ま、でも好きで書いているので、別にいいのですが。

ってな訳で、11/11放送の”エンタの神様”の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/10(金) 19:54 雑記やメモ
F・O・Gと日本一ソフトウェアとのタッグが贈る、本格推理アドベンチャーゲーム”雨格子の館”の製作が終了した様だ。
発売日の発表はもう少し先になるそうだが、年内か、もしくは年明け直ぐにでも発売されそうな感じ。
もうね、メチャクチャ楽しみ。
”ミッシング・パーツ”を超える出来だというし、分岐が数多いというし、じっくりヤリコミ型のゲームらしい。
とにかく楽しみです。
ソノ前に”風雨来記”をクリアしないとなぁ。
全然やっていないなぁ。


来週の「週刊少年マガジン」で”090 えこといっしょ。”が最終回だという話。
ここ最近のシリアス展開で「まさか」とは思っていたのですが、遂にきてしまったという感じ。
最後まで会長の雄姿を目に焼き付けたいと思います。
何か告白してたし、コレでヒロシがトボケやがったら、殺!ですよ。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
2006/11/08(水) 23:45 その他のマンガ
さて今回もやってまいりました。
”美少女いんぱら!”のお時間です。
今回は「スーパージャンプ」No.23号掲載の第9話。
Mの方から「大興奮のSMマンガ」と誉められたらしいですが、どの辺りがSMなのでしょうか。
まぁ、最近はMの女の娘が主役ですが。


ってな感じで第9話のストーリー&感想などを。


[前話までの感想]
1・2話
3話
4話
5話
6話
7話
8話



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/07(火) 02:38 野球関連
広島の黒田選手がFA宣言しないで残留するコトが決定しました。
争奪戦が楽しみだったのですがね。ま、本人が広島でやりたいと言っているので、ソレが1番いいのだと思います。
将来的にはメジャーリーグも視野に入れているらしいですが、来季もその勇姿で楽しませて欲しいです。

楽天の磯部選手とオリックスのサブロー選手も宣言しないでの残留が決定し、阪神の金本選手は宣言しての残留と、残留組は順当に決まってきました。

こうなると注目はFAが確実視されている巨人の小久保選手と、FA宣言をした日本ハムの小笠原選手でしょうか。
小久保選手はソフトバンクが濃厚らしいので、目玉は小笠原選手というコトになりますか。後は同じく日本ハムの岡島選手。
あ、横浜はファースト空いてますよ?
え?佐伯選手?知るか!!
左腕の中継ぎも不足してますよ?
え?高宮選手?知らねぇなぁ!!

我がヒイキ球団・横浜は門倉選手の動向が気になるトコロ。
出来れば残って欲しいですが、他球団だともっと勝利数あげられそうなダケに出て行きそうな気がするなぁ。

あ、そうそう。
小田嶋選手とのトレードで元巨人のウェスト仁志選手が来た。
仁志選手はセカンドだったかな。
横浜のセカンドって誰だっけ?種田選手だったかな。
ドッチでも変わらない気がするお互いを高めあっての戦力UPに期待します。
打順としては固定されてない2番あたりが妥当ですかね。
ま、今からこんな話してもしょうがないですね。
とにかく来季こそは日本一リーグ制覇Aクラス…4位くらいでお願いします。
え?高望みしすぎですか?
せめて最下位脱出でお願いします。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
2006/11/06(月) 02:04 その他のマンガ
現在やっている日米野球ですが、リアルタイムで観ていません。
11/5は観るチャンスだったのですが、”平成教育委員会”を観てしまいました。
私の正答率ですが、解らなかったのは3問ダケでした。


さて、本日はちょっとしたネタを。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/05(日) 00:21 お笑い全般
さて今週も懲りずにやります。
ってな訳で、11/4放送の”エンタの神様”の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/03(金) 18:45 ヤンアニ嵐
さて今月もいきます。
「ヤングアニマル嵐」No.12の感想です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/03(金) 06:01 雑記やメモ
その雑誌を買う、という漫画家が、貴方にはいるだろうか。
読みきり・連載を問わず、その漫画家の作品が載ってさえいれば買う、という漫画家が、私には3人いる。

そして、連載では買わない(立ち読みはする)けれども、読みきりだったら買う、という漫画家が他に数名。
何故、読みきりだと買うのかというと、コミックに収録されないコトも多いからです。


あえて誰だとは言わない。
しかし、本日は前者の内の1人を紹介しようと思う。
その漫画家は、私が(作品を)知っている漫画家の中では、1・2を争うくらい好きな漫画家なのだ。
だからこそ、読みきりだろうが連載だろうが、作品が掲載してあれば、その雑誌を買う訳だが。




続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2006/11/02(木) 13:08 コミックレビュー
高校の履修不足が問題になっている様ですね。
実は私の卒業した高校も履修不足の指摘をされています。
私自身、履修不足なんですねー。
ま、今更なので、どーでもいいんですケドも。
渦中の方はお気の毒様。


さて今回はこのマンガの紹介。
14 (ジューシー)
白泉社刊/原作:朝田光氏/作画:亜桜まる氏


[あらすじ]
舞台は西瓜中学校。
サッカー部マネージャー:結城リエコ
野球部マネージャー:野上真奈
陸上部マネージャー:天音幸子
基本的にはこの3人が中心となって、いろんな部活のマネージャーの生態を描いたマンガです。

[当ブログの参考記事]
「モテ王・真中」を継ぐ者
このマンガに関連したネタ記事です。

「ヤングアニマル嵐」の感想記事
このマンガの掲載誌「ヤングアニマル嵐」の毎月の感想です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。