い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/04/07(土) 04:42 コミックレビュー
「週刊少年チャンピオン」誌上にて絶賛連載中の”かるた”。
私の好きな漫画家ベスト.1に君臨する、竹下けんじろう氏の初(笑)連載作品です。
そんな訳で毎週毎週レビューしている”かるた”ですが、ついに単行本の1巻が発売されました。

単行本発売を記念して、改めてこのマンガの紹介をしてみます。

かるた
秋田書店刊/竹下けんじろう氏

[あらすじ]
格ゲーの日本チャンピオンの高校生・軽部太一は学校で女の子を骨折させてしまう。
その女の子は「かるた同好会」の唯一の部員で、しかもかるたの大会を控えている身だった。
しかし骨折により辞退せざるを得なくなったと聞き、かわりに自分が出ると豪語する太一。
しかし太一はかるたの「か」の字も知らない様なシロウトだった。

ふとしたキッカケで知るコトになったかるただったが、だんだんとかるたの魅力に取り付かれていき―――



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0