い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/07/23(月) 06:25 コミックレビュー
皆さん、こんにちは。
皆さんは人間の想像力というモノがどれほどの可能性を持っているのか考えたコトはあるでしょうか。
このブログは基本的にマンガを紹介するブログですが、マンガとはそのほとんどが人間の想像力によって出来ていると言っても過言ではありません。
想像力とは無限の可能性だと、私は思います。
本日はそんな想像力をフルに活用したマンガの紹介。

フューチャー・イズ・ワイルド(コミック版)
双葉社刊/原作:ドゥーガル・ディクソン氏&ジョン・アダムス氏/作画:小川隆章氏


[作品概要]
この地球に、もう人類はいない。
自らの活動が生態系崩壊を招いたのである。

しかし生命が滅んだわけではない。
人類が滅んだのも遠い過去の話となり、地球上は新たな進化に満ちている。

そんな、遥か遠い未来の生物の話。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0