い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/08/31(金) 05:35 ヤンキンアワーズ
”ハンター×ハンター”再開のニュースを見ました。
1年7ヶ月ぶりだとか(最後に掲載されたのがいつだったか憶えてない)。
いろんな意味で楽しみです。


さて本日は毎月最後のお楽しみ。
「ヤングキングアワーズ」10月号の感想を。



続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:2   トラックバック:0
2007/08/30(木) 08:21 コミックレビュー
えー、皆様こんにちは。
早速ではありますが、本日紹介のマンガへといきたいと思います。

という訳で本日紹介するマンガはこちら。
ハミ+コン!
メディアワークス刊/ほんだありま氏


[あらすじ]
ゲーム、アニメ、マンガ他、諸々の総ヲタを自認する天堂総一郎。
昔から左手にアザがある彼は、そのアザが非日常への扉だという妄想を抱いていた。
そんなある日、その妄想が現実になる時がやってきた。
そして、アザから現れたのはハミコンの神と名乗る機神だった。
ゲーム機神は機種のスペックに応じた能力を具現・具象化出来るのだという。
こうして総一郎の受難(?)日々が幕を開けた。



続きをどうぞ

コメント:28   トラックバック:0
2007/08/29(水) 21:52 コミックレビュー
皆様こんにちは。
”風雨来記2”をやる前にもう少し。と思って”風雨来記”の樹シナリオを始めてしまったアホです。
展開もセリフもほとんど憶えているのにやっぱり泣く。
「あれ…?なんで涙が出てくるんだろう…?」といったトコロですか。
「なんで」じゃないケド。


さて本日紹介するのはこちら。
女神のカルナバル
双葉社刊/高槻ナギー氏


[あらすじ]
高校生・望月の前に現れた傷だらけの女の子・御巫(みかなぎ)まゆき。
彼女と一緒にいるトコロを襲撃される。
その戦いの中、突然、まゆきに刀で斬りつけられる望月。
こうして望月は、戦いに巻き込まれてゆく…。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/08/28(火) 18:48 コミックレビュー
「週刊少年ジャンプ」39号において”バレーボール使い 郷田豪”が最終回を迎えてしまいました。
結構好きなマンガだったダケにちょっとショック!
須藤ネコと英語教師ミヤタがお気に入りのキャラでした…
残念…


さて本日紹介するのはこのマンガ。
ツマヌダ格闘街(ファイトタウン)
少年画報社刊/上山道郎氏


[作品概要]
八重樫ミツル。プロのイラストレーターを目指して上京したばかり。
住むためのアパートを捜して妻沼田市にやって来た。
ところがこの妻沼田市は町おこしの為にストリートファイトを制度化した、人呼んで「ツマヌダ格闘街(ファイトタウン)」という変わった街だった。
この町に住むのは不可能だと思うミツルだったが、街で出会った謎のメイド・ドラエさんに促されるままにストリートファイター登録をしてしまった!
明道流(めいどうりゅう)柔術の使い手であるドラエさんに指導されつつ、ストリートファイターとしての生活が始まる!


[参考記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:2
2007/08/27(月) 05:11 コミックレビュー
夏になったので、”風雨来記”をプレイしていました。
やっていないゲームが山のようにあるのに、またしてもこのゲームをやってしまいました。
何考えているんでしょうね。ホントにね。
そして恒例の北海道に行きたい症候群が発症し、斉藤姉妹シナリオで涙を流す。
そして引き続き、”風雨来記2”を開始してしまいそうなイキオイ。
久々に海琴シナリオを…


さて本日紹介するマンガはこちら。

ゆるしてください。
幻冬舎刊/大古真己氏


[あらすじ]
春巻潮に仕える科学者・綾河総一はメイドロボットの開発を命じられる。
しかしメイドロボットの開発に失敗。
後がなくなった博士は、娘の舞衣をロボットと偽って場を誤魔化す。
こうしてメイドロボとして潮に仕えるコトとなった舞衣。
しかし潮は度を越す変態だった。
こうして舞衣のつらい(?)日々が始まった…



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/08/26(日) 03:59 お笑い全般
前挨拶は特にないので、早速、いってみましょう。
そういう訳で8/25放送の”エンタの神様”の罵詈雑言を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/08/25(土) 05:39 雑記やメモ
「ファミ通」を読んでいたら気になる記事があった。
なんでも”スーパーロボット大戦 スクランブルコマンダー 2nd”が発売されるとか。
何で今更、あんなモンの続編を出すのか…
ものすごくガッカリな出来だったハズ。続編出ても買う人は少なそうな感じですが。
まぁ、参戦作品自体は魅力ありそうだが…
シリーズ初参加作品に”マクロスゼロ””ガンダムSEED DESTINY””ゴーダンナー”らしい。確か。
ま、全部名前しか知らないわけだが。
私としてはまだ”OG”を開始すらしていない訳だし、前作がアレだったのでとりあえず中古500以下待ちかなー。ま、結局何らかのカタチでプレイはすると思います。


どうでもいいついでにもう1つ。
UCCコーヒーの”ヱヴァ”缶が全種揃って売っていたので、何でか買ってしまった。
かなり昔、まだ「Air/まごころを、君に」の頃にも同じ企画があって、私は昔の”エヴァ”缶を全部持っていたりするのだが、部屋のどこにしまったのか忘れてしまった。
当時、缶コーヒーの懸賞でテレカプレゼントがあり、私は当選したのだが(確か5000名だったと思う)そのテレカもどこかにしまって行方不明。押入れの奥に眠っているんだろーなぁ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
2007/08/23(木) 06:38 その他のマンガ
「週刊少年サンデー」38号を読んだら、何やら”涼風”の連載が始まっていました。
いつの間に移籍したのでしょうか。

…と思ってしまったほど、絵が似ているのですが、関係があったりするのでしょうか。


さて本日は”美少女いんぱら!”第28話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:1
2007/08/22(水) 06:16 ヤンチャン烈
えーっと。
FC2の訪問者履歴を見ていたら、先日紹介した某マンガの作者のブログがあったのですが、コレって要するに、私の記事を作者本人が見たというコトですよね?
何か、イロイロと好き放題書いてますね。
アレを見られた思うと、ちょっとマズい気もするのですが、ま、いいか。


さて、本日は「ヤングチャンピオン烈」Vol.8の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想
Vol.4感想
Vol.5感想
Vol.6感想
Vol.7感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/08/21(火) 11:27 コミックレビュー
高校野球もそろそろ決勝戦ですね。
プロ野球とはまた違った面白さがありますね。
ま、イロイロな問題もまたあるみたいですがね。


さて本日紹介するのはこちら。
CHIMES ~チャイムズ~
講談社刊/渡辺静氏


[あらすじ]
雨宮一太郎に届いた1通のメール。
ソレは、オンラインゲーム「CHIMES」への招待状だった。
ゲームをスタートしてみると、舞台は自分が通っている高校にそっくりな建物。
操作キャラも自分にそっくり。
他にプレイしているプレイヤーも憧れの立花さんをはじめ、学校の生徒たちだった。
ゲームの内容は不定期に行われる「エクストラ イベント」に参加して出される課題をクリアするというもの。
しかし、このゲームには恐るべきヒミツがあって―――



続きをどうぞ

コメント:1   トラックバック:0
2007/08/20(月) 03:42 サンデーGX
私は初めて行く場所では迷うコトがしばしばあるのですが(2年前、渋谷駅の構内で迷った)、1度行ったコトのある場所なら迷わない自信があったんですね。
ところが、昨日、東京駅の構内で迷った…
朝、荷物をロッカーに入れておいたのですが、帰りにどこにロッカーがあるのか解らない。
散々迷った挙句、駅員に聞いた。その所為で、電車1本乗り逃した…


さて本日は「サンデーGX」9月号の感想を…



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2007/08/19(日) 20:43 雑記やメモ
えー。という訳で、にじゅうピー年生きてきましたが、本日初体験してしまいました。
という訳で、初体験の模様を赤裸々に語ってみたいと思います。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2007/08/18(土) 23:32 雑記やメモ
明日、某所に行きます。
初参加です。
かなり不安…

一応、経験者の方とご一緒させていただけるのが救いですね。
なので今日はサッサと寝ます。


今まで1番意味のない記事だな。
コメント:0   トラックバック:0
2007/08/17(金) 06:08 コミックレビュー
この前新聞で読んだのだが、長野市に我が長野県初のメイド喫茶が出来たらしい。
そんなモン新聞のニュースの載せるコトか!?と思いますが、コレが長野クオリティです。何となく風俗の一種だと思われている気がしないでもない。
ちなみに記事によると、値段は男性の場合はコーヒー1杯の40分で840円だとか。女性の場合は載ってなかった。
メイド喫茶のシステムはよく知らないのだが、何このボッタクリは。
コーヒー1杯840円…。きちんとした店でブルーマウンテンでも飲んだほうが幸せな気分になれそうです。
長野市は年に2回くらい出張があるので、その時につぶれていなかったら行ってみようかな、経費で(自分のお金なんてバカらしくて払えないよ)


前挨拶がいつになく長くなってしまいましたが、本日紹介するマンガはこちら。
激闘!!花形夢一座
JIVE刊/夢来鳥ねむ氏


[あらすじ]
高校生の小岩真武(こいわ・まなぶ)は、ある日、街を歩いていて下着姿の女性を目撃した。
その女性に一目ボレした真武は彼女が所属する劇団「花形夢一座」に入座する。
入座したとたん、次の公演の主役にされてしまった真武。
そして稽古を始めるが、しばらくしてこの一座が人外の魔境であるコトに気づく。
役者が、役に応じて変態(体が変化する方ね)するというのだ。
さらに本番当日、この一座のトンでもないヒミツを知るコトになる。
この一座は、「本番中に大事件に巻き込まれる」というジンクスがあったのだ。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/08/16(木) 05:03 コミックレビュー
「You Tube」…
危険すぎるぜ…
一体、何時間私の時間を奪い去れば気がすむんだい?
しかし、ゲームの神業プレイは魅入ってしまう…
そして神業を観ていたハズなのに、気づいたら懐かしのゲーム特集を観ていたんだ…
むねなし!(タコ語で「なんてこったい」の意)


さて、本日紹介するマンガはこちら。
人造人間カティサーク
JIVE刊/緒方てい氏


[あらすじ]
とある都市・ライラック。
「敵」は毎週月曜の夜7:00に、この都市に攻めてくる。
送り主や目的は一切不明。銃撃も砲撃も一切通じない。
この都市の人たちはこの敵と月曜日を称して「ブラックマンデー」と呼んでいる。

そしてこの敵を迎え討つのは戦闘用人造人間(アンドリュー)カティサークだ。
峠鉄兵(とうげ・てっぺい)の父親が残した、対ブラックマンデー用の兵器。ソレがカティサーク。
毎週月曜日はカティサーク対ブラックマンデーの決戦日だ!



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/08/14(火) 05:18 コミックレビュー
お盆期間中は出版社も休みになる為か、
・雑誌が軒並み発売しない
・マンガの新刊が発売しない
ので、私のようにマンガが溜まりまくっている人にとっては、少しでも消化するチャンス。
かくいう私も、ペースは遅いですが、少しずつ消化しています。
そして古本屋で思い余って30冊購入。
意味ねーし。逆に増えてるし。


という訳で、本日は久々にまとめてコミックレビューをやります。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/08/12(日) 04:03 お笑い全般
某ネトラジを聴いていたらこんな時間になってしまいました。
正確にはラジオ後マンガを読んでいたのですが…
しかしコミケかぁ。今年は行けそうなんだよなぁ。今までほとんど興味なかったのだが、こうなると行ってみたい気もするなー。どうしようかな。

後、ナツ100の締め切りって今日いっぱいだったのね。
昨日ムリしてアップする必要なかったのか。
今になって紹介したかったマンガを思い出すとは…


さて本日は8/12放送の”エンタの神様”の罵詈雑言を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/08/11(土) 06:25 その他のマンガ
今年もまた夏がやってまいりました。
連日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
比較的涼しい地域に住んでいる私ですが、暑さで脳が溶けそうです。
普段からして半分溶けている気がしないでもないですが…


さて今年もまた「酔拳の王 だんげの方」様が漫画ナツ100をやっているので参加したいと思います。
昨年も参加し、それまでアクセス数100くらいだったのが、企画参加後150くらいに増えたので、今年は200にいくよう願いつつ。


えーと、今回はマイナーマンガ主体ですか。
私は昨年の企画の時点で有名作をほとんど選ばず(選べず)、マイナー主体だったのですが…
ま、昨年のとはカブらないように選びますか。

選考基準は
・少年週刊ジャンプ 少年週刊サンデー 少年週刊マガジンで連載していない漫画(過去・現在にわたって連載していた漫画は駄目です。 雑誌を移ったものに関しては発行巻数で判断です。)
・連載中、連載終了どちらでもOK
・最低ラインは30個です。(100個選べない人用)
・前回の100位以内に入ったものはノーカウント(選んでもらってもかまわないですがカウントはしません)
・あなたの好きなキャラクター 10人(これはどの雑誌でもOKです)

というコトは、連載中の作品メインでいけば昨年のとはカブらないですね。


[参考記事]
昨年のナツ100



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2007/08/10(金) 04:57 雑記やメモ
さて、嬉しい出来事と銘打った雑記も今回で5回目です。
まぁ、何というか嬉しい出来事っていうか、懸賞で当たったモノを自慢報告する雑記です。
5回目というコトは即ち、このブログを始めてから5回目の当選というコトですね。
ま、実際は他にも3回くらい当選しているのですが、報告していないので数に含みません。


[過去の自慢報告]
Part.1
Part.2
Part.3
Part.4



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/08/09(木) 04:03 その他のマンガ
「週刊少年マガジン」36・37合併号の”さよなら絶望先生”はスルーネタだった。
まぁ、確かに都合の悪いコトはスルーすべきですよ。
4月に復活するとか言っていた某漫画家さんは都合が悪すぎて2回も4月をスルーしていますしね。
そしてそんな漫画家をスルーする心優しいファンの多いコト多いコト。
スルーっていうか既に忘れている…

そしてここにもスルーされるマンガが。
3ページなんて立ち読み派には気づかれないよ…
そんな訳で今回もいきます。
”美少女いんぱら!”第27話レビュー。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2007/08/08(水) 07:02 チャンピオンREDいちご
久々に高校時代の友人とバカ騒ぎ。
押入れの奥からファミコンを引っ張り出して、”くにおくん”シリーズで白熱。
私と同世代の方なら、この楽しさは理解してくれると思う。
昔はリアルファイトに発展したものだが、流石に今では白熱はしてもリアルファイトには発展せず。
しかし、こういう時にファミコンで盛り上がるのが我々のアホなトコロなのかも。PSではなくファミコン…


さて本日は「チャンピオンREDいちご」Vol.3の感想記事を。

チャンピオンREDいちご
秋田書店


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/08/06(月) 06:09 コミックレビュー
米大リーグでは、バリー・ボンズ選手がホームラン記録に並んだようですね。
何やらイロイロと薬物疑惑があるらしいですが、そんな周囲の疑惑に負けずに記録を作ったコトはスゴいです。


さて本日はこのマンガの紹介。
Present for me ~石黒正数短編集~
少年画報社刊/石黒正数氏


[作品概要]
今をときめく漫画家・石黒正数氏。
”それでも町は廻っている”を好評連載中の石黒氏の初短編集です。
表題作”Present for me”やデビュー作”ヒーロー”を含めた全7編収録。
石黒氏の原点がここにある!


[参考記事]
”それでも町は廻っている”1巻の記事
”それでも町は廻っている”2巻の記事
”それでも町は廻っている”3巻の記事



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:1
2007/08/05(日) 03:31 お笑い全般
今の時点で一喜一憂しちゃいけないコトは重々承知なんですよ。
でもファンとしては一喜一憂しちゃうんです。
悲しいんです。


横浜ベイスターズ、4位転落!
クライマックスシリーズ圏内から後退…
まっ…まぁ、でも、後50試合もあるし…


さて8/4放送の”エンタの神様”の罵詈雑言を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/08/04(土) 09:33 ヤンアニ嵐
いやー、8/3は発売コミック(購入しているモノ)が多くて、イロイロと大変でした。
読んでいたらこんな時間になってしまいましたからね。
まぁ、途中で寝ていてさっき起きたのですが…


という訳で「ヤングアニマル嵐」No.9の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/08/03(金) 22:56 コミックレビュー
このマンガの紹介をしたくて始めたといってもいいこのブログですが、1巻の記事はホントにヒドいですね。
いつかリベンジ記事を書きたいトコロではあるのですが、ま、今のトコロその記事は未定です。

ってな訳で、本日紹介するのはこのマンガ。

それでも町は廻っている
少年画報社刊/石黒正数氏


[作品概要]
下町・丸子商店街にあるメイド喫茶「シーサイド」。そこで働く主人公・嵐山歩鳥。
商店街を舞台とした日常を描くドタバタコメディーです。
そして今日も商店街は緩やかに廻っているのです。


[過去の記事]
1巻の記事
2巻の記事



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2007/08/02(木) 04:24 コミックレビュー
久々に「月刊コミックブレイド」を購入。
確か、創刊号以来だろうか。
理由は当然、水上悟志氏の読みきり。
水上氏の作品では、人間と人外の存在が仲良く暮らすといったモノが多々あるが、こういう世界に憧れてるんだろーなー、という印象です。
まぁ、水上節がよく出ていて、ファンとしては満足な出来だった。
奇遇にも桜野みねね氏の新連載も始まったけれど、絵柄が変わってからはどーにも好きになれないので(その為、”守って守護月天”の続編は読んでいない)どーでもいいかな。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
トゥインクル☆トゥインクル
少年画報社刊/こいずみまり氏


[作品概要]
幼い頃、事故で姉を亡くしたコトがトラウマだった星野圭。
大学に入り、トラウマを克服したかにみえたが、ある日、再び事故当時の夢を見るようになり、しかも部屋に姉の幽霊が現れて…


表題作”トゥインクル☆トゥインクル”他2編を収録した作品集。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。