い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/10/31(水) 18:32 ヤンキンアワーズ
近々、会社の健康診断がある。
不摂生&不規則生活のダメ人間なので、結果が怖い…


さて本日は「ヤングキングアワーズ」12月号の感想を。



続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:2   トラックバック:0
2007/10/30(火) 08:05 コミックレビュー
久しぶりにゲームをやったら、何かがスパークして徹夜…
そしてこんな時間にブログ更新。
順調にダメ人間生活まっしぐら!ですね。


さて本日紹介するのはこのマンガ。
極道めし
双葉社刊/土山しげる氏/協力:大西祥平氏


[作品概要]
浪花南刑務所雑居房204号室。
ここでは毎年、クリスマス・イブに開かれる闘いがあった。
刑務所での年に1度の楽しみである正月のおせち料理。
そのおせち料理を賭けてのめし自慢バトルである。
ルールは簡単。今まで食べた旨いモノの話をする。
1番、食べたくなる食べ物の話をした人の勝ち。
これは食べ物の話で人の喉を鳴らすバトルだ!


[参考記事]
1巻紹介記事



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/28(日) 06:50 コミックレビュー
プロ野球の日本シリーズ第1戦は日本ハムが勝利。
というか、ダルビッシュ選手の投球が凄まじかった。
川上選手も悪くはなかったのですが、1回の乱調が悔やまれますね。


さて本日紹介するのはこのマンガ。
サイコスタッフ
芳文社刊/水上悟志氏


[あらすじ]
受験を控えた高校生の柊光一は、桜木梅子と名乗る女の子から手紙を貰う。
ラブレターかと思い、ウキウキしながら行ってみると、彼女はトンでもないコトを口走る。
何でも彼女は惑星ルルイエからきた宇宙人で、宇宙軍の超能力部隊にスカウトに来たらしいのだ。
彼女が言うには、光一は50億人に1人というBクラスのサイキッカーだというのだ。
惑星ルルイエはヤディスという星と戦争をしていて、その戦争を終わらせる為にも、光一の力が欲しいというのだが…


[参考記事]
短編集”げこげこ”紹介記事
短編集Vol.2”ぴよぴよ”紹介記事

”エンジェルお悩み相談所”紹介記事

”惑星のさみだれ”
1巻紹介記事
2巻紹介記事
3巻紹介記事
4巻紹介記事

以上、作者の作品の紹介記事です。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2007/10/28(日) 04:15 お笑い全般
えーっと、この番組の感想というか罵詈雑言を書いている訳ですが、このブログでこの記事を書く意味がなくなってきたので、今年いっぱいでやめるコトになるかもしれません。

まぁ、その辺りは来年になってから考えるとして。
とりあえず、10/27放送の”エンタの神様”の罵詈雑言を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/27(土) 21:29 コミックレビュー
やっぱりこの部分に書くコトがないなぁ。
話題の少ないつまらない人間ですね。
という訳なので早速マンガの紹介へといきましょうか。


さて本日紹介するのはこのマンガ。
惑星のさみだれ
少年画報社刊/水上悟志氏


[作品概要]
平凡な学生・夕日はある日現れた喋るトカゲに地球の危機を救うため協力を頼まれる。
拒否するも、敵に襲われた夕日を助けたのは隣人のさみだれだった。
救世主かと思いきや、彼女は実は地球破壊を企む魔王だった?!


[参考記事]
1巻紹介記事
2巻紹介記事
3巻紹介記事

短編集”げこげこ”紹介記事
短編集Vol.2”ぴよぴよ”紹介記事



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/26(金) 05:00 コミックレビュー
さて本日紹介するマンガはこちら。
盗んでリ・リ・ス
スクウェア・エニックス刊/てぃんくる氏


[作品概要]
大貴族にして大富豪のコラーディ家のご令嬢・リリーナ。
容姿端麗、頭脳明晰、運動神経抜群!と一見、完璧な女の子。
だがお兄様のミッシェルに恋する女の子だった。
そして有名画家である兄の為にヌードモデルをやっている!のだった。
しかし!お兄様の為にヌードにはなっても、ヌード絵が衆目にさらされるのは恥ずかしい。
ってな訳で、リリーナは怪盗リリスに扮してお兄様の絵を盗むのだ!
だがお兄様はリリスに恋をしてしまって……


[参考記事]
1巻紹介記事



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/25(木) 06:16 その他のマンガ
「ヤングチャンピオン」22号での”ざんねんなこ、のんちゃん”が、1話に続いて強烈に面白かった。
アレはトラウマになるなー。っていうか、定食屋やラーメン屋で割り箸が使えなくなったらどーしてくれるんだよ!って感じ。
特に蓋のない箸入れを使っている店では…
今回の話を読んで、自分の家の箸入れを、中を見ないで洗った人は多いのではないでしょうか?


さて本日は”美少女いんぱら!”第32話のレビューです。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話



続きをどうぞ

コメント:4   トラックバック:0
2007/10/24(水) 07:46 その他のマンガ
近所のコンビニに売っていなかったのでスッカリ忘れていたのですが、「コミックマーブル」Vol.3が既に発売していました。
普段行かないコンビニに行ったら売っていました。
っていうか、今までVol.1、Vol.2と買っていた店は何故に置かなくなってしまったのでしょうか。
先行きが心配な雑誌です。

という訳で、私の好きな作家・竹下けんじろう氏の”あまガミ”第2話のネタバレ満載レビューを。

コミックマーブル
竹書房刊


[感想バックナンバー]
1話レビュー



続きをどうぞ

コメント:3   トラックバック:0
2007/10/23(火) 07:29 コミックレビュー
最近の私のお気に入りのカップ麺はUFOのきのこヤキソバ。
ちょっと前に某カップヤキソバがリニューアルし、マズくなってしまったので好きなカップヤキソバがなくなってしまったのですが、このきのこヤキソバが久々ヒット!


さて本日紹介するマンガはこちら。
SCHOOL MATE
秋田書店刊/あづまゆき氏


[あらすじ]
新米の中学教師・藍川珠樹。
彼の悩みの種は妹の未来だ。
未来と、隣に住んでいる漆原紗月はグラビアアイドルなのだ!
ただでさえ頭が痛いのに、何とこの2人は珠樹が受け持つクラスの生徒でもある。
家でも学校でも2人に(っていうか主に未来に)ふり回される日々。
珠樹に安息の日は訪れるのか!?



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/21(日) 06:18 サンデーGX
毎月17~20日って、発売するマンガやらマンガ雑誌やらが多くないですか?
私は毎月この間と、25~30日の間の2期間に結構な額を使うんですよね~。
購入マンガの発売数が多いから。
何かあるんですかね、決算とか。
金額もそうなのですが、読む時間の確保も大変ですよ…


さて本日は「サンデーGX」11月号の感想を。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2007/10/21(日) 01:05 お笑い全般
プロ野球日本シリーズは中日対日本ハム。
巨人め、ザマぁ!!!
しかし荒木選手と井端選手のプレイはスゴいですね。
2試合目の守備、アレはシビれましたよ。


さて本日は10/20放送の”エンタの神様”の罵詈雑言を。



続きをどうぞ

コメント:3   トラックバック:0
2007/10/20(土) 05:19 コミックレビュー
さて皆様こんにちは。
鍋料理がおいしい季節になってきましたね。
皆さんは鍋料理では何が好きですか?
私はうどんと豆腐と豚ばら肉と白菜とネギとたらが入っていれば満足できます。要する鱈ちり鍋ですね。
鱈の代わりに鴨が入っていてもいいですね。鴨鍋ですね。
まぁ、うどんの代わりに雑炊にしても美味しいんですがね。
そんなコトは言わなくても解るかと思いますケドもね。


さて本日紹介するのはこのマンガ。
ベクター・ケースファイル 稲穂の昆虫記
秋田書店刊/原作:藤見泰高氏/作画:カミムラ晋作氏


[作品概要]
大都会の死角や部屋の片隅で、昆虫達の脅威は広がっている。
昆虫のコトなら何でもお任せの女子高生・榎稲穂。
昆虫がらみのトラブルを解決します!
そんなお話。


[参考記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/19(金) 23:20 コミックレビュー
何やら「コミックヴァルキリーHard 」にうるし原智志氏がイラスト描いたみたいですね。
もう、完全に買い決定。
しかし本誌すら危うそうなのに、増刊にうるし原氏を持ってくるとは、英断というか何というか。
結構大丈夫なのかも。


さて本日紹介するマンガはこちら。
突攻!メイドサンダー
秋田書店刊/やぎさわ景一氏


[作品概要]
両親の海外赴任で1人暮らしをするコトになった高校生・山田雅人。
しかし、1人暮らしが心配な親が、メイドさんを手配していた!
メイドさんと1つ屋根の下、ウフフ・アハハな生活が待っている!
と思いきや、やってきたメイドは……


[参考記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/19(金) 05:35 その他のマンガ
プロ野球ではパ・リーグで日本ハムが日本シリーズにコマを進め、セ・リーグでは中日が先勝。
日本シリーズが楽しみですねー。
まぁ、個人的にはセ・リーグは阪神有利とか言っていたので、もはやドッチが勝っても関係ないんですケドね。
感情論でいったら巨人は負けて欲しい。っていうか負けろ。


さて本日は「オー スーパージャンプ」11月号の話を少々。
っていうか第1話も紹介した”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”の話をメインに、ちょっと他の作品も紹介。


[感想バックナンバー]
8月号の話



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/18(木) 21:56 ヤンチャン烈
日光旅行記最終回。
東部ワールドスクウェアというトコロにいったのですが、ここがまた面白かった。
世界の文化遺産の建物をミニチュア(1/25)で再現したモノを展示してあるテーマパークなのですが、いろんな部分が細かくて良かった。
周辺にいる人たちもちゃんと表現されており、例えば東京駅の周辺だと婦警さんに捕まっているドライバーがいたりだとか、清水寺だと修学旅行の学生が写真を撮っていたりだとか。
今は無きツインタワーに思いを馳せてみたり(隣にあった空港の飛行機の模型を投げたら面白いのにとか思っていたのはヒミツ)、アンコールワットに行きたくなったり。
いや、ホントに面白かった。


さて本日は「ヤングチャンピオン烈」Vol.9の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想
Vol.4感想
Vol.5感想
Vol.6感想
Vol.7感想
Vol.8感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/17(水) 06:05 コミックレビュー
日光旅行記第3弾。
鬼怒川温泉の某旅館に泊まったのですが、そこの露天風呂に入ってきました。
この時期ともなると夜は寒く、外に出たダケで身体が冷える冷える。
その上お湯がまた微妙にヌルいという極悪コンボ。
お湯に浸かっていても肌寒いのに、湯船から出るとさらに寒くなるという。凍死させたいのかってくらいの寒さ。
まぁ、一緒に浸かっていた方と少しお話できたので、総合的には良かったとしておきましょうか。


さて本日紹介するマンガはこちら。
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
富士見書房刊/原作:佐藤大輔氏/作画:佐藤ショウジ氏


[作品概要]
平穏な日常は突如として崩された。
小室孝は普段と変わらない学園生活を送っていた。
ところが学園に化物が襲ってきた。
その化物は人を喰らう化物で、喰われた人間もまた化物になって蘇る。
ゾンビ―――<奴ら>と名づけられた―――は、頭を潰さないと倒せない。しかも学園だけではなく世界中で同じ現象が起こっていた。
そして生きるコトをかけたサバイバルが始まる……


[バックナンバーリンク]
1巻の紹介記事
2巻の紹介記事



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2007/10/15(月) 04:47 コミックレビュー
えーっと。日光旅行記第2弾!
日光東照宮に行きました。
階段が結構ツラかったですね。そして、神社なのに何故か内部に寺があるという意味の解らない仕様が面白い。
日本独自の神仏融合というヤツなのでしょうか。
ここでは鳴き竜が良かったです。
そして普段はやらないおみくじを3つもやってしまうという暴挙。
いや、だって。おみくじの袋の絵が、何か気に入ったんですもの。
三猿のおみくじと、鳴き竜のおみくじと、眠り猫のおみくじをやってしまいましたとさ。全部末吉だったとさ。


さて本日紹介するマンガはこちら。
コンビニDMZ
少年画報社刊/竿尾悟氏


[あらすじ]
DMZ…
Demilitarized Zoneの略。
意味は非武装地帯。

ここは、戦地で経営されているコンビニDMZポイントチャーリー店。
地域のお客様(要するに軍人)に好評を得ている。
店内は敵も味方もない。
とはいえ、DMZが保たれているのは、店の周辺のみ。
紛争地ならではのお客様の需要を満たしつつ、系列店売り上げ第1位を目指してます!



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:1
2007/10/14(日) 02:39 お笑い全般
日光旅行から帰ってきました。
いや、華厳の滝は素晴らしかった。
何でも落下水量が2.5t/sとかで、昨年の同時期の2倍なんだとか。
昨年の滝を写真で見たけれど、確かに自分の目で見た滝よりもしょぼかった。
いい時期に行ったと思います。


さて旅行から帰ってきてイキナリ10/13放送の”エンタの神様”の罵詈雑言をやります。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/12(金) 04:46 雑記やメモ
えーっと、今から1泊2日で日光へ遊びに行きま~す。
どこに行くかは細かく決めてはないのですが…
まぁ、いろいろ見てまわって、美味しい物を食べてきます。

もし、私らしき人物を見かけたら気軽に声をかけてくださいませ。
まぁ、99%別人だと思いますがね。

日光といえば小学生の轍クンが光と一緒に訪れた、思い出の場所の1つ。
聖地(でもないが)巡礼みたいなのもいいかも…
期待が予感に変わる手応えが欲しいなぁ。
誰か私に、その手応えをください…

ま、最近仕事が忙しかったので、とにかく心身ともにリフレッシュしてきます。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
2007/10/12(金) 04:32 その他のマンガ
はい、という訳でまさか!?の続編掲載。
「週刊ヤングジャンプ」45号にて、竹下けんじろう氏の読みきりマンガ”OTAKU LADY”が再び掲載されました。
そこで今回も、お馴染み、ネタバレ満載レビューといきましょうか。


[参考リンク]
前回のレビュー

画廊喫茶はぴど様(作者のサイト)



続きをどうぞ

コメント:4   トラックバック:0
2007/10/11(木) 05:05 その他のマンガ
先週から始まった”クイズ 雑学王”を観ています。
まぁ、爆笑問題が好きなので観始めたというのもありますが、こういう雑学の番組って好きなんですね。
今回(第2回)の第3ステージの、意味から言葉を当てる形式っていうのが面白くて良かった。
こういうクイズが好きなモノで。


さて本日は”美少女いんぱら!”第31話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話



続きをどうぞ

コメント:3   トラックバック:0
2007/10/10(水) 06:58 コミックレビュー
横浜ベイスターズ、勝率5割ならず!
最終戦に勝てば、何年かぶりの、シーズン勝率5割だったのに…
ココ最近の横浜は、この試合に勝てば…
っていう、ここぞという時に負けが多いんですよ。
しかしまぁ、古田選手兼監督の最終試合だし、華を持たせたと思えば…


さて、本日紹介するのはこのマンガ。
おじいちゃんは少年探偵
JIVE刊/井上よしひさ氏


[作品概要]
昭和30年代に活躍していた少年探偵のダッシュ。
ところが宿敵のドクロ博士の罠にかかり氷づけにされてしまった。
そして50年後、自分の孫娘にあたる少女・ひかりの手によって目覚めた。
かつてのヒーローも時代の流れについていけずにドタバタ騒ぎを巻き起こす。


[参考記事]
1巻の記事
2巻の記事



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2007/10/09(火) 23:16 チャンピオンREDいちご
プロ野球はパ・リーグでクライマックスシリーズが始まりましたね。
私としては日本ハムが有利なんじゃないかと思います。
3チームを比べると、先発・中継ぎ共に1番投手が安定しているので…
まぁ、とりあえず楽しみたいと思います。


という訳で、本日は「チャンピオンREDいちご」Vol.4の感想を。
チャンピオンREDいちご
秋田書店刊


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/08(月) 18:53 コミックレビュー
例によって「You tube」のゲーム動画を観ていたのですが、気がついたら昔観ていたアニメのOP・EDを観入ってしまっていました。
小学生の頃観ていたアニメを思い起こしつつ、懐かしんでいると、時間を忘れてしまいますね。
ま、いつものコトなんですがね。


さて本日紹介するマンガはこちら。
プリプリ
秋田書店刊/千明太郎氏


[作品概要]
神父になるために聖ソフィア女学院に転入した神御田聖人。望月綾乃に心惹かれるが、神父を目指すには恋はご法度。そんなこんなで悩みつつ、彼の神父になる為の修行は続く。


[当ブログの関連記事]
4巻の感想
5巻の感想
6巻の感想
7巻の感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/07(日) 03:14 お笑い全般
”HUNTER×HUNTER”連載再開も、10週連続掲載!とか書かれている始末。
10週連続掲載って…
もはや、シリーズ連載みたいなノリになっているんですケド…
何です?大物ゲスト扱いですか?いや大物には違いないケドさ、いろんな意味で。


さて本日は10/6放送の”エンタの神様”の罵詈雑言を。



続きをどうぞ

コメント:3   トラックバック:0
2007/10/06(土) 05:43 ヤンアニ嵐
CDラジカセが逝きました。
今のトコロ、買いなおす予定はない。CDはプレステで聴いている状態です。


さて本日は「ヤングアニマル嵐」No.11の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/10/05(金) 21:53 コミックレビュー
実に久しぶりに”HUNTER×HUNTER”を読んだなー。
最新24巻に続いて、連載再開もする。
正直、連載再開は諦めていたダケに、かなり嬉しい。
もう、とにかく、どんなでもいいので、キメラント編ダケでも完結して欲しい。


さて本日紹介するマンガはこちら。
ロザリオとバンパイア
集英社刊/池田晃久氏


[作品概要]
妖怪だけが通う「私立陽海学園」に手違いで入学してしまった人間・青野月音は、バンパイアの美少女・赤夜萌香と親しくなりたいが為に学園に残るコトに。
正体が人間だとバレると殺されるので、正体を隠して学園生活を送る。
しかし、事有る毎にトラブルに巻き込まれる月音たち。
そして、「はぐれ妖」のグループに目をつけられ、襲われる月音。
そんな中、萌香の血を注入され仮初のバンパイアになった月音。
そして―――


[参考記事]
6巻の記事
7巻の記事
8巻の記事
9巻の記事

番外編の記事(10巻に収録)



続きをどうぞ

コメント:28   トラックバック:2
2007/10/04(木) 05:48 コミックレビュー
プロ野球では、セ・リーグで巨人の優勝が決まり、高校生ドラフトが終わりましたね。
我がヒイキ球団の横浜は、昨年最下位から躍進の4位、ただいま勝率5割目指しての消化試合を残すのみ。なのですが…
後1歩、後1歩で3位だったのかと思うとやはり悔しい。
ドラフトでは1位抽選でハズれ。まぁ、ヤクルトは古田監督の置き土産ってコトで。
この中から、未来のエース・4番が出てくれるコトを願ってます。


さて本日紹介するマンガはこちら。
でぃ・えっち・えぃ
メディアワークス刊/原作:ゆうきりん氏/作画:谷村まりか氏/キャラクターデザイン:小宮裕太氏


[作品概要]
白鳥愛は夢を見る。
何でも想い人・神代光が悪魔に狙われているのだとか。
悪魔王によって選ばれた≪七つの大罪≫を持つ7人の≪地獄の使徒≫。
7人の悪魔っ娘が光に大罪を犯させようと誘惑の嵐!
光が誘惑に負け≪大罪≫を犯すコトは悪魔への堕落(ダウンフォール)を意味する。
ソレを阻止するには光を愛する者、つまりは白鳥愛が光と契りを交わさなければならない……。


[参考記事]
1巻紹介記事



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:1
2007/10/03(水) 08:16 雑記やメモ
サイトを持っている方に聞きたいのですが、自分の書いた記事を読み返すコトってありますか?
私はたまに自分が書いた記事を読み返すんですね。
ま、ホントはあまり読み返したくはないのですが、昔の自分(とはいっても2年程度なんですがね)を振り返ってみたりして。
それで誤字脱字を発見して直したりとかね。
ただ、表現的な部分は直さないですね。
ホントは直してしまいたい表現とか、記事そのものを書き直してしまいたいモノもあるのですが、当時の自分が精一杯書いた記事なんでね、そのままにして残しておこうかなー、なんてね。

まぁ、そうして振り返ってみると、気に入っている記事なんかも当然ある訳で、そういう記事にコメントがあったりすると嬉しさ倍増なんですね。

でまぁ、何で突然こんな話を始めたのかっていうと、特に何かある訳ではなく、さっきまでそうやって記事を振り返っていたらこんな時間になっちゃって、あー、今日紹介しようと思っていたマンガが紹介できなくなったなー。
とか思いつつ、今日更新するネタないなー、まぁ、こんな訳の解らない記事書いて更新しておくかっていう、意味の解らない理由でこんな記事書いている次第なんですね。ホントに意味解らないね。


さて、コレだけでは何ですので、1つオススメのマンガを紹介しておきますね。
「ヤングチャンピオン」20号で連載が開始された吉沢緑時氏の”ざんねんなこ、のんちゃん”が面白いです。
まさか「竹」の字1つでこの展開になるとは…
見開きが恐るべき破壊力です。
月1連載っていうのが残念でならないです。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:6   トラックバック:0
2007/10/02(火) 20:59 コミックヴァルキリー
何やら増刊号の発売まで決まったこの雑誌。
しかし、近隣の書店では取り扱い店が順調に減っています。
好調なのか、不調なのかがいまいち解りません。
しかしまぁ、休刊になるまで買い続けようとは思いますケドね。


という訳で本日は「コミックヴァルキリー」Vol.8の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1
Vol.2
Vol.3
Vol.4
Vol.5
Vol.6
Vol.7



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。