い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/11/30(金) 03:56 その他のマンガ
さて「スーパージャンプ」24号では”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”の第3話が掲載されました。
昔「週刊少年ジャンプ」で連載していた”地獄先生ぬ~べ~”に出演していたキャラが主人公のマンガです。
まぁ、本編では明言されていないので、別キャラとして再構築したという感じではありますが。
そんな訳で、本日はこのマンガのレビューなどを…


[感想バックナンバー]
第1話
第2話



続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:0   トラックバック:0
2007/11/29(木) 06:00 その他のマンガ
”ショートソング”最終回!!
えーっと。打ち切りなんですかね?
ソレとも予定調和なのかな?
とりあえず、伊賀…
堕ちるのは早かったな…


さて本日は”美少女いんぱら!”第34話のレビューです。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話



続きをどうぞ

コメント:5   トラックバック:0
2007/11/28(水) 06:30 コミックレビュー
「ヤングチャンピオン」24号での”ざんねんなこ、のんちゃん”第3話の話。
今回は痛い話でしたねぇ。描写的にもプチグロっていう感じかなー。
話としては好きなのですが、描写的に好きになれなかったですね。
後、最後のページの「えーせーへぇええ」には笑った。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ごてんばチアリーダーズ
少年画報社刊/宗我部としのり氏


[作品概要]
天羽高校応援部の槇克己。部員、1人。
先輩方から大応援団を復活させろと言われている。しかし部員は一向に集まらない。
そんな時、チアリーディング部から入部しないかと誘われる。
チアリーディング部は女子しかおらず、パワフルな克己は貴重な戦力として考えられていた。
しかし、応援団復活に熱意を燃やす克己は断るモノの、上手くノセられて、2ヶ月間、チアリーディングをやるコトに…


[参考記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:1
2007/11/27(火) 21:33 コミックレビュー
「週刊ヤングマガジン」52号にて”妹は思春期”が最終回をむかえた。
”女子大生家庭教師 濱中アイ”でもそうだったのですが、最終回はパンチラ祭りでした。
もうね、主要女性キャラが皆揃ってパンチラという、パンチラてんこ盛りの大サービス。
まぁ、最後の最後のみパンチラではありませんでしたが…
まぁ、パンチラではなかったですが、より素晴らしかったです。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
よみがえりんね♪
少年画報社刊/森見明日氏


[あらすじ]
彼女いない暦=年齢、という大学生・主人公(もろと・あきら)。
毎週金曜日に大学の女生徒に告白してはフラれ続けて、既に10連敗。
毎週金曜日の恒例イベントになりつつあった。
そんな彼の前に「前世で恋人」で、その上「生まれ変わっても一緒になろう」と約束したという女の子が現れた…
しかも、そんな女の子が複数現れたのだ。
女の子達は、揃いも揃って、前世での約束を果たせばえっちさせてくれるという。
幼馴染の築波野朋(ちくばの・とも)は複雑な想いを抱きながら、公の為に協力をするが…?



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/26(月) 10:51 コミックレビュー
竹下けんじろう氏の読みきり2作が発表されてましたね。
1本は”OL”の第3話で12月の予定、もう1本は完全新作で「週刊少年チャンピオン」に来年1月に掲載予定。
いや、楽しみです。
特に後者は”かるた”再開への第1歩となる…。

……のか?


さて本日紹介するマンガはコチラ。
魔法使いしかっ!!
幻冬舎刊/うおなてれぴん氏


[あらすじ]
ある日、三ツ葉未羽(みつば・みう)が深夜に林の中で目撃したのは、何かの儀式を行っている魔女だった。
何でも強大な魔力を得るコトの出来る「運命の星(フォーチュンスター)」を手に入れる為の儀式らしい。
ところが途中で「運命の星(フォーチュンスター)」が分裂した挙句、そのカケラの1つがみうの手に渡ってしまったのだ。
こうしてみうは魔法の力を手に入れた。
そして同じくカケラを手にした少女達との魔法バトルが始まった…



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/25(日) 06:37 お笑い全般
何か帰宅後ちょっと休むつもりで寝たらこんな時間になってしまいました。
という訳でサックリと11/24放送の”エンタの神様”の罵詈雑言を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/24(土) 06:42 コミックレビュー
またやってしまった…
いやね、中古ゲームショップにいったらFCとかSFCとかGBとかの昔のハードのソフトが1本10円~100円だった訳よ。そういうセールをやってたの。
思い余って40本ほど購入してしまった。
それでも2000円にとどかなかった訳だから、安い買い物だったのかな?とか思っている自分がこわいゼ。


さて本日紹介するのはこのマンガ。
てるてる天神通り
角川書店刊/児玉樹氏


[あらすじ]
日の丸町の天神通り商店街。
遠くの進学校に通っていたが、大学受験に失敗し、6年ぶりに帰ってきた幸村天志(ゆきむら・たかし)は、イキナリ町内会長に任命されてしまう。
しかも、この町の町内会長の証であるバッジを着けると、なんと「福の神」の姿が見え、神通力も使えてしまうのだった。
こうして町内会の平和を守る為に奮闘する日々が幕を開けた…



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/22(木) 05:10 コミックレビュー
DVD付雑誌もどうかと思うが、フィギュアが付いている雑誌は輪をかけてどうかと思う。
いや、値段据え置きならさして気にしないのですが、フィギュアに微塵も興味のない私からするとフィギュアが付いているという理由で値段が上がっているのをみると腹が立ってくる。
そんなに値段上げたければ、フィギュアが付いていない通常版も併売しろと、言いたい。
何の雑誌かはあえて言わないが。ねぇ、秋田書店さん?


さて本日紹介するのはこのマンガ。
スピリチュアルぱらだいす
小学館刊/小野寺浩二氏


[あらすじ]
玉置忍(たまき・しのぶ)はある日、美月ルナという少女に1目惚れする。
しかし美月は「生きている男に興味なし」を公言する、超絶オカルトマニアだった。
そんな美月が部長を務める「スピリチュアル研究部」に入部した玉置。
美月はオカルト体験をしようと躍起になっているが、未だにオカルト体験は皆無。
毎度毎度曰く付の怪しい場所に乗り込むも、収穫なし。
ところが玉置は霊感全開少年だったのだ!
その為、毎回毎回自分1人が怖い目にあってしまう。
だがしかし!愛する美月の為に今日もまた、オカルトスポットへレッツゴー!なのだ。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/21(水) 07:54 コミックレビュー
毎回プロ野球の話題でアレなんですけれども、両リーグのMVPが発表されましたね。
ま、予想どおりセ・リーグは小笠原選手(巨人)、パ・リーグはダルビッシュ選手(日本ハム)でしたね。
しかし小笠原選手はリーグをまたいで2年連続ですか。
我がヒイキ球団横浜にも、こういう選手が欲しいモノですな。


さて本日紹介するマンガはこちら。
ちぇんじ123
秋田書店刊/原作:坂口いく氏/画:岩澤紫麗氏


[作品概要]
特撮ヲタ少年・小介川が恋をした女の子・月斗素子。しかし素子は多重人格者だった。
ひびき・ふじこ・みきりの3人で通称ひふみ。素子がピンチになると現れて大暴れ。
平穏な生活を望む素子と、素子に恋する小介川の物語。そんなマンガ。


[過去記事]
3巻感想
4巻感想
5巻感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/20(火) 07:56 サンデーGX
えーっと。プロ野球の大学生・社会人ドラフト、注目の大場選手はソフトバンクでしたね。
っていうか、またソフトバンクかよ!
いやまぁ、某球団にいかなくて良かったけれども。横浜がハズれたからセ・リーグに来なくて良かったけれども。
後、長谷部選手は楽天ですか。コレに関しては良かったんじゃないかと。
あそこは絶対的に投手が必要だし、少しはマシになるんじゃないかなー、と。


さて本日は「サンデーGX」12月号の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/19(月) 05:40 コミックレビュー
何かそろそろ今季初の雪が降るとか何とか。
子供の頃は雪が降ったというダケでワクワクし、ハシャいで遊びまわったモノですが、大人になると雪が鬱陶しいモノにしか思えないな。
はるか昔に無くした心はもう戻らない…


さて、本日紹介するのはこのマンガ。
それはロボット
双葉社刊/流星ひかる氏


[作品概要]
時には友達であり、時には兄であり、そして時には自分でもある。
それは、ロボットである。
何気ない日常の中に、ロボットがいる。
そんな世界の話をオムニバス形式で描いた作品です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/18(日) 05:56 お笑い全般
プロ野球では移籍話がちらほら入ってくる季節になりましたが、我がヒイキ球団・横浜では、クルーン選手が退団し、入来選手(弟の方)が入団したとか何とか。
何か間違ってない?
しかしラミレス選手といい、クルーン選手といい、移籍先がドコになるんでしょうかね?
まぁ、クルーン選手は抑え不足のあの球団でしょうか?全く腹立たしい話ですな。


さて本日は11/17放送の”エンタの神様”の罵詈雑言を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/16(金) 22:46 コミックレビュー
「スーパージャンプ」23号に掲載されていた”渡職人残侠伝 慶太の味”第7話のセリフより。
「我が身体をアワビと融合せよ!!」「アワビの中へ…」「己をアワビに!!」

…。

……。

えー、実際の話、このシーンは主人公がアワビの鮨対決の為に、アワビの味を引き出す方法を模索している最中のセリフであり、いたってマジメなシーンなのですが、セリフのみ見てみるとエロマンガにしか見えないという、ちょっとアレなシーンです。
まぁ、このシーンでは主人公(男)が全裸で滝に打たれている描写でこのセリフが書いてあるんですけれどもね。
あ、やっぱりエロマンガにしか見えんな…


さて本日紹介するマンガはこちら。
CHIMES ~チャイムズ~
講談社刊/渡辺静氏


[作品概要]
雨宮一太郎に届いた1通のメール。
ソレは、オンラインゲーム「CHIMES」への招待状だった。
ゲームをスタートしてみると、舞台は自分が通っている高校にそっくりな建物。
操作キャラも自分にそっくり。
他にプレイしているプレイヤーも憧れの立花さんをはじめ、学校の生徒たちだった。
ゲームの内容は不定期に行われる「エクストラ イベント」に参加して出される課題をクリアするというもの。
しかし、このゲームには恐るべきヒミツがあって―――


[参考記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2007/11/15(木) 06:00 その他のマンガ
えーっと。スッカリ忘れていたのですが、本日11/15は私の誕生日でした。お誕生日ご愁傷様です、私。
もうね、ホンキで忘れていました。私の20回目の誕生日。通算何度目かは忘れましたが、20回目の誕生日です。永遠のティーンエイジャーです。
昨年はやらかしちゃったのですが、今年は何もネタを考えていなかったっていうか、忘れていたので考えすらしませんでした。
そんな訳で、今年は何もやらない可能性が高いです。思いついたら数日中にやらかしますが。


という感じで本日は”美少女いんぱら!”第33話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2007/11/14(水) 05:46 コミックレビュー
そういえば「月刊ドラゴンエイジ」12月号で”水色スプラッシュ”の続編が連載開始してました。6ヶ月の連載らしいです。
しかし初っ端からカラーで透け乳首とはね、やるじゃないですか。
まぁ、イロンナ意味で楽しみですよ。前回は活躍していなかったキャラの話とかね。


さて本日紹介するのはこのマンガ。
あゆまゆ
秋田書店刊/シナリオ・絵コンテ:しおたろう氏/原案・作画:鈴野哲次氏


[作品概要]
幼い頃に妹と生き別れた豊川陽介。
今年、南陽学園の高等部に入学した。
妹の養父は南陽学園の理事長だったので、面会を頼んでOKをもらう。
そして、いざ会いにいってみると、そこには「あゆ」と「まゆ」という、ほとんど同じ境遇の2人がいた。
2人のどちらかが妹らしいのだが、記憶があやふやでどちらが妹なのかが解らない。
養父から、1週間でどちらが妹か解らなかったら、兄失格というコトで2度と会うコトは許さない!と言われて…?


[参考リンク]
1巻紹介記事



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/13(火) 22:26 コミックレビュー
某サイトの過去ログを遡ってみていたら、パソコンの前で眠ってしまいました。
何をやっているんでしょうかね、ホントに。


さて本日紹介するのはこのマンガ。
はかいしん るるこ
マッグガーデン刊/村山渉氏


[あらすじ]
黒沼完太(くろぬま・かんた)18歳、専門学校生。
花屋でバイトをしている。
そんな完太の前に、ある日突然「自分は破壊神だ」と名乗る女の子が現れた。
彼女の名前はガルルディアダルグス。
封印を解いたほうびとして自分の僕として忠誠を誓うコトを許された完太。
しかし、ガルルディアダルグスはかつての力を失っていた。
こうして何だかんだで、ガルルディアダルグス(るること名づけられた)は、完太の家に居候するコト。
こうして奇妙な同居生活が始まった…



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/12(月) 07:57 コミックレビュー
FA宣言のニュースばかりに気をとられてスッカリ忘れていたのですが、野球界ではアジアシリーズが終わっていました。
中日が制したみたいですね。
何やら苦戦を強いられたみたいですが。


という訳で本日紹介するのはこのマンガ。
白球少女
ソフトバンククリエイティブ刊/山崎毅宣氏


[あらすじ]
イナカにある「龍ヶ淵高校」に転校してきた女の子・白石円。
なるべく目立たないようにしようと思っていたが、転校初日に野球の実力が抜群であるコトが知られてしまう。
弱小の野球部に目をつけられ、男装して試合に出るようにスカウトされる。
しかし、円は大の野球嫌いだった。
しかし、野球部の面々は、円に野球をやらせようと画策する…?



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/11(日) 04:39 お笑い全般
[梵選手萌え]

という検索でこのブログに来た人がいるみたい。
梵選手って、プロ野球広島カープの梵選手のコトなのか?
世の中にはいろんな萌えがあるな~、と思い知った。

しかし、私はサイドバーのプロフィール画像を見ればお解りのように、3次元の人間には「萌え」は使わないと思ってますので、望むような記事は書いてないですよ?


さて本日は11/10放送の”エンタの神様”の罵詈雑言を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/09(金) 08:49 コミックレビュー
1巻表紙→獅子堂美華
2巻表紙→月夜野由佳
3巻表紙→朝比奈里緒

主人公、形無しです。
既に杜夢が主人公だと忘れそうになります。というか、表紙を見て買うと騙されます。何という詐欺マンガ…


という訳で本日紹介するのはこのマンガ。
GAMBLE FISH
秋田書店刊/原作:青山広美氏/作画:山根和俊氏


[作品概要]
名門校・獅子堂学園。
その学園に転入してきた白鷺杜夢。
彼はある目的を持ってこの学園にやってきた。
その目的とは、この学園を潰すコトらしい。
目的の為にギャンブル勝負を繰り広げる杜夢。
閉鎖されたエリート学園で狂気のギャンブル勝負が幕を開ける…


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:1
2007/11/08(木) 05:31 コミックレビュー
「週刊少年ジャンプ」のカレンダーが売っていたので、今年は”魔人探偵脳噛ネウロ”のモノを購入してみた。
後は毎年買っているイチロー選手のカレンダーを購入予定なのだが、昨年までは売っていた店に今年は置いてない。
そしてどの店に行っても置いてない。
やはり予約しないとムリなのか?
しかし、カレンダーの話になるとは、もう今年も残りわずかというコトですね。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ハコイリ
秋田書店刊/Cuvie氏


[あらすじ]
都内の大学に通う田中光一。
そして名門校に進学するため上京してきた綾瀬紫苑。
紫苑の家は、2人の地元ではかなりの名家である。
そして光一の母親は紫苑の家の使用人だった。
しかし、実は2人は相思相愛の仲だったのだ!
だが、光一が先に上京するコトになり、別れ際に紫苑は約束をしていたのだ。
「次に会ったら処女をあげる」と。

そんな2人は、東京で感動の再開を果たす。
そして、いざ!という時になるのだが、邪魔者が現れて…?



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/06(火) 07:52 コミックヴァルキリー
最近読んだマンガの中で1番笑ったセリフ。
「キノッ!!キノッ…。キノキノキノ~~ッ!!キノコッコォオォ~~ッ!!!!」
何でもキノコの鳴き声らしい。
あまりの面白さに立ち読みでありながら声出して笑ってしまったよ…
何のマンガかは言わない。まぁ、そのうち紹介する機会があるとは思いますが。


さて本日は「コミックヴァルキリーHard」Vol.1の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1
Vol.2
Vol.3
Vol.4
Vol.5
Vol.6
Vol.7
Vol.8



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/04(日) 03:36 お笑い全般
さて当ブログの中では1番いらないと思われるカテゴリー。
当初はアクセス数アップを目論んで始めてみた、この感想記事。
書いているコトはいつも同じ内容。
しかし懲りずに今回もやってしまいます。


という訳で10/3放送の”エンタの神様”の罵詈雑言を。



続きをどうぞ

コメント:4   トラックバック:0
2007/11/03(土) 05:21 ヤンアニ嵐
「ジャンプSQ」が発売した。
とはいっても、まだほとんど読んでいないんだけれど。
感想は…

気が向いたら書きます。っていうか、書く前に読まなきゃなぁ。次号が発売する前に読めればいいが…


さて本日は「ヤングアニマル嵐」No.12の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/02(金) 07:41 野球関連
えーっと。
スッカリ忘れていたのですが、当ブログでは今年もプロ野球の順位予想をやったんでしたね。
そんな訳で、日本一も決まったコトだし、結果を発表してみようかな、と。


[参考]
2006年セ・リーグの予想結果
2006年パ・リーグの予想結果

2007年順位予想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2007/11/01(木) 03:54 雑記やメモ
はい、という訳で、懸賞当選自慢報告6回目です。
私は懸賞というモノはそんなに出す方ではないのですが、たまに思い立ったときに、周りに読み捨ててある雑誌の懸賞をまとめて出したりするんですね。
特に雑誌をまとめて捨てる時とかに。
もしくは欲しい賞品があった時とかに。
でまぁ、今回もそんな感じで出したモノが当たったみたいです。


[過去の自慢報告]
Part.1
Part.2
Part.3
Part.4
Part.5



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。