い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/03/06(木) 05:10 コミックレビュー
「ゲームサイド」という雑誌のVol.11の話。
この雑誌のコーナーの1つにゲームの開発関係者へのインタビューがあるのですが、今回登場したのは鶴田道孝氏。
知らない方に説明しますとFCのソフト”マイティボンジャック”とか”ソロモンの鍵”なんかの開発に携わった方です。
知っている方もいると思いますが、これらのゲームって、謎解きっていうか隠し要素っていうか、そういうのが難しいんですね。
で、何でそんなに難しい(自力で探し出すのはほぼ不可能)仕様になっているのかの興味深い話が満載でした。
そして1番面白かった話。FCの”キャプテン翼”の名セリフ「くっ!! ガッツがたりない!! 」が、まさかスタッフの1人の口癖だったとは…。意外な事実ですよ。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ビーチスターズ
小学館刊/森尾正博氏


[作品概要]
七瀬イルカ、17歳の誕生日。
夢見も良く、ハッピーな1日になると思っていた。
しかし学校にいった彼女を待っていたモノは、バレー部の廃部だった。
バレーが生きがいだったイルカは茫然自失になってしまう。
そんなイルカを見かねた友人に誘われて(というか半ば強制的に)海浜公園に行ったイルカ。
そこで彼女はビーチバレーと出会った。


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介



続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:0   トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。