い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/07/31(木) 03:38 ヤンキンアワーズ
イチロー選手、日米通算での3000本安打達成!
今季は(も)横浜ベイスターズが弱く、ソレにプラスしてミドコロすらもないので、イチロー選手の活躍やら、楽天の快進撃やらに注目していた訳ですが、イチロー選手が快挙達成。
こういうニュースは何回観てもいいモノだなぁ。


さて本日は「ヤングキングアワーズ」9月号の感想を。



続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:6   トラックバック:0
2008/07/30(水) 16:02 コミックレビュー
某雑誌の感想ですが、例の如く来月の頭くらいになるかと思います。
まぁ、あの雑誌の感想記事を待っている人がいるとも思えませんが、とりあえず告知。
現在、60%ほど読破。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
恋花温泉
白泉社刊/川津健二朗氏


[作品概要]
美人3姉妹が切り盛りするカップル限定の温泉旅館・恋花温泉。
恋人と宿泊予定だったが、来る直前にフラレて、1人で泊まるコトになった秋山和裕(かずひろ)。
彼を励まそうと献身的なサービスをする3人。
その結果、次女の野乃花にホレて、恋花温泉で働くコトに。
3姉妹に囲まれながら、野乃花との恋の行方は?
という感じの湯けむりラブコメ(ちょっとえっちぃ)です。


[参考記事]
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/07/29(火) 23:05 コミックレビュー
今年になってからは初めてソーメンを食べた。
夏といえばやっぱりソーメンではあるのだが、私はソバの方が好きだったりするので、あまりソーメンは食べなかったりします。
ザルソバは美味しい。かけソバも美味しい。うん、やはりソバの方が好きだな。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
メガミのカゴ
芳文社刊/松本ミトヒ。氏


[あらすじ]
宮本明美(みやもと・あけみ)、女子高生。
容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能、性格良し。
そして黒髪にしてめがねっ娘。
所謂、委員長キャラというヤツだ。
だが、彼女は委員長ではなかった。

だったら!委員長にしてやろうじゃないか。
という訳で、友人の麻倉南(あさくら・みなみ)が奮闘。
生徒会長に直談判し、新委員会を作って明美を委員長に任命してしまった!
その名も「乙女の鏡(略してメガミ)委員会」。その活動内容は、生徒の悩みを解決するコトだ!
こうして、明美は委員長キャラへと転身するのだった。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/28(月) 04:34 週間マンガ感想
”ざんねんなこ、のんちゃん。”12話の話。
のんちゃんって、ある意味文才があるのではなかろうか。
まぁ、気づくほうも気づくほうだが…。明らかに一般的な人が知らないような単語も含まれているのですが…
最後のオチは、そうきたか、と。良いアイデアだな。


さて本日は週間マンガ感想、2008年7月の4週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/27(日) 02:32 コミックレビュー
web拍手にて、「触手」という謎のメッセージが…
途中で間違って送信したのだろうか…?
それとも挨拶の言葉なのだろうか。
新しい挨拶「触手!」。うん、斬新だ。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
百目の騎士
アスキー・メディアワークス刊/原作:小池倫太郎氏/作画:村崎久都氏


[作品概要]
祖父や父のような騎士に憧れ、グリープ王国親衛隊に入隊したクルハ・チヅル。
しかし憧れだったハズの親衛隊は、理想とは程遠いコトに幻滅し、やめようと考えていた。
しかし新入騎士、エイクス・ロッカの教導役を命じられる。
ロッカは札付きの問題児だった。
そして2人の前途多難な日々が始まった。


[参考記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/07/25(金) 23:37 コミックレビュー
ついに次号の「週刊少年チャンピオン」から竹下氏の連載が始まります。
楽しみです。そして、レビューを予定しています。
だが…
”かるた”の続編はまだか?
私はまだ諦めてはいない、諦めてはいないぞー!
この連載が成功すれば、復帰への道もあるのではないのか?
そんな僅かな希望が…、ある限りはな!


さて本日紹介するマンガはコチラ。
てるてる天神通り
角川書店刊/児玉樹氏


[作品概要]
日の丸町の天神通り商店街。
遠くの進学校に通っていたが、大学受験に失敗し、6年ぶりに帰ってきた幸村天志(ゆきむら・たかし)は、イキナリ町内会長に任命されてしまう。
しかも、この町の町内会長の証であるバッジを着けると、なんと「福の神」の姿が見え、神通力も使えてしまうのだった。
こうして町内会の平和を守る為に奮闘する日々が幕を開けた…


[参考記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/24(木) 23:59 ゲーム全般
えー。
書きたい記事はあるのだが、書く気がおきないので、このところプレイしていたファミコンのゲームの感想を書いてみようと思う。
まぁ、ザックリと。サックリと。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/23(水) 23:17 その他のマンガ
「スーパージャンプ」20周年とやらで、連載陣のグッズのプレゼント企画が続いている訳ですが、今号でついに”美少女いんぱら!”が登場。

DSC06169.jpg
今号のプレゼント

直筆サインと、何故だか解らないのだが、災害対策セットの組み合わせ。
災害対策セットって…
作品にちなんだ品なら他にあるだろ。
犬の首輪とか、教鞭とか、京ちゃんのぱんつとか…
しかしまぁ、作者のサインは欲しいので、誰も希望はしないようにしてネ。


という訳で、本日は”美少女いんぱら!”第50話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話


単行本1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:4   トラックバック:0
2008/07/22(火) 23:51 コミックレビュー
目覚まし時計が止まっていて、あやうく遅刻しかける。
どうも寝ている間に電池が切れたみたい。
いや~、危なかった。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
GRANDEEK ReeL グランディーク・リール
集英社刊/桜瀬琥姫氏


[作品概要]
武具に宿る精霊(シオグ)の姿を見、声を聞く能力を持つ少女・ティーア・オルブライアント。
伝説の妖刀グランディークを相棒に世界一の武器を探す旅をしている。
旅の途中で訪れた街で、武具に宿る精霊の助けを求める声を聞いたティーアは、精霊を助ける決意をするが―――。


[参考記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/21(月) 03:40 週間マンガ感想
世間は3連休ですか。
私は休みなしですケドね。
だいたい海の日って、何じゃそりゃ。
訳の解らん休日作って、何が楽しいんだか。マッタク(以下略


さて本日は週間マンガ感想、2008年7月の3週目です。
かなりアッサリ気味です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/20(日) 03:32 サンデーGX
最近のマイブームはバニラアイスにアイスコーヒー(無糖ブラック)をちょろっとかけて食べるコトです。
コレがなかなかに美味しい。
何よりもアイスの温度でコーヒーが氷るのですが、そのシャリシャリ感がたまらなく良い!


さて本日は「サンデーGX」8月号の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/19(土) 03:56 コミックレビュー
当ブログに「おすすめの漫画 BLっぽい」というワードで訪問した方へ。
そんなあなたには「週刊少年チャンピオン」で連載しているサッカーマンガ(”ANGEL VOICE”ではない方)をオススメしておきます。
「BLっぽい」というか「ホモっぽい」ですが。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
18倫
秋田書店刊/松本タカ氏


[あらすじ]
医者を目指している名門女子高のお嬢様・池内倫子(いけうち・りんこ)。
ところが、ある日、父親の会社が倒産してしまった!
そのうえ、両親は倫子を残して逃亡してしまった!

家も差し押さえさえられ、完全に路頭に迷う倫子。
とりあえず先立つものをと、住み込みで働ける職を探すコトに。
だが、さんざん断られ、ようやく採用された会社は、何とAV制作会社だった。
性知識に乏しい生粋のお嬢様・倫子。
初めて見るモノや初めて聞くコトばかりの職場。
そんな状態ながらも、日々奮闘する倫子だった。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/07/18(金) 23:15 コミックレビュー
オリンピックの野球の代表メンバーの発表。
投手を見渡して思うコトは、パ・リーグって、楽天の1人勝ちじゃねー?
岩隈選手が選ばれないって…
他はエース級が選ばれているのに。
うん、オリンピック期間中のペナントレースが楽しみですね!


さて本日紹介するマンガはコチラ。
突攻!メイドサンダー
秋田書店刊/やぎさわ景一氏


[作品概要]
両親の海外赴任で1人暮らしをするコトになった高校生・山田雅人。
しかし、1人暮らしが心配な親が、メイドさんを手配していた!
メイドさんと1つ屋根の下、ウフフ・アハハな生活が待っている!
と思いきや、やってきたメイドは……


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/17(木) 23:28 コミックレビュー
野茂選手が引退ですか。
日本でも、アメリカでも輝かしい成績を残した偉大な投手。
1つの時代が終わりを告げたという感じがしますねー。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
メイドいんジャパン
秋田書店刊/おりもとみまな氏


[あらすじ]
九段下メイド女子高。
メイド喫茶のエセモノとは違う、ホンモノのメイドを養成する高校だ。
そんなメイド女子高に通う井上成美。
そんな成美が実習教育で派遣された先は、メイド嫌いのお嬢様がいた!
メイドを目指す成美にとって最大の障壁となる!?

さらに成美には、誰にもいえないヒミツがあったのだ。
そのヒミツとは…!?



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/16(水) 23:46 コミックレビュー
毎度毎度プロ野球の話題で申し訳ないのですが、横浜ベイスターズが今季初完封。
80試合目にしてようやく完投ピッチャーが現れましたよ。
しかも若手の小林選手。コレは将来に期待が持てそうか?心配なのは、バ監督が酷使しないかというコトか。
しかし、ダメな話題くらいしかなかった横浜に、一筋の光明ですな。内川選手と並んで。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
おそって・オオカミくん
角川書店刊/ゆきやなぎ氏


[あらすじ]
特にとりえがある訳でもない高校生・大神一狼(おおかみ・いちろう)。
憧れの女の子は、同じクラスの白銀清美(しろがね・きよみ)。
それなりに親しい関係ではあるが、それなりはそれなり。友人以上の域には達していない。

そんなある日。
動物園に搬送される途中で逃げ出したオオカミに遭遇してしまう一狼。
しかも、そのオオカミが、何としゃべりだした!
さらに、そのオオカミに襲われてしまう一狼。
だが、気がつくとオオカミはいなくなっており、襲われたハズなのに怪我の1つもなかった。
そして、その日から一狼の日常は激変する!



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/15(火) 23:48 その他のマンガ
プロ野球ではオールスターのメンバーが発表されましたね。
横浜ベイスターズからは内川選手と寺原選手が選ばれましたか。
内川選手は解るが、寺原選手は…
まぁ、とにかく楽しみですよ。


さて本日は「オー スーパージャンプ」8月号の話を。
まぁ、例の如く”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”の第7話がメインになりますがね。


[感想バックナンバー]
8月号(2007年)
11月号(2007年)
2月号(2008年)
6月号(2008年)


”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第3話(前編)
後編は…。当ブログではノータッチで。
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第5話



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/07/14(月) 04:27 週間マンガ感想
某所で「ドラクエ風ステータス beta」というのが紹介されていたので、やってみた。

sutetasu.gif
結果

職業が教師ですか。モチロン、女子高ですよね?
ステータスは高めみたいですが、現状ではお疲れモードの様だ。
だが、1番注目すべき点は装備の武器でしょうか。
懐中電灯が武器に相当すると思われるのですが、攻撃力が250もあります。
恐るべき攻撃力ですな…(”ドラクエ4”における「天空の剣」が110くらいだったと思う)


さて本日は週間マンガ感想、2008年7月の2週目です。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/07/13(日) 03:25 コミックレビュー
近所に出来た中華料理屋に行った。
リーズナブルなお値段で、なかなかに美味しい料理を堪能できた。
普段はあまり外食をしないのだが、ココにはまた行きたくなった。
そのうちまた行くかね。そのうちっていうのがいつになるのかは不明だが。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ツキとおたから
一迅社刊/渡真仁氏


[あらすじ]
世に名品珍品は数多にある。
その中でも、物の気と呼ばれる使い魔を要している品がある。そんな品は「おたから」と呼ばれる。
おたからの価値を見出し、使い魔を生み出すコトの出来る者を「旗師」と呼ぶ。

そしておたからの中でも至高の価値を持つ「天原御物(あまのはらごもつ)」というモノがあるという。
しかし、そういうモノがあるという話以外は一切不明の品で、もはや伝説と化しつつある。

そんな時代のお話。
大都会・東京に上京してきたばかりの少女・明智ツキとその同伴者であるツルギ。
2人は天原御物を探しているらしいのだが…?



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/11(金) 23:20 コミックレビュー
うん、まぁ、予想どおりに発症しました、北海道に行きたい症候群が。
毎度のコトなので今更なのですが、”風雨来記”をプレイ→北海道に行きたくなる→”風雨来記2”をプレイ→沖縄に行きてー。となります。
しかし、このゲームは何度やっても面白い。ツミゲーの存在を忘れるくらいに…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
白雪ぱにみくす!
マッグガーデン刊/桐原いづみ氏


[作品概要]
風ミドリは夢を見た。
暗く長く階段が続く。そこを降りていく。そして下まで辿り着くと――

というトコロで目が覚める。
起きると、家に見慣れない鏡があった。
しかもその鏡は、入れるという不思議な鏡だった。
好奇心旺盛な妹・真子と共に中にはいって探求するハメに。
そうして入っていった鏡の中は、夢のような階段が続いており、その先にはキレイな女の子が眠っていた。
王子のキスで目覚めさせて欲しいというフクロウの願いを聞いた真子が、ミドリにムリヤリキスをさせると、その少女は目覚めた。
その少女は白雪といい、白雪の母親が白雪の所業に手を焼いて、恋をさせるコトによって更生させようとしていたのだ!

こうしてミドリと白雪は出会い、2人のラブコメが幕を開ける…?


[参考記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/10(木) 03:13 コミックレビュー
最近はゲームといえばFCばかりをやっていたのですが、今年もやってきました。
”風雨来記”やりたい症候群ですねー。
初夏というコトもあり、またしてもやり始めてしまいましたよ…
ツミゲーやらないと…。と思いつつも、このゲームは何度やっても面白い!


さて本日紹介するマンガはコチラ。
GAMBLE FISH
秋田書店刊/原作:青山広美氏/作画:山根和俊氏


[作品概要]
名門校・獅子堂学園。
その学園に転入してきた白鷺杜夢。
彼はある目的を持ってこの学園にやってきた。
その目的とは、この学園を潰すコトらしい。
目的の為にギャンブル勝負を繰り広げる杜夢。
閉鎖されたエリート学園で狂気のギャンブル勝負が幕を開ける…


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介
6巻紹介



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/07/09(水) 23:36 その他のマンガ
FC2のトラックバックテーマの第527回目。
「あなたの好きなアニメは何ですか?」か。
コレは何か?私に”空想科学世界 ガリバーボーイ”について語れ、と。(いや、語りませんが
いやもう、いまから10年以上も前のアニメなのですが、放映当時夢中で観ていて、未だに好きなアニメなので…
たしかビデオ化はしていなかったと思いますが、DVD-BOXにならないでしょうか。
コレなら購入してもいいのですが…


という訳で、本日は”美少女いんぱら!”第49話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話


単行本1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:6   トラックバック:0
2008/07/08(火) 23:42 コミックレビュー
プロ野球ではオールスターのファン投票の結果が発表されましたね。
我がヒイキ球団・横浜ベイスターズからは村田選手が選出。今年から始まった選手投票でも選出されていた。
正直な話…、他にいないから選ばれたとしか思えません。
いや、確かに成績のみで判断すれば申し分はないかもしれませんが…
いや、何でもないです。
とりあえず、オールスターは楽しみです。
主にイチロー選手が何をやってくれるのかが楽しみです!


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ヤンキーフィギュア
秋田書店刊/ミッチェル田中氏


[作品概要]
フィギュアオタクの山下筆児(やました・ひつじ)は、いじめられているトコロを最強ヤンキーと呼ばれている桜井さくらに助けてもらう。
その時、その場にいたネコが笑ったかと思ったら、何とさくらがフィギュアサイズ(身長6cm)に縮んでしまった!
こうして、ヒツジとさくらは元に戻る方法を探しながら、一緒に生活を始めるが…?


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/07(月) 05:16 週間マンガ感想
「コミックハイ!」の読者ページに意見が採用された賞品のテレホンカードが届いたのですが、以前に貰ったモノと同じ絵柄だった。

DSC05938.jpg
賞品のテレカ

うん、まぁ…
欲しい方、いませんか?お譲りしますよ?格安で。


さて本日は週間マンガ感想、2008年7月の1週目です。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:1
2008/07/06(日) 23:12 コミックレビュー
小野寺浩二氏の新連載が楽しみすぎます。
めがねっ娘を描かせたらピカイチの小野寺氏が綴る、めがねっ娘の歴史(予定)!
楽しみすぎる~~!!


さて本日紹介するマンガはコチラ。
カプレカ
JIVE刊/原作:松本真氏/作画:ネツマイカ氏


[作品概要]
2人併せて借金総額4兆円を越える羽乃(うの)と優奈(ゆうな)。
何でも最先端秘密科学組織「ARCA(アルカ)」の人体改良手術を受けて出来た借金だとか。
そしてその借金を返済する為に、ARCAの依頼で人間を怪物に変える水晶を集めていた。
怪物化してしまった人間は通常兵器では歯が立たず、ソレを倒せるのはARCAの作り出した最強の改良人間「カプレカ」だけなのだ。
そしてそのカプレカとは、羽乃と優奈が合体した姿のコトなのだ。
そして合体する方法とは、キスをするコトだった!


[参考記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/05(土) 23:43 コミックレビュー
毎日が暑くなってきて、夏本番っていう感じ。
暑いのはキライなので、毎日がツラい。
早く冬にならないモノか…。いや、秋がいいな秋が。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
殺し屋さん
双葉社刊/タマちく.(原作:タマ(一條マサヒデ氏)/作画:ちく.(春輝氏))


[作品概要]
依頼を受ければ何でも抹殺!
依頼達成率100%の凄腕の殺し屋。
そんな彼と、彼を取り巻く人間たちの面白おかしい4コマギャグ。
そんなマンガです。


[参考記事]
2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/04(金) 23:36 ヤンアニ嵐
やはり「ゲームサイド」は面白いなぁ。
今月号は”テイルズ”シリーズの特集だったが、まぁ、そんなトコロは他の雑誌でもやりそうだからどーでもいいや。
FC初期の将棋ゲームにおけるバカプレイがアホすぎて笑った。
後、”クロス探偵物語”の続編は…
早く出せ!


さて本日は「ヤングアニマル嵐」No.8の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/07/03(木) 04:44 コミックレビュー
何か近所の書店が、今月いっぱいで閉店するらしい。
まぁ、その書店は普段はほとんど利用しない店なので、あまり問題はないのだが、残念な気はする。
半年くらい前にも1件ツブれているし、今の時勢では書店はキビしいのだろうか。
いや、実にさみしいコトですな。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
タロットメイデンきさら
キルタイムコミュニケーション刊/ろばー氏


[作品概要]
タロット占いが得意な中学2年の来栖川キサラ。
ある日、喋る黒猫のライベルとぶつかり、ライベルの持っていた「賢者の聖石」を体内に取り込んでしまった。
何でも「賢者の聖石」を集めている秘密結社「蛇十字団」から逃げてきたのだという。
キサラは「賢者の聖石」の力で魔法少女タロットメイデンに変身し、蛇十字団と戦うコトに!


[参考記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/07/01(火) 23:09 ヤンキンアワーズ
竹下けんじろう氏の新連載は7/31発売号からだそうで。
後1ヶ月かぁ。楽しみだなぁ。
読みきり時には女の子キャラが全く登場しなかったのだが、連載版ではどうなるのか。
固定キャラではなく、ゲストとして登場するのか…
はたまた、やはり主人公は女の子だったんだよ!えぇー!?な感じでいくのか。
とりあえず、楽しみですね。


さて本日は「ヤングキングアワーズ」8月号の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。