い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/09/30(火) 03:21 コミックレビュー
”スーパーロボット大戦Z”はようやく半ば辺りまでススんだ。
今回、ほぼ完全に2チームに分かれている感じで話が展開している。
ここまで徹底したチーム分けは”新スーパーロボット大戦”以来か?
好きな作品が別ルートになってしまった人にとってはツラいコトこの上ないので、賛否は分かれそうだが。
だが、2軍ユニットが減るという意味ではこういうのもアリではなかろうか。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ブロッケンブラッド
少年画報社刊/塩野干支郎次氏


[作品概要]
17世紀、ドイツの錬金術師「ヨーハン・シュルツ」は魔女を創ることに成功した。
時は流れて現代。子孫である「守流津健一(しゅるつ・けんいち)」は「ブロッケンの血族」として、人工魔女理論を悪用する者達と日々闘い続けていた。変身魔女っ子ヒロインとして。
しかも、従姉妹である四方田礼奈(よもだ・れな)の策略によって、女子中学生アイドル・ノイシュヴァンシュタイン桜子としてデビューさせられ、あろうコトか人気アイドルになってしまう。
アイドルとして活躍しつつ、悪を倒すのだ!

※このマンガは厳密には3巻ではないのですが、完全な続編なので、3巻と表記させていただきます。


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:0   トラックバック:0
2008/09/29(月) 02:17 週間マンガ感想
F・O・Gの新作ゲームがベールを脱いだ!
その名は”夢想灯籠”。
伝奇アドベンチャーというコトで期待が高まるのですが、PSPというコトなので、私としては微妙。
微妙っていうか、PSP持っていないというコトなのだが。
まぁ、PSP本体が無いのに、ソフトのみ5本所持しているという、完全にムダ遣いだろ状態だから、今更1本や2本増えたトコロでどうということは無いのですが。
しかし、F・O・Gの新作だからなぁ。
ホンキでPSPの購入を検討しなければならない時期がきたというコトか。
さて、どうするか。


さて本日は週間マンガ感想、2008年9月の4週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/27(土) 23:51 コミックレビュー
よくは憶えていないのですが、たしか「マガジンSPCIAL」の懸賞だったと思うのですが、ニンテンドーDSのソフト”三国志大戦・天”が当選しました。

DSC06883.jpg
当選

私はDS持っていないので、即売り払ってしまいました。
3000円にもなりませんでしたが、まぁ、今日のマンガ代くらいにはなったというコトで。
実はゲームのソフトが当選するのは、コレで通算4度目だったりします。
そのうち、手元に残っているのは1本のみですが。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
マイティ・ハート
秋田書店刊/マツリセイシロウ氏


[作品概要]
大暴れする悪の組織の幹部・ヴォルケン。
そんな彼の前に1人の正義のヒロインが立ちはだかる。
その名は「マイティ・ハート」!
地球の平和を守るため!
いけ、マイティハート!戦え、マイティハート!

ところがマイティハートの正体は、ヴォルケンの仮の姿である高校生・天河十市(てんかわ・といち)のクラスに転入してきた舞島心だった。
しかもヴォルケンは舞島に恋してしまった!?


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/26(金) 02:27 その他のマンガ
結局”スーパーロボット大戦Z”をプレイ開始してしまった。
私は今まで初プレイは女性主人公でやっていたのだが、今回は男主人公で始める。
まぁ、シナリオの初期段階で出てくる作品が好みだったからというのが主な理由ですが。
今まで女性主人公でプレイしていたのも、そういう部分が大きい訳で。
数シナリオをやってみての感想だが、流石に今回は初登場作品が多い為か、既出作品のイベントは少ない感じ。
ガロードが初めからディバイダータイプに搭乗していた…
とりあえず、男主人公はスーパータイプなので、リアルタイプ好きの私としてはガンダムXとキングゲイナーが主力になるだろうなぁ、と。


さて本日は”釣り屋 ナガレ”第8話のレビューを。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/25(木) 03:55 その他のマンガ
今号(20号)の「スーパージャンプ」がかなり面白い。
”フレフレ少女”は次回が最終回というコトで、盛り上がりは最高潮でかなり熱いし、”トクボウ 朝倉草平”は叶さんが完全にデレ顔だし。
とはいえ、私がレビューするマンガといえばコレしかないんですケドもね。


という訳で本日は”美少女いんぱら!”第55話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話/50話
51話/52話/53話/54話


単行本1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:4   トラックバック:0
2008/09/24(水) 23:53 コミックレビュー
王監督が監督退任を表明。
まぁ、今年で最後といっていたし、体調面でも問題があった訳だし、規定路線という訳だが、せめてシーズン終了まで待てなかったのか?
しかも退任を表明した矢先に情けない試合をヤラかすし。

私の世代だと、王選手の現役時代を知らないので、過去の映像やら残っている成績やらでしか偉業を知るコトが出来ない訳ですが、コレも1つの時代の終了という感じか。
今まで続く様なスター選手が出ていないコトも、問題なのかもしれないが。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
イケてる2人
少年画報社刊/佐野タカシ氏


[作品概要]
クールな美少女・小泉明と、小泉明命!の佐次京介。
そんな2人を中心に繰り広げられる青春白書。
ちょっとエッチなラブコメディー。
そんなマンガです。


[当ブログの過去記事]
23巻紹介
24巻紹介
25巻紹介
26巻紹介
27巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/23(火) 19:25 コミックレビュー
「WEBコミックハイ!」で絶賛配信中の”にじぷり”が面白い。
”原作さん”も面白いし…
まぁ、全部読んでいる訳ではありませんが、この2作がお気に入りですね。
このレベルのマンガがタダで読めるとは、良い時代になったモノです。
何か裏があるのではないかと勘ぐりたくなってしまいますよ…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
神様ドォルズ
小学館刊/やまむらはじめ氏


[作品概要]
大学生の枸雅匡平(くが・きょうへい)は、コンパの席で史場日々乃(しば・ひびの)に告白しようとする。
日々乃の父親が匡平と同郷というよしみで知り合った関係だ。
ところが上手くいきかけた矢先に会場のエレベーター内で惨殺死体を発見し、気まずい雰囲気になってウヤムヤに。

その帰り道、突然襲われる匡平。
何とか家に帰り着くと匡平の妹の詩緒(うたお)が来ていた。

匡平の故郷では案山子と呼ばれる神を祀り、「隻」と呼ばれる人が案山子を操って生活している村だった。
詩緒はその「隻」の1人で、かつて「隻」だった匡平と因縁のある阿幾(あき)が脱走したので連れ戻しに来たのだという。

そして、匡平の家はその日のうちに阿幾に襲撃される……


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/09/22(月) 05:19 週間マンガ感想
もうココまでくると、逆転優勝も不可能じゃないっていうか、今の巨人のイキオイは、完全に優勝チームのソレだ。
優勝するチームって、だいたい日替わりでヒーローが現れたり、そんなチームの雰囲気にのっかってかソレまで成績がパッとしなかった選手が唐突に爆発したりするのだが、今の巨人はまさにソレ。
このくらいのデットヒートだと、プレーオフ反対の人の気持ちはよく解りますね。
私はプレーオフには一応は賛成の意見なのですが、今年に関していえば、巨人と阪神でやったらいいと思うよ。

パ・リーグは…
オリックスはよくやったよ。
シーズン最初のダメっぷりが今となっては懐かしいくらいだ…

ついでに横浜へ。
残りの試合全敗しなさい。
そうすれば念願の100敗に到達するから。
頼む、100敗して、続投決定しているバ監督を考え直させてくれ。


さて本日は週間マンガ感想、2008年9月の3週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/21(日) 00:22 コミックレビュー
このブログでは基本的に、1度紹介したマンガは続巻も紹介し続けています。
まぁ、途中で放棄したマンガもいくつかありますが。
で、以前に紹介したマンガの続巻で紹介していない最新巻が溜まっていたりするんですね。
だから「あのマンガはもう紹介しないの?」とか「このマンガはもう読んでいないの?」といったコトもあるかもしれませんが、まぁ、気長に待ってください。
そんなコトを思ってくださる方がどのくらいいるのかは解りませんけれども。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ざんねんなこ、のんちゃん。
秋田書店刊/吉沢緑時氏


[作品概要]
トラウマ。
肉体的、精神的に強いショックを受けたコトが原因で、心に傷を負ってしまう病気である。
ショックを受けた体験を思い起こさせる状況や物を見るとパニックを引き起こすPTSDなどの原因となるコトも多い。
本来、トラウマは事故や自然災害などの大きな事件によって生まれる。

が、この物語は、そんな大きな事件とはあまり関係のない、日常の些細な出来事によって引き起こされる小さなトラウマの話。


竹ノ内のん(たけのうち・のん)、中学生。
のんちゃんは、外見はカワイイのだが、ザンネンなコトにトラウマ感度がとっても敏感。
日常の些細な出来事が原因で、ちょっとずつトラウマを増やしていくのだった…



続きをどうぞ

コメント:4   トラックバック:0
2008/09/20(土) 02:16 サンデーGX
発売予定日をすぎている本を探して、本屋をはしごするも、ドコにもおいていない。
まぁ、イナカだし、発行部数が少ない本は置かれていないコトもあるし、売れてしまったのならそれまでだ。
今までも何回も経験しているコトだしね。
そう思って、諦めてネットで購入を検討し調べてみたら、何のコトはない、発売延期になったダケだった。
いったい私は、何の為に遠い本屋までいったのか…
何やっているんだかなっていう話。


さて本日は「サンデーGX」10月号の感想を。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/09/19(金) 04:08 その他のマンガ
イチロー選手、8年連続200本安打達成。
今年はいつになくペースが遅く、打率も今までになく低かったので、もしかしたら達成できないのではないかとも思っていたのだが、終盤にきて安打を量産しての達成となった。
8年連続というのは、大リーグでも2人目の記録らしい。
イチロー選手を観ていると、歴史の瞬間に立ち会っている様な気分になる。


さて本日は”釣り屋 ナガレ”第7話のレビューを。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/09/18(木) 04:21 コミックレビュー
部屋の整理をしていて、気がついたら昔のマンガを読んでいた。
まぁ、よくある話なのですが、部屋の整理をしないでマンガを読むくらいだったら読んでいない本を読めって話ですよ。
だからツミ本が一向に減らないんだって話ですよ。ムシロ増えてますよ。
何で昔の本を読んでしまうんだ…?
いや、部屋を整理しろっていう話でしたね…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
CHIMES ~チャイムズ~
講談社刊/渡辺静氏


[作品概要]
雨宮一太郎に届いた1通のメール。
ソレは、オンラインゲーム「CHIMES」への招待状だった。
ゲームをスタートしてみると、舞台は自分が通っている高校にそっくりな建物。
操作キャラも自分にそっくり。
他にプレイしているプレイヤーも憧れの立花さんをはじめ、学校の生徒たちだった。
ゲームの内容は不定期に行われる「エクストラ イベント」に参加して出される課題をクリアするというもの。
しかし、このゲームには恐るべきヒミツがあって―――


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/17(水) 13:00 ヤンアニあいらんど
この雑誌が出るのも実に1年ぶりだ。
そして発売してから半月くらいが経ってようやく感想アップです。
まぁ、買ってきて直ぐに読んではいたのですが、感想書くのに時間がかかってしまったので…
時間をかけてもヘボ感想ですケドね。


という訳で本日は「ヤングアニマルあいらんど」no.7の感想を。


[感想バックナンバー]
no.5感想
no.6感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/16(火) 23:48 コミックレビュー
プロ野球もそろそろ大詰めの時期。
セ・リーグもパ・リーグも熱戦が続いて面白い。
我がヒイキ球団の横浜は、内川選手の首位打者と村田選手のホームラン王が期待されるが、結局は優勝争いどころかプレーオフ争いからも脱落してからの活躍とあって、素直に喜べなかったり。
もう少し勝ちに意味のある試合で打ってこそタイトルにも価値が出るというモノだろう。
しかし、来季もバ監督の続投が決定したし、あまり期待できないのがつらい…
球団は本当に来季優勝する気があるのだろうか…?


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ヤンキーフィギュア
秋田書店刊/ミッチェル田中氏


[作品概要]
フィギュアオタクの山下筆児(やました・ひつじ)は、いじめられているトコロを最強ヤンキーと呼ばれている桜井さくらに助けてもらう。
その時、その場にいたネコが笑ったかと思ったら、何とさくらがフィギュアサイズ(身長6cm)に縮んでしまった!
こうして、ヒツジとさくらは元に戻る方法を探しながら、一緒に生活を始めるが…?


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/15(月) 04:13 週間マンガ感想
最近というか、今頃気づいたのだが、このカテゴリの記事はあまり意味がないのではないかという気がしてきた。
イロイロなマンガを紹介する&感想を書く予定だったのに、気がついたら同じマンガばかり紹介しているな…
まぁ、好きなマンガを紹介すると必然的に同じマンガが多くなるので仕方がないのです。
今後もスタンスは変えずに続けます。飽きるまでは。


さて本日は週間マンガ感想、2008年9月の2週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/13(土) 23:51 コミックレビュー
ちょっと遠出をしたので、ついでに古本屋に寄ってみる。
帰りの荷物には、何故か20冊ほどのマンガが…
あれ?
いや、だって。普段行かない古本屋って、探している本が売っているコトがあるからさ。
今回も探していた本が売っていたんだよ。まぁ、そのおかげでツミ本が増えるんですケドね…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
明日のよいち!
秋田書店刊/みなもと悠氏


[作品概要]
烏丸与一は浮羽神風流剣術の後継者。
父と山で暮らしながら修行をしてきて17年。
ある日、父から「心を磨く経験」をするために山を下り、同じく浮羽神風流を継承する斑鳩道場の世話になって修行をしろ、と言われる。

斑鳩道場に行ってみると、そこに住んで居たのはいぶき・あやめ・ちはや・かごめの4姉妹だった。
いきなり騒動をおこす与一だったが…


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介
6巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/12(金) 22:33 コミックレビュー
例の如くココに書くコトがない。
何もないので、早速マンガの紹介へと移行する。


という訳で本日紹介するマンガはコチラ。
ごてんばチアリーダーズ
少年画報社刊/宗我部としのり氏


[作品概要]
天羽高校応援部の槇克己。部員、1人。
先輩方から大応援団を復活させろと言われている。しかし部員は一向に集まらない。
そんな時、チアリーディング部から入部しないかと誘われる。
チアリーディング部は女子しかおらず、パワフルな克己は貴重な戦力として考えられていた。
しかし、応援団復活に熱意を燃やす克己は断るモノの、上手くノセられて、2ヶ月間、チアリーディングをやるコトに…


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/09/11(木) 23:57 その他のマンガ
そういえば「月刊マガジンZ」が休刊するとか。
休刊になったら絶賛休載中の”ダーク・クリムゾン”はどうなるんだ?
私は未だにあのマンガの再開を信じているんですがね。
この際、黄色い楕円形のマークがついている類の雑誌に移籍して続きを描いてくれないかな…


さて本日は”釣り屋 ナガレ”第6話のレビューを。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:1
2008/09/10(水) 23:56 その他のマンガ
今回は巻頭カラーです。
巻頭カラーとはいっても、いつもと同じく4ページしかないので、オールカラーです。
素晴らしいです。嬉しすぎてチョーシこいて2冊買ってしまいました。

DSC06687.jpg
やっちまった…!

保存用と保存用です。
好きな作品が巻頭カラーというのは嬉しいコトですからね。
特にこの作品は、完全に注目されずにヒッソリと始まったダケに、こうして巻頭カラーになっているのを見ると、出世したなぁと思いますね。


という訳で本日は”美少女いんぱら!”第54話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話/50話
51話/52話/53話


単行本1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:3   トラックバック:0
2008/09/09(火) 23:23 コミックレビュー
え?何?
ヘッドコーチと投手コーチを解任したら続投?
寝ボケるなよ?
全員辞めろ!
監督並びにコーチ陣は一新だろ…
監督が替わらない限り、来季も希望ゼロなんですが…
あえて何の話かは書きませんがね。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
東京★イノセント
スクウェア・エニックス刊/鳴見なる氏


[作品概要]
妖怪・白狐の住む島。妖怪の数が減っていて種族の滅亡の危機を迎えていた。
白狐の若者・半蔵は嫁を探すという任を受ける。
条件は「強く、美しく、働き者で心優しい」コト。
そして東京に向かう半蔵。

一方、東京で暮らす一条寺メイ。16歳になったばかり。
一条寺家の娘は16歳になると物憑き体質になるという因果があった。
 
そんな2人の出会いから始まる物語。


[過去記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/09/08(月) 19:55 週間マンガ感想
仕事で使っているパソコンが壊れた。
今使っているパソコンを買った際に、その前に使っていたパソコンを仕事用として使い始めたのだが、壊れてしまった。
このパソコンを兼用したくはないし、さりとて仕事用如きに新しいパソコンなど買いたくないし。
どうしようかな…


さて本日は週間マンガ感想、2008年9月の1週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/07(日) 03:36 雑記やメモ
今日はもう簡単に更新できる嬉しい出来事という名の懸賞当選自慢報告記事です。
紹介したいマンガは多いのですが、今日はちょっといっぱいいっぱいなので。


という訳で嬉しい出来事Part.15です。


[過去の自慢報告]
Part.1
Part.2
Part.3
Part.4
Part.5
Part.6
Part.7
Part.8
Part.9
Part.10
Part.11
Part.12
Part.13
Part.14

番外編Vol.1



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/06(土) 23:05 コミックレビュー
”スーパーロボット大戦Z”のデモ画面を観た。
戦闘シーンがパワーアップしまくりで、とても楽しみになってきたのだが、発売日から出来るかどうかは不明。
まぁ、購入は確実なので、ゆっくりやるコトにしますよ。やらない可能性も否定は出来ませんが…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ぬいぐるみっくす
ワニブックス刊/泉ゆうじ氏


[作品概要]
主人公のコータくんの誰にも言えないヒミツとは?
なぜかドキドキすると「ぬいぐるみ」に「意識」が移してしまうのだった!?
しかも、不思議と意識が飛んでしまう先では、「ぬいぐるみ」が憧れの美少女達と大変なコトに…


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/09/05(金) 23:48 ヤンアニ嵐
”高校生クイズ”を観た。
今年のは本当にクイズ番組という感じだった。要するに単に知識量を問う構成というコト。
今までのこの番組は、決勝戦こそ知識量がモノをいう番組だった訳だが、1回戦や2回戦は体力も必要というバラエティー色の強いトコロが面白かったのだが…
何かつまらなくなったなと思った。


さて本日は「ヤングアニマル嵐」No.10の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/04(木) 23:34 その他のマンガ
プレイしていた某パズルゲームをクリア。
実はクリアとは言っても、ストーリーを終えた訳ではなく、クリアデータを使って全ての問題を解いたダケだが。
面白い問題が多くて、満足です。


さて本日は”釣り屋 ナガレ”第5話のレビューを。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2008/09/03(水) 23:38 コミックレビュー
ニンテンドーDSもろとも某パズルゲームの第2弾を借りてプレイする。
好きなパズル作家が監修しているので借りたのだが、やはり楽しい。
またしても時間を忘れてプレイしてしまったよ。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
美晴・ライジング
小学館刊/大谷じろう氏


[作品概要]
天野美晴、17歳。
大手スーパーの「ライズマート」のソフトボール部に入部。
かつては名門だったチームだが、いまや2部リーグ降格寸前の弱小チームだ。
そんなチームで、美晴はソフトを始めるが…?


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/02(火) 23:44 ヤンチャン烈
もう、遅れに遅れまくり、今更感すらありますが、ようやく読破したので、感想書きました。
最近はゲームの方に多くの時間を割いてしまっているので(しかもFC)、マンガの読量が減っています…
ツミゲーは減ってもツミ本が増える。
アホだな…


という訳で本日は「ヤングチャンピオン烈」Vol.14の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想
Vol.4感想
Vol.5感想
Vol.6感想
Vol.7感想
Vol.8感想
Vol.9感想
Vol.10感想
Vol.11感想
Vol.12感想
Vol.13感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2008/09/01(月) 17:57 週間マンガ感想
”ざんねんなこ、のんちゃん。”13話の話。
とってもグロい話に仕上がっているなぁ…
首ダケ絵や内臓だもんなぁ…
コレはトラウマになってもおかしくは無いよ。

そしてコミックが9/19に発売予定。
と同時に、9/22発売の雑誌で、何と最終回だそうだ。
ってコトは、何?最終回は単行本未収録になるのかね?
その辺り、どうなんだろう?
後、このマンガが終わるコトに関しては、打ち切りというよりもネタぎれのような気はする。
今回の話を読んでいると、そう思えてならない。


さて本日は週間マンガ感想、2008年8月の4週目です。




続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。