い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/02/28(土) 21:07 コミックレビュー
そろそろ積みゲー消化期間も終わらせようと思う。
まぁ、3/5に”スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク”が発売する予定だし、購入確実&プレイも確実なので、ゲーム自体はやるんですけれどもね…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
てるてる天神通り
角川書店刊/児玉樹氏


[作品概要]
日の丸町の天神通り商店街。
遠くの進学校に通っていたが、大学受験に失敗し、6年ぶりに帰ってきた幸村天志(ゆきむら・たかし)は、イキナリ町内会長に任命されてしまう。
しかも、この町の町内会長の証であるバッジを着けると、なんと「福の神」の姿が見え、神通力も使えてしまうのだった。
こうして町内会の平和を守る為に奮闘する日々が幕を開けた…


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:0   トラックバック:0
2009/02/27(金) 23:11 コミックレビュー
遂にあのマンガが帰還!
番外編で1回4ページという短さではあるが、完全復帰の第1歩という意味では実に大きな1歩だ!
単行本と併せて、楽しみですね。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
盗んでリ・リ・ス
スクウェア・エニックス刊/てぃんくる氏


[作品概要]
大貴族にして大富豪のコラーディ家のご令嬢・リリーナ。
容姿端麗、頭脳明晰、運動神経抜群!と一見、完璧な女の子。
だがお兄様のミッシェルに恋する女の子だった。
そして有名画家である兄の為にヌードモデルをやっている!のだった。
しかし!お兄様の為にヌードにはなっても、ヌード絵が衆目にさらされるのは恥ずかしい。
ってな訳で、リリーナは怪盗リリスに扮してお兄様の絵を盗むのだ!
だがお兄様はリリスに恋をしてしまって……


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/26(木) 04:03 その他のマンガ
ゲームショップに行ったら、SFCの”スーパーテトリス3”が100円だったので思わず購入。
私は”テトリス”はFCのしか持っておらず、このゲームは実に操作性が悪い(※)ので、ほとんどプレイしていなかったのだ。
だから今になって、”テトリス”中毒が発生してしまった。
ふとした拍子に、頭の中でブロックが落ちてくるよ…
しかし、積みゲー消化中に新たに買ってしまうとは…
我ながらダメっぷりがすさまじい…

※十字ボタンの下でブロックが回転し、Aボタンで高速落下する。キーコンフィング機能はついていない。


さて本日は”美少女いんぱら!”第66話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話/50話
51話/52話/53話/54話/55話/56話/57話/58話/59話/60話
61話/62話/63話/64話/65話

単行本1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2009/02/25(水) 23:59 その他のマンガ
PSソフト”王宮の秘宝テンション”。



……

………

うん、素直に”トルネコの大冒険”のプレイに戻るか…
っていうかコレ、「テンションはテンションがあがった」って言いたかったダケだろ!?


という訳で本日は「スーパージャンプ」6号掲載の”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”16話のレビューを。


[感想バックナンバー]
8月号(2007年)
11月号(2007年)
2月号(2008年)
6月号(2008年)
8月号(2008年)
9月号(2008年)

”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第5話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第8話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第10話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第11話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第12話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第13話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第14話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第15話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/24(火) 03:59 コミックレビュー
そういえばそろそろWBCが開幕するんでしたっけね。
個人的にはイチロー選手と岩隈選手が活躍するトコロがみたいですねー。
我がヒイキ球団、横浜からは村田選手と内川選手が選ばれましたが、正直、村田選手は代表って感じがしないんですよね…
守備がヘタだし、チームプレイが出来そうにないし…
DHの上、6番か7番辺りで好きカッテに打たせておくのが1番いいと思う。
内川選手には期待している。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
学校菜園おけらば
講談社刊/清水沢まこと氏


[作品概要]
森永日和(もりなが・ひより)は、高校1年生。
父親の都合で、都会からイナカに引っ越してきたばかり。
中学ではテニス部だったが、この学校のテニス部は部長が気に入らなくて即やめる。
イロイロと部活を試してみるも、中々あった部活が見つからない。
そんな折に、園芸部の部長に誘われて、菜園を手伝ってみると、コレが大ハマり。
そして、園芸部、通称おけら部に入部するのだった…


[過去記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/23(月) 01:01 週間マンガ感想
ここのところゲームの話ばかりですね。
まぁ、このブログを始めて以来、コレほどまでにゲームをやっているのは初めてですから、当然といえば当然なのですが…
まぁ、おかげで更新不安定&積み本増加の一途だったりするんですがね…


という訳で本日は週間マンガ感想、2009年2月の3週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/22(日) 21:11 コミックレビュー
SFCソフト”モンスターメーカーキッズ 王様になりたい”。
ボードゲームなのだが、このゲームをやるんだったら”ドカポン”か”スゴロクエスト”辺りをやった方がいいかなぁ、と。
このテのゲームにあって、プレイヤー同士での直接戦闘がないのはヌルすぎる。
相手を妨害する手段も多くないし、実に微妙なデキとしか言えないなぁ…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ベクター・ケースファイル 稲穂の昆虫記
秋田書店刊/原作:藤見泰高氏/作画:カミムラ晋作氏


[作品概要]
大都会の死角や部屋の片隅で、昆虫達の脅威は広がっている。
昆虫のコトなら何でもお任せの女子高生・榎稲穂。
昆虫がらみのトラブルを解決します!
そんなお話。


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/21(土) 19:29 コミックレビュー
SFCソフト”ガデュリン”。
何かもう、イロイロと投げ出したくなる要素満載のRPG。
涙の一撃(要するに痛恨の1撃)がダメージ12倍って、アホか。
そんで、物語もそろそろラストかといった辺りで、「世界中に散らばる伝説の武具と、その武具の真の力を発揮させる魔石を集めるのだ」などと言われるし…
ノーヒントで24個もあるんだケド…
この仕様は何とかならんのか?


さて本日紹介するマンガはコチラ。
SCHOOL MATE
秋田書店刊/あづまゆき氏


[作品概要]
新米の中学教師・藍川珠樹。
彼の悩みの種は妹の未来だ。
未来と、隣に住んでいる漆原紗月はグラビアアイドルなのだ!
ただでさえ頭が痛いのに、何とこの2人は珠樹が受け持つクラスの生徒でもある。
家でも学校でも2人に(っていうか主に未来に)ふり回される日々。
珠樹に安息の日は訪れるのか!?


[過去記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/20(金) 00:36 コミックレビュー
SFCソフト”真・聖刻”(ラ・ワースと読む)をプレイ。
まぁ、ハッキリ言ってクソゲーとしか言いようがない。
とにかく戦闘がツラい。
このゲーム、通常戦闘とロボット戦闘とがあるのだが、とにかくロボット戦闘がキツいのだ。
ロボットは強化不可能、レベルを上げて操縦技術を磨くしかないのだが、このゲームのザコ敵はレベルによって固定されているので、とにかくレベル上げもキツい。
そんなデキなので、ロボット戦闘のボスが倒せないのだった。
もうさ、やめてもいいよね…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ikehuta29.jpg
少年画報社刊/佐野タカシ氏


[作品概要]
クールな美少女・小泉明と、小泉明命!の佐次京介。
そんな2人を中心に繰り広げられる青春白書。
ちょっとエッチなラブコメディー。
そんなマンガです。


[当ブログの過去記事]
23巻紹介
24巻紹介
25巻紹介
26巻紹介
27巻紹介
28巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/19(木) 22:22 サンデーGX
PSゲーム”神犬伝説 PAL”。
設定は面白くて良いのだが、全体的に戦闘がツラいかな。
特にラストダンジョンに突入してからのキツさはハンパではない。
そしてラスボス。
実力よりも運の要素が多いって、どういうコトだ!
雷の術→麻痺→2回攻撃3ターン→ほぼ確実に死亡。
もう、いやだ…


さて本日は「サンデーGX」3月号の感想を。



続きをどうぞ

コメント:4   トラックバック:0
2009/02/18(水) 23:26 コミックレビュー
”R-1グランプリ”を観る。
優勝は中山功太だった。
確かに面白かったし、納得は出来るのだが、個人的にはサイクロンZの方が好きだったなぁ。
後、バカリズムも面白くって良かった。
全体的にレベルが高かったな、という印象ではあった。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
史上最強の弟子 ケンイチ
小学館刊/松江名俊氏


[作品概要]
いじめられっこ・白浜兼一は強くなるために武術を学ぶ。
同級生の風林寺美羽に紹介されて入門したトコロは、さまざまな武術の達人が集まる危険な道場だった。
過酷な修行をこなして強くなりつつ、平穏な生活を望む兼一であったが、本人との思惑とは裏腹に闘いに巻き込まれ、闘う日々を送る。


[当ブログでの関連の記事]
20巻紹介
21巻紹介
22巻紹介
23巻紹介
24巻紹介
25巻紹介
26巻紹介
27巻紹介
28巻紹介
29巻紹介
30巻紹介
31巻紹介

”史上最強のガイデン 松江名俊短編集”の記事
姫野真琴外伝の記事(短編集収録作品)



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/17(火) 23:02 ヤンチャン烈
何かそろそろ、名実ともに「オジサン」になるらしい。
オジサンかぁ…
オジサンねぇ…
何か実感がわかないなぁ。


という訳で本日は「ヤングチャンピオン烈」Vol.17の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想
Vol.4感想
Vol.5感想
Vol.6感想
Vol.7感想
Vol.8感想
Vol.9感想
Vol.10感想
Vol.11感想
Vol.12感想
Vol.13感想
Vol.14感想
Vol.15感想
Vol.16感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/16(月) 02:25 週間マンガ感想
PSゲーム”玉繭物語”。
物語り全体的な世界観や雰囲気は実に好きだ。
ジブリな世界が好きな人ならば、その雰囲気が好きになるとは思う。
しかし、肝心の戦闘が実にイマイチな出来になってしまっているのがもったいない。
モンスターの合成も微妙に中途半端な感じが漂っているし。
なにかにつけてザンネンな作品だなぁ、と。
現在、無限の回廊でモンスター強化中。適度に強化後、終了しようと思う。


という訳で本日は週間マンガ感想、2009年2月の2週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/15(日) 03:48 コミックレビュー
積みゲープレイ日記。
SFCの”キング・オブ・ザ・モンスターズ”をプレイ。
横スクロールアクションを想定していたら、モンスターを使用したプロレスといった感じだった。
個人的には好きになれない内容だったので、かるーく流して、エンディングも見ずに終了。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
女神のカルナバル
双葉社刊/高槻ナギー氏


[作品概要]
高校生・望月の前に現れた傷だらけの女の子・御巫(みかなぎ)まゆき。
彼女と一緒にいるトコロを襲撃される。
その戦いの中、突然、まゆきに刀で斬りつけられる望月。
こうして望月は、戦いに巻き込まれてゆく…。


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/14(土) 05:30 チャンピオンREDいちご
本日はバレンタインデーとかいうよく解らないイベントの日ですが、一体何の日なのだろうか?
コンビニやらスーパーやらでは大々的にチョコレートを売っていたみたいですが、何か関係があるんですかね?
まぁ、どのみち私には関係のないイベントなのだろう。
うん、関係ないな…


…か、悲しくなんかないんだからね!


後、新しいカテゴリーで「チャンピオンREDいちご」を作った。
通巻で10を超えたし、このカテゴリーがあると便利なので。


さて本日は「チャンピオンREDいちご」Vol.12の感想を。
チャンピオンREDいちご
秋田書店刊


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想
Vol.4感想
Vol.5感想
Vol.6感想
Vol.7感想
Vol.8感想
Vol.9感想
Vol.10感想
Vol.11感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/13(金) 04:30 コミックレビュー
PSソフト”アランドラ”。
積みゲー崩しでやっているソフトの1つ。
難しめのアクションと、頭を使う謎解きが面白い。
後、ヒロイン?がポニーテールなのが実にイイ(結局はソレか!


さて本日紹介するマンガはコチラ。
戦国妖狐
マッグガーデン刊/水上悟志氏


[作品概要]
時は戦国時代。
人と、人外の存在・闇(かたわら)が存在していた。

迅火(じんか)と名乗る仙道と、妖狐のたまという義姉弟がいた。
迅火は人間でありながら人間が嫌いであり、たまは闇でありながら人間の世を憂いていた。
たまは悪行撲滅に従事し、迅火はソレに嫌々ながらも付き合っていた。
そして今日もまた、悪を打ちのめさんと、戦国の世を駆け巡る!


[過去記事]
1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/12(木) 20:25 その他のマンガ
コメント:2   トラックバック:0
2009/02/11(水) 11:22 コミックレビュー
ゲーム整理の為、ダブって所有していたゲームと、特にいらないソフトを売り払う。
そのお金でマンガを買うも、家に帰ったら同じマンガがあって、何やってんだかな…、とヘコむ。
本当に何やっているんだろうな…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ツマヌダ格闘街(ファイトタウン)
少年画報社刊/上山道郎氏


[作品概要]
八重樫ミツル。プロのイラストレーターを目指して上京したばかり。
住むためのアパートを捜して妻沼田市にやって来た。
ところがこの妻沼田市は町おこしの為にストリートファイトを制度化した、人呼んで「ツマヌダ格闘街(ファイトタウン)」という変わった街だった。
この町に住むのは不可能だと思うミツルだったが、街で出会った謎のメイド・ドラエさんに促されるままにストリートファイター登録をしてしまった!
明道流(めいどうりゅう)柔術の使い手であるドラエさんに指導されつつ、ストリートファイターとしての生活が始まる!


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/09(月) 02:21 週間マンガ感想
特に書くコトもないのでサッサと本題にいきます。


という訳で本日は週間マンガ感想、2009年2月の1週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/08(日) 23:18 コミックレビュー
積みゲー崩しの中の1本はSFCの”トルネコの大冒険”です。
積みゲーといっても、実は昔プレイしたコトがあるのですが、もっと不思議のダンジョンの存在を知らずに放置していたので、10年ぶりくらいにプレイ再開し、もっと不思議に挑戦中。
今やっても面白いな、このゲームは。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
カプレカ
JIVE刊/原作:松本真氏/作画:ネツマイカ氏


[作品概要]
2人併せて借金総額4兆円を越える羽乃(うの)と優奈(ゆうな)。
何でも最先端秘密科学組織「ARCA(アルカ)」の人体改良手術を受けて出来た借金だとか。
そしてその借金を返済する為に、ARCAの依頼で人間を怪物に変える水晶を集めていた。
怪物化してしまった人間は通常兵器では歯が立たず、ソレを倒せるのはARCAの作り出した最強の改良人間「カプレカ」だけなのだ。
そしてそのカプレカとは、羽乃と優奈が合体した姿のコトなのだ。
そして合体する方法とは、キスをするコトだった!


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/07(土) 13:15 コミックレビュー
積みゲーくずし中。
現在、5本同時進行中。
その影響で更新は遅れる可能性高し。
積みマンガもそれなりにくずし中。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
マイティ・ハート
秋田書店刊/マツリセイシロウ氏


[作品概要]
大暴れする悪の組織の幹部・ヴォルケン。
そんな彼の前に1人の正義のヒロインが立ちはだかる。
その名は「マイティ・ハート」!
地球の平和を守るため!
いけ、マイティ・ハート!戦え、マイティ・ハート!

ところがマイティ・ハートの正体は、ヴォルケンの仮の姿である高校生・天河十市(てんかわ・といち)のクラスに転入してきた舞島心だった。
しかもヴォルケンは舞島に恋してしまった!?


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/06(金) 22:04 ヤンアニ嵐
初代”グローランサー”がPSPでリメイク決定!
コレを機に、PSPの購入をホンキで考えよう。
まぁ、本体ないのにソフトのみすでに5本所有しているので、いい機会になるかもしれない。
F・O・Gの新作もPSPだし、ちょうどいいかな、と思うので。

”グローランサー”には、新キャラも登場するみたいだし。
見た感じツンデレめがねって感じかな?


さて本日は「ヤングアニマル嵐」No.3の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/05(木) 00:03 コミックヴァルキリー
またしても発売からだいぶ経ちました。
まぁ、いつものコトなのでいまさらどーこーは言いませんが。
何か今号っていつにも増して買いにくい表紙なのだが…
買った本屋でも18禁コーナーにおいてあったし。
以前は一般誌のコーナーにあったのだが。


という訳で本日は「コミックヴァルキリー」Vol.16の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1
Vol.2
Vol.3
Vol.4
Vol.5
Vol.6
Vol.7
Vol.8
Vol.9
Vol.10
Vol.11
Vol.12
Vol.13
Vol.14
Vol.15

増刊(Hard)Vol.1



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/04(水) 23:33 コミックレビュー
えーっと。誰だか言いませんがweb拍手にコメントくれた方。
そうですか、あのキャラが気に入りましたか。
実はあのキャラは…
うん、いや、やめておこう。
夢は壊さない方がいいですからね。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ロザリオとバンパイア Season2
集英社刊/池田晃久氏


[作品概要]
妖怪だけが通う「私立陽海学園」に手違いで入学してしまった人間・青野月音は、バンパイアの美少女・赤夜萌香と親しくなりたいが為に学園に残るコトに。
正体が人間だとバレると殺されるので、正体を隠して学園生活を送る。
しかし、事有る毎にトラブルに巻き込まれる月音たち。

そして、文化祭が始まるのだが、その時に騒動が起こって学園が半壊。
学園が再開するまで、学園は休校状態になる。
そして、今、学園が再開し、月音達は、2年へと進級した。


[参考記事]
”ロザリオとバンパイア”(結果的にSeason1になったモノ)の紹介記事
6巻紹介
7巻紹介
8巻紹介
9巻紹介
10巻(最終巻)紹介

番外編の記事(10巻に収録)


”ロザリオとバンパイア Season2”紹介記事
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2009/02/03(火) 05:22 その他のマンガ
という訳で月刊化3号目です。
実は月刊化してからというもの、このマンガを読んでそのまま2冊積んであったりします…
早く…、早く読まないと…


という訳で本日は”あまガミ”第9話のレビューです。
コミックマーブル
竹書房刊


[感想バックナンバー]
1話レビュー
2話レビュー
3話レビュー
4話レビュー
5話レビュー
6話レビュー
7話レビュー
8話レビュー



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/02/02(月) 01:35 週間マンガ感想
プロ野球ではキャンプが始まり、いよいよ今年も野球の始まりだなぁ、という感じがする。
我がヒイキ球団の横浜は、今年こそ…
と毎年思っているのだが、今年もダメだろうなぁ…
という思いの方が強いんだよなぁ。
とりあえずさ、監督変えない?


さて本日は週間マンガ感想、2009年1月の5週目です。



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。