い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/03/31(火) 05:03 ヤンキンアワーズ
この雑誌を読むと月末という感じがするなぁ。
あ、そうそう。
某雑誌の感想は、例によって半月~1ヶ月くらいかかるかと思います。
まだ1ページも読んでいないので…


さて本日は「ヤングキングアワーズ」5月号の感想を。



続きをどうぞ

スポンサーサイト
コメント:0   トラックバック:0
2009/03/30(月) 03:00 週間マンガ感想
今週からプロ野球が開幕するんですねー。
今年も横浜ベイスターズはダメそうな雰囲気がただよっている…
注目は100敗するか否か、かな…?


さて本日はという訳で本日は週間マンガ感想、2009年3月の4週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/29(日) 03:45 ヤンアニあいらんど
実に半年ぶりの発売ですか。
まぁ、前回は1年ぶりだった訳で…
発刊ペースが安定していないのは、何か事情がるのかな?
その割には読みきりではなく連載形式のモノも多いのが気にかかる…
その辺り、何とかしてもらえないモノだろうか?


という訳で本日は「ヤングアニマルあいらんど」no.8の感想を。


[感想バックナンバー]
no.5感想
no.6感想
no.7感想



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/28(土) 06:42 コミックレビュー
SFCの”ドラゴンクエスト3”をプレイ開始する。
かねてからやってみたかった勇者1人旅をプレイしてみるコトにしたのだ。
初めのダンジョンは、戦闘に時間がかかって面倒だったが、複数攻撃の武器を入手してからは快適になった。
しかし1人旅をやってみると、通常プレイでは考えられない脅威が多いなぁ。
マヒとかマヒとかマヒとか…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
恋花温泉
白泉社刊/川津健二朗氏


[作品概要]
美人3姉妹が切り盛りするカップル限定の温泉旅館・恋花温泉。
恋人と宿泊予定だったが、来る直前にフラレて、1人で泊まるコトになった秋山和裕(かずひろ)。
彼を励まそうと献身的なサービスをする3人。
その結果、次女の野乃花にホレて、恋花温泉で働くコトに。
3姉妹に囲まれながら、野乃花との恋の行方は?
という感じの湯けむりラブコメ(ちょっとえっちぃ)です。


[参考記事]
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介
6巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/27(金) 03:43 コミックレビュー
WBCが終わったら、案の定書くコトがなくなりました。
ってな訳で、早速マンガの紹介へといきます。

という訳で本日紹介するマンガはコチラ。
明日のよいち!
秋田書店刊/みなもと悠氏


[作品概要]
烏丸与一は浮羽神風流剣術の後継者。
父と山で暮らしながら修行をしてきて17年。
ある日、父から「心を磨く経験」をするために山を下り、同じく浮羽神風流を継承する斑鳩道場の世話になって修行をしろ、と言われる。

斑鳩道場に行ってみると、そこに住んで居たのはいぶき・あやめ・ちはや・かごめの4姉妹だった。
いきなり騒動をおこす与一だったが…


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介
6巻紹介
7巻紹介
8巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/26(木) 22:05 その他のマンガ
コメント:0   トラックバック:0
2009/03/25(水) 22:00 その他のマンガ
SFCの”スーパーマリオカート”をプレイしてみる。
実に10年ぶりくらいのコト。
かなり腕が落ちていた。
まぁ、しょうがないかな。
そして、データも消えていた。
結構いいタイムだったのになぁ…
もう、2度と出せない気がする…


さて本日は”美少女いんぱら!”第68話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話/50話
51話/52話/53話/54話/55話/56話/57話/58話/59話/60話
61話/62話/63話/64話/65話/66話/67話

単行本1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:2   トラックバック:0
2009/03/24(火) 21:45 コミックレビュー
今日が休みで、本当に良かった!
いや~、決勝戦、最初から最後まで観てしまいましたよ、お昼ご飯も食べずにね!

決勝にふさわしい試合だった。
観ていてこんなに興奮した試合は久しぶりだった。

9回裏、1度はマウンドに登った杉内選手をダルビッシュ選手に交代した時によぎった不安。
テレビを前に、「何考えてんだ、アホか!」と、叫んでいた。
案の定、同点にされた。しかも力負けではなく、フォアボール連発の自滅。
この時点では、負けたと思った。
だが、踏ん張った。

そして同点の10回表。
先頭の内川選手が打った時、イケるかもしれないと思った。
そして、最高の状態で、イチロー選手に打順が回る。
この大会中は不振な状態が続いていたが、今日は3安打と絶好調だ。
そして、2ストライクから3球続けてファウルで粘る。
コレは間違いなく、打つ。
そう思った瞬間、打球がセンター前にとんだ。勝った、と思った。

そして最後は危なげながらも、ダルビッシュ選手がキッチリと〆て、日本の2連覇達成。
いや、もう、本当に良かった。
イチロー選手が、最後の最後、本当にココ大一番というトコロで打った時には、声にならない叫びが出たよ。
この試合を観るコトが出来て、本当に幸せだった。素晴らしい試合を有難うございます!


さて本日紹介するマンガはコチラ。
デュアルジャスティス
幻冬舎刊/竹山祐右氏


[作品概要]
古より神は天から大地を見守り、大地の人間もまた天を仰ぎ感謝の祈りを捧げた。
しかし時として人は天を忘れ、その隙をつき邪なる者達が地の底より幾度となく這いずり出た。
その都度、神は大地へ天の使いを送った。邪悪を祓い、人々の心に再び天を抱かせるために…

そして現代。
邪なる者達が、地から這いずり出てきた。
そして、その邪悪なる者達を倒す為に天の使いが現れた。
そして、2人の人間が天使の力を与えられ、悪に立ち向かうのだ!


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/23(月) 23:49 週間マンガ感想
日本、決勝に進出!
そして韓国と5度目の対戦。
もう、こうなったら対戦の問題には何も言わない。
2連覇して欲しいとダケは言っておく。
まぁ、先発が岩隈選手らしいので、安心して観ていられるかな。


さて本日はという訳で本日は週間マンガ感想、2009年3月の3週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/22(日) 23:06 サンデーGX
もし日本が決勝にススんだ場合、韓国と対戦になるんですね。

またか…
初めから、最大5回対戦があると言われていたが…
まさか本当にそうなるとは思わなかったよ。
いや、日本がアメリカに負けたら5回目はないのですが、ね。


さて本日は「サンデーGX」4月号の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/21(土) 23:42 その他のマンガ
終わった…
開幕絶望ドコロか、復帰は5月半ばになる見込みだとか。
100敗が音を立てて近づいてきている訳ですが。
まぁ、彼がいてもいなくても100敗はする気もしないでもないが。
ムシロ、この時点で100敗の言い訳が出来てしまった気すらする。
あぁ、何の話かは、あえてしません。


さて本日は”釣り屋 ナガレ”番外編.3のレビューを。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」

単行本1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/20(金) 20:56 その他のマンガ
コメント:2   トラックバック:0
2009/03/19(木) 22:59 コミックレビュー
WBC、負ければ2次予選敗退が決まる試合で、岩隈選手がキューバ相手に好投!
いや~、抜群の安定感ですね。観ていて安心できますな。
個人的にはキューバがベスト4にも残らずに姿を消してしまうのは寂しい気もしますが、ソレは組み合わせが悪いのだからどうしようもない。
そして、この大会4度目の韓国戦か…
組み合わせには大いに文句を言うべきだろう。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
キミとボクとの∞(インフィニティ)
竹書房刊/小野寺浩二氏


[あらすじ]
南雲三成(なぐも・みつなり)と二ノ宮瞳(にのみや・ひとみ)。
2人はラブラブカップルである。

南雲は無類のめがねっ娘フェチであった。
そして瞳はめがねっ娘である。
南雲は、自分の理想のめがめっ娘像を語り、瞳はそんな理想に近づこうと努力するのだった…



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/18(水) 23:01 コミックレビュー
このトコロWBCの話ばかりですが、終わるまで続きます。
そして終わったら終わったで、今度はペナントレースでの話が多くなるかと思います。

という訳でWBCですが、韓国に2回目の敗北しましたね。
前回大会の二の舞にならなければいいんですケドね…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
超時空眼鏡史 メビウスジャンパー
メディアファクトリー刊/小野寺浩二氏


[あらすじ]
めがねっ娘は好きか!?
私は大好きだ!

という訳で、何よりもめがねっ娘が大好きな南雲一文字(なぐも・いちもんじ)。
めがねっ娘が大好きな彼は、ある日ふと思った。
メガネを発明したのは誰なのだろうか?と。

今の自分がめがねっ娘を愛していられるのは、発明してくれた人のおかげ。
その人にお礼が言いたい。

メガネの歴史は、そのままめがねっ娘の歴史でもある。
是非愛でたい。

その思いをかなえる為に、タイムマシンを作った。
そして助手の人見硝子(ひとみ・しょうこ)を伴って、メガネの歴史を探る旅に出た!



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/17(火) 03:09 コミックレビュー
このトコロ、毎日の様に”トルネコの大冒険”をプレイしていたのだが、今日もいつもどおりにSFCの電源を入れたら、RPG史上最も聞きたくない例の音楽と共に悪魔の文章が映し出される。

♪デンデロデンデロ~~「お気の毒ですが~~」

終わった…。何もかもが終わった…
まぁ…、このゲームをやめるいいキッカケが出来たと思うコトにするよ…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
スピリチュアルぱらだいす
小学館刊/小野寺浩二氏


[作品概要]
玉置忍(たまき・しのぶ)はある日、美月ルナという少女に1目惚れする。
しかし美月は「生きている男に興味なし」を公言する、超絶オカルトマニアだった。
そんな美月が部長を務める「スピリチュアル研究部」に入部した玉置。
美月はオカルト体験をしようと躍起になっているが、未だにオカルト体験は皆無。
毎度毎度曰く付の怪しい場所に乗り込むも、収穫なし。

ところが玉置は霊感全開少年だったのだ!
その為、毎回毎回自分1人が怖い目にあってしまう。
だがしかし!愛する美月の為に今日もまた、オカルトスポットへレッツゴー!なのだ。


[関連記事]
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/16(月) 20:25 週間マンガ感想
WBC2次予選初戦は、キューバに快勝。
韓国もメキシコに勝利とあって、またしても韓国との対戦に…
同じ国とばかり対戦する可能性のある組み合わせは何とかならんのか、と。
盛り上がりがどーのこーのという以前に、辟易するのだが。興行的にもマイナスなのではないですか?


さて本日はという訳で本日は週間マンガ感想、2009年3月の2週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/15(日) 03:18 コミックレビュー
”トルネコの大冒険”バカプレイ日記。
瀕死の状態で、ギガンテスを前にして、ラリホー草を食って死亡。

…いや、投げようと思って間違えたというか…
メダパニ草かまどわし草だったらまだ助かったのに、よりにもよってラリホー草とは…
自分のバカさ加減に呆れる限りだ。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
白球少女
ソフトバンククリエイティブ刊/山崎毅宣氏


[作品概要]
イナカにある「龍ヶ淵高校」に転校してきた女の子・白石円。
なるべく目立たないようにしようと思っていたが、転校初日に野球の実力が抜群であるコトが知られてしまう。
弱小の野球部に目をつけられ、男装して試合に出るようにスカウトされる。
しかし、円は大の野球嫌いだった。
しかし、野球部の面々は、円に野球をやらせようと画策する…?


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/14(土) 22:27 コミックレビュー
ホワイトデーというのが何なのかは私は知りませんし、知りたくもないのですが、おそらく私には何の関係もないイベントなのでしょう。
関係あるのかどうかは解りませんが、近所のスーパーに行ったら、美味しそうなチョコがかなり安い値段(5~8割引)で売っていたので結構な量を購入してしまった。
理由は不明ですが、ハート型が多いですね。何でだろうか?


さて本日紹介するマンガはコチラ。
おじいちゃんは少年探偵
JIVE刊/井上よしひさ氏


[作品概要]
昭和30年代に活躍していた少年探偵のダッシュ。
ところが宿敵のドクロ博士の罠にかかり氷づけにされてしまった。
そして50年後、自分の孫娘にあたる少女・ひかりの手によって目覚めた。
かつてのヒーローも時代の流れについていけずにドタバタ騒ぎを巻き起こす。


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/13(金) 23:23 その他のマンガ
コメント:0   トラックバック:0
2009/03/12(木) 22:30 その他のマンガ
コメント:9   トラックバック:0
2009/03/11(水) 23:44 その他のマンガ
”スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク”の話。
チャレンジバトルモードはノーマルを6つ全部クリア。
そして出てきたハードモードだが…
この時点でくじけそう…
何かもう、難しいという以前に、面倒な作業が多すぎて…
たまーに、1個ずつクリアしていこうと思う。
今はバトルビュアーで遊んでいます。コレ、面白いなー。


さて本日は”美少女いんぱら!”第67話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話/50話
51話/52話/53話/54話/55話/56話/57話/58話/59話/60話
61話/62話/63話/64話/65話/66話

単行本1巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/10(火) 16:02 雑記やメモ
WBC1次予選決勝は、接戦の末、韓国に敗れる!
最初の試合がウソの様に打線が沈黙…
アレだな、前回打ちすぎたってコトなのかな?
まぁ、でも、投手がいい状態であるだけマシか。
後は2次予選がどうなるかだな。


さて本日は嬉しい出来事と銘打った懸賞の当選自慢報告記事です。


[過去の自慢報告]
Part.1
Part.2
Part.3
Part.4
Part.5
Part.6
Part.7
Part.8
Part.9
Part.10
Part.11
Part.12
Part.13
Part.14
Part.15
Part.16
Part.17
Part.18

番外編Vol.1



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/09(月) 01:12 週間マンガ感想
今週は竹下氏の作品ばかり紹介してしまいました。
ファンとしては実に嬉しい1週間でしたよ。
やはり竹下氏のマンガは面白いですね!


という訳で本日は週間マンガ感想、2009年3月の1週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/08(日) 05:35 コミックレビュー
”スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク”はストーリーモードを全クリア。
後日談はいいのだが、ラスボスの能力が凶悪すぎるだろ…
まぁ、HPが実質的に40万だと思えば、どうというコトはないんですケドね。
後は、チャレンジモードをクリアするダケなのだが、思っていたのとちょっと違った。
携帯機であった「詰めスパ」みたいなモノを想像していたのだが、そういう感じではなかった。
ハッキリ言って、準備が面倒なモードだな、と思う。
まぁ、少しずつプレイする分にはもってこい、なのかも。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
東京★イノセント
スクウェア・エニックス刊/鳴見なる氏


[作品概要]
妖怪・白狐の住む島。妖怪の数が減っていて種族の滅亡の危機を迎えていた。
白狐の若者・半蔵は嫁を探すという任を受ける。
条件は「強く、美しく、働き者で心優しい」コト。
そして東京に向かう半蔵。

一方、東京で暮らす一条寺メイ。16歳になったばかり。
一条寺家の娘は16歳になると物憑き体質になるという因果があった。
 
そんな2人の出会いから始まる物語。


[過去記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/07(土) 23:31 ヤンアニ嵐
WBCは韓国に圧勝して1次予選を突破ですか。
イチロー選手も調子が出てきたみたいだし、コレから益々楽しみになってきましたね。

しかし、まさかコールド勝ちするとは思わなかった…


さて本日は「ヤングアニマル嵐」No.4の感想を。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/06(金) 22:01 コミックレビュー
WBC初戦は、順調に中国に勝利ですね。
まぁ、内容的に不安な要素が多々あった気もしますが、とりあえず勝ったコトで1次予選突破に1歩前進ですね。
相変わらずイチロー選手が無安打なのが気になりますが。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
釣り屋 ナガレ
秋田書店刊/竹下けんじろう氏


[あらすじ]
流氷馬(ながれ・ひょうま)は釣り屋である。
釣りのエサや道具、釣った魚や情報など、釣りに関するモノを売ってお金を稼いでいる。
そうやって稼いだお金を使って、日本中の海を、釣りをしながら旅しているのだ。
今日はこの海、明日はあの海…
今日も氷馬はどこかの海で釣りをしているのだ!



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/05(木) 23:39 その他のマンガ
コメント:0   トラックバック:0
2009/03/04(水) 05:03 コミックレビュー
遂に待ちに待った単行本が発売されました。
何せ昨年は竹下氏の単行本が発売されませんでしたからね。
いや、本当は発売される予定だったのですが、とある事情で発売が延期しましたからね。
竹下氏の大ファンとしては嬉しい限りです。


という訳で本日紹介するマンガはコチラ。
あまガミ
竹書房刊/竹下けんじろう氏


[あらすじ]
八束(やつか)高校の新入生、神楽独士(かぐら・ひとし)。
子供の頃から転校が多かった彼は、他人との距離をおく性格になってしまう。
しかし、その本心は友達を欲していた。

さて、八束高校がある八百万市では、全学校で天神(あまがみ)が祭られており、天神は子供の願いに応じて現れるという。
そんなコトは知らない神楽は、天神の社の前で「友達が欲しい」という強い想いを抱く。
すると、その社から天神様が降臨した!
そしてその天神は、天神天(あまがみ・あまね)だと名乗った…



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/03(火) 04:53 その他のマンガ
表紙に踊る「大幅値下げ!!」の文字。
月刊化当初に比べ、明らかに取り扱い店舗が減っているという事実。
もしかしてこの雑誌、ヤバいんじゃなかろうかと勘ぐってしまう。
今号から小野寺浩二氏の作品も始まったので、休刊というコトにはなって欲しくはないが…



という訳で本日は”あまガミ”第10話のレビューです。
コミックマーブル
竹書房刊


[感想バックナンバー]
1話レビュー
2話レビュー
3話レビュー
4話レビュー
5話レビュー
6話レビュー
7話レビュー
8話レビュー
9話レビュー



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
2009/03/02(月) 03:51 週間マンガ感想
WBC日本代表の強化試合。
実に不安な結果になった。
そういえば北京オリンピックでは壮行試合のセ・リーグ選抜が、代表チーム相手に大勝していたんだったっけかな。
今回も、北京オリンピックの二の舞にならないコトを願っているよ…


という訳で本日は週間マンガ感想、2009年2月の4週目です。



続きをどうぞ

コメント:0   トラックバック:0
NextPage



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。