い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/01/03(土) 23:39 コミックレビュー
深夜のファミレスにて、AV女優の話で盛り上がるバカ3人…
本当に迷惑ですよね。
周りのコトを考えずに、下なネタを繰り広げるのは。
本当に迷惑ですよ。
まぁ、その3人のうちの1人は私なんですけれどもね…
うん、本当に何やっているんだ、私は。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
白雪ぱにみくす!
マッグガーデン刊/桐原いづみ氏


[作品概要]
風ミドリは夢を見た。
暗く長く階段が続く。そこを降りていく。そして下まで辿り着くと――

というトコロで目が覚める。
起きると、家に見慣れない鏡があった。
しかもその鏡は、入れるという不思議な鏡だった。
好奇心旺盛な妹・真子と共に中にはいって探求するハメに。
そうして入っていった鏡の中は、夢のような階段が続いており、その先にはキレイな女の子が眠っていた。
王子のキスで目覚めさせて欲しいというフクロウの願いを聞いた真子が、ミドリにムリヤリキスをさせると、その少女は目覚めた。
その少女は白雪といい、白雪の母親が白雪の所業に手を焼いて、恋をさせるコトによって更生させようとしていたのだ!

こうしてミドリと白雪は出会い、2人のラブコメが幕を開ける…?


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻で判明した白雪の黄金のリンゴ設定。
この黄金のリンゴを狙ってソルシール家の兄妹が動き始めて、さぁ、どうなる!?

といった辺りでしたね。
そして今巻の内容。

ソルシール家の紫蘭が新たにおくりこんだ刺客が現れます。

DSC07689.jpg
次なる刺客

今度の刺客は佐々木ルチル。
魔力を使って、転入生としてやってきました。
眼帯のトコロと、とある1点が大きいトコロが素敵ですね。

さて、このルチル。
彼女の任務は、白雪が黄金のリンゴの持ち主であるかどうかの確認と、そうだった場合に白雪を連れ去るという役割。

薊の件で白雪とミドリが仲たがいをしているスキをついて、白雪に接触するコトに成功したルチルは、何と白雪にキスをする!

DSC07690.jpg
レズキス

いや~、女の子同士のキスというのは、何回見ても素晴らしいモノですね。
うん、いや、実にイイ。
白雪にとっては、女の子同士のキスなんかカウントに入らないもんね、初めては大切にとっておくの!
という考えが…

…あるのかどうかは解りませんが、そもそも白雪にとっての初めては既に終わっているのだった。
さて、ルチルのキスは単なるシュミや嗜好ではない。
ルチルのキスは魔法のキスだったのだ。

DSC07691.jpg
魔法のキス

その効能は、対象者を淫乱にしてしまう…

…だったら私としては非常に満足のいく内容だった訳ですが、一般誌でそんな展開が繰り広げられる訳もなく。
白雪の魂ダケを抜き去るというモノであった。
こうして白雪は、哀れ捕らわれのヒロインとなってしまったのだった。
うん、何か、ようやく白雪が真ヒロインになってきた感じかな。
やっぱり捕らわれのヒロインを救いにいくのはファンタジーの基本ですよね。

こうしてミドリをはじめとするいつもの面々が白雪の魂を救出する為に、白雪が住んでいた国へと乗り込むコトになったのだった。
問題は魂が抜けてしまった白雪の身体であったが、この抜け殻に真子の友人である幽霊のお園さんが入り込むコトによって解決するコトになった。

DSC07693.jpg
お園さん初?登場

お園さん―――本名、園村花梨(そのむら・かりん)は、白雪とは正反対の性格をしており、ある種のギャップ萌えを提供してくれるのだった。
約1名、この性格に悲しんでいる人がいたが…

さて、白雪達の国に行く方法であるが、そう簡単にはいけるハズのない場所である。
だが、そんな状況を打破する能力をもった人間がいる。
真子である。
真子が白雪との契約によって手に入れた力、異世界へ通じる扉。
その世界の管理者である空木に頼めば何とかなるのではないかというモノだった。

DSC07694.jpg
訳すと「どこで…」。いや、何でもないです

こうして空木に頼んで、白雪の住む国アプフェルに行くコトになった…

…のだが、空木は偏屈者であった。
空木は、全員をアプフェルに連れて行く代わりに、真子が自分にキスをするように要求するのだった。

前巻で2人はキスをしているのですが、ソレは空木の方からしたキスであり、今度は真子の方からするキス。
同じキスでも意味合いが違う。
さらに、前回のは不意打ちのキスであり、同意のキスだった訳ではなかった。
今回は、交換条件とはいえ、同意のキスであるのは間違いない。
白雪を助けたい真子は、意を決して空木にキスを…

DSC07695.jpg
キス?

正直、このシーンは3巻でも屈指の見せ場だと思います。
真子がキスというのではなく、このシーンで真子がこのマンガで初めて恥じらいを見せたからです。
今まで、何があっても特に動じる様子を見せなかった真子。
前巻で、空木にキスをされた時ですら見せなかった恥じらいの表情は、それはそれは貴重な瞬間だったのではないかと思うのです。
いや~、女の子の恥じらいって、ホンットにイイモノですね~~。


こうして真子の活躍により、一行は無事にアプフェルに行くコトが出来たのだった。
アプフェルに着いた一行は、白雪の実家で一晩をすごし。
一行が出した答えは、ソルシール家に殴り込みをかける、というモノであった。
ただ1人、ミドリのみ反対したのだが、多数決の前にあえなく散ってしまった。

という訳でソルシール家に殴り込みだ!って辺りで次巻へと続く。


という訳で敵の手におちてしまった白雪。
なんかようやくヒロインらしくなってきた気がするのは、気の所為だろうか?
救出に向かったミドリとのフラグはどうなるのだろうか?

そして3巻で明らかになった、白雪がヒネた理由。
そりゃ、小さい頃からあの扱いされていたら、ヒネるのもムリはないのかもしれない。
その心を開くコトが出来るのは、ミドリ達しかいないだろうというコトも。
やはりフラグか…?

そして1巻から登場しているモノの、ようやく日の目を見るコトとなったお園さんにも注目したいトコロ。
白雪の身体で、あの性格は反則だろう…
ギャップがどーとかいうレベルじゃないぞ…
いや、まぁ、別人なんだから当たり前なんだケドさぁ。
外見が白雪であるのが問題だよなぁ。
初めて恥じらいの表情を見せた真子といい、萌え錬度の高い巻だったな。

さてオマケの話。
今回もカバー下がトンでもないコトになっております。
今回は、霧島の登場ですねー。
やはり白雪はヒロインではないのかもしれないな…
次巻では、ルチルを希望するものであります!

そして巻末には描きおろしのオマケマンガが収録されている。
その内容は、白雪が魔法に失敗し、こともあろうに真子にかかってしまったというモノ。
そして失敗した魔法がかかってしまった真子はというと。

DSC07697.jpg
魅了の魔法?

何と白雪に恋してしまった!
しかも、かなりの積極性で白雪にせまる!
一晩経てば元に戻るらしいのだが…
白雪、まさかの貞操の危機!

うん、いや~、ユリってホンットに素晴らしいですね!実に素晴らしい。
とっても満足のいく内容でした。眼福眼福。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”マイティ・ハート”5巻 「ヤングキングアワーズ」2月号感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。