い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/10
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2009/01/04(日) 03:47 コミックレビュー
実は前回の記事が当ブログ通算1000番目の記事でした。
エントリーNo.が1001になっているのは、1つ欠番記事があるためです。
オメデトー。アリガトー。
という訳で、これからもヨロシクお願いします。
まぁ、やるコトは特に変わりませんが。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
マイティ・ハート
秋田書店刊/マツリセイシロウ氏


[作品概要]
大暴れする悪の組織の幹部・ヴォルケン。
そんな彼の前に1人の正義のヒロインが立ちはだかる。
その名は「マイティ・ハート」!
地球の平和を守るため!
いけ、マイティ・ハート!戦え、マイティ・ハート!

ところがマイティ・ハートの正体は、ヴォルケンの仮の姿である高校生・天河十市(てんかわ・といち)のクラスに転入してきた舞島心だった。
しかもヴォルケンは舞島に恋してしまった!?


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻からひき続き、修学旅行編です。
旅行中に舞島と仲良くなろうと企んでいた天河だったが、舞島と同じ班になれずに、計画は頓挫。

…したかにみえたが、最終日の自由行動で、舞島と同じ班になるコトに成功した。
こうして仲を深める為のフラグ立てが開始される。

DSC07698.jpg
フラグ立

一緒に行動し、一緒にお買い物。
実にイイ雰囲気ですね。
そして遂に!
天河、一世一代の大勝負に出る!

DSC07699.jpg
告白

天河十市、愛の告白!
お前のこと、好きなんだ。
旅行中という開放感がさせたのか、雰囲気が勇気を与えたのかは知りませんが、遂に、告白した天河。
ソレに対する舞島の応えは。

DSC07700.jpg
撃沈

告白、失敗。
あまりのショックで、寝込んでしまう天河。

そんな天河に追い討ちをかけるべく、怪人騎士アリオトが襲撃してくる。

DSC07701.jpg
怪人騎士アリオト

そもそも、天河(ヴォルケン)は、反逆の容疑をかけられていた。
そんな状況の打破と、マイティ・ハート対策を一挙にやってしまおうというメラクベータの立案で、ヴォルケンがマイティ・ハートをたらしこみ、仲間に引き込むという作戦が展開されていた。
だが、遅々として成功しない作戦に、既に時間切れとなってしまい、ヴォルケンを処刑しにやってきたという訳なのだった。

相手は怪人騎士。悪の組織での最高幹部の1人である。
対してヴォルケンはかなりの下っ端である。
そもそもの実力が違うのだから、ヴォルケンが敵う訳はなかったのだ。

DSC07702.jpg
追い詰められる

ヴォルケンはこのまま処刑されてしまうのか!?
続きはご自分の目でお確かめください。


こうして波乱に満ちた修学旅行編は終わりを告げた。
そして日常が戻ってくる…

…のだが、天河は舞島を避けていた。
そりゃまぁ、告白してフラれたので、気まずい雰囲気ではあったのだから、当然ではあるが。

さて、天河の告白を断った舞島であったが、天河が他の女の子とイチャイチャしているのは気にくわないらしい。

DSC07703.jpg
完全スルー

ケロルやエリカと一緒にいる天河を見て、イライラを募らせる舞島。
そして、遂にいたたまれなくなって逃げ出してしまう舞島。

DSC07704.jpg
逃亡

そんな舞島を追いかけ。
2度目の告白をする天河。

DSC07705.jpg
2度目の告白

うん、いや~、青春だね~。実に青春してるね。
ちなみに1回目は誰もいないトコロで告白したのだが、今度は全校生徒が注目する中での告白となった。
天河のホンキの叫び。ホンキの想い。
その想いの強さは、舞島にも伝わった。
充分すぎるほどに伝わったのだ。
そんな天河の2度目の告白に対する舞島の応えは。

DSC07706.jpg
同じ応え

ごめん…
またしても、フラれた。
何でも、舞島には好きな人がいるらしい。
こうして天河の想いは、完全に粉砕されたのだった。


さてこの後、このマンガは大きな転機を迎える。
何と悪の組織の幹部である7人の怪人騎士。
その中の2人、アリオトとフェクダが組織を裏切ったのだった。

DSC07707.jpg
裏切り

こうして悪の組織は2つに割れた。
悪の組織と反乱軍、そしてマイティ・ハート陣営と、三つ巴の様相を呈してきたのだった。


そんな泥沼の争いの中。
マイティ・ハートの想い人はヴォルケンであるコトが判明したり!?

DSC07708.jpg
マイティ・ハートのキス


怪人騎士の1人、ミグレスが登場し、何とヴォルケンに恋してしまったり!

DSC07709.jpg
怪人騎士・ミグレス



こうして戦局も恋模様も混乱してきた辺りで次巻へと続く。


さて5巻は完全なラブコメと化してしまいました。
今まであったフェチ的なエロ要素は完全にナリを潜め、完璧なラブコメマンガですよ。
天河の告白に端を発したラブコメは、意外な展開を見せ、舞島の想い人は何と変身した自分であるという究極の△カンケー。
相手は自分なのに、正体を明かす訳にはいかないジレンマ。
さらにケロルやエリカ、そして新キャラのミグレスも加わって、ラブコメは混乱の真っ只中といった感じですね。
いや、実に面白いですね。

さらには怪人騎士が反乱を起こしたりと、物語も大きく動き出しました。
しかも、マイティ・ハートの出生のヒミツも明かされ、このマンガがどういう結末を見せるのかが楽しみになってきました。
しかしまぁ、当分はラブコメが続きそう…、かな?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
週間マンガ感想第36回 ”白雪ぱにみくす!”3巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する