い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/01/24(土) 22:34 コミックレビュー
朝青龍関が絶好調ですね。
もしかしたらこのまま優勝というコトもありえますね。
まぁ、その他が情けないダケとも受け取れますが…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ケータイ☆プリンセス
ワニブックス刊/屋代川隆史氏


[作品概要]
高校生・佐庭直騎(さにわ・なおき)の携帯電話に送られてきた「我と契約せよ」という内容のメール。
詐欺メールの類だと思って無視していたナオキだが、手違いで、契約を成立させてしまう。
すると携帯電話の中から女の子が現れ、自分はリオンだと名乗った。
夢でも見ているのかと現実逃避にはしるナオキだったが、同じ様に携帯電話から現れたという女の子に襲われるナオキとリオン。
何でもリオン達は、異世界から召喚された戦士で、異世界を統治する為の戦いをしているのだという。
コチラの世界で戦う為には、コチラの世界での協力者が必要で、ナオキはリオンに選ばれた契約者だというのだ。
こうしてナオキは、異世界の戦士達の戦いに巻き込まれていく。


[過去記事]
1巻紹介


[内容補足と感想とか]
という訳で前巻ラストで新しい戦神に襲われ、しかし何とか逃げるコトに成功したナオキ。

DSC07933.jpg
怪我を負ったナオキ

家に帰ったナオキは、心配をかけまいとしてリオンには襲われたコトは言わないのだった。
だが、結局はバレてしまうんですがね。
それでまぁ、少し絆が深まった感じでしょうか。
絆と一緒に仲も深まった…、気もしないでもないが。

DSC07934.jpg
添い寝

怪我したナオキと一緒に寝るリオン。
リオンのパジャマ姿は実にセクシーなので必見!です。特に胸元が♪


さて、ナオキに想いを寄せる従姉妹の繭。
今回、繭は勇気を出してナオキとプールでデートです。

DSC07935.jpg
デート

まぁ、当のナオキはデートだという意識は全くありませんが。
さらに、ナオキが来るというコトは。

DSC07936.jpg
オジャマ虫?

当然のコトながら、リオンとシギュンがついてくるのだった。
リオン達の登場に、戸惑いを隠せないながらも、ガンバるコトを決意する繭。

DSC07937.jpg
決意

まぁ、何を決意するのかは…。
要するにナオキへのアピールというコトですね。
この辺り、実にカワイイ奮闘が見られるのですが、ソレはご自分の目でお確かめいただくとして。

何と、プールにも敵の戦神がいました。
戦神同士の戦いは、聖域という結界の中で行われるので周りに被害が出ないのが救いです。
なので、繭が巻き込まれるコトはありません。
しかしながら、シギュンは不意打ちをくらってしまいました。

DSC07938.jpg
不意打ち

とはいえ、相手の霊装は弱いらしく、1撃での戦闘不能とまではなりませんでした。
相手は「白銀のエトワール」という、氷の霊装を使う戦神でした。

DSC07939.jpg
白銀のエトワール

超絶なナルシストですな。
自分が優位の時は余裕ブっこいていましが、一転してピンチになると壊れます。
さて、このエトワールには、リオン、シギュン、そしてナオキの連係プレイで挑む訳ですが、その辺りはご自分の目でご確認ください。

さて、相手の戦神を倒すと、その戦神は魔力となって勝者の力になるのだが、今回はその恩恵がシギュンに宿りました。

DSC07940.jpg
パワーアップ?

何か変な装備が追加されました。
ちなみにコレを見たナオキは大笑いし、シギュンはとっても恥ずかしがっていました。
あまりに恥ずかしかった為か、コレ以後、シギュンは登場するコトがありませんでした。
プールに忘れられた繭も登場するコトがありませんでした。


さてこの後。
新たなキャラとして、深仙蓬(しんせん・よもぎ)が登場します。

DSC07941.jpg
新キャラ

何と、ひょんなコトから、ナオキにホれてしまいます。
ナオキ、モテモテですね。

DSC07942.jpg
ホれられる

ちなみにこの女の子。
当然?契約者だったりします。
そして、何と巨大なロボットを召喚し、襲ってきます。

DSC07943.jpg
巨大ロボット

こんな巨大な敵を前に、どう戦うのか!?
結末はご自分の目でお確かめください。


という訳で、何故だかモテモテのナオキ。
肝心のオリオンとも仲を深めつつあったのですが。

DSC07944.jpg
仲を深める!?

決着がつく前に、そのまま打ち切られて、このマンガ自体が終了してしまいました。

DSC07945.jpg
最後のコマ

という訳で、本当の戦いはこれからだ!
という辺りで次巻に続……、かない!


はい、という訳でね、壮絶な打ち切られっぷりです。
もう、ホントに伏線も謎も、結論さえも、全てを放り投げての未完エンドです。
最終回の1話前の入稿が終わった後に次が最終回だと伝えられたかの様な終わり方。
新キャラ(蓬)なんか出している場合じゃないですよって話しですよ。
最後のコマが「戦いはこれからだ!」というね、打ち切りの見本みたいな終わり方ですね。
見本っていうかさ、「戦いはこれからだ」ってさ、既にギャグマンガなんかでネタにされる終わり方だよね。
うん、実にバカげた残念な終わり方だ…

しかしこのマンガ、人気なかったんですかね?
私としては面白くて気に入っていたんですがね。女の子もカワイかったしねぇ。
何が悪かったんだろうか?
蓬というキャラがハズれたんでしょうかね?
ま、とにかく残念でならないですね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
当ブログ3周年です ”神様ドォルズ”4巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。