い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/02/08(日) 23:18 コミックレビュー
積みゲー崩しの中の1本はSFCの”トルネコの大冒険”です。
積みゲーといっても、実は昔プレイしたコトがあるのですが、もっと不思議のダンジョンの存在を知らずに放置していたので、10年ぶりくらいにプレイ再開し、もっと不思議に挑戦中。
今やっても面白いな、このゲームは。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
カプレカ
JIVE刊/原作:松本真氏/作画:ネツマイカ氏


[作品概要]
2人併せて借金総額4兆円を越える羽乃(うの)と優奈(ゆうな)。
何でも最先端秘密科学組織「ARCA(アルカ)」の人体改良手術を受けて出来た借金だとか。
そしてその借金を返済する為に、ARCAの依頼で人間を怪物に変える水晶を集めていた。
怪物化してしまった人間は通常兵器では歯が立たず、ソレを倒せるのはARCAの作り出した最強の改良人間「カプレカ」だけなのだ。
そしてそのカプレカとは、羽乃と優奈が合体した姿のコトなのだ。
そして合体する方法とは、キスをするコトだった!


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻で1度はARCAからの逃亡を謀った羽乃と優奈。
しかし、結局は逃げ切れずに元通りの生活に戻ってしまった。
だが、完全に元通りという訳ではなかった。

DSC08062.jpg
新担当

2人の逃亡の責任を追及された山田(仮)は、2人の担当を外され、新たにアン・ブラックバーンと名乗る女の子が担当としてやってきたのだった。
山田(仮)が担当から外れ、喜ぶ2人ではあったが、当然の如く裏はあり、アンは実は山田(仮)の手の者だったりする。

DSC08063.jpg
山田(仮)の部下

とはいえ、表面上は2人の借金返済に協力するアン。
見事な手際でバイトから罪人退治まで仕事を斡旋しまくり、何と4兆円もあった借金はみるみる減ってゆき、何とその1/4に減らすコトに成功する。

DSC08065.jpg
残り1兆円

山田(仮)とは大違いの手際のよさに、羽乃と優奈も喜びを隠せません。
残りの借金もあとわずか。
こうしてアンは2人の信頼を得るコトに成功した。


さて、借金返済が終われば2人は自由。失った記憶も取り戻せます。
しかし、記憶を取り戻すというコトは、2人の別れを意味する…?

DSC08066.jpg
元の暮らし?

記憶を取り戻し、元の暮らしに戻ったら、今の生活は終わってしまう。
優奈は、羽乃と別れるのが怖かった。
今の自分には羽乃しかいないのに。
もし、記憶を取り戻した時に、自分には大切な人がおらず、羽乃にはいたら。
自分は1人になってしまう。
だったら、このまま記憶が戻らないほうが良いのかも…?

そう思い始めた優奈。
山田(仮)とアンに、そんなスキを狙われてしまった。


羽乃と優奈がARCAで特別視されているのは、2人が同位体だからである。
同位体とは、カプレカを呼び出す為に存在する。
では、もし、この2人以外に同位体が存在したとしたら、どうか?
実は、アンは優奈、羽乃に次ぐ、3人目の同位体だったのだ!

DSC08067.jpg
3人目現る

ようするに今回、山田(仮)がやろうとしていたのは、実験である。
羽乃と優奈以外の同位体でカプレカを呼べるのかどうか。
そして、優奈とアンがキスをする!

DSC08068.jpg
キス

その結果。

DSC08069.jpg
女神降臨

カプレカが現れた。
つまり、羽乃と優奈でなくてもカプレカは降臨する。
ソレは即ち、羽乃か優奈、ドチラかは自由になれるコトを意味していた。
片方がARCAに残る。もう片方は自由を得る。
究極の選択。

そして、優奈は、自分が残る道を選んだ。

DSC08070.jpg
別れ?

このまま別れになってしまうのか?
そもそも、ARCA、そしてカプレカとは一体何なのか?
そして山田(仮)の本当の名前とは!?

続きと結末はご自分の目でお確かめください。


はい、という訳で最終巻です。
打ち切り…
みたいな気もしないでもないですが、一応謎らしきモノは決着がついているので不満は特になかったりします。
カプレカや心臓とは何なのか、も語られましたし、山田(仮)の本当の名前も判明したし。


後はやっぱりユリマンガとしての面白さですかね。
まぁ、この辺りは1巻の時から注目の要素だった。というか、ユリマンガだったから購入したのですが。
とにかく愛がテーマのマンガですからね。
カプレカ様降臨の儀式がキスだしねぇ。
しかも今回、羽乃と優奈の間に割ってはいるアンという第3のユリが登場しますからね。
羽乃と優奈はラブラブなのに、その間に割って入り、優奈の唇を強引に奪ってしまうアン。
そして、そのコトが原因で2人の仲が揺らぎ、羽乃に別れを告げる優奈。
このままアンの元にいってしまうのか!?
それとも羽乃との仲を取り戻すのか!?

あ、何かこう書くと本当にユリラブコメみたいだ…
まぁ、そういう感じの展開である、という否定はしませんがね。

最後に。
最終回直前の、カプレカ様の裸体が眼福で良かったです。
何せこのマンガ、羽乃と優奈の全裸率は高いのに、2人共ボリューム的にサービス精神の足りない身体ですからね。
カプレカ様の裸体は…、実に良かった。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
週間マンガ感想第41回 ”マイティ・ハート”6巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。