い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/02/12(木) 20:25 その他のマンガ
積みゲー崩し絶賛継続中。
とりあえずはSFCのソフトを中心に、PSのソフトをプレイ中。
そして適度に積みマンガ読破。
うん、ダメダメ生活の見本だな。


さて本日は”美少女いんぱら!”第65話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話/50話
51話/52話/53話/54話/55話/56話/57話/58話/59話/60話
61話/62話/63話/64話

単行本1巻紹介


さて、今回の話なのですが。
どうやら緋華ちゃんの具合が悪いみたい。

DSC08095.jpg
顔色悪い

どうやら腹痛なのにムリして学校に来たみたいですね。
本人は「弾馬先生に任じられた学級委員長の職務を放棄するわけにはいかない」といっていますが。
コレを責任感の現れととるか、愛ととるかは個人の自由だと思いますが。

さて、緋華ちゃんといえば、下着(ぱんつ)は穿かない派。しかも剃り済。
腹痛の時に、穿かないというのは、余計にお腹が冷えてマズいのではなかろうか?
弾馬先生も指摘します。

DSC08096.jpg
まっとうな意見

っていうか、弾馬先生、穿いていないというのをよく憶えていますね。
やはり、その衝撃度は高かったと思われます。
しかし、流石に今日は穿いているみたいです。
そりゃ、まぁ、ね。
流石にね、腹痛の時までね、穿いていないっていうのは…、ね。
ちゃんと穿いて…

穿いて…

穿い…




DSC08097.jpg
穿いている

オムツ、ですが。
いつでもOKってコトですか。
でもさ、オムツしていたら、する意味なくねー?
いやさ、私は詳しくはないのであまり言いたくはないのですが、単にすれば良い、というのはちょっと違うんじゃないかなぁ。
こういうシュミの人ってさ、出しているトコロが見たいんじゃないのかな?
いや、私が、じゃなくって、そのテのシュミの人が、だよ?
決して私の意見ではない、というのを強調しておきますが。
だからオムツっていうのはちょっと違うんじゃないかなぁ。
要するに何が言いたいのかっていうとだな。
何でスカートたくし上げたのに、ぱんつじゃないのか、っていうコトだよ!
オムツなんか見たくないよ、って話だ。


さて腹痛の緋華ちゃん。
お腹に痛さもプレイのうちと考えているフシがあるのに、その上自ら更なるプレイを求めるコトも忘れない。

DSC08098.jpg
介抱

あまりの痛さにお腹をさすって欲しいのかと思ったら。

DSC08099.jpg
何プレイ?

最早緋華ちゃん大劇場大フィーバーですね。
この状態でお腹に蹴りを求めるとは…

ところでさ、この話のオチって、オムツの使用になっているケドさ、ドチラかというと口から出てくるんじゃないかな…?

いや、何かもう、今回、この時点でものスゴい下品でゴメンなさい。
でも私が悪いんじゃないんです。
こんな話を突きつけてくる作者が悪いんです。
このネタを見ていたら自然とそう思ってしまったんです。
ソレをそのまま書いたダケなんです。
だから悪いのは私じゃなくてこんなネタを書いた作者です!

…うん、思ったままに書くな、って話ですね。


さて緋華ちゃんは無事?に保健室に誘導されました。
だが、教室では別の者にも腹痛がうつった…?

DSC08100.jpg
腹痛者その2

蒼ちゃんも腹痛みたいです。
いや、コレ、もしかして弾馬先生に介抱されたくてウソ言っているんじゃあるまいね?
緋華ちゃんに対して優しく介抱していた?弾馬先生。
ソレを見た蒼ちゃんが、ヤキモチから仮病を使ってもおかしくはない。
しかし、仮病ではなく、本当だったみたい。

DSC08102.jpg
腹痛理由

どうやら自分で作った料理を食べたみたい。
蒼ちゃんの料理といえば、ラブコメヒロインの必須スキル、病院おくり料理免許皆伝の腕前ですからね。
自分で食べてもこの破壊力!

こうして蒼ちゃんも保健室おくりになりました。
アレ?病院おくりが随分とパワーダウンしているな…?

さて保健室では蒼ちゃんと緋華ちゃんが並んで寝ています。
ソコでは、弾馬先生をめぐって、女の戦いが…?

DSC08103.jpg
女の戦い?

緋華ちゃんの先制攻撃の前に、ちょっとムッとする蒼ちゃん。
実にカワイイ反応です。
緋華ちゃんの攻撃はさらに続きます。

DSC08104.jpg
女の戦い、本格化?

蒼ちゃんが料理作りをやめないのは、弾馬先生に食べてもらいたいから。
今回、緋華ちゃんがお腹を壊したのは、蒼ちゃんと同じ理由だった。
コレはもう、弾馬先生をめぐる宣戦布告ととってもいいでしょう。

何かようやく、65話目にしてようやくですよ?
ラブコメみたいになってきましたね。
実に喜ばしいコトではないでしょうか?

だが、そんな私の期待を裏切るかの様に、緋華ちゃんの言は続きます。

DSC08105.jpg
精神攻撃?

あ、何か雲行きが怪しくなってきました。
監禁された時の予行演習として、粗末な食事に耐えられる訓練って…
蒼ちゃんの精神に、恐ろしいまでの精神ダメージを与えています。
そして、蒼ちゃんへのとどめの1言が!

DSC08106.jpg
とどめ



……

蒼ちゃんの料理を残飯呼ばわり。
緋華ちゃんには、どうやっても出来ない料理。
古い食材を使用するコトによって、ようやく再現しうるレベルの料理。
何という精神攻撃。

緋華ちゃんってさ、Mの割にはナチュラルにSだよなぁ。
全く悪気なく、素で尊敬しながらこういう言葉を言ってのける辺り、実にSだ。

という訳で、料理の腕前は緋華ちゃんの圧勝。
精神攻撃においても圧勝。
何と蒼ちゃん、マジ泣き。でも本当のコトなので誰もフォロー出来ず!
何というカオスな展開なんだ…


さて話は変わって、京ちゃんの話。

DSC08107.jpg
再登場

以前、海でナンパした女性と、未だに関係を続けていたみたい。
まぁ、相手方もね、京ちゃんがそういうシュミだと勘違いしていますからね。
しかし、京ちゃんは何をやっているのだろう。
本人によると、男運が悪いらしい(この場合は女運?)のだが、ビシッと断らないトコロをみると、自分にもその原因があるんじゃないかと思えてきます。

既に5回も会っているみたいですね。
そして、今回。
遂に京ちゃんがオ・ト・ナの階段を駆け上る…?

DSC08108.jpg
オトナの階段

京ちゃん、貞操の危機!?
いや、既に貞操なんかない気もしますが。
どのみち、初・体・験なコトには変わりはない!

次回はこの後の描写を克明にやっては…

…くれないかな?


という訳で、今回は腹痛の話。+派生しての異性喰いの話。
始めの方に若干の下品な表現がありますが、先ほども申し上げましたとおり、責任は私ではなく作者にあると。
まさかの下痢○ネタですからね。
私としてもね、本当は書きたくないのですが、そういう話であった以上、相応の誠意を持ってレビューした結果なんです。

いや、でも、まさかオムツというのがね。
予想外すぎて流石に緋華ちゃんだな、と。
このマンガ初のパンチラですからね。
いや、パンモロと言うべきか?
厳密にはオムモロだが…

オムツは下着に入りますか!?
っていうか、オムツの色は白にしてください。
でなければ、そのままいたしてしまっても、解りませんから!


そして保健室における女の戦い。
途中までは実にラブコメらしかったのですがね。
何か途中からおかしくなってきましたよね。

実はさ、緋華ちゃんって、Mを装ったSなのかと思えてきましたからね。
そういう観点で弾馬先生への態度を見返してみると、実は弾馬先生が困るコトを理解したうえでワザとやっているんじゃないかと思えてくる…
内心「困っている顔がたまらなくゾクゾクするの…」なんて思っていたら、ソレはソレでアリかな、と思えてきた。
真相は…、どうなんでしょうかね?


[今回の萌えコマ]
さて今回の最萌えコマはコチラ。

DSC08109.jpg
宣戦布告?

緋華ちゃんの言動を勘違いした蒼ちゃんが、緋華ちゃんに対抗して「負けない」発言をするトコロ。
このシーンだけ見ると、リッパなラブコメなんですがねぇ…
何でこのマンガは、この後にあーいう風になるのだろうか?
いや、ソコが面白いからいいんですけれどもね。
この時の、蒼ちゃんの焦っている表情は実にカワイくって良いですね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”戦国妖狐”2巻 ”ツマヌダ格闘街(ファイトタウン)”5巻
コメント一覧
さいころ♂
緋華ちゃんもさることながら、今回は京ちゃんも見所がありましたね。

いえ、ここであの御仁が出てくるとは思いませんでしたから(^皿^;;)
URL 【 2009/02/22 00:10 】 編集
名無しG
>さいころ♂さんコメント有難うございます
さいころ♂さんは彼女の望んでいましたものね
この2人この先どうなるんでしょうかね?
URL 【 2009/02/24 12:39 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。