い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/02/15(日) 03:48 コミックレビュー
積みゲープレイ日記。
SFCの”キング・オブ・ザ・モンスターズ”をプレイ。
横スクロールアクションを想定していたら、モンスターを使用したプロレスといった感じだった。
個人的には好きになれない内容だったので、かるーく流して、エンディングも見ずに終了。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
女神のカルナバル
双葉社刊/高槻ナギー氏


[作品概要]
高校生・望月の前に現れた傷だらけの女の子・御巫(みかなぎ)まゆき。
彼女と一緒にいるトコロを襲撃される。
その戦いの中、突然、まゆきに刀で斬りつけられる望月。
こうして望月は、戦いに巻き込まれてゆく…。


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて、全巻までの内容なんぞスッカリ忘れてしまったこのマンガ。
この巻が発売されてからずーっと積んであったのを発掘して読んだくらいなので、当たり前といえば当たり前なのだが。
こんなときに頼りになるのが、自分で書いた過去の記事。
うん、自分で読み返してみてもよく解らない!

確か…
クーチュリエやベレシーズの誕生に関わる昔話だったと思うのですが。
海底遺跡から未知の文明が発見され、不死身の女性を発見し、女神と名づけられたその女性を研究するコトによって不老不死を実現しようとしていたんでしたっけね。

で、灰人が暴走して、女神の血を日本にばらまいたらしい。

DSC08141.jpg
暴走

彼自身は女神の血に選ばれるコトはなく、程なく死亡。
カムイは女神の血に選ばれて、不死の肉体を手にするコトとなった。

この一件で、兄を殺されたと思った吟貨はカムイを憎むに至ったみたい。


さて、力を欲する吟貨は、望月の内に眠る力、デミウルゴスを狙っているのだった。

DSC08142.jpg
ターゲットは望月

デミウルゴスは、望月のクーチュリエであるまゆきダケ、のハズだったのですが、吟貨はべれシーズの中身を抜き取り、他者に宿す能力者を確保しているらしい。
ちなみに、デデミウルゴスを抜かれたら望月は死にます。

カムイの抵抗もむなしく、吟貨に拉致されてしまう望月。

DSC08144.jpg
さらわれる

そして、デミウルゴス抽出の儀式が行われ様としたその時。
まゆきが助けに現れました。

DSC08145.jpg
まゆき、参上

激しい戦いを繰り広げるまゆきと吟貨。
そして現れる、ラスボスとでも言うべき存在。

望月の内に眠る力はデミウルゴス―――「神葬の右腕」と呼ばれている。
そう、あくまでも右腕なのである。
つまり、本体がいる、という訳なのだ。

DSC08146.jpg
本体

遂に姿を現した、全ての元凶である神。
最後の決戦に臨むまゆき。
その決着の行方は!?
そしてこの物語の結末は!?
続きはご自分の目でお確かめください。


という訳で最終巻です。
自分でも難しくてよく解らない話でしたので、かいつまんであらすじを書いているこの記事ではサッパリ解らないコトでしょう。
事実、2巻の記事を読み返したら、自分でもサッパリ解りませんでしたから。

最後もねぇ、不満しか残らない終わり方で、実に微妙な作品だった、としか言えない。
まぁ、明らかな打ち切りってコトなんだケドさ。
あぁ、掲載コンテンツがなくなったんだったけかな?
どのみち、(個人的に)1番肝心な人間関係(恋愛関係ともいう)が、何1つとして決着つかなかったのが不満すぎる…!
要するに、委員長はどうなったんだ、って話だよ!


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
週間マンガ感想第42回 「チャンピオンREDいちご」Vol.12感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。