い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/06
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2009/02/16(月) 02:25 週間マンガ感想
PSゲーム”玉繭物語”。
物語全体的な世界観や雰囲気は実に好きだ。
ジブリな世界が好きな人ならば、その雰囲気が好きになるとは思う。
しかし、肝心の戦闘が実にイマイチな出来になってしまっているのがもったいない。
モンスターの合成も微妙に中途半端な感じが漂っているし。
なにかにつけてザンネンな作品だなぁ、と。
現在、無限の回廊でモンスター強化中。適度に強化後、終了しようと思う。


という訳で本日は週間マンガ感想、2009年2月の2週目です。




さて今週はもう、雑誌1冊をサラッと紹介して終わります。
今週は「ヤングチャンピオン」5号です。
まずは隔号連載の”センセ。”です。

その日、真先生は屋上での昼食となりました。

DSC08124.jpg
昼食

内容はいつもの菓子パンメインです。
あまり身体に良いモノとは言えません。

すると屋上にやってくる生徒の影が。

DSC08125.jpg
めがねっ娘

玉井琴美です。
この琴美は、図書委員の文学少女です。
そして、シュミで小説を書いているのだが、真先生にその小説を見せて評価を聞いたりしている仲だったりします。

しかし、このアングルが実に素晴らしいですね。


さてこの琴美が屋上にやってきたのは、何と真先生にお弁当を作ってきたのだという。

DSC08126.jpg
手作り弁当

女生徒の手作り弁当って…
こういうのも教師冥利に尽きるというヤツなのでしょうか。
実に羨ましいですな。


こうしてお弁当をもらった真先生。
ココで恒例の妄想タイムに入ります。
今回は、琴美がお弁当を作ってくれたというコトで、琴美の料理風景です。

DSC08127.jpg
料理中

裸エプロンである辺り、実に心得ている感じです。
しかも、ブラはしていないのにぱんつは穿いているという拘りっぷり。
実に素晴らしい拘り方です。

さて裸エプロンでの料理中といったらね、もうね、料理ドコロじゃないというのはお約束です。

DSC08128.jpg
料理中?

料理などそっちのけでエッチに突入。
やはりこの作家の描くエッチシーンは実にイイ♪

そうして妄想にふけっていた真先生ですが、気がついたら目の前にホンモノの琴美がいました。

DSC08129.jpg
妄想終了

小説の感想を聞いている琴美。
お弁当の感想も気になったというトコロですね。
真先生が「おいしかった」というと、喜んで、また作ってくると言い出します。
真先生は好きな食べ物を聞かれ、咄嗟にケーキと言ってしまいますが、流石に昼食にケーキはないだろう。

しかしケーキが好きだと言われれば、作ってあげたくなるのが恋する乙女。

DSC08130.jpg
問題行動

日曜日に真先生の家まで作りに行くなどと言ってしまいます。
いくら教師とはいえ、独身男性の家に行くなんて、問題ですよ。
何かが起こったらどうするんですか!って話ですが、そんな2人のイチャラブを目撃してしまった女生徒がいました。

DSC08131.jpg
見られた!

伊吹です。
おそらくはこのマンガのメインヒロインである伊吹。
その伊吹が、真先生が他の女生徒と家に行くだのなんだのというヤリトリをしているのを見てしまった!

コレはもう、次回が楽しみというより他ありませんね。
伊吹のヤキモチが炸裂するのか!?もしくは幻滅か!?
琴美は本当にケーキを作りにいくのか?もしかして妄想が現実となるのか?
次回の話は当ブログでレビュー出来るのか!?
実に楽しみです。



続いては毎度お馴染みの”18倫”です。
前回、中川クンがバール企画を辞めてしまったので、人手不足になったバール企画は緊急でアルバイトの募集です。
しかし、やってくるのは下心ミエミエのバカなヤロウばっかり。

DSC08134.jpg
下心ミエミエ

AV女優のファンで、会いたいのがミエミエだったり。
まぁ、そんなのは即不採用です。

中には、ホンキでAVが好きというのも現れます。

DSC08135.jpg
エロ星人

好きだからといって、制作側に回って適正かといえばさにあらず。
エロが好きな人ほど、向いていない業界らしいです。
エッチを見るのはほどほどがいいのであって、毎日見ていたら飽きて勃たなくなると言われ、しかも元々好きな人ほど現れやすいと言われ、意気消沈。
結局は不採用になってしまいました。

こうして採用者0になるかと思われたその時。
面接の初めからトバしている女性が現れました。

DSC08136.jpg
面接志望者

案内係の倫子のスカートをめくってから1言。
「AV会社の女社員はノーパンかと思っていた」と。

こうしてやってきたのが、高梨千穂(たかなし・ちほ)だった。

DSC08137.jpg
高梨さん

女子高生の制服を着てはいるが、実は大学生だったりします。
高校の制服を着ているのはナンパされやすいから、だそうだ。

さて、この高梨さんがAV制作会社に入ろうとした理由。

DSC08138.jpg
志望理由

男のエッチはみな似たり寄ったり。
なぜかを考えた結果、たどりついた答えが「AVを真似ているから」だったそうで。
だったら、自分がAV制作に携わり、真似ても問題のない作品を作る!というコトらしい。

DSC08139.jpg
AV語り

現行のAVの問題点と、自分が目指す内容とを熱く語った高梨さん。
言葉ダケでは伝えきれずに、倫子を使って実演までしてみせます。

DSC08140.jpg
実演

具体的な熱意と、女性ならではの視点での新たなる作品の予感。
こうして高梨千穂が新たなメンバーとして採用されたのだった。


という訳で、新たなメンバーは女性でした。
私の希望した下ネタ大好きな女性というのとはちょっと違いましたが、コレはコレでアリ、ですね。
AVについて熱く語る女性というのは新鮮かも…?
高梨さんの活躍に期待!ですね。




という訳で今週は単行本紹介はなく、コレでお終いです。
スミマセン、ゲームやりまくりで、あんまりマンガ読んでいないのです…




最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングチャンピオン烈」Vol.17感想 ”女神のカルナバル”3巻(最終巻)
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する