い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/02/17(火) 23:02 ヤンチャン烈
何かそろそろ、名実ともに「オジサン」になるらしい。
オジサンかぁ…
オジサンねぇ…
何か実感がわかないなぁ。


という訳で本日は「ヤングチャンピオン烈」Vol.17の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想
Vol.4感想
Vol.5感想
Vol.6感想
Vol.7感想
Vol.8感想
Vol.9感想
Vol.10感想
Vol.11感想
Vol.12感想
Vol.13感想
Vol.14感想
Vol.15感想
Vol.16感想


[青春ポップ!]
あー、要するにラブコメで、攻略キャラがイヴ(幼馴染?)、亜美(妹的存在)、小島(同級生)と、いる訳ね。
冒頭の夢に出ていた女の子がイヴだとは思うのだが、まだ解らないかな。

しかし、北河氏といえばエロバカのイメージが強いのですが、この作品はガチなラブコメになるのだろうか?


[彼女の鍵を開ける方法]
中田ゆみ氏、グッジョブ!
いや~、このマンガ、好きだわ。
っていうかね、ヒロインが良い。良すぎ。
ノーパンがデフォになりつつあるのが実にイイ♪

穿いてないのが気持ちよくなりつつある女子高生。
いや、もう、この設定のみで3杯はイケますよ?


[まじらぼ]
扉ページのシーマだけでお腹いっぱいです。

そして今回は零がエロすぎだな。
別にもう1回風邪ひいてもいいじゃんかよー。
零が裸で抱き付いてくるんだぞ!?
代わって欲しいくらいだ!


[NIGHTMARE MAKER (ナイトメアメーカー)]
現実と夢の境界線がアヤフヤになり始めてしまった…
しかも、作った本人にまで、その影響が出始める始末。
やはり危険な機械であるのは間違いない。

そして今回もまた、茅野先生はエロスだ。
しかし、出来ればこういう、直接のエロスは見たくなかったというか…
いや、コレはコレで良いのですがね。
ドッチかというと、夢を思い出しつつ、オ○…っていう方が好みなモノで。


[SCHOOL MATE]
紗月が料理苦手なのは、親と同居しているからだろうか?
しかし、イメージ的に違うんだよなぁ。
家庭的という感じがするんだがなぁ。

ま、何はおいてもあさひさんの裸エプロンは眼福過ぎる…!
横からはみ出た部分がねぇ、実に良すぎる。
珠樹が未来や紗月なんか眼中ではなかったのは当たり前だよな。
その後のコメントもオトナの対応でいいな。

そして次回はオ・ト・ナの時間か。
楽しみだな、実に楽しみ。
次回で、あさひさんが珠樹のコトをどう思っているのか解ればいいのだが…



[EVILIVE ~イビリブ~]
ロンウェは漁夫の利状態なのに、何をイキがっているのだろうか。
マトモにやりあったら、1番初めに脱落しそうな感じなのに…

そしてベルフェゴウル、完全復活!
今までのフラストレーションたまりまくりなモヤモヤを吹き飛ばしてくれる活躍に期待したい。


[恋愛そんぽ!]
何という種明かし!
全ては初めから仕組まれていた、というコトなのだろうか。
そもそも、サトが元から滝沢にラブだった。ソコから全てが始まった、というのがビックリだ。
いや、ある程度は仕組まれていたコトなんだろうなぁ、とは思ってはいたが…
まさか、ソコが出発点だとは思わなかった。

しかし、恋愛そんぽって、本当に商売になる保険なのだろうか。はなはだ疑問だ。

…トコロで、肝心のサトと滝沢の初夜はないのですか?
エリカと大木のはあるのに…


[A.C.D.C2]
えーっと…
微エロとラブコメっぽい雰囲気は伝わってくるのだが、原作ゲーム未プレイ者に対する配慮が著しく欠けていると思う。
元がどういう世界観かも解らないのに、こんなの見せられてもチンプンカンプンである。

ちなみにこの内容で微エロと評したのは、1つ1つのサービスシーンにおける、拘りの描写が感じられないから。
何というか、絵全体からナゲヤリ感が漂っているんですよね…
こういうの描いておけばいいだろ?的な。


[キンクロ]
何なんだろうな、このマンガは…
っていうかさ、このマンガって基本的に、(見た目は)合法な獣○だよな。
朱月女史がイキナリやらかしたからには、そのうち真瀬も…、というコトになるのだろうか。

しかし、加凛とリリィのシーンは実に惜しかったな。
ヒカリが余計なコトさえしなければ…


[ヴォイニッチホテル]
アレか!?
エレナ→クズキというフラグが…

うん、このマンガにおいて、そういうのはあまり意味を為さないのかもしれんな…


[お気に召すままご主人サマ]
えーっと…
コレってアレか!?
メイドと主人の関係ではなくなった、と考えてもいいんでしょうかね?
コレで次号になったらまたメイドに戻っていたらどうしよう…
いや、メイドさんのカッコウをしているのはいいよ。
何ていうかこう、精神的な方面でね。要するに恋人になっているのか否か、ってコトなんだがね。
この展開を経て、関係が変わってなかったら、そりゃウソだろう。


[獣臣蔵]
喜久子は平八郎のとどめをささなかったが、コレが後々新たな遺恨になってくる可能性が大だよなぁ。
こういうのは殺れる時に殺っておかないと…

そして内蔵介、最期の意地!
蔵乃介は死が確実な状態とはいえ、まだ生きている父親を斬れるのか…?


[ごすこん]
やはり小晶は中国の代表ではなかった様だ。
冷静に観察している麗明が本命なのだろうか?

本番を前に、今回のスパーをやったコトがプラスになる…、のかな?


[WAVE]
なるほど、こういう環境で「宇宙麻雀」やら「異次元麻雀」やらが誕生する訳ですな。
納得。


[クロとマルコ]
カロン人と冥王星人って、よく文化的な社会が形成できてるな…
お互いに仲が悪いとなっているが、お互いドコロか、他のどの文明とでも巧くはいきそうにないのだが…

コレもまた、壮大な宇宙におけるロマンの1つというコトなのだろう。
はるか昔に惑星が砕け散ったが、その残骸は今も生きているって感じなんだろうなぁ。


[次回予告]
”ヘンコイ!”修学旅行編開幕!実に楽しみ。

そして4月から3ヶ月連続での刊行となるみたい。
もしかして月刊化の第1歩なのかも…、しれません。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”史上最強の弟子 ケンイチ”32巻 週間マンガ感想第42回
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。