い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/02/19(木) 22:22 サンデーGX
PSゲーム”神犬伝説 PAL”。
設定は面白くて良いのだが、全体的に戦闘がツラいかな。
特にラストダンジョンに突入してからのキツさはハンパではない。
そしてラスボス。
実力よりも運の要素が多いって、どういうコトだ!
雷の術→麻痺→2回攻撃3ターン→ほぼ確実に死亡。
もう、いやだ…


さて本日は「サンデーGX」3月号の感想を。


[ぷりぞな6]
カラーページのナンバー2がエローーい!!
えー!?こういう関係だったのかよー、と思ったら演技かよ!
でも、真性の女の子に向かって「仲間に入りませんか」なんて言ったら、本当に調教されてしまいそうだ…
うん、実に見たい。
ココは是非とも仲間入り&ホンモノの力を見せ付けて欲しい…


そしてまた、謎が現れる…
このマンガ、本当に謎が解かれる日がくるのか心配になってくる…


[アスカ@未来系]
愛果って、もしかして何かの武道でもやっていたのだろうか?
偶然っていう感じのヒットの仕方ではないと思うのだが。

今回、主人公は何の活躍もしていないじゃないか。
っていうか、出番自体がほとんどない。
だが、やはり何らかの力は持っているみたいだ。
この作者にはありがちな、「命を削る」類の力なのだろうか?


[神様ドォルズ]
まずはネタページ。
漢字以外は全問正解で、80点。
流石に漢字はソラではムリだった。
宇輪砲は簡単なので憶えていたが。

後、問い5は、うっかりネタ解答を選びたくなったが、流石に自重。
っていうか、担当が自重しろよ!


今回の話を1言で表すと「詩緒の初恋物語」でOK?
まぁ、詩緒本人は認めないだろうが、詩緒にとっての初恋というコトになるのだろう。
たぶん、いつの日にか振り返って、あー、アレが初恋だったんだな、っていう感じの物語なのだろう、と。

夜に病室に忍び込んで、案山子の話をして、一緒の布団に潜り込んで…
ずっとドキドキしっぱなしの詩緒がいつになくカワイく見える。
スネた日々乃さんもイイ♪のだが、今回は完全に詩緒の影にかすんでしまっている。


[今月の詩緒]
もうね、今回は本っっっっ当に悩んだ。
だってさ、病室での一連のシーンから、ドレを選んだって問題ないくらいなんだもの。
特に透に抱きつかれた時の詩緒は実に良い。
だが、今回はもう、コレしかないだろう。

DSC08168.jpg
詩緒スマイル

この笑顔!
こんな笑顔の詩緒など、このマンガが始まって初めてだろう。
透でさえも一瞬にしてホれる破壊力。
詩緒の初めての笑顔を引き出したのが匡平ではなというのがニクいなぁ。
後は、この笑顔を桐生の前で出せるかどうかだろう。
そして、1番重要なのは、この笑顔を自由自在に出せる人間に育ってはいけない、というコトだな。
ソレは、それダケはダメだ。


[ドクター&ドーター]
実沙紀を前に、終始ドキドキしっぱなしの彩乃は実に良い。
そういえば、貞操帯同士が一緒になるとどういう反応を起こすのかが気になる。
っていうか、私としては、オス型とメス型があって、彩乃と実沙紀のフェレット同士が恋仲になったら面白いかなー、と思ってみたり。

さて、彩乃と実沙紀の貞操が危機にさらされているが、最後に登場したお嬢様の登場が、何かの助けになったりするのだろうか?
このお嬢様って、森尾専務の娘さんで、名前は倫子さんでしょ?
このお嬢様にも貞操帯がつけられてしまったりして…


[ぐりまる]
地獄七師団のベヒーモスが襲撃!
おそらくは、地獄でもトップクラス(でも、七師団の中では最弱)の悪魔であろう、ベヒーモス。
明らかに今までの悪魔とはレベルが違いそうに見えるが…

でも、流れ的にいうと、新幹線に承認砲を当てるコトになりそうな気がする。
ソコは楽しみである。


[拝啓 みゆきちゃん]
何というオチか…!!
途中までの官能的にして幻想的な雰囲気を粉々に打ち砕く衝撃のオチ。

「転」の部分で完全にギャグマンガに変わったな。
いや、あのシーンは実に笑った。
ソレはもう、官能シーンを打ち砕かれた怒りなんかよりも、よほど大きな笑いだったよ。


[REC]
ジェネプロって、結構ヤバい感じなのかな?
単に社長が忘れていたっていうオチの様な気もしないでもないけれど…

しかし、吉岡さんがイイ女すぎて良かったなぁ。
チョコを持って笑うシーンから、シャワーシーンまでの流れが実にいいなぁ。

そして、ジェネプロはどうなってしまうのだろう?
社長と吉岡さんとの関係は進展するのだろうか?
楽しみだ。


[コイネコ]
また強烈なじーさんが出てきたなぁ。
このじーさんに育てられたら、父親みたいにはならないと思うのだが、もしかしたら父親がこう育ってしまったから、こんなになってしまったのかな?

そういえば、今まであまり気にしていなかったけれども、ナオってネコなんだから、もしかしたら年齢もネコ換算でやるのかな?
だとすると見た目以上に年をとっているというコトになる訳だが…
冒頭でミヤビがババァ呼ばわりされていたけれども、ソレに近いのかもしれん。

そして、シンタ、強制連行?
まぁ、ナオだったらドコにだって現れそうではあるが。


[エンジェル高校]
ハルが相変わらずのカワイさで実にイイ。
サリとマリアに手をつながれるのを見てヤキモチ→観察対象が女の子だと知ってさらにヤキモチ。
素晴らしい、いや、実に素晴らしい。

そして、ハル、BLとの出会い!
コレがキッカケでフジコみたいになってしまったら、どーしよう…
っていうか、ルキオ→クノエと勘違いしたらどーしようか。
ソレはソレで見てみたい気もするが。


[メルカノ。]
カケル、修羅場に突入。
連れ合いの所為で誤魔化しに失敗。逃げ場なし!

カケル、相変わらず実物とメールとのギャップがありすぎるよな。
完全に分裂症状の気があると思うのだが、どうだろうか。

そして、ミュウと完全に決別!
長いメールという割には大して長くもないメールではあるが、別れのメールとしては充分だろう。
まぁ、本当に心配なのは、ミュウの方で、コレがキッカケでヘンな宗教にでもはしらなければいいが…
元々、そういうのにハマりやすい性格しているしねぇ。
そして、この先、ミュウが出てくるコトはなくなるのかな?そのコトが残念でならないのだが。

後、カケルとハルカの関係はどうなるのかな?


[スピリチュアルぱらだいす]
禁スピリチュアル状態の美月って、ギャグマンガのオ○禁状態の男子中高生みたいだ。

キツネに知恵を授けてもらうバカ男子が2人…
しかし、あまりに時間をかけすぎると、朔夜のコトだから、途中で暗号が変わるんじゃないかと思ったが、そんなコトはなかったか。

そして遂に玉置が美月に衝撃告白を!
…が、美月は朔夜の言葉を拒絶!
前回の話にあった、自分のコトを忘れる様にという内容だったのだろうか?


[山形スクリーム]
遂に仲間内から犠牲が!
先生は最期に先生らしいトコロを見せてくれた!
生徒を見捨てて逃げようとしたコトへの罪悪感がさせたのかもしれないが、最期はリッパだった。

しかし、前回の感想でも書いたが、やはり絵が深刻さを感じさせないのがヒドくマイナス要素になってしまっている。
あまりにも残念すぎる要素である。


[ラブマウンテン]
まぁ、盗聴器を仕掛けたのが唯だろうというコトは容易に想像がつく。
このマンガを読んだコトがある人間ならば、ソコは簡単だろう。
しかし、このマンガのキモはその先だ。

しかし、声フェチの唯にとっては、しゃべりすぎで声がかれてしまった泉には興味がなくなってしまうんじゃないかと…
その辺り、どーなんだろう?
後、声フェチという割には、生の音声に拘らないのもどーかと…


[GXフレフレ便]
小野寺浩二氏と、山東ユカ氏の手紙交換。
山東ユカ氏といえば、私は”ヒミツの保健室”と”カテゴリ・テリトリ”しか読んではいませんが、あまり4コママンガが好きではない私が見ても面白いかと思います。
あー、そーいえば、”カテゴリ・テリトリ”は3巻まで発売しているが、レビューが1巻でとまったままだ。
2巻からの紹介はどーしょうかな…


[次回予告他]
佐藤まさき氏が新連載で登場。
タイトルからして釣りマンガだが…
この人の場合、釣り針が服に引っかかって破けそうなイメージしかしないのだが。
さてどんなマンガになるのだろうか。楽しみだ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:4   トラックバック:0
”イケてる2人”29巻 ”史上最強の弟子 ケンイチ”32巻
コメント一覧
Hiyuki
毎回のごとくご無沙汰です。
チャットでお会いして以来でしょうか。
今はなぜか日本です。理由は不明です。
とはいえ、おかげで全プレ応募できました。
まさに天の配剤!これで後悔せずに大往生できそうです。
届くのが楽しみです。

3月号の内容はまさに詩緒祭りでしたね。
赤面ありスマイルありで特盛り状態でした。
ネタページ見逃してました。今から見に行きます。
URL 【 2009/03/12 20:01 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
全プレ応募出来ましたか
良かったですね
私も届くのが楽しみです

今回の詩緒はスペシャル版でしたねー
赤面のシーンも良かったのですが
最後のスマイルが全てを吹き飛ばしてしまいました
次はいつあの笑顔を見られるのだろうか…?
URL 【 2009/03/15 04:39 】 編集
saaya_holic
映画「山形スクリーム」(竹中直人監督)敏酒圭役 紗綾はこんな作品に出演しています。
「渋谷怪談 THEリアル都市伝説」(福谷修監督)千尋役
「神の左手 悪魔の右手」(金子修介監督)アユ役
「口裂け女」(白石晃士監督)中島志穂役
「少女霊 14歳の魂」(谷洋平監督)はな役
「地獄少女」(ドラマ版、日本テレビ)柴田つぐみ役
「漫画喫茶都市伝説 呪いのマンナさん」(BS-TBS
→映画「ヨムトシヌ DEATH COMIC」)佐々木曼奈役
「ムラサキカガミ」2010年春公開 三原光尋監督
↑いろんなもの連れて来てそう
URL 【 2010/02/24 20:54 】 編集
名無しG
>saaya_holicさんコメント有難うございます

ホラー系をメインに出演されている方なのでしょうか?
あまり興味がないのでよく知らないのです
申し訳ありません…
URL 【 2010/02/26 04:47 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。