い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/03/09(月) 01:12 週間マンガ感想
今週は竹下氏の作品ばかり紹介してしまいました。
ファンとしては実に嬉しい1週間でしたよ。
やはり竹下氏のマンガは面白いですね!


という訳で本日は週間マンガ感想、2009年3月の1週目です。




さて今週の初めは「月刊コミックフラッパー」4月号より”超時空眼鏡史 メビウスジャンパー”です。
今回やってきたのは1520年のフランス。
この時代のフランスは、メガネの歴史にとって、とても重要な時代らしいです。

DSC08330.jpg
重要な時代

南雲博士も意気揚々と調査に行こうとしています。
しかし、そんな南雲博士に待ったをかける人物が…

DSC08331.jpg
ちょっと待ったコール

硝子です。
何やら現代に戻って欲しい様子。
何か重要な用事でも出来たのでしょうか。
そんな硝子。
南雲博士を前にして、さらりとスゴいコトを…

DSC08332.jpg
衝撃の事実!



……

禁句だろ、ソレは…

南雲博士の前で「コンタクトを買いに…」なんていう発言が許されると思っているのか!?
あまりの発言に、南雲博士も最初は何事もなかったかの様にスルーしてしまっていますからね。

実は硝子は近眼だったのだ!

DSC08333.jpg
驚きの南雲博士

連載8回目にして明かされる驚愕の事実!
今まで裸眼だと思われていた硝子、まさかの近眼!というかコンタクトレンズ使用者!

コレには当然、南雲博士は大激怒。
めがねっ娘萌えに全てをささげた男の前で、天敵であるコンタクトを着用する暴挙!

まぁ、南雲博士の前で眼鏡をかけたら何かされるのは間違いないのだから、硝子の判断は正しかったと言えるのだが…


さて、そんな南雲博士がコンタクトレンズを買いに現代に戻ると思うかね?
モチロン、答えは否、だ。
そしてこの時代で、硝子の眼鏡を買いにいくコトになりました。

DSC08334.jpg
お買い物

こうしてやってきたこの時代の眼鏡屋さん。

DSC08335.jpg
眼鏡屋さん

この時代では、今までやってきた時代と比べて、明らかに違うトコロがあります。
眼鏡の歴史を語る上で絶対にハズせない進歩。
そう―――

DSC08336.jpg
凹レンズ

遂に凹レンズの登場です。
今までの眼鏡は全て凸レンズ。つまり老眼鏡しかなかったのだが、ココにきてようやく近視用の眼鏡の登場となります。
要するにめがねっ「娘」の誕生ともいえる訳ですね。

コレなら硝子の眼鏡も買えますね。
硝子、めがねっ娘デビューです。

ところが!
この店の店主がガンコオヤジだった。

DSC08337.jpg
店主登場

何と、女性に眼鏡を売らない!と言い放つのだった。
めがねっ娘に全てをかけ、めがねっ娘を愛してやまない南雲博士にとっては敵と呼ぶにふさわしき人物の登場である。
流石にブチきれして、店主に殴りかかる南雲博士。

DSC08338.jpg
敵認定

まぁ…、アッサリ返り討ちにあうんですけれどもね…


さて、実はこの店主。
何と近視用の眼鏡を発明した人物らしい。
その人物が、何故、めがねっ娘を否定するのか!?
硝子は無事に眼鏡を入手できるのか!?(しない方がいい気がしますが…)

続きと結末はご自分の目でお確かめください。


さて、1部ネタバレ。
何と近眼であるコトが発覚してしまった硝子。
16世紀のフランスで、世界初の近視用眼鏡を入手します。

DSC08339.jpg
めがねっ娘へとクラスチェンジ

こうしてめがねっ娘デビューを果たした硝子。
めがねっ娘好きの南雲博士と一緒にいて大丈夫なのか!?
そんな読者の心配もむなしく、早速南雲博士にセクハラ?をされる硝子。

DSC08340.jpg
変質者

うん、まぁ…
ヤバい。ものスゴくヤバい。
貞操がどーのこーのっていうのを遥かに超えたレベルでヤバい。
しかし、南雲博士→硝子というフラグが立った気がしないでもない…
このマンガ、今後益々楽しみになってきましたね!




さて続いては「ビッグコミックオリジナル」6号より”高橋留美子劇場 運命の鳥”です。

DSC08341.jpg
”運命の鳥”

私は氏の大ファンで、毎年1回掲載されるこの作品を楽しみにしており、掲載された号のみ購入しているのです。
という訳で、このマンガを少し紹介。


喫茶店「鳥の巣」のマスター。

DSC08343.jpg
今回の主人公

一見なんでもない様に見えるが、実はこのマスターには、人には言えない能力があった。

DSC08344.jpg
特別な能力

人の周りに、自分にしか見えない鳥が見えるのだった。
マスターはこの鳥を「運命の鳥」と呼んでいた。
この鳥は、自業自得で不幸になる人間の周りに現れるらしい。

DSC08345.jpg
不幸到来


さて、このマスターが最近気になっている人物がいた。

DSC08346.jpg
ヒロイン?

最近よく来る常連客で、学生と思われる女性である。
どうやらマスターの初恋の人の面影があるらしくて気になっているみたいだった。
しかも、この女性にも鳥がついているのだった。

DSC08347.jpg
鳥がいる

マスターは今まで、鳥を見た人にさりげなく忠告してきたのだが、さりげなさすぎてその忠告は受け入れられず、ことごとく失敗してきた。
忠告しても聞き入れられずに失敗した時には、自分の無力さを感じてしまうので、今では極力見ないコトにしているのだった。

しかし、初恋のあの娘に似ているこの娘は気になって仕方なかったのだ。

DSC08348.jpg
増えている

しかも、日に日に鳥の数が増えていく。
会話の内容から察するに、どうやら原因はこの女性の彼氏に問題があるみたいなのだが…


そんなある日、この女性が問題の彼氏を連れて喫茶店に現れた。

DSC08349.jpg
まるで柱の様に…

…って、鳥が大挙して押し寄せていますがな…
この2人、本当に大丈夫なのか!?
そしてマスターは2人を救えるのか!?

続きと結末はご自分の目でお確かめください。


ってな訳で1年ぶりに読んだ”留美子劇場”ですが、実に面白かったですね。
まぁ、人の不幸が見えるという題材は、マンガに限らず小説やら何やらで、使い古されたネタではあるのですが、高橋氏のエッセンスが加わって、実に楽しめる内容に仕上がっていると思います。


ある不幸は別の不幸によって消えるコトもあるし、人生にとって必要な不幸もある。
不幸を乗り越えたからこそ得られる幸せもある。
相手にとって良かれと思ってしたコトでも、結果として不幸になるコトもあり得る訳で。

後、ミスリードといいますか、読者に勘違いさせる方法が巧いなぁ、と思いましたね。
学生の彼がどんな人物なのかと思っていたら…
そういうオチか!と。

最後はマスターも含めて、皆が一応のハッピーエンドになったかと見せかけて、ちょっとしたオチを入れてくるのも実に良いですね。
まぁ、彼の場合、アレが不幸だとは思っていないのかもしれませんが。



今週は単行本紹介はなしです。
スミマセン、まだゲームやっているモノで…



最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
嬉しい出来事Part.19 ”東京★イノセント”6巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。