い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/03/19(木) 22:59 コミックレビュー
WBC、負ければ2次予選敗退が決まる試合で、岩隈選手がキューバ相手に好投!
いや~、抜群の安定感ですね。観ていて安心できますな。
個人的にはキューバがベスト4にも残らずに姿を消してしまうのは寂しい気もしますが、ソレは組み合わせが悪いのだからどうしようもない。
そして、この大会4度目の韓国戦か…
組み合わせには大いに文句を言うべきだろう。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
キミとボクとの∞(インフィニティ)
竹書房刊/小野寺浩二氏


[あらすじ]
南雲三成(なぐも・みつなり)と二ノ宮瞳(にのみや・ひとみ)。
2人はラブラブカップルである。

南雲は無類のめがねっ娘フェチであった。
そして瞳はめがねっ娘である。
南雲は、自分の理想のめがめっ娘像を語り、瞳はそんな理想に近づこうと努力するのだった…


[内容補足と感想とか]
南雲三成と二ノ宮瞳のラブラブカップル。

DSC08435.jpg
南雲と瞳

2人はラブラブカップルなのだが、傍目には所謂バカップルであった。
人目をはばからずラブラブイチャイチャしている辺りが、実にバカップル。

だが、南雲は重度のめがめっ娘フェチだったのだ!

DSC08436.jpg
めがめっ娘フェチ

そして瞳はめがめっ娘である。
まぁ、だから南雲も恋人にしているとも言える訳だが。

南雲は、自分の中に理想のめがめっ娘像がある。
めがめっ娘とはこうあるべきだ!と。
そんな自分の理想を瞳に押し付けてくるのだった。

DSC08437.jpg
めがねの上げ方講座

めがねの上げ方1つとっても、ものスゴく拘りがあり、この上げ方はダメだとか、こういう上げ方が好みだとか…
正直、名前の付け方やらそれについての語りやら、どうかと思うのですが…
瞳は瞳で、南雲にベタ惚れの為、南雲の理想に近づこうと健気にも努力を続けているんですね。

…本当に健気な女の子だな。
正直、南雲にはもったいないよ。


という訳で、あーんなコトがあったり。

DSC08440.jpg
ラブラブっぷり


こーんなコトがあったり。

DSC08441.jpg
謎のプレゼント


そーんなコトがあったり。

DSC08439.jpg
南雲激怒


とまぁ、こんな感じで、めがめっ娘フェチと、めがめっ娘のラブ?コメディです。
全てのめがめっ娘好きは、このマンガを読むべし!


という訳で、例の南雲3兄弟の3男の登場です。
3男にはめがめっ娘の彼女がいるという、3兄弟の中では最も恵まれた立場にいます。
しかもその彼女、瞳は、南雲なんかにはもったいないくらいのよく出来た娘さんです。
まぁ、ある意味では最もお似合いの娘だともいえる訳ですが。

小野寺氏お得意のめがめっ娘語りと、バカップルのイチャイチャ度と、あまりにも間違った方向に熱血すぎて、どー見てもキ○ガイにしか見えないキャラクターと…
あ、何だ。いつもの小野寺氏のマンガと同じだな。
こんなにたくさんめがめっ娘について語ってなお、語り足りないのか!と。

後、作中に出てきた「S」と「R」(と「B」)のプラボードは便利なのかなぁ…
いや、体験談があって、本当に便利と言っている人が実際にいるから便利なのだろうが…
私は「R」と「B」は使わないからなぁ。
便利と思わないというか、必要がないんですよね…


オマケの描きおろしで、めがね上げ方講座があるのですが…
よくもまぁ、ココまで考えますね、と感心してしまいますよ…
やり方からネーミングまで、本当によく考えられている…
個人的には「エンジェルスマイル」は、見てみたい気がします。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”18話 ”超時空眼鏡史 メビウスジャンパー”1巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。