い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2006/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/02
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/03/20(金) 20:56 その他のマンガ
WBC、日本は2次予選を1位通過!

…なのはいいのだが、横浜の村田選手がケガをするという事態が発生…
うん、まぁ…
終わったな。
日本が、ではなく横浜が、だが。


さて本日は「オー スーパージャンプ」4月号掲載の”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”18話のレビューを。


[感想バックナンバー]
8月号(2007年)
11月号(2007年)
2月号(2008年)
6月号(2008年)
8月号(2008年)
9月号(2008年)

”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第5話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第8話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第10話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第11話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第12話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第13話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第14話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第15話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第16話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第17話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介


[ストーリーと感想とか]
さて今回のゲストは、シュミがパチンコという男の登場です。

DSC08442.jpg
今回のゲスト

名前は橘太郎(たちばな・たろう)さん。
彼はもう、毎日の日課であるかの様に、仕事帰りにパチンコによっています。

…が、だいたい負けて帰ってきます。

DSC08443.jpg
パチンコに負ける

だが、負けが込みすぎるとお小遣いがなくなるので、パチンコが出来なくなります。
今月もまた、そんな調子でパチンコはおあずけとなってしまいました。

パチンコにいけないとなると、彼は行くトコロがなくなります。
まるで本屋にしか行かない私みたいですね。

そこでその日は、帰りに神社によってみました。

DSC08444.jpg
神社

困ったときの神頼み、という感じでしょうか。
神にしてみれば困った時のみ頼られるという、かなり迷惑な存在でしょう。
しかし、神社に行ってみると、見慣れない生き物がいました。

DSC08445.jpg
不思議生物

見慣れない生き物に困惑しながらも、子供が喜ぶかもしれないとつれて帰るコトにしました。

DSC08446.jpg
ペット…?

さて、このマンガにおいて、こういった生物がペットである可能性はゼロです。
すなわちこの生物はペットではなく妖怪です。
妖怪といったら、そう、いずなおねーさんの出番な訳です。

DSC08447.jpg
いずなおねーさん

という訳で今回は、ゲストが不思議体験に巻き込まれる前に、自主的に登場です。
妖怪の気配を感じてやってきたら、先客がいた、というコトらしいですね。
そして件の生物は「毛羽毛現(けうけげん)」というらしいのです。
「稀有稀現(けうけげん)」とも呼ばれており、その名の如く確率を操って、確率の低いコトを起こす妖怪らしい。

妖怪は妖怪の専門家に任せろ!とばかりに、毛羽毛現を渡すように要求するいずな。

DSC08448.jpg
餅は餅屋?

だが、息子への土産にするといってきかない橘は、そのまま連れ帰ってしまいました。
いずなは、客ではないから別にいいか。といった感じで、積極的に動こうとはしませんでした。
そんなに危険な妖怪ではないのかもしれません。

さて毛羽毛現を連れ帰る途中、パチンコ屋の前を通った橘は、我慢が出来ずになけなしのお金を使ってパチンコをやってしまいます。

DSC08449.jpg
パチンコ狂い

ちなみにパチンコ屋の名前にツッコんだら負けなのでしょうか…?
ツッコみたい。実にツッコみたい…
でも、あえてスルーで…

さていつもは負け続けの橘ですが、何とこの日は大当たり。

DSC08450.jpg
大当たり画面

今までの負け分を取り返すかの様に当たりが連発。
橘は、いずなの言ったコトが本当であるコトを知るのだった。

DSC08451.jpg
ホンモノの妖怪

そして、その日を境に、彼はパチンコで連戦連勝。
うまい話には、ウラがツキモノなのだが…?

という訳で、続きと結末はご自分の目でお確かめくださいネ。


今回の話の要約。
作者「私の昔の作品もパチンコにしてください」でいいですか?
いや、私はパチンコをやらないのでよく知らないのですが、最近ではアニメやらマンガやらを題材にしたパチンコ台も多いらしいですね。
作者の昔の作品もアニメ化までしている人気作。
パチンコになってもおかしくないんじゃないの?という作者の心の叫びなのでは?という邪推が…
いや、既になっていたらゴメンなさい。


さて今回、いずなが活躍らしい活躍をしていないんですよね。
エロピンチもそうなのですが、そもそも出番自体がそんなにない。
ほとんど何もしていない。
今回は妖怪退治の話じゃないしね。
まぁ、代わりに昔の作品の主人公がモテモテの絵があったりする訳ですが。
ちなみにちゃっかりいずなもいたりしますが…、ね。


さて橘について言及。
彼はパチンコに負け続け、最後もあんなコトになってしまいましたが、彼はギャンブル運がないのでしょうか?
私はそうは思いません。
そもそも彼には、出来すぎた奥さんがいます。
本当によく出来た女性です。
彼は既に、結婚という人生最大のギャンブルに勝利した状態な訳です。
彼は、ギャンブル運がないドコロか、大いに勝ち越しているといえるでしょう。
…だからパチンコで負け続けているんだな。納得。


さて次回は4/22発売予定の「スーパージャンプ」10号に登場予定。
掲載スパンが短くなってきている様で、なによりです。
このまま本格連載になってくれないモノか…


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”釣り屋 ナガレ”番外編.3「その男 ナガレ」 ”キミとボクとの∞(インフィニティ)”
コメント一覧
いずなたん
うお~早く単行本3巻出ろ~(>_<)
URL 【 2009/03/30 04:25 】 編集
名無しG
>いずなたんさんコメント有難うございます
今回の話で3巻分の話数はたまったかと思われますので
そのうち発売するかと思います
まぁ気長に待ちましょうや
URL 【 2009/04/03 03:34 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。