い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/03/30(月) 03:00 週間マンガ感想
今週からプロ野球が開幕するんですねー。
今年も横浜ベイスターズはダメそうな雰囲気がただよっている…
注目は100敗するか否か、かな…?


さて本日はという訳で本日は週間マンガ感想、2009年3月の4週目です。




さて今週の初めは「ヤングチャンピオン」8号から”18倫”です。
今回は、変態四天王の1人、米田が久々に登場です。
この米田、お嬢様学校専門のブルセラショップの店長です。
目下のねらい目は当然、元お嬢様の倫子な訳です。
常連客にも倫子のファンは多く、倫子グッズは高値で取引される為、身の回りのモノを狙っています。
そして今回、米田が狙うのは、倫子の淫語ボイスです。

DSC08512.jpg
偉そうに…

常連客は、淫語ボイスを携帯電話の着信音にしたい!と需要たっぷりです。
そんな着信音の人間がいたら、警察に通報したい気分ではありますが。

という訳で、早速バール企画にやってきた米田。

DSC08513.jpg
お嬢様オーラ

新しくはいった千穂とは初対面です。
ですが…
やはりというか何というか、相性は最悪状態です。

DSC08514.jpg
険悪ムード

千穂はコシュミで高校の制服着ているのであって、本当の女子高生ではないのですが、その制服はお嬢様学校の制服ではないうえに、態度もお嬢様然としていないので、米田にとっては興味外であり、ある意味での敵ですらありますからね。

そんな米田。
早速倫子の「グッズ」を物色開始。

DSC08515.jpg
髪の毛

倫子から落ちたのは、髪の毛。
少し短いですが、倫子から落ちてきたのだから、間違いない!
幸先よく倫子の髪の毛ゲットだゼ!

米田の挑戦はさらに続く。
続いてターゲッティングしたのは、何と倫子が使ったティーカップ。

DSC08516.jpg
倫子の唇

そう。
狙うのは、倫子が口をつけたモノ。
実はコレも常連客のリクエスト。
時価にしてウン万円というシロモノです(何万でも出すと言っていた)

しかし、髪の毛とは違って簡単に手に入れられるモノではない。
米田、渾身の策とは!?


そしてついに本番。
最大の難関と思われる、倫子の淫語ボイス。

DSC08517.jpg
最大の目的

最大の難関なのは、何故か。
倫子は、淫語を言わせようとしても、ムダである。
何故ならば、そういう関連の単語は医学用語で言うからである。
例:「ち○ぽって言ってみて」と言っても、男性器と言う。

そんな倫子に対し、どうやって淫語を言わせるのか!?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。


という訳で久々登場の米田。
相変わらずのアホっぷりと、アレっぷりは健在である。
まぁ、今回の話にしても、全体的にご愁傷様、としか言えないのだが、完全に自業自得でもあるしなぁ…
最後のオチは笑ったが、アレがトッサに出てくるのは1種の才能ではないかとも思う。
「あうせどぷにつ」と言ってくれる女性の方、ご連絡ください(笑




続きましては「月刊コミックガム」5月号より、恒例の”こえでおしごと!”です。
エロゲー収録第2弾も順調に進行し、演じるキャラともご対面を済ませた柑奈。

DSC08518.jpg
何というセリフ…

放課後の教室で衝撃的なセリフを言っているのが柑奈の演じるキャラです。
つまりは、柑奈が発するセリフでもある訳で…

ちなみにジャンルは、前回とは違って「陵辱系抜きゲー」だそうで。
柑奈の大好きなジャンルでもあります。

さて柑奈の演じるキャラは、風紀委員長系です。

DSC08519.jpg
キャラ設定

風紀委員で、普段はマジメでとおっているが、内心ではエロいコトに興味津々。
感情も豊かなキャラである。
前回とは違ってかなりの演技力が求められる。

必死で練習をかさね、そして本番の日がやってきました。
今回の収録では、ギャラリーが多かったりします。

DSC08521.jpg
ぎゃらりー

セクハラ大魔王の酒波さんは、ビデオカメラまで持ち込んでいました。
柑奈が恥ずかしがりながら演技するシーンを収めようとする腹づもりなのでしょう。
ちょっと出禁にした方がよろしいかと…

何はともあれ、収録開始です。
練習の甲斐あってか、通常パートは無難にこなしていく柑奈。

DSC08522.jpg
通常パートは問題なし

そして問題のシーンがやってきました。
エロパートです。
そして、エロぱーとといったら、例のアレです。

DSC08524.jpg
例のアレ

そう、チュパ音。
要するに指舐め演技ですね。
今回、指を提供してくれる羨ましい男は、クラスメイトでもある海津クン。

エロシーンではトリップ状態に入り、臨場感あふれる演技を魅せる柑奈ですが…
何とココで問題が発生!

DSC08525.jpg
大問題

何とトリップ状態に入れない!
やはり海津クン相手ではムリなのか!?
突破口はあるのか!?
次回、要注目!です。


さて順調に収録が始まった柑奈。
だが、肝心のシーンでトリップ状態未発動!
どうやら海津クン相手ではムリ見たいなのだが…
その理由はなんなのだろう?
本人が言うには「日置の場合は恥ずかしさと嬉しさがあった」らしいが、今回は「恥ずかしさしかない」らしいので、原因はその辺りにあるのかな。
日置と海津クンとの想いの差なのかもしれない、と。
次回、どうするのかが実に楽しみですよ。
おねえちゃんが、無理難題を言うのが目に見えているダケにね。




最後は単行本紹介。

[円卓の姫士!]1巻
円卓の姫士!
幻冬舎刊/丸山トモヲ氏/1巻まで


[作品概要]
私立神炉(かむろ)高校。
その日は入学式だった。
新入生代表の挨拶に選ばれたのは、原田騎志(はらだ・きし)。
原田は、その挨拶でこの高校に入学した理由を語った。
曰く「夢で呼ばれた。この高校には運命の姫がいる。この町に戻ってこい、と。」
そして将来の夢を大声で言った。「姫を護る騎士になる」と。

さてその姫というのは幼馴染の白姫イズヌ(しらひめ・いずぬ)である。
原田は昔この町に住んでいたのだが、引っ越してしまったのだ。
そしてこの町にいる時に仲の良かった女の子が白姫という訳なのだ。


さて「冠角(アニムス)」という意志を持った12の光があった。
この光は宿主を求めて方々へ散った。
この光を宿した者は「姫士(プレイア)」と成り、他の姫士を全て倒した姫士は絶対支配の力「約束の地(アヴァロン)」を授けられるという…
そして、白姫は、その冠角の1つ「聖騎士(パラディン)」を宿していた。
そして、白姫を護る「駒(チェスマン)」として原田が選ばれたのだった。

そして、姫士同士の戦いが幕を開ける!


[簡易感想]
帯の文「闘う姫様はお好きですかー!!?」
好きだよ!あぁ、好きさ。
だからこのマンガを買ったんだ。文句あるか!

いや~、このマンガ、実におっぱいマンガですねー。
本当に、いや実に、おっぱい。
確かにヒロインの胸はないにも等しいので問題外なのですが、他の女の子はボリュームたっぷりですからねー。
まぁ、その辺りでヒロインがスネたり、怒ったり、落ち込んだりする訳ですけれどもねぇ。
そういう観点から考えると、ソレはソレでアリかなぁ、と。
まぁ、でもやぱり本命は、大きなあの子にあーんなコトやこーんなコトを…、ね。
うん、実に良いおっぱいマンガだ。

アレ?何か実に偏った感想しか書いていない気もしますが、気の所為ですよね。



最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングキングアワーズ」5月号感想 「ヤングアニマルあいらんど」no.8感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。