い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/03/31(火) 05:03 ヤンキンアワーズ
この雑誌を読むと月末という感じがするなぁ。
あ、そうそう。
某雑誌の感想は、例によって半月~1ヶ月くらいかかるかと思います。
まだ1ページも読んでいないので…


さて本日は「ヤングキングアワーズ」5月号の感想を。


[平安ブレイズ]
緒方てい氏の新連載。
まぁ、何というか、いつもの緒方氏のマンガだなぁ、って感じかなぁ。
まぁ、氏のマンガを全部読んだ訳ではないんだけれどもね。

「平安京影裏暗」はギャグですか?ギャグなんですね?ギャグだと言って…
いやさ、平安京にエイリアンが現れた、という設定を見て、ココでの感想に「正に平安京エイリアンですね」って書こうと思ったら、作品内で先にやられてしまいましてね。
作者は何を考えているんだ、とね。

しかし、生きていた場合の未来が見えるというのは悲しくて辛い力だな。
幸せそうな未来だとなおさらにそう感じるというのが恐ろしい。
この力を使う者は、精神力も強くないとダメってコトか。
まぁ、万が一誠士郎が浮気しているシーンが見えたら、怒りで威力が上がりそうではあるが。


[エクセル・サーガ]
以前から思われていたように、美和=天満宮なのだろうか?
いや、もしくは人格移植系?
どのみち、天満宮が登場しないコトには、このマンガの謎は解明されないんだろうなぁ…

って、イルパラッツォもロボ系だったのか?
もしかしてエクセルやハイアットもなのか?
いや、でも、イルパラッツォは不明だが、エクセル達は食事しているしなぁ。
よく解らないなぁ。


[ジオブリーダーズ]
どう終わらせるのかと思ったら…
第2部完!ですか。

第3部はどうなるんだろうか…?
やっぱ新キャラかなぁ…


[アスクライブ・トゥ・ヘヴン]
まぁ…、命を狙われている人間が、護衛1人、防衛設備なしの場所にいたら、相手に知られたら=死だろうねぇ…
やはり宇宙船を調達する感じになるのかね?
いや、もしかしたらミニイが何か持っているのかもしれんが。


[惑星のさみだれ]
表紙に初登場+ドラマCD化。
他の声優は知らないのでどーでもいいのだが、白道の声優が桑島法子さんとあって、少しは気になるトコロだ。
ジャケットの描きおろしイラストとオリジナルのストーリーとあって、ちょっと気になるなぁ。どうしようかな…?
しかし、ラジオパートがさみだれと三日月というのが…
やはり声優の問題なのだろうか?


白道は常にスケッチブックを持ち歩いているのか?
やはり、ソレ系のイベントに備えている感じなのか?
でも自分では描けないみたいだ。
そして南雲の絵のスゴさと、アニマのお茶目っぷりが良い感じですねー。

太陽→雪待フラグは確定かー。
まぁ、肝心の雪待が昴の方を見ているんですけれどもね。
その昴は三日月を、三日月はさみだれを…
完全に一直線ラブだな。

そして風巻にスポットが当たる。
古来より、普段目立たないキャラにスポットが当たると、とあるフラグが立つといわれていましてな。
不吉だなぁ。
11体目に目をつけられたしねぇ。

そして穴掘りが高じて、違う世界に行ってしまった雨宮…
おーい、帰ってこーい!
というか、もはやシュミのレベルになっていたのか。
そりゃ、確かに?前回の戦いでは役に立ったが、あーいう機会が巡ってくるとは思えないしねぇ。
もしかしたら最終決戦で役に立つかもしれないが(だってこのマンガだし)

そしてどうやらじいさんがマズいみたい?
トラックにはねられたのかな?
夕日が願い事を使ってまで助けた命だが、この展開はどうなるのか…?


[おいでませり]
前回の続きで、グラウニーの冬祭り本編。

セリ、何というテクニシャンっぷり…
もはや強奪と変わらない気もしますが…
そして両替所のおねーさんがエロス!

セリ、祭りで大暴れ!
完全に迷惑ばかりかけてますがな…
来年は出禁になりそうな予感…
あ、でも男共が揃いも揃って陥落しているから、入れるかも…
スケベなヤツらだ。っていうか、別種族でも、そういうのはアリなのかね?


[それでも町は廻っている]
柱の文字がなぁ…
歩鳥だろうが紺先輩だろうが、どちらにしろシャワーシーンなんぞ見たくはないね。
タッツンだったら…

…おいくら万円ですか?


自分がいない間に歩鳥を部屋にあげるのが、そもそもの間違いの始まりである。
何もしない訳がないのだから…
あ、そうか。紺先輩って部屋の前の植木の下だかに鍵を隠しているんだったっけ?

紺先輩はバカなのかな?
砂糖を入れたいと言っているんだから、素直に入れさせておけばいいのだ。
ただし、歩鳥の分は別の鍋で作る、という条件付で。
そしてそれ以外の食事を与えない。
おそらく1度痛い目にあわせておかないと気づかないだろうから…


そしてオマケのページ。
「ここまで描いても見えないのに…」と書かれているのだが、見えないからこそ描いているに決まっている。
コレが見えてしまったらマズいだろう…
本当にお遊びなんだなぁ。


[破戒劔師 ハカイケンシ ―TAO-BLADE―]
宮廷内部が2つに割れての動乱が起こりそうな気配が満天だ。
ロウキがドチラにつくのかは微妙なトコロかな?
この感じだとドチラともとれるからなぁ…


[シュガーはお年頃]
アレ?
本田は現実を教える為に襲ったんじゃなかったのか?
そういう感じがしたのだが、まさかマジだったのか?
だが、ギリギリのトコロで、畑中は貞操の危機を回避。
本田、まさか、オマエ…?
いや、もう、コレ以上言わないでおいてやろう。


[Holy Brownie]
岩田(仮)の相手は美咲じゃないのに、渡辺(モドキ)の相手はハイアット(偽)なんだ…
やはり岩田と美咲は結ばれないってコトなのかね?
と思っていたら、2回目の妄想では美咲(亜種)だった。

相変わらず全ては「あれ」とやらの掌の上、なんだなぁ。
まぁ、このマンガにおける神なんだろうし、流石にフィオ達がケンカうれる相手ではないだろうし…
ただなぁ。
何というか、個人的にはこういうのは好きじゃないんだよなぁ。
いや、話は面白いのだが、こういう存在が表立って出てくるのが好きじゃないという意味でね。


[並木橋通りアオバ自転車店]
三輪車で片輪走行って…
本当に可能なのかね?
いや、アオバなら可能かもしれんなぁ。
今でもアレだが、小さい時からこんなだったのか。
正に筋金入り、既に手遅れって感じですか?


[コンビニDMZ]
扉ページの雨宮さんがエロすぎなのだが、本当にこうなってしまいそうな展開になってきた…
とりあえず、雨宮さんの胸に触ったゴミはセルジェク大佐によって闇に葬られればいいと思うよ。
勝はどうやら、助けを呼びにいったのだろうか?
あの状況から、逃げたとは考えたくはないのだが…
しかし、勇ましい雨宮さんはイイなぁ…。実にイイ♪

一方、川口店長は反撃の糸口を見つけたようである…
というか、おそらくは予定どおりなのだと思う。
自分1人でも何とか出来るのだろうが、それでは意味がないと考えているんだろうなぁ…
黒島店長の行動にも期待だな。


[神のDICE]
最終回。
連載開始時に、雑誌的にプッシュされまくり、期待感をあおった割には完全に打ち切りエンド…
当初の予定どおりの展開とは到底思えない終わり方だ…
そもそもDゲーム自体が何なのかが非常に曖昧だし…
全てをなかったコトにしている辺りがダメダメ感満載である。

1番Dゲームが必要なのは、こんなカタチで連載が終わった作者なんじゃないかと思う今日この頃。


[次回予告他]
平野耕太氏、新連載で登場。
今度は大丈夫なんだろうね?
1年分くらいは描きためてから連載するべきではなかろうか。
まぁ、個人的にはそんなに期待していないので、割とどーでもいいが。


3月号のNo.1名場面は「ヒーロー参上」シーン。
やはりこの場面はいいですよね!


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”ビーチスターズ”7巻(最終巻) 週間マンガ感想第48回
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。