い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/04/14(火) 03:43 コミックヴァルキリー
ようやく読み終わりました。
まぁ、今更ですね。
そして毎回同じコトを書いてますね。


という訳で本日は「コミックヴァルキリー」Vol.17の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1
Vol.2
Vol.3
Vol.4
Vol.5
Vol.6
Vol.7
Vol.8
Vol.9
Vol.10
Vol.11
Vol.12
Vol.13
Vol.14
Vol.15
Vol.16

増刊(Hard)Vol.1


[ポスター]
ジェット世渡り氏は、どうやら巫女をイメージして描いているみたいなのだが、脱いでいたら台無しだと思うのは私ダケかな?
後、巫女さんはノーパンでお願いします。
いや、そんなのは幻想だと解ってはいるんですがね?
やっぱこう、せめて2次では夢が見たいじゃないですか!見ていたいじゃないですか!


うるし原氏のは…
パンチラが精一杯の誠意というコトなのかしらん!?
せめてパンツの中身が透けていたら…


[フリージング]
新展開…
…っていうか、舞台自体が変わってる。
まぁ、ようやく本来の物語に突入したと思えなくもない訳だが。
イーストゼネティックスを出したのは、世界的な規模での話であるコトを印象付ける為というよりも、キャラが死んでも問題なさそうだからだとしか思えないのだが…
新キャラなら死んでも思い入れがないから、読者的には悲しくない的な。
とはいえ、キャシーはココまでやったのだから、今後重要なキャラになってくる…
かどうか解らないのがこのマンガだな。


[レッする!アイドル]
マウント→お漏らし→溺死という究極コンボが炸裂!
究極のアホという意味だが。
何というかもう、エロを超越しすぎていて何もいえない…
コレ、淫靡か!?エロいか!?
私には理解出来ん。

そして決着。
何やら終わりそうな雰囲気ではあるが…
でも、父親の登場で、もしかしたら新たな展開になるのかもしれない。
どうなるかな?


[鬼姫VS]
有馬家旅館のメイドさんが、エロゲの主人公みたいになってる…
客も含めて男はセツナのみだし、乱○展開に…
なる訳ないね。

ふ~む、態度的にも肉体的にも、1番のオトナはレナで間違いないな。
お風呂のシーンが有馬メインというのが気にいらんなぁ。
ソコはレナがメインでだなぁ…
あ、いや、何でもないです。

そして大猿登場。
なんだ、この○イヤ人は…
と思っていたら、2話目の扉ページにまんま書いてあって、微妙な気分に。

レナのピンチは、万能草を飲んだカンナが助けるとは思うので、そんなに心配ではないのだが、カンナが元に戻ってもフラグが立ったままなのかは非常に気になるトコロ。
最大の焦点は、この状態の時のコトを憶えたままで記憶が戻るのか否か、というコトになりますかね。


[吸血姫 ~大鉄塔の黒い魔女~]
描写の迫力とイキオイがあるのは認めよう。
そのイキオイでもって、設定やらストーリーの未熟さを吹き飛ばしているというのも認めよう。
でも、私はそういう話は好きにはなれない。
だからこのマンガを面白いとは思えない。


[光女子地球防衛委員会SHAM!]
この衣装で演歌を歌うんですか、そうですか。
某ラブソングでも歌えばいいのに。
♪都会が寝静まる頃~♪って。
いや、私はこの歌が好きなモノで…


[疾走する青春のレゾナンス]
この世界だったら、某国民的マンガのダメダメ主人公もエリートになれるんだろうなぁ。

手料理ってそういう意味かよ!
素直に食べてしまいたいトコロだが、素直に食べたら次の日は「足」料理になるんだろうなぁ。
ソレはソレで…
いやいや、何でもない。危ない危ない。

何というか…
仲のよろしいこって。
告白の言葉も、ソレに対する返答も、喜びの言葉も個性的ですね!


[ココは美術部ですっ!!]
キャラ、内容、エロスと、かなりイイ感じのマンガですね。
ただし、この雑誌で掲載する様なマンガとは思えませんが。

前号の”Princess School”といい、この作品といい…
今までのこの雑誌にあったイメージの脱却をはかっている気がしないでもない。
そういえば、表紙の「闘うヒロインオンリーマガジン」というキャッチコピーが、いつの間にやら「闘うヒロインが比較的に多く出てくるコミック」に変わっているね。


[たたかうおんなのこたち]
科学の力が最強なのか!?
と思ったら、主人公特権が最強だったというオチか。
一応主人公だしねぇ。

…主人公、だよね?


[ねこみみ学園よろずや]
ははっ、バカだなぁ。
マンガの世界なんだから、今は新年だと言い張っていればいいのに。
別に現実世界とリンクさせなくったって…
…って、そういえば前回新年になっていたんだったっけ?
お花見とか入学とか、何でもある気もするが。

ところで、下がおもら…なら、上は何だ!?ぼにゅ…なのか!?
そうなのか!?そうなんだな!?
あ、いや、、あんなペッタンコのなど、興味もないし、見ても何も思わんが、一応確認の為に。


[絶対不発アトミックガール]
祝!連載化!
やはりこのマンガを面白いと思った読者が多かったのだろうか?

食事するミサイルって…
エネルギー変換はどうなっているのだろう?
この技術があれば、エネルギー問題は解決すると思うのだが、どうなっているのだろう。

そして何やら緊急招集とのコトだが…
ココで不謹慎ネタの1発でもカマすのならば、北の人工衛星飛来ネタでもやればいいかと思うのだが。


[爆熱戦湯姫]
いや~、何の素材で出来ているのか知らないが、スク水の性能が良すぎだろ…
巨大化した瞬間に破けるくらいのコトはやってくれないと…
元に戻ったときに、伸びきっていて脱げるかもしれないだと?
冗談でもやめてくれ…


[触手姫]
あぁ、前回は忘れていたが、ワルツってアルマンドの妹か。
そういえばいたなぁ、そんなのも、と思い出す。

おっぱいメイドさんは、3バカが苦手みたいだ。
まぁ、今までの積み重ねといったトコロだろうか。
ココからの逆転は難しいだろうなぁ。

そして遂に始まった最終決戦。
どうにもピンチだが、ワルツが助けに来るのか、それとも自力で何とかするのか。


[タロットメイデンきさら]
最終回。
ディオニッソスの本体が仮面だったというオチ。
まぁ、大団円というコトで良かったのではないでしょうか。

しかし、凛が鬱瀬の子供だったというのには驚きを隠せない。
主に、あの身体で子供を生んだという事実と、子供を作った相手がいるという点において。
父親が誰かは不明ですが、凛がヴァンパイアというコトは、父親がヴァンパイアというコトなのだろうか?
まぁ、何者であるにせよ、ロリコンという事実は覆らないだろうがな!

マスク=ビーストは、何故キサラにタロットを渡したのだろうか?
キサラがタロットを使える素質があるコトを見抜いて、蛇十字団との戦いに利用出来ると考えたのだろうか?
この部分が謎のままになってしまったな。
まぁ、もしかしたらこのタロットは量産されているのかもしれないが。


[BLANGEL]
感想パス。
いや、もう読んでも何をやっているのか解らない。


[ローズ×マリー]
突然変異にも程があるわ!
何だこの、唐突すぎる変身は!
何かのキッカケがあるのかもしれないが…
ソレが何なのかは、そのうち明かされるのかな?
ウイルスみたいなモノなのだろうか?

最後に登場したのは、2人の兄であるクルトにも思えるが…
どうなのかな?
まぁ、そんなコトよりも、新たに登場した女性ハンターの方が気になるトコロではありますがね。
コレっきりで登場終了なんてコトはないだろうね?


[NINむすっ!]
何だか最終回。
原稿落としすぎての処置なのか、人気の面での問題だったのかの判断が微妙なトコロだ。

オイロケ係は最後までゆら1人でしたね。
最後くらい、思い切ってくれても良かったのに。


[GUNNER QUEEN 復讐の女王陛下]
最終回の1歩手前。
最早、何が何だか解らん状況。
でもハッピーエンドで終わりそうなので、いいんじゃないかと思う今日この頃。
で、最後の謎って、マールが何者なのか、ってコトなのかな?


[インフィニティブレード]
ってな訳で最終回ですね。
ラブラブ天驚拳でもやってくれるのかと思ったが、そんなコトはなかったか。ちょっと残念。
最後はギルがおいしいトコロをかっさらって、終了。
まぁ、いい感じのラストで良かったんじゃないの?


[次回予告他]
MISS BLACK氏の新連載は期待だな。
女怪盗モノらしいのが、実に楽しみである。


そして「ちょっと目を離すとどこかに…」というのは、シャレになっていないと思うのだが…


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”魔Qケン乙”1巻 週間マンガ感想第50回
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。