い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/04/18(土) 01:17 コミックレビュー
まぁ、相変わらず特に書くコトもなく。
っていうか、最近、家と本屋と仕事場の往復くらいしか外出してない気がしてきた。
たぶん、気の所為ではない。
仕事の方でバタバタしていて忙しくなってきた所為もあるケドね。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
白雪ぱにみくす!
マッグガーデン刊/桐原いづみ氏


[作品概要]
風ミドリは夢を見た。
暗く長く階段が続く。そこを降りていく。そして下まで辿り着くと――

というトコロで目が覚める。
起きると、家に見慣れない鏡があった。
しかもその鏡は、入れるという不思議な鏡だった。
好奇心旺盛な妹・真子と共に中にはいって探求するハメに。
そうして入っていった鏡の中は、夢のような階段が続いており、その先にはキレイな女の子が眠っていた。
王子のキスで目覚めさせて欲しいというフクロウの願いを聞いた真子が、ミドリにムリヤリキスをさせると、その少女は目覚めた。
その少女は白雪といい、白雪の母親が白雪の所業に手を焼いて、恋をさせるコトによって更生させようとしていたのだ!

こうしてミドリと白雪は出会い、2人のラブコメが幕を開ける…?


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻で捕らわれのお姫様状態になってしまった白雪。
そして白雪を助ける為に、白雪の故郷であるアプフェルにやってきたミドリ達。
白雪救出なるか!?
といったトコロで、今巻の話。


白雪の実家に泊まり、さぁ、ソルシール家に殴り込みだ!
といった感じだったのですが、何とココで事件発生。
白雪は捕らわれているのですが、ソレは魂のみでした。
そして今度は、身体の方を狙って、再びルチルがやってきたのです。。

DSC08680.jpg
ルチル急襲

白雪の実家には結界があったのですが、ソレを破っての進入。
その所為でルチルは消耗するのですが、白雪の身体(in お園さん)を連れ去ってしまいました。

DSC08681.jpg
ほんのりエロス?

なお、指輪の効力により、白雪の身体と一定以上の距離を離れるコトの出来ないミドリも一緒に連れ去られてしまいました。

…捕らわれのヒロインを助けるヒーローが、一緒に捕らわれてどうするんだって話ですがな…

まぁ、しかし、コレでソルシール家に殴り込みをかけるのを躊躇していた人間がいなくなったのいで、逆にやりやすくなったとも言える訳で…
まぁ、とにかく助ける人が増えたけれども、ソルシール家に突入です。

DSC08682.jpg
突入

まぁ、進入したコトなど、直ぐにバレるんですケドね。
っていうか、コッソリとではあるけれど、別に隠そうともしてはいなかったけれども。

という訳で当然の如く邪魔しに来る訳ですが。
といっても、やってくるのはルチルと撫子なんですけれどもね。

DSC08683.jpg
ルチル対尾玉


DSC08684.jpg
撫子対委員長


この2人は、尾玉と霧島が足止め役となり、真子は白雪とミドリの救出に向かいます。

さて、お園さんは幽霊です。
今は白雪の身体を借りているにすぎません。
つまり、白雪の身体から出てしまえば、自由に動き回れるのです。
しかも、真子にしか見るコトが出来ません。
本人すらも忘れていましたが。
そのコトを思い出した時には、自分のバカさ加減に悶絶していました。

こうして幽霊に戻ったお園さんは、無事に真子と合流し、白雪の身体は救出されました。

DSC08685.jpg
再会

ミドリはお園さんとは別の場所に監禁されていたのですが、お園さんの証言によって、地下牢だと判明し、コチラも無事に救出されました。

DSC08686.jpg
救出

なお、ミドリは地下牢に誰もおらず、どうやっても抜け出せないので、ピーなコトをやっていたのですが、お約束どおりにその場を目撃されてしまいました。
上の画像で妙に焦っているのはその為です。
まぁ、何をやっていたのかは、私の口からは言えませんので、気になる方はご自分の目でお確かめください。


ま、とにかく、捕らわれのヒロインを助け出す為のヒーローが助け出されました。
そしてそのまま、白雪の元へと急ぐ一行。

DSC08687.jpg
救出劇

白雪の魂が捕らわれている場所へやってくると、紫蘭による儀式が始まる寸前でした。
間一髪で間に合ったカッコウですが、ヒネている白雪はミドリ達を拒絶してしまいます。

DSC08688.jpg
ツンデレ?

しかし、白雪がヒネた理由を知っているミドリ達は、そんな程度では動じません。
白雪に戻るように呼びかける一行。
そしてヒロインを取り戻すのはヒーローの役目。
遂にミドリが愛の告白を…


DSC08689.jpg
活入れ

…アレ?
いやいや、ココは愛の告白だろ…
まぁ、コレはコレで燃えるので別にいいか。…いいのか!?

まぁ、とにかく、白雪を助けようと必死な訳です。
そして、最強の助っ人が登場!

DSC08690.jpg
助っ人

白雪の母親である。
白雪の母親は王妃という立場上、今回の救出には参加しないハズだったのだが、自分の娘のピンチを黙ってみているなど出来ずにこうしてやってきたのだった。

白雪は「呪い」を持って生まれてきた。
その所為で、周りから疎まれて育った。
自分は誰にも愛されていないと思っていた。
実の母親からでさえも…
しかし、そんなコトはなかった。
救出に来たメンバーは、皆、白雪を大切に思っていた。
何よりも母親が自分を愛してくれていた。

そのコトに気づいた白雪は、復活した。
復活して初めにやったコトは、魂状態だった時に好き放題言ってくれたミドリをブン殴るコトであった。

DSC08691.jpg
完全復活

こうして復活を果たした白雪。
紫蘭に仕返しが始まる…?

といった辺りで次巻へと続く。


という訳で、白雪救出の4巻です。
まぁ、救出に行く前に、ヒーロー役であるミドリも捕らわれてしまうというオマケまでつきましたが…
っていうかさ、もうこうなるとミドリってヒーローではないのでは…?
その立場にいるのって、完全に真子だよなぁ。
剣を持って戦うシーンにしても、1番頼れるし、実際に活躍しているし。
白雪へのセリフにしても、ミドリのセリフよりも主人公っぽいし。
うん、まぁ、私としては?
真子がヒーローになっても一向に構わない、というか、ムシロその方向でいってくれた方が嬉しいというか。
ユリマンガ化希望!

そして遂に白雪が復活。
ヒネて、しおらしくなっていた白雪から、傲慢にして横暴な白雪に戻りました。
即行でミドリをシバき倒す辺り、実に白雪らしいというか。
やっぱこうでなくてはね!っていうね。
まぁ、お園さんVer.も、ソレはソレで良かったんですがね。
ちょっと違和感があったっていうかね。何か違うんですよね。
まぁ、何にせよ、ようやく戻って反撃開始かって感じですね。
次巻が楽しみですね。

オマケでは、カバー下イラストにルチルが登場。
前巻の紹介時に、次はルチルが登場しないかな、みたいに書いたのですが、実現して良かったですよ。
いや~、担当はナイスな判断をしたと思いますよ。
恐ろしいトラップを考えやがって…
っていうか、5巻で実現したらどうしよう…


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「サンデーGX」5月号感想 ”GAMBLE FISH”11巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。