い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/04/19(日) 08:23 サンデーGX
”ドラクエ3”しんりゅうを21ターンで倒すコトに成功し、新しいスゴロク場で遊んでいる。
こんなに簡単だったっけ?
どうやら”ドラクエ5”での悪夢とゴッチャになって記憶していたみたいだ。
クリア自体は簡単だったので、宝を集める為にスゴロク三昧。


さて本日は「サンデーGX」5月号の感想を。


[アスカ@未来系]
徐々に明かされる、未来世界での出来事。
愛果が何かをしでかしたらしいコトや、アスカ達の使う力の謎が垣間見るコトが出来た。
まぁ、未来世界の話については、今後も徐々に明らかにされていくのだろうし、その辺りの展開は楽しみである。

アスカは、愛果が決定的なコトをしでかさないように修正を加えていく方法を選んだというコトなのだろうか?
まぁ、何にせよ、アスカの考えは他の未来人達には受け入れられないモノであるのは間違いないと思う。
やはりバトル展開になるのか。
マサカドとやらがどんな人物なのか、楽しみだな。


[釣りチチ・渚]
そっか、渚は自前のを使用したのか。
まぁ、当たり前か。
つまり、屋上にいたときはノーパン…
風よ、もう少し頑張ってくれよ…
あと数センチじゃないか。
男子生徒が羨ましいなぁ。


[GXフレフレ便]
山田たけひこ氏から、佐藤まさき氏への手紙。
聞いたコトのある名前だなと思ったら、「週刊ヤングサンデー」でいくつか作品を読んだコトがあるのを思い出した。タイトルは何1つとして思い出せないけれども。
佐藤氏の言うように、無機質な絵なのですが、実に官能的な話を描く作家さんですね。
ストーリーの運び方と、心理描写が実に巧かった記憶があります。
エロスは決して絵のみでは決まらない、という好例ですよ。


[REC]
どーにかこーにか、会社の存続決定!
まぁ、自転車操業は変わらないけれども。
しかし、ジェネプロって、想像以上にヤバい会社だったんだな。
人気の声優が何人かいるから、もう少し安定しているのかと思っていたのだが…

しかし、Qちゃんって相当なミーハーなんだね。
前回食べていた時は微妙な感じの表情をしていたのに、人気になったとたんに食べたくなるって…

そして今回、踏んだり蹴ったりの逆本…
バイクのローンは大丈夫だったのだろうか?
でもまぁ、腹痛とはいっても、Qちゃんの食べ残しを食べての腹痛だったら別にかまわないよね!?
っていうか、オークションで売らなかったのか…


[コイネコ]
藤枝、オマエ…
しかも、お手製かよ!

男子共は中身が問題だなどと言っているのに、ランパブをやりたいって、矛盾してない?
藤枝オンリーでやるつもりなのか?
バカだ、やっぱりバカなんだ…

そして藤枝はもっとバカだった―――!
何でそうなるんだ!
っていうか、脳が認めたくないのだろうか?
しかも、メイド服が好きだと思ったのなら、何故完璧にしようとするのかもよく解らない。
そんなコトしたら、他の女の子に目が向くかもしれないとは思わなかったのだろうか?
シンタは巨乳好きという訳でもないのに。

そしてクラスの男子共は、新たな境地に到達しつつある…
ご愁傷様。
そして藤枝は、更なる勘違いをしていそうである。
そう、シンタが好きなのは、メイド服そのものなのだろう、と。


[ぷりぞな6]
コレは夢なのか、現実なのか、過去の記憶なのか…
いや、そもそも珊瑚の話はどうなったのだろう?
うん、もう、よく解らないので、そのうちコミックが出たら一気読みするようにしよう。
その方がいいな。


[神様ドォルズ]
単体相手では無敵かもしれない禍津妃だが、連携プレイによって撃退成功。
即席の割には巧くいったな…
まぁ、宇輪砲自身も、単体だと相当な能力を持っているしなぁ。
もしかして、こと戦力に於いては日向の方が勝っているのだろうか?

しかし、まひるは完全にお嬢様って感じだよなぁ。
いや、女王様って感じか?ワガママすぎる…

そして阿幾とまひるの邂逅…
このまますんなりと協力関係になれるって感じでもないしなぁ。
まぁ、そもそもこの2人は匡平をとりあうライバルだしねぇ。
次号の展開が楽しみすぎる…!


[今月の詩緒]
今回、本誌では特にコレだ!というシーンがなかったので、ちょっと変わったトコロでこんなのを挙げてみる。

DSC08692.jpg
居眠り詩緒

コレに関しては、そのうち別のトコロで紹介する予定です。
いつになるのかは不明です。


[エンジェル高校]
やはり生きていたルキオ。
しかし、こうなると、死んだモノとして天国につれてきてしまったのはミスというコトなのだろうか?
ソレとも、予定外の出来事なのだろうか?
その辺りどうなんだろう?

そしてハルは、サリに対してルキオへの想いを打ち明けたも同然。
言ってみれば、かなり遠まわしの宣戦布告でもある。
今後が楽しみになってくる。

サリが、ルキオの記憶の真実を知ったり、ルキオが自分はまだ生きているというコトを知ったりと、怒涛の展開が続く。
こうなってくると、もしかして終わりが近いのでは?
と勘ぐってしまうのだが…
う~ん、どうなるんだろう?
とりあえず、次号の展開は楽しみすぎます。
と同時に、少し怖いです。


[メルカノ。]
リョータは隠す気が感じられない。
何で壁紙にしておく?
「見ちゃったか」じゃないだろ…

あいらは何度も同じ手口での詐欺をしているとなっているが、ネット上でそんなコトをしていたら、直ぐに話題になって誰も落札しなくなると思うのだが…
なんでそういったコトになっていないのだろう?
実に謎だ。

キャッシュカードの番号を教えそうになったトコロで、カケルが同行しているコトがあいらにもバレているし、ハルカはハルカで、カケルがあいらを取り押さえている最中に何もせずに逃げられているし…
なんかこう、不手際が目立つなぁ。作者の。


[ぐりまる]
えーっと…
コレはもしかして、次の舞台が南米になる前兆だろうか?
っていうか、そうなって欲しい。
いや、厳密にはイザベル再登場を希望する。
あのキャラは今回限りでお終いにするには、実に惜しいですよ。
まぁ、逆にイザベルが日本に来るのかもしれませんが…
オヤジへのフラグが立った気がしないでもない。
雪野がイザベルをお母さんと呼ぶ日がきたりして…


[ドクター&ドーター]
アレ?
絶対、アルコール分解モンスターが乱入してくると思ったんだがなぁ。
フェレットが解決してしまった…
見た目が弱そうなのに、実は凶悪というのは、おそろしく性質が悪い。

アルコール分解モンスターは、ホテルを完全破壊!
まさか、ホテルを破壊するとは思わなかったなぁ。
しかも、倫子お嬢様のフラグまでゲットしてしまうとは…
志賀博士、恐るべし、か。

あぁ、そうそう。
倫子さん?そのドキドキは吊橋効果によるモノだから、勘違いしないほうがいいと思いますよ?
まぁ、次に会ったら、フラグがブチ折れそうな気がするが。


[山形スクリーム]
落ち武者の亡霊は成仏して、死んだハズの村人ゾンビはそのまま生き返るって…
何だこの、ご都合展開は!
やはり、シリアスマンガではなく、コメディマンガだというコトなのだろうか?

美香代と葛貫はピンチではあるのだが、この作品であるという時点で、そんなに深刻そうに感じられないのも事実なんだよなぁ。
この後、どうなるんだろうなぁ。


[ラブマウンテン]
初めはシスコンマンガかと思わせておいて、最後にドンデン返しのオチを持ってくるのが巧いですねぇ。

桜はデート中に髪に鳩のエサをモロにかぶっていたハズだが…
その後は決して「良い匂い」はしないだろ…

最後のカツラは、狙ってるのか!?
何だよ、あのカタチは!(笑


[スピリチュアルぱらだいす]
いや、何かもう、完全に大団円寸前って感じの話だよ。
このマンガも終わってしまうのかなぁ?
その辺り、どうなんだろう?
最後を見る限り、玉置が霊能力を持っているコトは美月も理解しただろうし、そうなるとどう考えてもこのマンガでは話が出来るとは思えないしなぁ。
まぁ、しょうがないのかな。

しかし、カトゥは、霊が関係ない仕事ばっかりしているなぁ。
テレビ局的には、バラエティタレントといった扱いなんだろうなぁ。
何をやっても結果を残すのは流石としか言いようがないが。


[次回予告他]
貞操帯の着用はアリかなしかの結果発表。
このくらいの差ならば、半々といっても差し支えないかな。
私としてはどーでもいいのですが、コメントに関して言うならば、擁護派の方のコメントに共感できる。
特にマリオネットさんのコメントが素晴らしいですね。


さて次号は”ぷりぞな6”が巻頭カラー。
前回のカラー時のような、えっちぃ展開はある…、のか!?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
週間マンガ感想第51回 ”白雪ぱにみくす!”4巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。