い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/04/20(月) 02:04 週間マンガ感想
特に書くコトがありません。
だもんで、早速本題にいこうと思います。
あ、そうそう。
PSP持っていないのに、”グローランサーPSP”を予約してしまった。
発売まで後、1ヶ月。それまでには買おうと思う。
でも、買わないかもしれない。
まぁ、今回の購入はオマケ目当てだし…


という訳で本日は週間マンガ感想、2009年4月の3週目です。




さて今週の初めは「ヤングチャンピオン」9号の”センセ。”です。
前回、生徒の琴美が家に料理を作りに行くと約束したのを、伊吹に見られてしまったんでしたね。
そんなこんなで、その当日。
真先生は、そんな約束を忘れて、眠りこけていた。当然部屋は掃除などしていない。
そして、まだ目も覚めていないうちに、チャイムが鳴ってしまい、ようやく約束を思い出すのだった。

DSC08693.jpg
真性バカ

飛び起きて、部屋をササっと片付け、ドアを開けると、外にいたのは琴美ではなく、伊吹だった。

DSC08694.jpg
意外な人物?

この日、伊吹はグラビアの撮影があったのだが、近くだったので抜け出してきたらしい。
ソコまでして、真先生の部屋に来た理由は、1つだった。

DSC08695.jpg
理由

真先生の部屋に1番最初に入る女の子は、自分でありたい。
他の女の子が先に入るのはイヤだ。
いってみれば、嫉妬心からの行動であった。

真先生は嬉しさと戸惑いがあったのだが、ソコに本来のお客さんである琴美がやってくるのだった。

DSC08696.jpg
琴美がやってきた

次号、修羅場!?
この状況を前に、どうなる!?

といった感じで次号へと続く。
さらに、本来ならば隔号連載なのだが、今号から3号連続での登場となる。
いや、もう、本当に楽しみなヒキですね。
何せこういう展開が大好物なモノでして。
1ヶ月待たずに続きが読めるというのも、嬉しいですね。


続いて、毎度お馴染みの”18倫”です。
今回の撮影は、街中での撮影となります。
通行人の男に協力してもらう類の企画です。

DSC08697.jpg
企画内容

女優に○ー○ーを仕込んでおき、通行人の男がスイッチを入れる。
女優はその状態で街中を歩く。
といった感じの撮影ですね。

ちなみにスイッチを入れると、こうなります。

DSC08698.jpg
街中エロス

さて、今回の倫子と千穂の役割ですが、彼女達は警察探知機となっての、要するに見張りです。

DSC08699.jpg
見張り役

地味に見えますが、今回の撮影においては最重要の役割となります。
何せ、今回の撮影は無許可で行われている訳です。
まぁ、申請したトコロで許可など下りるとも思えませんが。

そんな訳でゲリラ的に撮影を敢行している訳で。
見つかったら逮捕される訳で。

警察を発見したら、即伝えて、スタッフは撤収します。


そうこうしているうちに、警察がやってきたので撤収です。
でもまだ、撮影は終わっていません。
外には警察がいますので、先に車の中での本番シーンを撮影するコトに。

この時も倫子と千穂は外に出て見張りです。

DSC08700.jpg
車外で見張り

さて、外では女同士の会話が繰り広げられます。
そして話は、倫子の話へと移行します
エッチに興味もないのに、何でこんな会社にはいったのか、と。
まぁ、その辺りはイロイロとある訳ですが、今となっては他の会社を探しても問題ないのに、残っているというのはそれなりに愛着が出てきたというコトでもありますからね。

さて、倫子は異性との行為に興味はないんですね。
すると、千穂は、倫子に対し、レズ疑惑を持ってしまいます。
持つというか、ストレートに言ってしまうんですけれどもね。

そんな訳はないと否定する倫子であったが、今までのコトを思い返してみると、キスも、揉まれたのも、触ったのも全て女性が相手だというコトに気がついた。

DSC08701.jpg
今までの体験

そのコトに気づき、もしかして自分はレズなのでは?などと思ってしまう倫子。
この辺り、実に倫子らしいといいますか。
思い込みが激しすぎますよね。

そうして話し込んでしまった為、警察の接近に気づくのが遅れました。

DSC08702.jpg
見つかる

後ろの車では、逮捕されかねない行為が行われている。
しかも、千穂は本当は大学生なのだが、シュミで高校の制服を着ている。
シュミで高校生の制服を着ているというのは、売春の可能性が高いとも言えますね。
まぁ、千穂の場合は似たようなモノだが。

制服の所為で、話がドンドンと大きくなってしまう。
しかも、外の騒動に気づいた他のスタッフは、自分達ダケ逃げてしまった。

DSC08703.jpg
逃走

おいていかれて、どうしようもなくなった2人であったが、千穂の機転でどうにか乗り切るコトに成功する。
その驚愕の方法というのが。

DSC08705.jpg
最終手段

自分達はレズカップルで、制服はプレイの一環である!というモノであった。
こうして倫子は、セカンドキスも女性相手になってしまうのだった。
ちなみに、警官は千穂の迫力に気おされて、その場を見逃した。


という訳で、倫子、レズ疑惑。
レズ疑惑というか、自分はレズではないかと思い込んでしまったみたい。
コレは今後が楽しみな感じになってきましたね。
いや、確かに倫子のファーストキスは女性相手だった。
しかも、自分からやったんですよね(酔っていたけれど)。
異性に興味がない、というのも、もしかしたらレズの素質はあるのかも。
う~ん、その辺りは今後に期待か?




さて単行本の紹介。

[えむ×えす]
えむ×えす
Bbmfマガジン刊/さのたかよし氏/全2巻


[作品概要]
柚木ヒロム(ゆずき・ひろむ)は、母、真理子(まりこ)と妹、美佳(みか)と3人暮らし。
だが、ヒロムと2人の間には血縁関係はないのである。
ちょっと天然系の巨乳な真理子と、勝気でスレンダーな美佳。
特に問題はなく、家族として生活していた3人であったが、ある日を境にその関係に変化が現れて…?


[簡易感想]
義母と義妹/3人暮らし/エロマンガ

以上の単語から連想される物語を思い描いてごらん?
そんな物語が、このマンガである。
アナタの想像は、おそらくは間違っていない。
このマンガは、そーいうマンガである。
つまりは、義母と義妹、両方と関係を持ってしまう、というね。

この家って、父親はどうなっているんだろう?
真理子は働いているようには見えないし、かといって父親の話題は全くない。
義理の母親なのだから、再婚だろうという想像はつくのだが…
いや、再婚でもないのかもしれないが。
その辺りは謎。この家の経済状況も謎。
でも、そんなのはこのマンガではあんまり関係ないのか。

さて、義妹/義母という、エロ作品ではありがちのマンガなので、このマンガでしか見られないようなプラスアルファが欲しいトコロではあるが、ソレはさの氏のマンガでお約束であるコメディパートのデキの良さではないかと思うのです。
まぁ、さの氏のマンガを数多く読んでいる身としては、いつものさの節そのものといった感じで真新しさこそないのですが、ソコはソレ。
安定した面白さがあるとも言える訳で。
キャラの魅力とも相まって、実に面白い。
ただ、惜しむらくは脇キャラがそんなに活躍しなかったコトか。
まぁ、話の短さもある中で、脇キャラの描写が削られていった、という事情もあるのだろうケド。

ちなみにエロシーンは大満足のデキです。
ま、この辺りは好みの差もあるから、そんなに言及はしないけれども。




続いてはコチラ。

[NIGHTMARE MAKER]1巻
NIGHTMARE MAKER
秋田書店刊/Cuvie氏/1巻まで


[作品概要]
好きな夢を見るコトが出来る機械を発明した高校生の内田。
発明した理由は、想いを寄せる灯明(あかり)と、イチャイチャラブラブする夢が見たいから!
しかし、なかなか思いどおりの夢が見られない。
自分以外のサンプルデータを欲した内田は、学校の先生や生徒に夢見機械を貸してしまう。

自分の願望を反映した夢が見られる機械とあって、好評を得るが、しだいに夢に捕らわれた人が出始めていく…


[簡易感想]
茅野先生がカワイイ!そしてエロい!エロカワイイです、エロカワイイ。
灯明?誰それ?
え?このマンガのヒロイン?
バカなコトを言うな!
このマンガのヒロインは茅野先生に決まっておるわ!
その証拠に、見ろ。
中表紙のカラーで茅野先生が描かれているではないか。
え?何?表紙?裏表紙?
何かの間違いだろ?
とにかく、茅野先生に注目しろ!

え?マンガの内容?
そんなのは、自分で買って確認しなさい。
茅野先生のカワイさと一緒にな!




最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”ちょっきんぱにっく ~ハサミちゃんと可愛い付喪神~”1巻 「サンデーGX」5月号感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。