い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/04/23(木) 04:46 その他のマンガ
今号の「スーパージャンプ」には、”きまぐれ オレンジ☆ロード”の特別編が、オールカラーで復刻掲載されている。
読んだコトのない話かと思って期待していたのだが、読んだコトがあった。
ドコで読んだんだろうか?
昔掲載された時は買っていないので、雑誌で読んだ訳ではないし…
立ち読みした記憶もない。
そもそも、昔掲載された時は、本編を読んですらいないハズなので、読んでいる訳はないのだが…
何かの本に収録されているんでしたっけ?
どうも記憶が定かではない…


という訳で本日は「スーパージャンプ」10号掲載の”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”19話のレビューを。


[感想バックナンバー]
8月号(2007年)
11月号(2007年)
2月号(2008年)
6月号(2008年)
8月号(2008年)
9月号(2008年)

”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第5話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第8話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第10話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第11話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第12話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第13話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第14話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第15話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第16話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第17話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第18話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介


[ストーリーと感想とか]
さて今回は、事件が起こる前からいずなおねーさんの登場です。
とあるデパートのバーゲン会場でのコト。

DSC08706.jpg
バーゲン会場

我先にと商品を求める群衆の中に、いずなの姿があった。
どうやら、お目当ての商品を買う為に、朝から並んでいたらしい。
ようやく商品を購入し、バーゲン会場を後にするいずな。

DSC08707.jpg
購入後

しかし、デパートを出てからよく確認してみたら、サイズが違っていて、かるくヘコむいずな。
ちょっとイライラ気味で街を歩いていると、心が安らぐ空間が現れた。

DSC08708.jpg
大都会の森

街中であるにもかかわらず、木が生い茂って森の様になっている。
公園ではなく、個人の家であるみたいだった。
爽やかな風にひとごこちつくいずな。
すると、森の中に不思議生物?を発見する。

DSC08709.jpg
妖怪?

妖怪かと思いましたが、違いました。
森の精霊で、「たんころりん」というらしいのです。
草木の種をまいて森を広げる精霊で、この精霊がいると空気もキレイになるのだとか。

その場の空間を楽しんでいると、家の主人が声をかけてきました。

DSC08710.jpg
家の主人

どうも、この家の主人であるこの老人も、たんころりんの姿が見えるらしい。
そんな訳で家に招かれるいずな。
主人は、たんころりんの話を聞かせてくれる。
主人は、霊感が強いらしく、昔からその姿が見ていたらしい。
昔は自然が多く、数多くのたんころりんがいたそうだが、都市開発が盛んになると、次第に姿を消していったらしい。

DSC08711.jpg
最後のたんころりん

主人は、このたんころりんの為に、庭を守り続ける気でいるらしい。
いずなは、いつでも遊びに来てもいいと言われるのだった。


さて、この主人は資産家である。
しかし、その息子達は、事業が巧くいっていないようであった。
会社が危ないらしく、お金の無心にやってくるのだった。

DSC08712.jpg
バカ息子達

しかし、既に資産と呼べるモノは家くらいしか残っておらず、庭を守り続ける意思を持った主人は、出資を断るのだった。
しかし、どうしてもお金が必要なバカ息子達は、何かを企むのだった。

DSC08713.jpg
黒い企み

主人が家を手放さないのは、庭が気に入っているからだと考えたバカ息子達は、庭の森を破壊してしまおうと企み、主人が家を空けた隙に忍び込んで、森を枯らしてしまおうとしたのだった。

DSC08714.jpg
除草剤

除草剤の名前が「スグカレール」って…
「ドクキエール」や「マヒナオール」並みの安直な名前だな。

こうして森を破壊しようとしたバカ息子達であったが、森の異変に気づいたたんころりんが激怒。
バカ息子達に襲い掛かってきます。

DSC08715.jpg
激怒

バカ息子達は、そのまま亡き者に…

…かと思われましたが、偶然遊びに来たいずなおねーさんが登場。

DSC08716.jpg
いずな参上

今は激怒しているとはいえ、たんころりんは森の精霊。
いずなとしてもヘタに傷つける訳にもいかずに、そのままピンチになってしまう。

DSC08717.jpg
エロピンチ

という訳で、今回のエロピンチは緊縛系でした。
このままたんころりんにヤラれてしまうのか!?
それともたんころろんを倒してしまうのか!?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。


という訳で、今回は森の精霊の話です。
エロピンチも、そんなに大きく描かれる訳でもなく、どちらかと言うと控えめ…
っていうか、申し訳程度に描かれている程度ですね。
まぁ、今回のテーマはそういう感じの話ではないので、このくらいでいいかと思いますけれどもね。

今回の話は、ちょっと後味の悪さが残る感じでしたかね。
どうやって森を守るのか、という展開になるのかと思ったのですが…
まさか、こういう展開になるとはなぁ…
って感じかなぁ。

しかし、いずながバーゲンで奮闘しているとは…
何かそういうのとは無縁な感じがしていたので、ちょっと意外でしたね。
まぁ、こういう辺りで、キャラとしての新しい魅力が開発されればいいのかな、とも思いますが、ソレにしたってバーゲンというのは、ちょっと…って感じかなぁ。
まぁ、お目当ての商品でなかったトコロは笑ったけれども。

さて次回の登場は「スーパージャンプ」11号だそうで。
つまり、次号というコトで、連続登場となる訳です。
本当に連載化が待ち遠しいトコロですね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第70話 「ヤングチャンピオン烈」Vol.18感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。