い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2009/06/26(金) 02:12 ヤンキンアワーズ
次の号の発売日目前になってようやく読み終わりました。

…って、最近この挨拶ばかりだな。
まぁ、ココに書くコトがないというコトですね。


という訳で本日は「ヤングキングアワーズ」7月号の感想を。


[天にひびき]
という訳で、やまむらはじめ氏の新連載。
でまぁ、一応確認しておきたいのだが、ヒロインは美月ではなく、ひびきなんだよねぇ?
タイトルにもなっているしさぁ。
しかし、どー見ても男の子にしか見えないんだよなぁ。
扉ページにしても、色の暗さもあるのだろうが、女の子には見えない。

私はオーケストラやら指揮やら、そもそも音楽のコトなど詳しくはないので、この連載にもそんなに期待はしていなかったのだが、指揮者が生み出す雰囲気というモノを巧いコト表現できるようであるのならば、面白いと感じるコトは可能だと思う。
連載の初めから、そういう部分の片鱗は見えているので、期待したいトコロではある。

後、美月とひびきによる、秋央の争奪戦にも注目したい。
…そういう展開、あるよ、ね…?


[ワールドエンブリオ]
まず初めに言っておこう。
表紙がな、エロすぎるんだよ!
もうね、表紙の買いにくさによって売上が1割くらい減るんじゃねーの!?っていうくらいにエロい。
ホントにね、何を考えているんだよ、と。
しばらく休んでいたら、頭のネジがどこかにとんだのかね!?
私みたいなね、シャイな読者のコトも考えろよ、と。
何でこんな、エロマンガ雑誌モドキの表紙絵にするんだよ、と。
素晴らしいじゃないか、もっとやれ。

そして物語は、吾妻結衣失踪の謎へ。
ちょっとコイツはヤバいんじゃないのか?と思える描写も多々あるが、そんなモノなど簡単に吹き飛んでしまうくらいに結衣がカワイイ。

そして最後の展開だが…
やはり結衣はタカオによって殺されてしまったのだろうか?
どう見ても結衣がスパイという感じで終わっているし。


[エクセル・サーガ]
予定どおりにコトが運んでいるのかと思いきや、美咲がエクセルとマジバトル!?
実際、この2人が戦ったら、どうなるのか予想がつかない。
いや、当たり前で考えたら特殊スーツを着ている美咲の方が上だとは思うのだが、エクセルだしなぁ。
本当にどうなるのか解らないのが恐ろしい。
美咲の本心もドコにあるのかよく解らないし…
次号が楽しみですよ。


[ジオブリーダーズ]
えー、新ヒロインの頼子さんはドジっ娘ってコトでいいのかね?

そして、何かが動き始めたって感じか。
この物語もどうなるのかがまるで予想がつかないから、とっても楽しみ。

あー、後、成沢の再登場はまだ先ですか!?


[惑星のさみだれ]
夕日対半月!
かつて半月は夕日に言った。自分を倒してさみだれのヒーローになれ、と。
その約束を果たす時は、今!

いや~、実に面白い。
半月の天才理論も実に納得できるし、夕日の新技も面白いし。
っていうか、掌握領域って、ココまでの可能性があったモノだったのか。

しかし、たったの1回で半月との対戦にケリがついてしまうのはもったいない気もするなぁ。
まぁ、あまり長くやっても仕方ないっていうのは解るケドさ。

そして勝利した夕日にはアニマの祝福のキスが!
羨ましいなぁ。
その後の展開も良かったしね。

そしてゴールには、ビスケットハンマーが。
夕日が持ち帰るヒントというのは、ビスケットハンマーを壊す為のモノなのだろうか?

そして他のメンバーは11体目との戦いを開始。
いよいよ大詰めという感じがしてきたな。


[それでも町は廻っている]
鍋騒動で最大の戦犯は誰かというコトになる訳だが…
初めにハメてしまったタッツンか、鍋を壊して逃走したオヤジーズか、隠蔽しようとした歩鳥なのか。
ただ1つ言えるコトは、隠蔽しようとした結果、事態が悪化した、というコトだな。


[並木橋通りアオバ自転車店]
要するにアレだな。
相手の良いトコロを認めた上で、自分はコレが好き!と言えってコトだな。


[ツマヌダ格闘街]
最近「ヤングキング」読んでいないので、5巻の内容までしか知らないんだよなぁ。
まぁ、今回は移籍1発目らしく、主人公視点ではなく、第3者視点から描くコトによって、どんなマンガなのかを描いているのは良かったかな。
ただ、カラーページを見るとドラエさんが主役にしか見えないがな!

さて今回登場の二十市クン。
名前の由来は、某ホテルマンガの主人公というコトでいいのかな。
後ろにいるのが問雅と五音祐っていう辺り、間違いないな。

あー、後、ムリしてサービスシーンを入れなくてもいい気もする。
パンモロキックいらないから。サービスになっていないから!

対して、ドラエさんのパンチラは鉄壁だな、オイ。
あの動きで見えないというのは、まさしく芸術の域ではなかろうか、と。
コッチの方が断然イイよ。
ビバ!絶対領域!ビバ!!ギリギリズム!!


[コンビニDMZ]
ブラボー店側の問題は解決。
残るはチャーリー店側だが、コチラの問題でも川口店長がやってくれるのだろうか?

今回、まるで登場していないのでどんな状況になっているのか解らないのが心配だが…
勝クンからの電話では、激しい銃撃戦になっていそうな感じがするしなぁ。
雨宮さんは無事なのかな?ソコが1番の心配点。


[ハピキャス!]
完全な連載ではない、というコトは、もしかして人気によって次回の掲載が決まるのだろうか?
まぁ…
絵柄がカワイイというのは認めよう。
でも、それダケだな。
要するに、私があまり好きではないタイプの、お手軽4コママンガ。
特に笑ったネタはなし。気に入ったネタもなし。
正にどーでもいいマンガ。


[平安ブレイズ]
あぁ、ヤッパリ何のヒネリもなく、誠士郎の弟だったのね。
こういう単純さがこのマンガの魅力であり、同時にダメになりかねない部分だとも思うのだが。
まぁ、面白ければ何でもいいか。

個人的に気になる部分といえば、何といってもラブ方面になる訳ですが、夕子と誠次郎という組み合わせはあるのかな?
私としては、相手の弟だから、という感じの安易さはどうにも好きになれない場合もあるのでちょっと微妙かな。
まぁ、この「弟だから」という部分が悩みの元になるという展開もアリと言えばアリかもしれませんが…
ドチラかというと誠次郎はかすみとヨロシクやっていてもらいたいかなぁ、などと思ったり。
いや、っていうかさ、1番初めのページのかすみのあの上目遣いはサイコーだろ!?
陥落フラグだろ、アレは!?
マネージャーも巻き込んだ△カンケーでお願いします!


[シュガーはお年頃]
最終回の半分が妄想で終わるってどうなの?
とはいえ、この妄想、数年後に実現していそうっていうか、まさにこのとおりになるんじゃなかろうか。
この物語のラストとして、これ以上のモノはない気もするしね。

「FLY ME TO THE MOON」は、一昔前にアニヲタだった人なら誰でも歌えそうだな。
何とは言わないが、某アニメの影響で。


[おいでませり]
えー!?
5000円だったら舌を入れるのは上の口ではなく、下の口では…?
…うん、ゴメン。
あと、そーいう相場はよく解らないので、あしからず。

セリさんよ。
ソレは隠語じゃなくって淫語だろ…
もうダメだ、この人…

そして何やら、ジャジャム様という、何かのキーマンになりそうな人が登場。
…はいいのだが、風呂のシーンはもう少し艶っぽく描けなかったのかね?
前から描け、とは言わないからさぁ。
せめて横から…

大事件ってなんだろうね?
もしかして、今回献上したカメが逃げてくる感じなのかな?
どの道、ジャジャム様の登場が楽しみである。


[破戒劔師 ハカイケンシ ―TAO-BLADE―]
こういうマンガのお約束なのかもしれんが、ジンって初めのうちはかなり強い感じで描かれていたのに、実は大したコトない気がしてきた。
皇帝に負けたのはいいとしよう。だってアレは何かの補正がかかっているし。
だが、よもや師団長クラス相手に苦戦するとは思わなかったよ。
もうちょっとこう、爽快感のある展開には出来んのか!?


[ドリフターズ]
連載2回目にして1番最後かよ…
コレは人気がどーこーっていうよりも、作者の原稿完成が遅かったからだろう。
とすると、今連載での初休載もそう遠くはないかな…

どうやら異世界モノっぽい感じか?
世界観やら何やらの期待はある。
連載が続くかどうかの不安もある。


[次回予告他]
おぉ。
読者ページに意見が採用されている。
嬉しいね。何か貰えるのかな?以前採用された時には何も貰えなかったが。


5月号の名場面は”惑星のさみだれ”のシーン。
要するに、皆さん、雪待の「ごめんねー」の言葉に陥落したんだろ!?
ホントにロリコンなんだから!

ちなみに今月の名場面は、夕日の掌握空域か、かすみの上目遣いかで小一時間ほど悩む。
悩みに悩みぬいた結果、何故か夕日と半月の握手シーンにしてみた。


今号の”ツマヌダ格闘街”に続いて”ブロッケンブラッド”が「ヤングキング」から移籍。
だから、素直に月刊の方にいけよ、と。
上でも書いたが最近「ヤングキング」読んでいないのでよく解らんが、何かあったのかね?

ついでに気になった記事として”イケてる2人”が実写化って…
もはや言葉が出てこないよ…
まぁ、あの作品はアニメ化で失敗しているしなぁ。
新たな黒歴史にならなければいいがね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
嬉しい出来事Part.22 ”美少女いんぱら!”第72話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する