い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/06/28(日) 04:09 その他のマンガ
既に次号が発売してから数日がすぎてしまいました。
いや、本当は発売する前にやる予定だったのですが、諸事情で遅れました。
諸事情=サボり、なんですケドね。


という訳で本日は”釣り屋 ナガレ”第18話のレビューです。



[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介


[前回のあらすじ]
ハーレム丸出航。


[今回のストーリー]
さて前回、カツオ釣りの練習タイムに入った瞬間、お嬢様の竿の何かがかかりました。
練習でイキナリかかる辺り、実は氷馬よりも釣りに向いているんじゃないかと思う今日この頃。

しかし、イキナリのヒットに戸惑うお嬢様。

DSC08899.jpg
焦っている

焦るお嬢様を尻目に「とりあえず(リールを)巻けば?」と、冷静に当たり前のアドバイスをおくる氷馬。
しかし、お嬢様の使っているリールは電動式だったので、お嬢様が焦っている間にも既に巻き始めていました。ビバ科学!

お嬢様が釣り上げたのは、カツオ―――ではなく、サバでした。

DSC08900.jpg
サバ、ゲット

早速氷馬の手によってシメられるサバ。
その様子を見て、お嬢様はちょっとヒキ気味…

DSC08901.jpg
こういうのは苦手みたい

少し慣れてきた感じではあるのだが、流石に完全に慣れてはいないみたい。
五月さんもノリノリで、この場で刺身にして食べるコトとなりました。
砂原さんは、サバには寄生虫がいるからと反対していましたが、氷馬は寄生虫がいるのは主に内臓部分なので身は問題ないと言って、意に介していませんでした。
という訳で内臓部分は捨ててしまいます。

DSC08902.jpg
心臓部分

その過程で、心臓部分をお嬢様に見せるという、お嬢様イジメを怠らない辺りが氷馬らしいといいますか、好きな女の子をついついからかってしまう小学生か!っていうね。


まぁ、氷馬によるお嬢様イジメはおいておきまして。
とりあえず五月さんの手によって刺身が出来上がりました。

DSC08903.jpg
サバの刺身

要するにコレはアレですね。五月さんの手料理。
早速氷馬は、五月さんの手料理をご馳走に。

DSC08904.jpg
満足気

オイ、氷馬よ…
五月さんの手料理だから早く味わいたいのは解るがね、1番箸は釣った人間のモノだったのではなかったのかね?
何でお嬢様よりも先に食べているんだよ、オマエは。

そして氷馬に続いてお嬢様もご馳走に。

DSC08905.jpg
ご満悦

お嬢様はサバの刺身は初めてらしく、とっても美味しそうに食べていました。
ふと気になったのですが、お嬢様って魚系の食事が乏しすぎない?
あのじいさんだったら、食卓に頻繁に魚が出てきそうな気もするのですが…
もしかして自分が釣った魚以外は食べないという主義に基づいて、魚を食べるコトがなかったのかな?
いや、どーでもいい疑問なのですが、気になったモノで…


さてこの後、五月さんが砂原さんの胸を揉むという状況があったりするのですが、とにかく本命のカツオを目指して再び出発します。

DSC08907.jpg
いざ、カツオの元へ

船の上でハシャいでいるお嬢様を余所目に、何やらとっても静かにしている氷馬。
お嬢様が話しかけても上の空といった感じです。

そして遂に魚探に反応が出ました。
お嬢様が意気揚々と釣りを開始しようとしますが、氷馬は微動だにしません。
お嬢様が心配しているその隣で…

DSC08908.jpg
お約束?

もどしている氷馬。
さっき食べたサバに当たったのか!?と心配する砂原さんとお嬢様だったが、実は氷馬は船酔いする体質だったと判明。

DSC08909.jpg
船酔い

氷馬は今まで、船釣りをしたコトがなかったという。
もしかして、船酔い体質が原因だったのだろうか?

さらに、そんな氷馬に追いうちをかけるように、船が波で大きく揺れた。

DSC08910.jpg
波揺れ

突然の波でバランスを崩した氷馬は、そのまま海に投げ出されてしまった!

DSC08911.jpg
ダイブ

どうする!?どうなる!?
っていう辺りで次回へ続く。


[感想とか]
氷馬って船酔いという弱点があったのか。
っていうか、そんな弱点があるのに、船釣りに参加するという神経が信じられないのだが…
何考えているんだろうかね?
やはりアレか!?
お嬢様の前だから良いカッコがしたかったっていう、そんな感じなのか?

しかし、ムリヤリ着せられたライフジャケットが役に立ったねぇ。
この状況でどうなるのかは解らないが、コレはあの展開?
つまりは、そう、お嬢様による人工呼吸。
いや、人工呼吸するならお嬢様ではなく、1番巧いであろう五月さんになるのか。
まぁ、とりあえず楽しみですね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第73話 「ヤングアニマル嵐」No.7感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。