い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/07/05(日) 04:01 その他のマンガ
本当は昨日更新する予定だったのですが、パソコンの電源を入れた後、立ち上がる前に眠ってしまいました…
何かもう、ダメだ。
サボりグセがついてしまった感じ。
何とかペースを取り戻したいのですが、もう少しかかる気がします…


という訳で本日は”釣り屋 ナガレ”第20話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介


[前回のあらすじ]
フラグ立て失敗!?人工呼吸イベント発生せず!


[今回のストーリー]
さて前回、船から落ちた氷馬はそのまま病院に搬送され、カツオ釣りはお開きになってしまいました。
ちなみにお嬢様はサバを釣ったので、賭けはお嬢様の勝ちというコトになるのでは?
まぁ、既に本人達が忘れている可能性が高いのだけれども。

さて、1日入院し、そのまま退院した氷馬。
その日は台風になり、釣りはおろか、自転車で外に出るコトすらままなりませんでした。

DSC08967.jpg
退院

まぁ、頭を怪我した氷馬は、どのみち釣りドコロではないだろうし、まぁ、良かったのではないかな、と。
そんな訳なので、その日はじいさんの昔話を聞くコトになりました。

DSC08968.jpg
釣り話

まぁ、要するにじいさんの釣りに関する自慢話ですね。

そして、話は核心へと。

DSC08969.jpg
「釣り屋」のウワサ

じいさんは昔、「釣り屋」のコトを聞いたコトがあるという。
そして今、目の前に実際に「釣り屋」がいる。
当然、その関連性は考える訳で。

DSC08970.jpg
ギャグ?

ちなみにじいさんが「釣り屋」の話を聞いたのは15年ほど前のコトだ。
氷馬は、その人物は自分だという。

…というのは、氷馬なりのジョークらしい。
実際は、じいさんの想像どおりに、氷馬の父親のコトだった。

DSC08971.jpg
父親

昔は「釣り屋」として全国を旅していた父親。
氷馬が学校に通うコトとなり、高知で漁師になったという。
氷馬は、漁師の息子なのに、船酔いする自分がダメだと思っているのだった。


そして次の日。
午後には台風が過ぎ去り、晴れ間が見えると、氷馬は海岸にやってきました。

DSC08972.jpg
海岸

目的は釣り…

…ではなく、海に落ちた際に落っことしてそのままになってしまった麦藁帽子である。
以前の短編の際に、父親がかぶっていたモノと同一のモノである可能性が高く、要するに形見なのだろうと思われます。
氷馬の探索もむなしく、流れついてはいなかった。

そして氷馬は、ある決心をするのだった。

DSC08973.jpg
決心

今回はまだ、その目的であるカツオやマグロを釣っていない。
しかし、船酔いはどうしようもない。
不完全燃焼ではあるが、最早この場にとどまる理由はない。
氷馬は、次の海を目指してこの場を去るコトに決めたのだった。


そして次の海を目指して旅立とうとした時。

DSC08974.jpg
すれ違い

学校から帰ってきたお嬢様と鉢合わせてしまうのだった。
だが、お嬢様に合わせる顔がないといった感じの氷馬は、お嬢様を無視してサッサと旅立とうとするのだった。

自分を無視してドコかにいこうとする氷馬が許せないお嬢様は、そのまま氷馬を追跡。
自転車とバイクとでは逃げられる訳もなく。
アッサリとお嬢様に捕まってしまう氷馬。

DSC08975.jpg
立ちはだかる

お嬢様がいうには、次の日は学校が休みなので、リベンジに行くのだ、と。
しかし、船酔いという弱点を抱え、しかも海に落ちてメイワクをかけてしまった氷馬は、乗り気ではなかった。
だからこそ、黙って出ていこうとした訳だし。

しかし、お嬢様は、氷馬のそんな態度が気に入らない。

DSC08976.jpg
叱咤

お嬢様に叱咤されてしまう氷馬。
氷馬としても、カツオや、特にマグロは釣りたい。
釣りたいのだが…
船酔いはどうしようもない。
自分が同行しても、またメイワクをかけかねない状況において、再び行こうという気になれないのは仕方がない。

しかし、それでも諦めないお嬢様は、氷馬に対し、船酔いの特訓をするのだった。

DSC08977.jpg
特訓

お嬢様が仕入れてきた情報によると、船酔いにはブランコがいいとか何とか。
そんな訳で、氷馬をブランコにのせて特訓開始…

…なのだが、何故目隠しを?
目隠しした方が、効果が高いのか?
などと思っていると。

DSC08978.jpg
特訓…?

何とそのブランコにお嬢様がのり、自らこぎはじめたではないか!
背中を押すダケでいいモノを、ワザワザ自らこがなくても…

要するに氷馬に目隠ししたのは、ぱんつを見られない様にする為というコトですか?

え?何?
何このプレイ?
お預けプレイに近い感じなのか?
何だこの、目隠しブランコプレイは!?

DSC08979.jpg
目隠しブランコプレイ

お嬢様は縞々ぱんつ…
コレは要するにアレか!?
見えなくても匂いで楽しんでネ、的な…
うん、まぁ、マニアックなプレイというコトで認識しておくよ。


そして次の日。

DSC08980.jpg
リベンジ敢行

再びカツオ釣りに繰り出しました。
船酔いの最大の原因は睡眠不足だというお嬢様。
氷馬は前回はあまり眠れなかったと思い出す。

…のはいいのだが、今回はよく眠れたらしい。
ブランコで疲れたから、らしいのだが…
あのプレイの後に眠れるというのはどうなのかと。
そもそも、氷馬は疲れる様なコトはしていないと思うのだが…
想像(もしくは妄想)するコトで疲れたとでもいうのかね?
まさか、ブランコプレイでピーがピピーになって、ピピピーした結果、疲れ果てたとでも?

まぁ、ソレはともかくとして。
こうしてリベンジに出航した面々。

DSC08981.jpg
出航

ブランコ特訓は成果があるのか!?
そしてカツオとマグロは釣れるのか!?

といった辺りで次回へと続く。


[感想とか]
今回はもうね、イロイロとあった気がするのですが、最後にブランコプレイが全てを持っていってしまったという感じですねぇ。
もうね、本当に何なんだアレは、と。
砂原さんも和やかに見ている場合ではないですよ。
ソコはもうね、保護者としてね、自らも参加しないと…

…じゃなかった、止めろよ、っていうね。

しかしまぁ、戦いに敗れ、戦意喪失している主人公を立ち直らせるのは、いつの時代もヒロインの役目というのは、少年マンガのお約束だよねぇ。
今回、このマンガが始まって、初めて氷馬がぶち当たった壁といってもいい訳だしね。
そういう意味では新鮮であり、先の展開が楽しみである。


さてもう1つは氷馬の帽子か。
再び海に出たトコロで、回収できる可能性など無に等しい訳ですが、以前のスズキの話では、釣ったスズキに昔のルアーが付いていたなどといった、超ご都合主義な展開もあった訳で、今回もマグロを釣ってみたらそのマグロが帽子をかぶっていたといった展開があってもなんら不思議ではない気もする。

現実問題として、今までの帽子の代わりを手に入れるという展開でも、ソレはソレでいい気もする。
父親の形見であろう帽子の代わりになりそうなモノなど、早々あるとも思えないのだが、ソコはヒロイン特権の出番でしょう。
要するにお嬢様から代わりのモノを貰えばいいのだ。
お嬢様が気に入っているであろうモノで、今回もこれ見よがしに身につけていたモノがあっただろう?
そう、例のアレだよ、アレ。


麦藁帽子の代わりはお嬢様の縞々ぱんつだ!


うん、次の海に行ったら、警察に逮捕されるレベルだな…


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第75話 嬉しい出来事Part.23
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。