い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2017/03
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/07/13(月) 06:06 その他のマンガ
今季の横浜ベイスターズは、弱いのに、何故かヤクルトには勝ちまくり。
ヤクルトが巨人を追いきれない最大の理由なのだが、何でこんなになっているんだろうな。
もしかして、ヤクルトに相川選手が移籍したコトと関係あるのだろうか?
リードのクセを見抜いているのではなかろうか、と。


さて本日は”釣り屋 ナガレ”第21話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」
第20話「海の弾丸 カツオ5 ―台風―」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介


[前回のあらすじ]

DSC08979.jpg

目隠しブランコプレイ!


[今回のストーリー]
という訳で、お嬢様による船酔い特訓を終えた氷馬。
いざリベンジ!と出航しました。

しばらくいくと、鳥が群がっている光景が現れました。

DSC09001.jpg
鳥山

しかし、お嬢様には鳥山が何なのか解りません。
流石は読者の代弁者です。
早速、氷馬による説明が入ります。

鳥山とは、日本で、いや世界で1番有名なマンガを描いた漫画家です。

…というくだらない冗談はおいておきまして。
鳥山というのは、大きな魚に追われた小魚の群れが水面近くに集まり、その小魚を狙って鳥が集まっている現象のコトです。
すなわち、

DSC09002.jpg
ねらい目

その下には、大きな魚(要するにカツオやマグロなど)がいるというコトです。
全速力で鳥山に向かう明光丸。
全速力というコトで、氷馬の船酔いが心配されましたが、今回は大丈夫な様です。

DSC09003.jpg
大丈夫

特訓の成果か、酔い止め薬が効いているのかは不明ですが。


こうして鳥山の下にやってきた氷馬達。
早速釣り開始です。

DSC09004.jpg
釣り開始

氷馬は仕掛けを作るのが早く、お嬢様よりも先に釣りを開始。
この辺りは流石に釣り屋というダケのコトはあります。

そうして釣りを開始してしばらくすると。

DSC09005.jpg
ヒット

氷馬の竿に手ごたえが!
あまりの力強さによろめく氷馬。

DSC09006.jpg
よろめく

前回は船酔いで。
今回は、魚に引っ張られて海に転落…

…するかとも思いましたが、ソコは流石に釣り屋。
何とか踏ん張るコトに成功しました。

DSC09007.jpg
踏ん張り

糸を巻いても巻いても、戻されてしまいます。
まさに、魚との格闘といえるでしょう。

必死に魚との格闘を続ける氷馬。

DSC09009.jpg
格闘中

釣りに夢中で、船酔いなど忘れてしまったみたいです。
そうこうしているうちに、ようやく魚が水面にその姿を現しました。

DSC09010.jpg
カツオ

氷馬が釣ったのは、カツオだった!
本当の闘いはコレからだ!

完!


…じゃなかった。
という辺りで次回へと続く。


[感想とか]
という訳で、氷馬の船酔いは何とかなったみたいです。
やはりお嬢様の特訓が効いたんでしょうかね?
まぁ、お嬢様にあそこまでヤラせておいて、効果ありませんでした!
などというコトになった日にはね。
次はもっと過激なプレイが…

…じゃなかった。
お嬢様によるお仕置きプレイが待っていますからね。

アレ?ドッチも同じ意味にしか見えないのは気の所為か!?

ま、まぁ、酔い止め薬が効いたのかどうか、とりあえず氷馬の船酔いは発動せず、無事に釣り開始。
そして早速カツオをヒットさせました。
そのまま海に引っ張られるかとも思いましたが、そんなコトはなく。

…お嬢様のイカの時みたいに、砂原さんか、もしくは五月さんが後ろから支えるのかとも思ったのですが、そんなコトもなく。
まぁ、お嬢様が釣ったあかつきには、砂原さんが支えてくれるのだろうけれども。

とりあえず、カツオがかかりました。

しかし、この時の描写がスゴいねぇ。
カツオなんか釣ったコトがないので解らないのに、その力強さが実によく伝わってくるんだもんなぁ。

そして、カツオを釣ったコトにより、氷馬、お嬢様との勝負に1歩リード。
氷馬がお嬢様の縞々ぱんつ電動リールを手に入れる日は近い!のか!?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングチャンピオン烈」Vol.20感想 ”美少女いんぱら!”第75話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。