い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/07/22(水) 03:56 その他のマンガ
まるでふれていませんでしたが、最近の”GAMBLE FISH”は実に素晴らしい。
このマンガが少年誌に掲載されているコトが信じられないレベルです。
「週刊少年チャンピオン」33号では、なんと美華さんにヨガリウオの魔の手が…
しかし、美華さん、ジャスミンやガトー姉妹よりも艶っぽいんですが…
やっぱり年齢詐称しているのか?

そしてそんな美華さんを見て、いつになく穏やかな表情の学園長。

CIMG0387.jpg
学園長

髪が逆立っている様な気がしますが、まぁ、気の所為です。
え?何かおかしい?
ソレも気の所為でしょ!?


さて本日は”釣り屋 ナガレ”第22話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」
第20話「海の弾丸 カツオ5 ―台風―」
第21話「海の弾丸 カツオ6 ―鳥山―」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介


[前回のあらすじ]
目隠しブランコプレイの成果アリ!


[今回のストーリー]
という訳で、釣り始めて早々にカツオを釣り上げた氷馬。

CIMG0388.jpg
釣り上げ

海に落っこちて強制帰還を余儀なくされた前回とは大違いです。
流石はぱんつ特訓…、じゃなかった、目隠しブランコプレイを経たダケのコトはあります。

釣り上げたカツオを締めている間に、お嬢様にもあたりがきた様です。

CIMG0389.jpg
ヒット

カツオのひきが強すぎて、海に落ちそうになるお嬢様。
お嬢様を支える砂原さん。

CIMG0390.jpg
支える

まぁ…
砂原さんが支えるのはいいんですがね。
大きなあたりがきたら、その衝撃を全裸になって表現するっていう演出はどうなった(※)んですか?と。
第一、ココは砂原さんじゃなくって、氷馬が支えなきゃダメだろ…
まぁ、今回はお嬢様の表情がカワイイので、一応は納得しておくけれども。
※実は次のページを見ると全裸モードは発動しているっぽい。腕しか見えないが…


さて、砂原さんの支えや、氷馬の助言もあり、何とか持ち直したお嬢様。

CIMG0391.jpg
持ち直す

電動リールで、自分で巻く必要がなく、両手で竿を持てるのが幸いしたカッコウですかね。
便利だな、電動リール。

こうしてお嬢様もカツオを釣り上げました。

CIMG0392.jpg
カツオをゲット

さて、カツオを釣り上げたお嬢様。
ふと、何かに気がつきます。

CIMG0393.jpg
問題発言

自分が釣ったカツオの方が氷馬の釣ったカツオよりも大きいと主張。

…なのはいいのだが、このコマだけを見たら、何かこう、別の意味にしか見えないんですがね。
手に持っているのがカツオではなく、バナナとかアイスキャンディーとかだったら、完璧だったと思うんですがね…

…って、何を口走っているんですかね、私は。

お嬢様の問題発言に、カチンときた氷馬はズボンを脱ぎだし…

…って、違う。
大きさを比べてみると、お嬢様の釣ったカツオの方が大きかった。

CIMG0394.jpg
宣言

釣ったカツオが大きかった方が勝ち、という賭けをしているんでしたね。
そんな訳で、今のトコロはお嬢様がリードしています。

負けては釣り屋の名折れ、とばかりに闘志を燃やす氷馬。
その後、氷馬にもお嬢様にも2回目のあたりがきます。

CIMG0395.jpg
2回目のあたり

結果は、お嬢様のカツオは1匹目よりも大きかった。
氷馬は、逆に小さくなった。

CIMG0396.jpg
サイズ比較

さらにお嬢様の勝利が近づきました。

…と、その時、氷馬が何かを感じ取りました。

CIMG0397.jpg
ニュータイプ?

釣り屋としてのカンというヤツでしょうか。
大物がくると解るんでしょうかね?


そしてその頃、船の下では、氷馬のカンどおりに、大物が近づいていた。

CIMG0398.jpg
ヌシ?

この大物を釣り上げるのか!?
といった辺りで次回へと続く。


[感想とか]
という訳でサブタイトルどおりに氷馬もお嬢様も順調にカツオを釣り上げます。
氷馬の提案で大きさ勝負となった賭けは、お嬢様が1歩リード。
氷馬自身が「数では勝負にならない」といったとおりの展開になってきましたね。
まぁ、氷馬が負けてくれた方が、左目のヒミツが解っていいかな、とも思うし。


さて、展開的には氷馬がヌシ的な大物に感ずいた模様。
どー見てもこの大物を釣り上げるという展開になる訳だが、釣り上げる為に2人(というか4人)が協力するという感じになるのかもしれない。
そうなると勝負は引き分けというコトにもなる訳で、結局双方賭けの対象を出すという決着もアリなのかなぁ、と。


しかし、氷馬のカンってどうなっているんだ?
やっぱりニュータイプ並みなのか?
目隠しブランコプレイでカンが鍛えられたのか?
お嬢様のパンチラは見逃さないゼ!(違うから


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”22話 嬉しい出来事Part.24
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。