い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/07/25(土) 04:29 コミックヴァルキリー
ようやく読み終わりました。
いや~、何とか次号の発売前に間に合いました。
ただまぁ、直ぐに次号が発売するので、早々に次の感想記事が待っているんですけれどもね…


という訳で本日は「コミックヴァルキリー」Vol.18の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1
Vol.2
Vol.3
Vol.4
Vol.5
Vol.6
Vol.7
Vol.8
Vol.9
Vol.10
Vol.11
Vol.12
Vol.13
Vol.14
Vol.15
Vol.16
Vol.17

増刊(Hard)Vol.1


[ポスター]
今回のうるし氏のイラストは実にイイ。
○首が薄らと透けて見えるし、ぱんつは丸出しだし…
このペースでいけば、後2~3回で本来のうるし氏のイラストになるかもしれん。

ジェット世渡り氏のは…
このカッコウだと盾を持っている意味があるのか?というか、盾を持っているというコトは防御も重視しているハズなのに、鎧が鎧の意味を成していないという矛盾を感じますし、コレだったらもう裸でいいじゃん状態なのですが…
しかしまぁ、コレはコレでいいんじゃないかな、と。


[鬼姫VS]
カラーで有馬が1番大きく扱われているのは、やはり胸の大きさか!?

万能草って、そのままでも効力を発揮するんだっけ?
確か、万能草は調合の主原料にすぎないんじゃなかったっけか!?

…で?フラグは立ったまま、と。
いや、確かにさ、予想どおりではあるんだけどさ。
こうなると、1年後のセツナの死も回避される可能性が高まる…、のかな?


[Ziggurat]
えーっと。
八咫=怪盗ってコトでいいんだよね?
いや、違うのかな?何せ胸の大きさが…
詰め物か!?詰め物なのか!?
もしくは、怪盗時には、ムリヤリ押し込めているのか!?
まさか、怪盗=会長ってコトはないよね…
第一、大和が怪盗の正体に気づかないのは、ゴーグル等で説明が付くのだが、怪盗側が大和に気づかないのは説明がつかないしなぁ。
その辺りどうなんだろうか?
もしかして、既に気づいているのかな?う~ん。

しかしこの怪盗、あのぱんつ丸見え衣装は破けたのかと思っていたら、元からあーいうデザインなのか。
何という露出狂!

会長は自分に好意を抱いている相手に対し「ロリコン」といっている辺り、自分の小ささには自覚があるらしい。
かといって、他人に指摘されるのはキライらしい。

いや、この作品には期待してますよ。
エロス方面も強化してくれると実にありがたいですが。


[絶対不発アトミックガール]
アレ!?
某北の国から飛んできた人工衛星なのかと思ったのになぁ。
流石に不謹慎すぎるか?
まぁ、どっちみち不謹慎という点ではなんら変わりないんですケドね。

そして何やらメイドさんが登場。
新たなミサイル娘なのか?
次回が楽しみすぎるラストだな。


[レッする!アイドル]
杏奈の父親は、日本古風に拘りがあるみたいだが、だったらもう少し日本的な名前にするべきだったのでは…?
しかし、巫女衣装の杏奈もアレだが、ソレを見て迷わずに写真をとりまくる洋子は恐ろしい…

オイロケ炸裂の温泉&白熱の卓球シーンが素晴らしすぎる…!

この温泉旅行自体がナニモノかに仕組まれた罠だった様子。
そして新たに登場する敵集団。
ドコからわいてきたんだ、ドコから。
そもそも、地下格闘のハズだったのに、揃いも揃って目立ちたがりすぎなんだよ…


[フリージング]
また4話掲載ですか…
まぁ、別にいいケド。

サテライザーが完全にデレたね。
エロスの洗礼とやらが楽しみだね、こりゃ。

しかし、この学園は人の名前を呼ぶ時に、いちいち○年の先輩だとか、学年○位だとかをつけなきゃならないという決まりでもあんのか!?
っていうか、もしかして韓国だとそういう風習があるのかな?
そんで仰々しく登場した割には、アッサリとヤラれてしまうというワンパターン展開。
最後に学年2位のエリザベスが登場したが、この分だと簡単に負けそうな気もしますね…

後、マリア=ランスロットの扱いって、某アニメでいうトコロのアダム(リリス)という位置づけでいいのかね?
状況が同じすぎる…


[光女子地球防衛委員会SHAM!]
え?まさか、ツインテールをカニハサミと見間違えたっていうオチ…?
と思いきや、どうも単なる髪ではないのか!?
まぁ、ある種の不思議系少女と言えなくもないのか。


[たたかうおんなのこたち]
このマンガを増ページしたって、何の意味もないだろ…
単にくだらないネタが増えるダケじゃないか。
っていうかさ、今までのページ数ですらネタがなさそうな感じだったのに、増やしたら余計にグダグダになるダケだろ…

で、結局は新キャラを出さないと話がまわらないという…


[爆熱戦湯姫]
おいおい、この雑誌はアレか!?
顔面ぱんつをやらなければならないという掟でもあるのか!?

何だ、てっきり満○さんが変装して戦っているのかと思っていたよ…
しかし、女王を狙うレベルの戦湯姫が、風呂場での転倒で死亡って…
その程度で死んでいたら戦湯姫になどなれないのでは…?
明らかに、転倒での衝撃なんかよりも強い攻撃を繰り出しているよね…
逆に考えると、当たりドコロが悪ければ、闘いの最中に死亡という事態も考えられるというコトなのか!?


[幽霊王]
このマンガさ、6ページまでカラーで描いたのを白黒で掲載しただろ。
経費の関係か?

謎、オイロケ、アクション、と3拍子揃った感じで期待が持てそうですね。

個人的には女子高生剣士に期待したいトコロ。
全裸で真剣振り回しているシーンなんか、サイコーですよ。
何です?あの露出狂娘は!
素晴らしすぎる…!


[アサシス assassin sisters]
コレは…
実に微妙なギャグマンがだな…
まぁ、いくつかのネタはツボにはいって笑えたので良かったんだが、全体的には微妙すぎる…
次の作品があったら、純粋にラブコメでも読みたいなぁ。


[触手姫]
最終回。
まぁ、何だかんだで全てが丸く収まってのハッピーエンドで良かったのではないでしょうか。

…で?
結局、メイドさんは下っ端連中の誰とフラグが立ったのかね!?
まさか、4○ってコトかね!?そうなのかね?
その辺りを詳しく描いてくれんかね!?


[ねこみみ学園よろずや]
もしかしてこの図書委員は、誰も図書室に来なくて寂しかったっていう感じなのかね?

本人の望んだ幻を見せる感じになっているのだろうが、この3人の場合、何で砂漠なんかになったんだろう?
やっぱり、水浴びがメインっていうコトなのかな。
だとすると、胸が大きくなりたいというよりも、メイカの胸を揉みたいという願望の方が大きかったというコトかね!?



[ローズ×マリー]
新しい事件の標的は元人間。
しかも、人間だった頃の記憶を持っているというオマケ付き。
ただでさえ、元人間の魔物に対して弱いのに、記憶を持っているとあってはさらに躊躇する可能性が高いからなぁ。

今回の事件にどう決着をつけるのかが楽しみだね。


[GUNNER QUEEN 復讐の女王陛下]
なんだかよく解らんが、最終回だ。
うん、もう、本当に訳が解らん。
他に言いようがない。


[BLANGEL]
パス。


[夢幻戦士ヴァリス]
えーっと、つまり、優子と麗子とヴァルナは、元々1つの魂だった、ってコトなのかな?
だから、互いに相反する力を持っている、と。

名前忘れたケド、ラスボスが動き始めたし、そろそろ終わりそうな感じですね。
この感じだと、麗子との対決→ラスボス戦になるのかな?
麗子との決着をどういうカタチでつけるのかは楽しみだが、何か麗子は死にそうな感じでもあるんだよなぁ…


[次回予告]
うるし原氏のマンガが始まるらしいが、本当に大丈夫なのだろうか?
まぁ、いつもの様に中途半端に終わるのが目に見えているしなぁ。
かといって、この雑誌に載ると、エロ方面も中途半端という、実に微妙なマンガになるしなぁ。
そもそも載るのかどうかさえ不安定だし。
ちゃんと原稿を受け取ってから予告しているのだろうか…?

”プリンセスラバー!”のコミカライズねぇ…
「闘うヒロイン」はドコにいったのだろうか?
恋も闘いだとでも言う気かね?
まぁ、ソレでもいいケド。

新連載3本に、短期連載1本。
やたらとリニューアルする雑誌は(以下略
まぁ、この雑誌に限って言えば、こんなのは今に始まったコトではないけれども。
で、こんなに新連載攻勢があって、何か終わるマンガがあるのかとも思ったんだが、よく考えると”フリージング”の掲載本数を減らせばいいダケなんだよね…
そういう意味でも複数掲載ってメリットなのかな?

そして恒例のパロセリフだが…
○ナ=インバースはツンデレではないと思う。
このセリフもツンデレセリフではない気がする。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングキングアワーズ」8月号感想 ”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”22話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。