い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/07/25(土) 04:33 ヤンキンアワーズ
プロ野球オールスターの第1戦。
乱打戦を制して勝ったのはセ・リーグ。
ヤクルト・青木選手が最後の最後においしいトコロをもっていったっていう感じだな。
我がヒイキ球団横浜からは内川選手、三浦選手が出場したのだが、両選手ともに活躍してくれたので満足です。
まぁ、三浦選手はその投球をシーズン中もやれよ、って話なんですけれどもね…


という訳で本日は「ヤングキングアワーズ」8月号の感想を。


[ブロッケンブラッド]
移籍1回目。
前回の感想で「月刊ヤングキング」にいけばいいのに…
みたいに書いたのだが、このマンガの1番初めの回はこの雑誌に載っていたらしい。
らしいっていうか、その頃既に買っていたハズなので忘れているといった方が正解なのだが。
いや、もう、ホントに記憶にないなぁ。

いや、しかし、早速カラーでトバしてくれるね。
カラーのムダ使いにしか見えないがな。

あぁ、今回の話は「サイコブラジャー」って言いたいダケなんだな!?
そうなんだな!?

しかし、相変わらず変態だらけのマンガだな。


[ワールドエンブリオ]
結衣が死んだのはタカオが殺したからじゃなかったのか。
いや、本当に死んだのかどうかは今はまだ不明だけれども。
あぁ、コレは単に私の願望というか、わずかな希望だったりするんだけれども。

今回の話を読んでいて思うのは、たとえ結衣は死んでいたとしても、だ。
最期は幸せだったと信じたいよ。
せめて、タカオの腕の中で最期を迎えたくらいはあるといいのだが…


[エクセル・サーガ]
いや、もう、本当にエクセルってナニモノなんだ!?
四王寺(母)は全てを解っているみたいだが…
まぁ、この辺りはそろそろ明らかにされそうな感じではあるのだが、結局はその状態がずーっと続いているのであって、もどかしいなぁ。

今回、エクセルが一式に意識を転移したのを考えると、もしかして岩田と同じ様な存在なのか?
うーむ、気になる。


[天にひびき]
あぁ、美月は秋央にベタボレなのか。
となると、やはりひびきとの間で秋央のとりあいが期待されるのだが…
まぁ、問題は秋央がどう思っているのか、だがな。

次回は9年後かぁ。
ひびきや美月がどんな女の子に成長しているのかが楽しみです。
え?秋央?
私は男を見て喜ぶシュミなんかないよ。


[それでも町は廻っている]
「こんなに客がいない良いプールなのに…」というセリフを読んで、近くにあった映画館を思い出す。
その映画館は平日の昼間に行くと客がほとんどおらず、1人で映画を観たのは1度や2度ではない。
実にいい映画館だったのだが、何故かツブれた(何故かじゃないだろ
私はそれ以来、映画館で映画を観ていない。

歩鳥は他人の恋愛事情を心配している場合ではないのでは?
まぁ、本人は完全一方通行関係(タッツン→真田→歩鳥→(森秋先生))になっているとは夢にも思っていないのだから、仕方ないのだが。
そもそも友達の話をしているのに、真田のさの字も出てこない辺り、真田は実に不憫だなぁ、と。
完全に脈なしとしか…
もしかして、存在を忘れられている!?

歩鳥の考えはいい線にはいっていたのだが、有村という名前とムーちゃんというあだ名を結び付けられなかったのがダメだった、というコトだな。


[平安ブレイズ]
むぅ。
誠次郎は夕子と戦いのパートナーにはなっても、恋のパートナーはかすみになって欲しいなぁ、と思ったりとか何とか。
いや、そもそもこのマンガが、そういう方向にいくのかどうかは微妙ではあるのだが。


[惑星のさみだれ]
遂に幻獣の騎士が揃い踏み!
扉ページのイラストが実に良い。

太陽の必殺技もパワーアップ!
ベホマがベホマズンになった感じか。
問題はこの能力を連続して何回使えるか、か。

え?ギャグマンガ?冗談でしょ?
世の中には”犬神家の一族”という小説があってだね…
あぁ、アレは水中で、しかも足ダケだったっけ。

おい、馬とオッサン。
やっぱりアレか!?
白道姐さんの胸の揺れを見て「うむ」って言ってんの?
そうなの?ねぇ、そうなの!?

アニマのいうヒントというのは、どうやら場所自体にあるみたい?
もしかして、既にビスケットハンマーを壊すモノは存在している、というコトなのだろうか?


[並木橋通りアオバ自転車店]
そういえば昔”エクセル・サーガ”がアニメ化した際に住吉の声は無音だったなぁ、と思い出す。
別にイマジネーションを刺激されるコトはなかったがな。


[ドボガン天国]
泥棒対策するには、泥棒にやってもらうのが1番効率がいい、というコトだな。


[ジオブリーダーズ]
新生神楽の空木かな?
彼女を応援するコトに決めました。
え?理由ですか?
ポニーテールだからに決まっているだろう?
早いトコ成沢を出してくれないと、浮気するゾ、コノヤロー!


[おいでませり]
アマショクが完全に通い妻だ…
いや、通い妻っていうか、ウニの反応を見ていると後妻という気がしないでもない。

そして何やら連れ去られてしまったらしいセリ。
このシーンのみを見ると、誘拐→レ○プというながれにしか見えんが、まぁ、どう考えてもジャジャム様の命令での強制連行というコトなのだろう。
目的は何なのかは、次号のお楽しみ、というコトですかね。


[ツマヌダ格闘街]
前回は鉄壁を誇ったドラエさんのパンチラが、いともアッサリと…
やはりミツルには見せても問題ないってコトか!?
そうか!?え?そうなのか!?
羨ましすぎるゾ、ミツル…

そして鷹羽との決戦に備えて新たな技を習得したミツル。
決戦の時が待ち遠しいですね。


[破戒劔師 ハカイケンシ ―TAO-BLADE―]
以前に登場したっきり、まるで音沙汰のなかったメイが再登場。
コレはアレか!?
ジンの争奪戦の始まりですか?
いや、まぁ、実際はそんなコトにはならなさそうなのが、何とも悲しいトコロではあるのだが。

そしてジンは師匠と対面。
波乱が起こる…、か!?


[コンビニDMZ]
たった1言で騒動を静めてしまう店長は流石だな。
しかし「一口チロリチョコも1個100円」には笑った。
何というボッタクリか!
で、このセリフで思ったんだが、セルジェクの目的ってうまいけ棒な訳で、コレも1個100円になるんだったら、セルジェクは損をするのでは…
そんなに慌てなくっても、目的のブツは最後に残っていると思うのだがねぇ。
と思ったが、箱を持っているのを見るに、もしかして箱1つを100円で買ったのだろうか?


[ケダモノの唄]
最終回。
まぁ…
途中から思っていたコトだが、やはりというか何というか…
何という救いの皆無なラスト。
いや、もしかしてアレで救いのつもりなのだろうか?


[ドリフターズ]
信長の登場。
…が、登場したダケで終わり。
この世界のコトは何も解らず。
原稿の残り半分を落っことしたコトがミエミエなのはご愛嬌ですか?


[ハピキャス!]
目次に載っていないコトを鑑みるに、人気があったからではなく、某マンガが予定原稿枚数に達しなかった為の代原であるのは間違いないだろう。
某マンガが連載されたコトにより、代原の機会が増える訳ですから、そういった辺りから面白い作品がでてくれるコトを期待したい。
え?この作品?
私はこの作品には期待していないよ。


[次回予告他]
”清清と”が久々の登場とあって、実に楽しみである。

後、某作品が表紙で登場らしいのだが、この作家に表紙なんぞ描かせた日には、本来描かなければならないモノを描かなくなる可能性が高いのだから、やめた方がいいのに…
と思わざるを得ない。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングアニマル嵐」No.8感想 「コミックヴァルキリー」Vol.18感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。