い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/07/31(金) 03:24 その他のマンガ
デジカメ修理の所為で、1週間遅れでの更新となります。

…う~ん、いや、今回はデジカメの故障といういい訳があるのでいいですね~。
まぁ、故障中にやる予定だった雑誌感想記事が全部終わっていない時点で、いい訳になっていないのですが。


という訳で本日は”釣り屋 ナガレ”第23話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」
第20話「海の弾丸 カツオ5 ―台風―」
第21話「海の弾丸 カツオ6 ―鳥山―」
第22話「海の弾丸 カツオ7 ―快釣―」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介


[前回のあらすじ]
お嬢様のピーは氷馬のピーよりも大きい。


[今回のストーリー]
さて、氷馬は現在、船に乗って海上でカツオ釣りを楽しんでいるのですが、初船釣りは大失敗に終わっています。
そして、その時のコトを葉書で先生に報告していましたね。
その葉書が、先生のもとに届きました。

DSC07897_20090731024651.jpg
先生

葉書の内容に、先生はとても心配するのだった。


さて、そんな先生の心配をヨソに、海上デート…、じゃなかったカツオ釣りにいそしんでいる氷馬はというと。
海の上で何かを感じ取っていた。
自分のカンを信じた氷馬は、五月さんにお願いして、その場所に行ってもらうコトにしました。

DSC07898_20090731024701.jpg
現場へ急行

しばらく行くと、鳥山が見え、魚群探知機にも反応がバリバリ。
氷馬のカンは的中した、というコトになります。
氷馬とお嬢様は、早速釣りを開始。

DSC07899_20090731024732.jpg
釣り開始

お嬢様は氷馬の仕掛けを作る速度に驚きますが、氷馬はまるで意に介さず、釣りに没頭。
お嬢様がつり始めるか否か、という時には既に魚がかかっていました。

DSC07900_20090731024830.jpg
即ヒット

まぁ、小さいサバでしたケド。
お嬢様は、自分が釣ったカツオよりも小さいからか、実ににこやかでした。

しかし、氷馬はめげずに…、というよりもこの状況を利用。

DSC07901_20090731024905.jpg
泳がせ釣り

泳がせ釣りを開始します。
泳がせ釣りというのは、要するに生きた魚をエサにした釣りですね。
エサとなる魚を食えるくらいの大物を狙うというコトです。

さて、氷馬が泳がせ釣りで大物を狙っている頃、お嬢様はこの日1番のカツオを釣り上げていた。

DSC07902_20090731025348.jpg
大物

お嬢様と氷馬は、ドチラが大きい魚を釣るかの勝負をしています。
今のトコロ、お嬢様が圧勝。
そしてこの大物を釣り上げたコトで、勝負ありか!?と思われました。
お嬢様も、そろそろ終わりにしないか?と、自分の勝ちを確実なモノにしようとします。

DSC07903_20090731025519.jpg
提案

お嬢様、策士だな…
と思いましたが、クーラーボックスがいっぱいになってしまってはしょうがないですよね!

だが、ココに至って負けを認めたくない氷馬は、おもむろに海上を指差します。
その先にいたモノとは。

DSC07904_20090731025734.jpg
トビウオ

トビウオでした。
トビウオが海上をはねていたのです。
トビウオがはねているのは、大きな魚に追われているから。

DSC07905_20090731030203.jpg
デカい魚

時を同じくして、氷馬のサオに変化がありました。
どうやら、サバが逃げ始めたみたいです。
すなわち、大きな魚に追われ始めた、というコトです。

そして、遂に氷馬のサオに大きな衝撃が!

DSC07906.jpg
衝撃

今までにないほどの当たりです。
遂に、氷馬が大物をヒットさせた!?


一方その頃。
千葉から遠く離れた高知では。

DSC07907_20090731030602.jpg
氷馬のもとへ

氷馬の報告を受けた先生が、氷馬のもとへ向かおうとしていた…

といった辺りで次号へと続く。


[感想とか]
さて今回の話ですが。
何と今回、氷馬はお嬢様をガン無視です。
お嬢様が氷馬に話しかけても、氷馬は答えません。
まぁ、釣りに夢中といえば、ソレまでなのですが…
アレか!?お嬢様に負けているのがそんなに悔しいのか!?
お嬢様は恋愛対象ではなく、ライバル認定なのか!?
もしかして、お嬢様の恋敵は砂原さんでも五月さんでも、怜音でもなく、カツオやマグロってコトなのか!?
つまりはアレか!?お嬢様が「マグロ」なら氷馬は大満足、というコトなの!?

…ゴメンなさい。
いや、ホント、スミマセン。
石投げないで。見捨てないで…
あ、意味の解らない方はそのままスルー推奨です。


そのお嬢様は、この日1番のカツオをゲット。
勝利を確実にする為に、勝ち逃げ体制に入るも、氷馬はスルー。
大物がいるコトをアピールし、釣り続行。
そしてそのまま、大物をヒットさせたが…?
かかったのは前回の最後で描かれたアイツなのか!?
無事に釣れるのか!?


そして、やはり、先生も氷馬のもとに来るみたいですね。
コレは、お嬢様が氷馬の保護者に挨拶するチャンスなのか?
いや、もしかして氷馬がマザコン(に類するモノ)だった場合、まさかの恋敵になるのか!?
楽しみです。いやもう、ホント、カツオが釣れるかどうかよりも楽しみ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第76話 嬉しい出来事Part.25
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。