い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/08/02(日) 23:46 チャンピオンREDいちご
もう8月ですねー。
もう、次の号の発売目前ですね、隔月発行なのに。
うん、いや、もう、自分が原因だというのは重々承知ですけれどもね!


という訳で本日は「チャンピオンREDいちご」Vol.14の感想を。
チャンピオンREDいちご
秋田書店刊


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想
Vol.4感想
Vol.5感想
Vol.6感想
Vol.7感想
Vol.8感想
Vol.9感想
Vol.10感想
Vol.11感想
Vol.12感想
Vol.13感想


[表紙&ポスター]
表紙は、梅雨を反映してか、傘をさしている女の子。
雨上がりで、ちょっと髪が濡れている感じが実にイイ。
さらに服が濡れていて、よく見ると透けている…
この微妙な透け加減が、実に妄想本能を刺激してくれて、実にイイ♪


ポスターは上田梯子氏と、YUKIRIN氏。
YUKIRIN氏のは、エロい上に、相変わらず狙ったかの様な折り方である。
いや、本当に狙っているのだろうと思う。
イラストに関して言えば、服が傷ついているのに、肌が傷ついていないのが実に不自然である。
薄っすらとでもいいので、傷があった方がいいかな、と思う。実の残念なデキだな。

上田氏の方は、何かもう、イロイロな要素を混ぜすぎという気がしないでもない。
そもそも、ネコミミだったらあの位置のヘッドホンは無意味じゃないのか?
…骨伝道?


[猫神やおよろず]
折角のカラーで新キャラ三昧って、挑戦的すぎる…!
新キャラだっけ!?忘れた。どーでもいいか。
さらに言うなら、もうちょっとオイロケ要素をだなぁ…
まぁ、いいか。

この漫画家が稼いでいるのは、アシスタント料がほぼ無料だから、なのか?
給料がプリンっていうのは実に格安だな。


そしてドラマCDのレコーディングレポートマンガなのですが。
私はドラマCDには興味ないし、付録も聴いていないし、正直どーでもいい。心底どーでもいい。
しかし、キャラが見学に行く、という設定って、正直どうなの?


[VITAセクスアリス]
えー!?
ちょっと、コレじゃぁ、2号さんが2号さんでなくなってしまうじゃないか!
2号さんは2号さんだからいいのに。
まぁ、でも、この機会に志楼をホンキでおとしにかからないトコロが2号さんが2号さんたる所以なのか。
1ページ目の身体測定シーンよりも、キスシーンの方が良かったな。

そして何か、物語がいつになく深刻な状況に。
まぁ、明らかにパワーアップイベントであるのは間違いない訳で、志楼がこの暴走状態を制御できるかどうか、というのが焦点になるんだろうなぁ。
やっぱり、アレか!?愛の力みたいな感じになるのか?
相手は1体で4つの技を使うみたいだし、コチラも対抗して全員が同時に合体すればいいのかね!?
要するに5○か。


[れすきゅーME!]
え?料理の時はスク水エプロンじゃなくって、裸エプロンだろ!?
まぁ、マニアック度では明らかにスク水エプロンの方が上だというのは認めるがね。

いや、しかし、今回は水着祭りで大満足ですよ。
まぁ、最後の水着はアレすぎるので、ちょっと…、って感じなんですけれどもね。

で?次回はやっぱり、結花とのデートなんですかね?


[にゃっと!]
前作との違いが、キャラ以外に見つけられないのですが…
厳密に言うと、女の子の方が変わったダケで、男の方は基本的にかわっていないという…
まぁ、別にキライな作風ではないからかまいませんケドね。


[メイドいんジャパン]
あぁ、エマ校長ってやっぱりストレスたまってたんだなぁ。

で?メイドロボ!?
あぁ、こりゃダメだな。
何せ、乳○を押すとライターになっているくらいだからね。
ソコはさぁ、どう考えても水筒と同じ役割をもたせておかないとダメだろ!?

後、メイドロボにはメイドとしての役割をさせておくのが1番でしょう。
某マンガに書いてあった、危険な作業に従事するロボットを人間のカタチにさせるのはメリットがない、という話に共感したからね。

そういえば、このマンガの作者は、このマンガでは絶対に女の子の乳○を描かないそうだ。
というコトは、メイドロボは女の子扱いされていない、というコトなのだろう。
しかし、作者が乳○を描かない理由を考えると、その禁は破られたも同然と思うのだが、その辺り作者的にはどうなんだろうか?


[さめだ小判の華麗なる生活]
名前と態度でもしや…!?
と思っていたら、案の定ユリの方だった姫百合さん。
しかも、お姉さま側でも、妹側でも大丈夫そうなのがなおさらにグッド!
あの胸といい、サイコーすぎますね。
再登場希望。その時はその長い髪をポニーテールにしていてくれると嬉しいですね。

トコロで目次のページだと”さめだ小判先生の華麗なる生活”というタイトルになっているのだが、ミスってコトでいいのかね?


[おとまりHONEY]
あぁ、もう、私が何と書くかは想像が付いている方もいるかもしれませんね。

ノーブラ委員長、サイッコー!

もう、この1言に尽きますね。
もうね、ブラがはじけとんだシーンから始まって、必要以上にノーブラを気にしてしまう委員長や、ガケでのラブラブっぷりなんかも、全てが素晴らしいですね。
いや、もう、ホントにノーブラっ娘ってイイ♪ですよね!


[Eのシカク]
あぁ…
まぁ…、ね。
私はね、4コママンガの評価はキビしいから。

で、だ。
一応笑ったネタが、画面の隅っこに描かれている「栗棒」のみだから。
まぁ、そういうコトだな。


[あきそら]
え?初夏の日差しでどうかしていただって?
コレが正しいのだとしたら、このマンガは常に初夏だというコトになりますね。
ソラがどうかしていなかった話など、1度たりとてなかった様に記憶していますが。

ソラは女子更衣室で着替えたんじゃないのだろうか?
咲月がボディペイントだと知らなかったのだから、男子更衣室で着替えたのかもしれない。
あの水着を、男子更衣室で、1人で着たのか?
1人になる時間があったのなら、その間に逃げ帰るべきだろうに、素直に従っている辺り、ソラはMなんだろうなぁ。


[プラトニック・インベイド]
死を目前にした人間の思考は恐ろしい、という話ですね。

しかし、最後の言い訳は、上を脱がせる理由にはなっていても、全裸の理由にはなっていない!
このお母さんだったら、本当の理由を解っていそうな気もするし、言っても許されそうな気もするのだが、どうなんだろうか?


[Canvas3]
PS2版の紹介記事を読んでいて思ったコト。
PS2版は新ヒロインがいるみたいなのだが、このマンガは何でこの新ヒロインをプッシュしないのだろうか?
いや、だってさ、このマンガって基本的に販促マンガの意味合いが強いんだよねぇ?
だったらさ、PS2版で加えられた新ヒロインをメインに据えて、全面的に押し出していかなくてどーするんだ、と。

…と、何だかんだといってみたのだが、実は新ヒロインがポニーテールなので、この女の子に登場して欲しいダケだったりする。
早く登場しないかなー。
…登場、するよ、ね…?
まさか、登場しないで終わるなんてコトはない、よ、ね!?


本編では幼馴染ヒロインが大活躍。
もしかして涼がメインで進行するのかな?
まぁ、でも、胸の大きさを気にしていたり、風呂場でオ○ってみたり(違います)、部屋での痴態といい…
いや~、素晴らしいシーンが満載ですね!

学は幼馴染とはいえ、女の子の部屋に入る前にはノックくらいしろよ、と。
涼が着替え中だったらどうするんだ、と。
あ、着替え中だった方が幾分かマシだったのか。
しかし、あのビデオは、どう考えてもバストアップを考える女の子が観る内容ではないね。
男がオ○る為に観る感じじゃない?
いや、実際の話、エクササイズなんかのビデオって、ヘタなエロビデオなんかよりもよっぽど使えるのがあったりするケドね。


[ガレキに華を]
え?最終回?
宇宙の変態お姫様が登場していないというのに?
っていうか、あの変態侍女はドコに消え去ったのかね?

あぁ、今回の話は、ハッピーエンドっぽくって良かったんじゃないでしょうか。


[彼女はUXO]
ミサイルがついていないと反応すらしない陽一とは別れた方がいいんじゃないかなー、と思ってみる。
まぁ、ミルクに異常に興味を持たれてもアレかもしれないが。


[ラブユメ・みっくす]
妹のターン。
後もう少し…
というトコロで意外な弱点が発覚し、ウヤムヤに…
で?次回は璃里が同じコトをやってくれるんだよねぇ!?
だよねぇ!?
だって、そういう設定だったしねぇ。
という訳で、璃里の裸ワイシャツ、楽しみにしてますよ!

そしてルマは完全に陥落完了。
ただ、妹にバレたら追い出されるのは確実なので、ヒッソリ系という感じになるのかもしれない。
ソレはソレで楽しみである。


[えんじがかり]
最後で、お約束のノーパン状態に。
まぁ…
こんな幼児のノーパン状態を見たって何も思わんがね。

…10年後にもう1度やってくれれば嬉しいですね。
10年後に成長しているのかどうかは知らないが。


[同人はっけん伝]
所謂中二病的なモノに拒絶反応を示すのも中二病じゃないのかな?と思ってみたり。
あーいうのは1周廻って、何でもかんでも受け入れられる様になってからが本番だな。

しっかし、またしても濃すぎる新キャラだな、おい。
でな、保健医なのか保険医なのか、ハッキリしろよ。
まぁ、ソレはおいておき。
「静まれ右腕」のセリフは、沙耶を見て興奮してしまい、右手が股間にいくのを阻止している…、というのはどうだろう?
いや、何か、唐突にそんなコトを思ってしまったモノで。
そう考えると、その後のセリフも
・「普通の人間では分からない」→大半の人間はロリコンを理解しません。
・「闇の力が強大に」→最近は規制が厳しくなりそうで…
・「神魔との戦い」→署名運動お疲れ様です。
・「再び召還される」→あぁ、反政治団体の1員ってコトか。
・「平凡な保健医として」→折角の職をクビになりたくない。
こんな感じでの深読みをしてみる。深読みというよりかは邪推だがな。

そんな訳なので、最後に成敗して良かったのではないでしょうか?
え?こんなバカな読み方している私も成敗された方がいい!?
ごもっとも。


[ちょっきんぱにっく]
ハサミと縫い針、遊園地で大暴れ!
まぁ、暴れていたのは、主にハサミの方で、縫い針はほとんど何もしていないけれども。

和夫がハサミやピン子を幼児状態で具現化させた、というのが本当なら、もしかして精神年齢も見た目に合わせて設定されたのだろうか?
まぁ、100年経っているとはいえ、世界を知っている部分は少ないだろうから、精神年齢も低いのだろうけれども。

しっかし、中学生の息子がいるというのに、イロイロとノリノリなお母さんが、相変わらず素晴らしいな。


[バケカノ]
小学生にしてこの内容のラブレターですか。
どんな小学生だよ!
まぁ、私の夢はバタ…、いやいや、何でもないですよ?何でも。

しかし、浩志はくつ箱を間違えたコトを後悔しているが、間違えたのは良かったのではないかと。
もし本来の相手に渡っていたら、ほぼ確実に嫌われた挙句、ヘタすれば手紙は公開され、既に変態の烙印を押されていただろうからな!


[サマーそれいゆ!]
いや~、こういう作品ね、大好物です。
しかしね、コレ、一般誌でやってもいいのかね?
何せひたすらにパイ○ンについて語っているダケだしねぇ。
まぁ、別にいいのか、この雑誌だし。

実は、オチ自体は4ページ目の「あたしには無理」というセリフで解っていたのですが、いざそのシーンを見てみるとね、実に感慨深いと言いますかね。
要するに素晴らしすぎる、と言いたい訳で。

あー、後、毛について擁護?しておくと、女性の毛はお守りになると言われているね。
戦時中の話で、「タマ」に当たらないとか何とか、そんな感じだったっけ?
だから、必ずしも剃るのが正しいとは思わないで欲しいなぁ。


[山の学校はOH!バケバケ]
水着に使う貝!?
是非!是非ともサクラ貝でお願いします!
大丈夫大丈夫、最後の砦は隠れるからさ!
いや~、実に楽しみだなぁ。


[次回予告]
何かまた、いらないモノが付いてくるみたいだな。
レジャーシートなんかよりもポスターが付いていた方がよっぽど嬉しいんだがな。

そして”あきそら”は重大発表があるみたい。
ドラマCD化か、アニメ化か、もしくは本誌移籍なのか…
まぁ、毎号2本掲載というのは実質月刊ペースな訳で、本誌にいっても問題ない訳だし、その方がよりエロさを表現出来るのではないか、と。
アニメ化だったとしたら…
18禁にでもしない限り、編集部の思考を疑いますね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”23話 ”美少女いんぱら!”第76話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。