い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/08/05(水) 03:47 その他のマンガ
今年も「マンガ ナツ100」の企画があるみたいですね。
昨年は完成させてみたら、〆切りがすぎていて参加しなかったのですが、今年はどうしようかな。
100作あげるのは難しくはないと思うのだが、いかんせん時間が…
まぁ、とりあえず書いてはみようかな。


という訳で本日は「オー スーパージャンプ」8月号掲載の”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”23話のレビューです。


[感想バックナンバー]
第1話
第2話
第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介


[ストーリーと感想とか]
さて、今回は巻頭カラーでの登場です。
舞台は、いずなが以前見つけ、それ以来、仕事帰りに頻繁に通うようになったバーです。

DSC07923_20090805024405.jpg
バー

バーのママはルナさんといいます。
最近ゆっくりしていないので、温泉に行きたがっています。
いずなも共感し、一緒に行くコトになりました。

こうして女2人の温泉旅行となりました。

DSC07924_20090805024410.jpg
温泉

流石にカラーの使い方を熟知しているらしく、カラーで入浴シーンとなります。
いずなはこの時点で満足していますが、ルナは男っ気がないのが不満みたい。

ちなみにいずなの○首は相変わらずの鉄壁ぶりですが、ルナの○首はカラーで描かれているので、気になる方は必見!です。


こうして温泉を堪能した2人。
温泉から部屋の戻ろうとして、とある看板に気づきました。

DSC07925_20090805024417.jpg
看板

どうやらこの宿には温泉が2つあるみたいです。
折角だからと、コチラの温泉にも行こうとしますが、従業員に止められてしまいました。

DSC07926_20090805024556.jpg
従業員

この「サトリの湯」というのは、その名のとおり、妖怪サトリが出るのだという。
ちなみにサトリというのは、人の心をよむといわれている妖怪です。
そんな訳で、この温泉は、夜は入浴禁止なのだとか。
まぁ、実際はその温泉までの道が、夜歩くのは危険だからという理由なのですが。

ルナは、この従業員が気に入ったみたいだった。

DSC07927_20090805025202.jpg
陥落…?

いずなは、そんなルナにあきれているのだった。


さて次の日。
うまいコト晴れたので、付近の観光に行くコトになりました。

DSC07928_20090805025837.jpg
観光を敢行

出かけようとすると、昨夜の従業員がやってきました。

DSC07929_20090805030312.jpg
下心アリ?

今日は非番だからと、観光案内をかってでたのだった。
ちなみにこの従業員、名前を上羽(あげは)といった。

観光案内をされているうちに、ルナは完全に上羽に惹かれていった。

DSC07930_20090805030448.jpg
果敢なアタック


さてその日の夜。
ルナはどうにも寝付けなかった。

DSC07931_20090805030623.jpg
眠れない

仕方がないので温泉に入りに行くコトにした。
温泉に行ってみると、清掃中の札がかかっており、入れなかったので、サトリの湯に行くコトにした。

DSC07932_20090805030720.jpg
サトリの湯へ

サトリの湯に行ってみると、何やら先客がいた。

DSC07933_20090805031219.jpg
先客

本当にサトリがいたのかと思い、驚くルナ。
しかし、この客はサトリではなかった。

サトリではなかったのだが、ルナは驚くべき光景を目の当たりにした。

DSC07934_20090805031302.jpg
何かの特訓?

何と、その客は上羽であり、しかも自分の背中を岩にぶつけていたのだった。
ソレを目撃したルナは、上羽に幻滅する。

DSC07935_20090805031433.jpg
幻滅

要するに、上羽が極度のMで、自分を傷つけるコトで快楽を見出す類の人間だと思ったのだ。
だが、しかし、この行動は実は…!?
ルナの恋はこのまま終わってしまうのか!?

といった辺りで、続きと結末はご自分の目でお確かめください。


はい、という訳で今回は巻頭カラーでの温泉話です。
いやね、本当にもうね、カラーの使い方を心得てますよ。
まぁ、相変わらずいずなの○首は鉄壁なんですけれどもね。
あの扉ページですら見えないっていうのはね…
何でヒロインのみ鉄壁にするのかイマイチ解らないのですが、何か作者の拘りでもあるんでしょうね。


さて今回は、いずなが「未経験」であるコトを指摘され赤面するシーンやら、いずなの寝相の悪さやら、相変わらずの食べっぷりやらとミドコロが多いのですが、最大のミドコロは、ルナさんの全裸での大股開きです。
いやもう、あのシーンはね、何といいますか、こうね、実にエロス満点で良かったですね。
いや、うん、眼福眼福。
え?ルナの恋路?
そんなのどーでもいいよ。
いずなの恋物語だったら非常に興味がありますが、今回の反応を見るに、そんなのはまだまだ先の話っぽいしなぁ…
そもそも相手がいないしね。
可能性があるとしたら、新井刑事くらいか…?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”釣り屋 ナガレ”第24話「海の弾丸 カツオ9 ―衝撃―」 「チャンピオンREDいちご」Vol.14感想
コメント一覧
たま
この号、買い損ねてしまったので、噂になっているルナさんの大股開き画像を期待していたのですが、残念。
URL 【 2009/08/20 23:52 】 編集
名無しG
>たまさんコメント有難うございます
当該シーンは当ブログでは掲載できません
申し訳ありませんがご了承ください
URL 【 2009/08/23 04:38 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。