い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2017/03
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/08/26(水) 04:18 その他のマンガ
高校野球の決勝戦は実に素晴らしい試合でしたね。
9回裏の猛攻撃は素晴らしかった。
後1歩及ばなかったモノの、正にドチラが勝ってもおかしくない展開だった。

それに引き換え、横浜ベイスターズときたら…
少しは高校球児を見習えっつーの!


という訳で本日は”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”25話のレビューです。


[感想バックナンバー]
第1話
第2話
第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話
第23話
第24話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介


[ストーリーと感想とか]
とあるイナカの風景。

DSC08013_20090826033909.jpg
イナカ

どうやら夢をかなえる為に東京に行くつもりらしい。
まぁ、ありがちな話ではある。

さてこの女の子。
東京に出てきて夢がかなえられたのかというと。

DSC08014_20090826033915.jpg
現在の姿

どうやら、お金の為に始めたキャバクラでのバイトを、そのまま続けて、ソレが本業になってしまった様である。
コレもまぁ、ありがちといえばありがちな話ではある。
ちなみにこの女の子、名前はあやのという。


さて、このあやのさん。
色恋営業をやっており、その甲斐あって店での人気がNo.1であった。

DSC08015_20090826033951.jpg
ぜーたくな暮らし

収入も生活もハデで、東京に来る前の夢など、スッカリ忘れてしまっているみたいであった。
しかし、本人はそんな生活を幸せだと思っていた。

だが、そんな彼女に、怪しいカゲが…

DSC08016_20090826034236.jpg
妖怪?

本人はまだ気づいておらず、多少の疲労感を感じる程度であったが。


という訳で、妖怪に憑かれてしまったあやのさん。
こうなったら、当然、あの人の出番です。

DSC08017_20090826034522.jpg
いずなおねーさん

そう、我らがいずなおねーさんです。
前回の話に引き続き、仕事スタイルでの登場となります。
個人的には嬉しい限り。

しかし、本人が妖怪に憑かれているコトを認知していないので、いずなの話を聞いてくれません。

DSC08018_20090826034630.jpg
話を聞かない

そりゃまぁ、突然現れた、怪しいカッコウをした女性が、「霊が」とか「妖怪が」などといった話を始めたら、怪しんで当然でしょう。
素直に話を聞くのは、心当たりがある人間か、でなければ下心アリアリのスケベ男くらいのモノでしょう。
仕方なくこの場は名刺を渡すにとどまりました。


さていずなの忠告を無視したあやのさん。
何と、みるみる顔が崩れていって、見るも無残な状態になってしまいました。

DSC08019_20090826034815.jpg
誰?

いずなの言っていたコトを思い出し、自分が妖怪に憑かれているコトを理解したあやのさん。
すぐさま、いずなに電話をします。
いずなおねーさんの出動です。

DSC08020_20090826035117.jpg
いずな出動

いずながあやのさんの家に着いた時には、既に誰なのか解らない状態になっていました。

っていうか、いずなが電話を受けた時は商売衣装だったのですが、家に着いた時は制服になっています。
ワザワザ着替えてきたというコトなのでしょう。
そんな余裕があるようには見えませんでしたが…

さて既に完全にヤバい状態になってしまったあやのさんを助ける為に、除霊を開始します。
しかし、相手に思わぬ反撃をくらってしまういずな。

DSC08021_20090826035429.jpg
妖怪の反撃

ってな訳で、恒例のエロピンチです。
あやのさんは既に妖怪に自我を奪われてしまっていました。

このままいずなはレズの餌食になってしまうのか!?
除霊はどうなる!?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。


という訳で、いずな、2回連続での商売衣装での登場となりました。
まぁ、除霊の際には何故だか制服に着替えていたけれども…


今回は夢を持って上京したモノの、夢をかなえる過程で本来の目的を見失ってしまった女の子のお話。
まぁ、お金に困って始めたバイトで、思いがけずにたくさんの収入が入ってしまったら、そうなってしまうのも仕方のないコトなのかもしれません。
幸せというのは主観的なモノなので、どういう状態で幸せを感じるのかは人それぞれ。
そういう生き方を否定するコトは誰にも出来ませんからね。


そして恒例のエロピンチ。
いずなは「自分はレズではない」と言っていますが、本当はどうなんでしょうか?
いずなは以前、性風俗の店を体験していますし、女同士で温泉に行った時もソレで満足していたし、そもそも男に興味ないという発言もしているし…
実はいずなはレズというのはありえる話ではないのかと思えてきました。
いや、思えてきましたっていうか、私としてはそういう設定の方が嬉しいかな、と思ったダケなんですがね。
うん、いいんじゃないかな。
ちょうどルナさんというお相手もいるコトだしねぇ。
今後はそういう方向に…
うん、いくわけないよな。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングアニマル嵐」No.9感想 ”美少女いんぱら!”第77話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。