い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/08/31(月) 04:08 その他のマンガ
もう8月もお終いですね。
夏休みが終わってしまうとお嘆きの方もいるかもしれませんが、ご安心ください。
長野県では1週間も前に既に終わっていますから。
そもそも、社会人には無縁の言葉だしね…


さて本日は”美少女いんぱら!”78話のレビューです。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話/50話
51話/52話/53話/54話/55話/56話/57話/58話/59話/60話
61話/62話/63話/64話/65話/66話/67話/68話/69話/70話
71話/72話/73話/74話/75話/76話/77話

番外編「~伊勢谷緋華の牝犬日記~」

単行本1巻紹介


さて前回から引き続き、海旅行のお話です。
前回は海に着くまでの話でしたが、今回は海で遊ぶお話となっております。

DSC08027_20090831030314.jpg
海へ

一泊し、2日目に海に繰り出す一行。
皆で一緒に…
と思いきや、どうやら蒼ちゃんは1人でサッサと行ってしまった様子。
弾馬先生が不思議がります。

DSC08028_20090831030319.jpg
疑問

京ちゃんは「どっちかというと好きじゃない方」などと言っていますが、そもそも蒼ちゃんって「泳げない」レベルですからね。
学校のプールで溺れた挙句、お漏らしまでした前科がありますからね。
そんな蒼ちゃんが、1人で先に行ってしまった理由とは!?
もしかして1人でコッソリと練習でもしているのか?

その理由は…
うん、まぁ、ご自分の目で確かめていただくとしますかね。
何せ、ちょっと当ブログでは紹介出来ないレベルのネタなので…


さてこの海岸。
名倉さんの話によると、何やらガラの悪い人が多いのだという。

DSC08029_20090831030325.jpg
ビーチ?

で、何でこんなにガラの悪いのが多いのかというと。
コレにはちゃーんと理由があって。

DSC08030_20090831030331.jpg
理由

何とこの辺りの漁師は、ヤのつく方々と一緒になって犯罪に手を染めているのだとか…
なんちゅー場所だ、オイ。
ケーサツは何をやっているんだ、っていう話ですよね。

しかし、遊びに来るには評判がいいらしい。

DSC08031_20090831030402.jpg
評判がいい

まぁ、確かに?
海はキレイそうだし、泳ぐ分には…
…って、海がキレイでも、周りにアレな方々がいたら楽しめない気もするのですが…
本当に評判がいいのか!?
その真相はご自分の目でお確かめください。


さて、時間が過ぎてそろそろお昼の時間です。

DSC08032_20090831031623.jpg
お昼の時間

皆揃って海の家に行こうとしますが、緋華ちゃんがいません。
どうやら単独行動で岩場に行ってしまった様です。

京ちゃんが呼びに行くと、緋華ちゃんは岩場にいました。
海岸の岩場にはフナムシがいっぱいです。

DSC08033_20090831031709.jpg
岩場

京ちゃんも緋華ちゃんもフナムシは苦手みたい。
見た目がゴキブリみたいだからだそうだ。
まぁ、実際にはフナムシはエビやカニの仲間なんですけれどもね。

さて皆様、お待たせいたしました。
緋華ちゃん大劇場のお時間です。
そもそも、何で緋華ちゃんが岩場にやってきたのかというと。

DSC08034_20090831032049.jpg
虫プレイ

何と自分の身体をフナムシが這い回るのに対して、例のアレが発動していました。
虫プレイですか、そうですか。
なんたるエロさ!っていう話ですよ…


そんな訳で緋華ちゃんも合流し、お昼タイムです。

DSC08035.jpg
お昼ごはん

その時に、泳ぐ以外の遊び場所を名倉さんに尋ねる京ちゃん。
そんな京ちゃんに対して。

DSC08036.jpg
大丈夫か?

海の家の店員に、何やら暗号みたいなコトを言え、と。
何やらきな臭い感じがしてきましたが、この続きはご自分の目でお確かめください。


さて昼食後に、緋華ちゃんがスイカ割りの提案をします。

DSC08037_20090831033814.jpg
スイカ割り

まずは名倉さんが挑戦…

…と思ったのですが、ちょっとしたハプニングで断念。
その後、皆一通り終えた後に弾馬先生が挑戦。

DSC08038_20090831033954.jpg
挑戦

弾馬先生が目隠しをして。
グルグルと回って準備完了。

DSC08039_20090831034038.jpg
弾馬先生

誘導の声は、緋華ちゃん。
緋華ちゃんが弾馬先生を誘導する、というコトは…!?
続く。


という訳で今回は海で遊ぶお話。
っていうか、この海岸どうなっているんだ!?
不法入国やら密輸やらがまかり通っているって…
漁師はせめて、密猟までにとどめておけよ!


そんな中で、いつもどおりの路線を貫く緋華ちゃん。
虫プレイをヤラかしてご満悦。
フナムシだし、這い回られるにとどまらずに、咬まれるくらいはやってくれても良かった気もしますが…
しっかし、本当に何でもアリだな…


[今回の萌えコマ]
という訳でスイカ割りの続き。
緋華ちゃんの声に導かれ、スイカを割る為に木刀を振り下ろした弾馬先生。
手応えアリ!
見事に叩き割りました。

DSC08040_20090831034425.jpg
スイカ割り?

スイカではなく緋華ちゃんの頭を!
まぁ、このオチは充分にヨメたっていうか、弾馬先生は思慮が足りなすぎると思う。
一体、何回緋華ちゃんの習性を見てきたんだ、と。

あぁ、ちなみにこのコマを選んだ理由は、緋華ちゃんがエロいから…
では、当然なくって。
弾馬先生に叩かれた緋華ちゃんを見て、腹黒い笑みを浮かべている蒼ちゃんがカワイイからです。
カワイイって言って良いのかは解りませんがね。
どうせ「コレで邪魔者がいなくなる」などと思って、喜んでいるんですよ。
実に腹黒いですねー。
弾馬先生が緋華ちゃんの看病を始めたらどうしよう?とは考えないんでしょうか。


さて次号もまだまだ海旅行編が続く様で。
次号こそ、京ちゃんの水着がクローズアップされないかな。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”釣り屋 ナガレ”第27話「先生、あのね」 嬉しい出来事Part.27
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。