い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/09/03(木) 05:17 その他のマンガ
あえて何の雑誌かは言わないが、某雑誌の読者ページに意見が採用されました。
名無しG名義ではないし、載っても何も貰えない様なので、どーでもいい話なんですけれどもね。


という訳で本日は「オー スーパージャンプ」9月号掲載の”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”26話のレビューです。


[感想バックナンバー]
第1話
第2話
第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話
第23話
第24話
第25話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介


「ストーリーと感想とか」
さて今回は夏らしく、サマーレジャーの話です。

DSC08054_20090903041852.jpg
サマーレジャー

とあるダイビングスクールでのコト。
このインストラクターは内田といい、生徒に人気が高いようです。主に女性の、ですが。

今回のゲストも、そんな中の1人です。

DSC08055_20090903041925.jpg
今回のゲスト

名前はいちごといいます。

今回はどうやら、初めての海でのダイビングの様で、ちょっと緊張気味。
そんないちごさん。
海の中に潜ってみると。

DSC08056_20090903041930.jpg
海の中

何と、不気味なモノを見てしまった!
恐怖のあまり錯乱するいちごだったが、内田の補助もあって何とかもちなおした。
そして水中が暗かった故の見間違いだろう、というコトで落ち着いた。
ちょっとしたハプニングはあったが、初ダイブは無事に終了した。


ダイビング後のある日。
街を歩いていたいちごは、不思議な動物を発見する。

DSC08057_20090903041936.jpg
不思議生物

ストライクゾーンにヒットしたのか、その生物を可愛がるいちご。
すると、飼い主らしきハデな女性が現れる。

DSC08058_20090903042215.jpg
ハデな衣装

という訳で、いずなおねーさんの登場です。
いずなは、いちごが不気味なモノを見たコトを言い当てる。
いちごは、海であったコトを話した。
いずながいうには、その霊はかなりヤバいらしく、その海には行かない方がいいというコトだった。

DSC08059_20090903042341.jpg
忠告

しかし、既にダイビングの機材にかなりの金額を使っていたり、そもそもが内田に会いたいという目的もある訳で、そう簡単に「はい、そうですか」というふうにはならなかった。

DSC08060_20090903042831.jpg
怒って帰る

いずなは、自分は忠告したし、相手が信じていないようだったので、この件にはあまりかかわりたくはないようであった。
しかし、いちごの色香に惑わされたクダ狐に催促されて、渋々この件に乗り出すのだった。


そして、ダイビングスクールの日がやってきた。
いずなは、そのダイビングスクールに参加していた。

DSC08061_20090903043123.jpg
参加

身体にフィットしたスーツが妙にエロス感を醸し出していてイイ感じですね。

そして、ダイブが始まりました。

DSC08062_20090903043437.jpg
ダイビング開始

海の中は実にキレイで、いずなも気に入った様だった。

DSC08063_20090903043624.jpg
海の中

海の中を堪能したいずなは、このまま何も起こらないコトを願っていた。
しかし―――


DSC08064.jpg
積み上げた石

海の中をススんでいくと何やらたくさんの石が積んである不気味な光景に出くわした。
内田が言うには、ダイバー達が記念に積んだ石とのコトであった。
しかし、いずなは、この石が別のモノであるコトを理解していた。

いずなの心配どおり、この石の下から何やら不気味なモノが現れる。

DSC08065_20090903044555.jpg
妖怪?

実は、この石はミサキ塚といい、海で亡くなった人達の魂を供養している場所なのだ。
簡単に言うと、海の中にある墓地、というコトだ。

そして、ミサキ塚から現れるたくさんの霊。

DSC08066_20090903044814.jpg
大量出現

そしてその霊に襲われて、恒例のエロピンチに陥るいずな。

DSC08067_20090903045116.jpg
エロピンチ

水の中で思うように動けず、たくさんの霊に囲まれてしまったいずな。
このままヤラれてしまうのか!?
回生の方法はあるのか!?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。

ちなみにいちごは、いずなと違って、水着が全部剥ぎ取られて、いずなよりもエロエロ状態になってしまいます。

DSC08068_20090903045245.jpg
いちごのエロピンチ

コチラも気になる方はご自分の目でお確かめくださいネ。


はい、という訳で、今回は海のお話です。
で、今回の最注目ポイントといえば、当然のコトながら、ダイビング中のいずなな訳です。
え?何?
あのスーツがエロいからだろうって!?
そんなバカなコトがある訳ないでしょ?
いや、確かにスーツは身体にフィットしていて身体のラインがハッキリクッキリ見えるのでエロいのですが、そんなのはどーでもいいんですよ。
そんなコトよりもねぇ、ダイビング中のいずなはポニーテールなんですよ、ポニーテール。
本当に海に潜っている時ダケ、ポニーテールなんですよ。
海から上がったら、いつの間にやらいつもの髪型に戻っていましたからね。
本当に、海から顔を出した瞬間には、ポニーテールではなくなっていたという…
一体、いつ元に戻したんだ!って感じですよ。

ページにして僅かに5ページ。コマにして5~6コマくらいしか確認できませんが、いずなのポニーテールはサイコーでした。

…ずっとダイビングしていればいいのに…


今回のエロピンチは、水着なので服が破れて…、みたいなエロスがないのがちょっと残念。
そもそも、いずなに至っては、ずっと水着着ている訳だし。
しかし、代わりにいちごが水着を剥ぎ取られるシーンは実にエロい。
あのシーンはとっても良かったですね。
うん、眼福眼福。


さて次回は9/9発売予定の「スーパージャンプ」19号に掲載予定。
実に楽しみですね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:4   トラックバック:0
”釣り屋 ナガレ”第28話「シロギスの心1 ―勝負―」 ”釣り屋 ナガレ”第27話「先生、あのね」
コメント一覧
ヲタおやぢ
いずなのポニテ!!!
さすが名無しGさん、目の付け所が完璧ですね!
オラは単行本でしか読んでないので、
wktkで待つことにしますw
URL 【 2009/09/15 23:16 】 編集
名無しG
>ヲタおやぢさんコメント有難うございます
ポニーテール好きとしては見逃せないシーンです
今回はずっとポニーテールでも良かったのになぁ…
という思いでイッパイです
何で水中にいる時ダケなんだと…
URL 【 2009/09/19 04:05 】 編集
第22話で登場した山本アンリの友達の女が再登場してる様ですが、同一人物が別人のどちらでしょうか?
URL 【 2011/03/05 22:20 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
そういった設定がない以上別人じゃないですかね?
モブキャラが似通うのは仕方がないコトですし
URL 【 2011/03/11 06:27 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。