い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/09/16(水) 04:25 ヤンキンアワーズ
今月発売の予定だった某氏のイラスト集が、発売延期になったみたい。
本人曰く、内容がヤバすぎた為だそうだが…
素直に成人指定で出せばいいのに。
っていうか、成人指定にして欲しいのですが。

そーいえば、この人、昔も同じ理由で某マンガの発売が延期したコトがあったのだが、まるで反省していないというコトなのかね?
まぁ、反省して表現がおさえられたら、魅力がなくなりますケドね。


という訳で本日は「ヤングキングアワーズ」10月号の感想を。


[並木橋通りアオバ自転車店]
せつない…
何というせつない話だ。
しかし、コウジがおっとこまえすぎるな。


[ワールドエンブリオ]
あぁ、遂に吾妻結衣の死が明言されてしまいましたね。
確かに、既に死んだというのは、暗に記されてはいたのですが、その描写自体はなかったから、まだ希望はあったのですが…
この展開でブラフというのは考えにくいですよね。

そしてどうやら、陸とタカオが共闘しそうな感じではあるのだが…
今回の感じではまだムリかもなぁ。

この先どうなるのかもまるで解らない。
というか、既に話しについていくダケでいっぱいいっぱいですよ。


[ブロッケンブラッド]
いや~、今回のポイントはどう考えても、替え玉ちゃんの男装だろう。
特に必死になってブラを換えているシーンがサイコーですね。
健一は、替え玉ちゃんが桜子を演じればいいじゃん、などと言っているが、どのみち胸の問題がついてまわるので、直ぐにバレそうだ。

車輪が2つしかないのがダメなら、補助輪でもつけていればいいじゃないか。
第一、一輪車はどうなるんだね?

そして先生は変態だった。
このマンガに登場する人物は、すべからく変態である。


[惑星のさみだれ]
11体目、撃破!
しかも、犠牲者なし。
そうか、ダメージを変形能力で隠していたのか。
ノーダメージかと思われたが、ちゃんとダメージを負っていたのか…

そして次に炸裂するのは、9人全員での多重領域!?
名前は「ラブラブ領域」になるのか?
いや、ラブラブは今回ので、全員一緒だと「獣騎士同盟拳」になるのか。
どんな技が炸裂するのか楽しみだな。

そして!
絶望を打ち砕く希望は、既にあった。
やはり夕日が夢の中でさみだれと逢っていた場所は、対ビスケットハンマー用の兵器の上だったのか。
アニマの言動から察するに、この兵器は、コレが視える者がいないと使えないというコトなのだろうか?
夕日は、この兵器を伝える役として期待されていたというコトなのかな。
まぁ、希望のカタチとしてはちょっと不安が残る気がしないでもないが。
しっかし、皆が一様に驚いている中で、三日月の表情が良いね、実に良い。


[天にひびき]
ひびきが風呂に入っている時に、素直に外に出ている久住がいいですねー。
どうせ覗いたって、真っ暗なんだから、何かが見える訳でもないだろうに。
加えていうと、ひびきのを見たって、さして面白くもなさそうだし。
この感じだと、見られた時の反応も面白くなさそう。
まぁ、その辺りは、未だ登場しない美月に期待したいトコロ。
ひびきと一緒のトコロを見た時の反応も楽しみではある。
まぁ、もしかしたら、某ヨヨ並にフラグ?何ソレ?状態になっている可能性も無きにしも非ずだが。

そして秋央の話に、ひびきの反応は!?
どうなるのか楽しみですね。


[エクセル・サーガ]
アレ?
エルガーラと話している時についているコードは、充電用のじゃないのかな?
エクセル自体が気づいていないダケで、ドコかから充電している可能性もない訳ではないけれど…
もっとも、エクセルの特殊体質に関連して、充電の方も何とかなっている可能性もあるのか。

蒲腐博士は、髪の毛が伸びすぎて、こんな常態になったのかと思ってしまったよ…
もう、いっそのコト、本当にそうしてしまった方が、より一層の親しみやすさが…
うん、出る訳はないんだケド、そうして欲しいかな、と。


[それでも町は廻っている]
歩鳥の小学校時代のあだ名って、どーなっているんだ!?
何このネーミングセンスは。
どーやったらこんなあだ名になるのか考えてみた。
・シヤポン→「あらしやま」だから。
・フジゴン→「ふじい」とか「ふじた」とか、そんな感じ。
・サッチン→「さちこ」やら「さちえ」やら。
・グライコ→「かぐら」や「おぐら」みたいな。
・ガリッペとモアイ→体型もしくは見た目。

どのみち、明らかにモアイのみ、他と名前の傾向が違う。


[平安ブレイズ]
双子の、特に姉の方が誠次郎に陥落。
いいぞ、もっとやってくれ。

危ないトコロを助けるのはいい。
その際に、手が胸のトコロにいってしまうコトもあるだろう。ソレもいい。
しかしね、何で服の中にまで手が入る!?
おかしいだろ、ねぇ、おかしいだろ!
しかも、姉の方は艶っぽい声出しているし…
まぁ、そのおかげで陥落したともいえる訳だが。
何この「責任とってよ」発言は。いや、まだ直接言っていないから、今後の展開に期待といったトコロだが。
まぁ、姉の方はツンデレ路線でいってくれればいいと思うよ。


[コンビニDMZ]
ミートスパになった瞬間を目撃して、この程度で済むというのが、既に恐ろしいな。
まぁ、戦場のド真ん中に建っている訳だし、日常茶飯事レベルなのかもしれないけれども。

イートイン作って、カフェコーナー完備しているのに、店員が増えないのは問題だろ。
っていうか、既にイートインじゃなくなっているし。
もはや会議分室な気がしてきた。

そしてイートイン、崩壊…
ま、当たり前だよなぁ…


[おいでませり]
何故、セリさんの観察日記を…
見ていて1番楽しい人間だからか。

ジャジャム様にまったく気づかないセリさんのセンサーはどうなているんだろうか?
アマショク達の夏休みを羨ましがるシーンで、いやいや、アンタは休みしかないだろ…
と思っていたら、ジャジャム様が読者のツッコミを代弁してくれた。
流石はジャジャム様だゼ!


[ハピキャス!]
麗子さんって、酒に弱いのに飲みたがるのっておかしくないか?
まぁ、別にいいケド…

何というか、相変わらず面白くないネタが多いな、と。
結局は、ストーリーマンガ、もしくはショートギャグで出来ないから4コマでやっているという感じがするんですよね。


[清々と]
誰の話なのかと思ったら、校長の話ですか。
しかし、やはりこの人の描く夫婦の話はいいなぁ。

ちなみに清香さんは、街中で会った時が1番イイですよね。
え?理由?
そんなの言わなくっても解るだろ!?
ポニーテールだからに決まってるだろ!


[ツマヌダ格闘街]
いや~、本当にカラーの使い方を解っていらっしゃる!
カラーで水着祭りですからね。
しかも、男キャラが登場しないという徹底ぶり。
まぁ、カラーにどころか、本編にすらモブで、しかもちょこっとしか登場しないケドね。
主人公はどうした!?あぁ、主人公はドラエさんというコトですか。
ただ、カラー扉に裕子さんがいないのは、ダメだろう、と。
そういう方面のシュミの方にもアピールしておかないとね。
え?やだなぁ、私のではコトないですよ。ホントですよ!?

王姉妹にしろ、阿弥にしろ、自分の為ではないというのがいいですね。
ラミィは間違いなくミツルといこうと思っていた訳で、そういう動機だとドラエさんは協力しそうにはないな。

ミツルから電話がかかってきた時のドラエさんの笑顔はイイですねー。


[破戒劔師 ハカイケンシ ―TAO-BLADE―]
前半のお風呂シーンは眼福でした。
有難うございます!

あの大軍を相手にするのに、上から岩でも落っことすのかと思ったら、何を考えているのか、自らが突撃。
いや、最終的には自分が行かなきゃならないとは思いますが、せめて少しでも楽に減らしてから、という考えはないんかね?
そもそも、この状況だと、1番前に落ちなければダメだとも思うんだよね。
ジン達よりも先にいる兵士に対して、「かまわずに追え」っていう命令が出たらどうするつもりだったんだろうか?

でも結局は、ピンチに陥っている姫様たち。
でもこの感じだと、味方っぽい気もしないでもない。
敵だったら、全員でイッキにかかってくると思わない?


[ドリフターズ]
豊久達がこの世界に連れてこられた理由は未だに不明。
そもそも、日本語を話せる者がいるのかどうかも不明だし、彼らが自分達の境遇を知る日は来るのだろうか?

そしてどうやら、むらを襲撃に向かう様だ。
むらでは何が待っているのか楽しみだ。


[次回予告他]
いやいや、ハッハッハ。
また意見が採用されたね。
しかしねぇ、カッテにハートマークをつけるのはやめていただけませんかね?
私のイメージが壊れたらどーしてくれるんだ!と。
しかし、意見は採用されているのに、相変わらずレナのメイドさんテレカは当たらんなぁ。
もしかしたら「ほか20名」に含まれている可能性もなくはないのだが…


さて次号では冲方丁氏原作の”スプライト シュピーゲル ~Butterfly&Dragonfly&Honeybee~”が連載開始。
作画がさめだ小判氏とあって、実に楽しみだ。

そして読みきりで雷句誠氏が登場。
前号の感想でも書いたのだが、この作家って、活動再開をこんなに騒がれるほどでもないと思うんだがなぁ。
私には、あの「祭り記事」自体が小学館に対するあてつけにしか見えないのだが。特に講談社。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングアニマルあいらんど」no.9感想 嬉しい出来事Part.29
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。