い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/08
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/09/22(火) 04:43 チャンピオンREDいちご
またしても次号発売目前になっての更新になってしまいました。
っていうか、実はこの雑誌の感想を書くコト自体を忘れていました。
存在そのものを忘れていたっていうか…
ま、どーでもいい話ですね。


という訳で本日は「チャンピオンREDいちご」Vol.15の感想を。
チャンピオンREDいちご
秋田書店刊


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想
Vol.4感想
Vol.5感想
Vol.6感想
Vol.7感想
Vol.8感想
Vol.9感想
Vol.10感想
Vol.11感想
Vol.12感想
Vol.13感想
Vol.14感想


[表紙&ポスター&レジャーシート]
今回の表紙は、夏らしく水着&アイス。
お決まりのアイスエロも標準装備。
しかしねぇ、口周りはまだ解るとしても、何で胸やらお腹やらに垂れるんでしょうかね…
っていうか、拭けよっていう話ですがな。


ポスターは文倉十氏とDISTANCE氏。
文倉氏のは、特に思うモノはない。
DISTANCE氏のは、エロいですねー。実にエロい。
しかも、単にエロいというダケに終わらずに、シチュエーションがとってもイイですねー。
じゃれあっているのが、ユリの雰囲気を出していて実にイイ。


レジャーシートは、表紙と同じ絵みたい。
みたいとうのは、実は開けてすらいないから。
まぁ、こんなモン使う機会なんかないしなぁ…
誰かコミケで使った人はいるのだろうか?


[おとまりHONEY]
え?コレ、おかしいだろ?
ねぇ、おかしいだろ!?
いや、確かにさぁ、松田の愛の告白という衝撃的なシーンを冒頭にもってくるというのは理解できるんだケドさぁ。
カラーが終わった次のページで着替えシーンって、どうなのよ?
そのシーンこそ、カラーでやるべきページだろ!
やり直しだ、やり直しを要求するぅぅぅうう!

そして内容はいつもと同じ。
進展はまるでなし。
もしかしてこのマンガ、最終回になるまでこのまま続くんじゃなかろうね?
ムシロ、進展したら終わりそうで怖い…

後、当日まで衣装合わせしないって、おかしいだろ…


[VITAセクスアリス]
何が始まったのかと思ったら…
夢オチかよ。
しかも、志楼の夢って…

しかし、志楼の夢ってコトはさ、今回出てきたキャラ性格って志楼のイメージなのかな?
真央はいいとして、2号さんのイメージ悪くない?


[Canvas3]
今回のメインは先生。
…なのはどーでもいいとして、冒頭にいるポニーテールの女の子は誰だ!?
背景キャラか!?背景キャラなのか?
この女の子こそ、メインにしろよ…

で、先生の話なんですケド、この人子供っぽすぎる…
一応、この中では1番のオトナなんだし、そういう需要のキャラなんじゃないの?
まぁ、ギャップ萌えという意味ではいいとも思うのですが。
やっぱさぁ、オトナな魅力を発揮して欲しいんですよねー。
そういう意味で、今回の話はイマイチ。


[あきそら]
気になったコト。
この学校の成績上位者って、揃いも揃ってAV女優の名前では…?
どんな学校だよ…
まぁ、登場している人物は皆変態だから、そんなの何も問題ではないですケドね!

で、新キャラの登場ですか。
まぁ、新たなタイプの変態プレイを描く為には、新キャラを登場させなければならないというのは解るんですがね。
こうも出されまくると、既存キャラの存在する意味がなくなるっていうか…
要するに既存のキャラで話を作れっていう話です。
まぁ、その為の毎回の2本立てなんだろうけれどもさぁ。

で、その2本目は単にえっちしているダケという…
もうさ、素直にエロ雑誌に移籍しなさいよ、と。
この雑誌である以上、こんなのが見たい訳ではないんだがね。


[Eのシカク]
いや~、もう、ホント、何が面白いのかが解らない。
前回のあらすじのスベりっぷりがまたね、どーにかならないのかっていうレベルですね。
まぁ、おそらくは次から感想は書かなくなるでしょう。


[となりの甘姉]
あまやかしはあまり良くないのですがね…
とまぁ、そんなコトよりも、ドチラかというと隣のおねーさんが、普段どういう仕打ちをしているのかが激しく気になる。

隣の芝生は青いってコトだな。


[さめだ小判の華麗なる生活]
出た…
四天王の中でも最弱というお決まりのセリフ。
このセリフを見る度に思うのですが、そんなのを四天王にした人物に原因があるんじゃないのか、と。

しかし、このマンガ、どーいう方向に向かっているのかまるで解らなくなってきたな…
まぁ、バカバカしい展開が増えそうな気がするので、その点では別にかまわないのですがね。


[純潔ラビリンス]
コレは短編としてよく出来てますねー。
気持ちの描き方も巧いしねぇ。

個人的にも、メインテーマが女性同士の恋愛というのが好感度高いですよー。
純愛的な仕上がりになっているのも良い。


[猫神やおよろず]
何かひょっとして、このマンガも佳境にはいった感じなのか?
繭の天界への帰還や、今後のコトも含めて、どうなるのか楽しみではある。

根津魅が増えたというのも気になるな。もしかして繭が関係しているのかな?
そして最後、根津魅が地上にきてしまったのか…?


[ガレキに華を(特別編)]
宣伝マンガ。

ガレキって空飛べたっけ?
まぁ、細かいコトは別にいいか。

しかし、この中の話だと、”ハダシスト”がものスゴくエロいんですよね。(主にシチュ的に)
あの話は本当にエロくって気に入っているんですね。(絵は微妙ですが)
どのくらい気に入っているのかというと、このマンガが収録されているからという理由でコミック買ってしまいました。


[もぐもぐされたい]
いちご的には、ムニエルは良くって、練乳がけは邪道なんだ…
どういう基準なんだろう?

いちごが擬人化したというのは、雑誌的見て、まさにそのままという感じでいいと思うのですが、いちごの擬人化だったら他にやりようってモノがあるんじゃないの?
折角いちごなんだし…
いや、あえて詳しくは書かないけれども。
っていうかね、いちごの擬人化なのに、いちごらしさが何もないっていうのはダメじゃね?
せめて頭の上にヘタがのっているくらいはやってくれないと…


[めいおん!]
またメイドか!
今更、女将がメイドコスしたくらいで人気が出る訳ないだろ…

話としては本格的にどーでもいいな。
メイドコスが今更なら、話も今更って感じかな。


[れすきゅーME!]
コレ…
懸賞っていうか、自腹をきったんじゃぁ…?

しかし、本当に正行はどうなっているんだ?と。
まぁ、人生計画がシッカリとなされているといえなくもないけれど。
清水さんの超積極的アプローチをかるがるスルーなんて、常人には不可能だぞ。
しかも、正行ってホ○でも不能でもないんだよね。


[メイドいんジャパン]
何かもうね、別のマンガでやれや!っていう展開なんですが…
相手戦車に勝つ方法は予想どおりではあった。
まぁ、予想では単に砲塔に砲弾を撃ち込むのかと思っていたダケだが。

そして痴嬢様に、男であるコトがバレてしまった。
バレる時も変態的に。
…だが、もしかしたら、ハンドルのレバーとして誤魔化すコトになるかもしれない。
このマンガである以上、その可能性もなくはない。

後、建女は自分の勝利を確信しているが、痴嬢様が成美を見限ったからといって、建女の主人になる保証はないと思うのだが…
ムシロ、より一層嫌う気がする…


[にゃっと!]
冒頭のシーンはお約束ですか、そうですか。
っていうか、全編にわたってお約束しかない気もしますが。

個人的にはネコ娘よりも大家さんの方が良かったりするので、大家さんのエロスをお願いしたいトコロ。
まぁ、その前に主人公が大家さんによってアパートを追い出されないかの方が心配ではありますが。


[プラトニック・インベイド]
え?何?何コレ?
なんつーかさぁ、ムダに流した涙を返せよ…
いや、確かに、最後まで読んでみると、実にこのマンガらしいというか、オチは解ってしかるべきという気がしないでもないんですがね。

しかし、もしかしたら、このマンガの終着点の1つが見えた気がしないでもない。
あくまでも可能性の1つとしてだが。


[バケカノ]
このスケベヤローが!
とはいえ、スケスケメガネを入手したらこうなるよな。
ペッタンコしか描けないのかと思っていたが、そんなコトはなく、今回巨乳のオイロケも投入されたし、充分に満足出来ますねー。
座眉が足を広げた際には、浩志視点ではなかったので、何やってるんだと思いましたが、次のページでちゃんと描かれていたので安心しました。
まぁ、座眉に関しては胸が残念なデキなので、微妙ではあるのですが。


[同人はっけん伝]
あぁ、最近、映画でリメイクされているから…
しかし、何というか…
相変わらずヒッデぇ内容のマンガだな。
いや、そのヒドさが面白い訳ですが。


[らぶ+ぴす+しっく]
ユリいいぞ、ユリ。
しかもポニーテールだし。
いや、しっぽの先はもう少し長い方がいいんですケドもね。


[ちょっきんぱにっく]
委員長の水着、委員長の水着♪
うん、うん。
いいねぇ、委員長の水着。
ほらさぁ、ハサミやピン子だとさぁ、ビジュアル的にダメダメだからさぁ。

ハサミのいう「とんでもない事」というのはどういう意味なのだろう?
串刺しという意味なのか、破れるという意味なのか…
ソレが問題だ。

今回の話で不満があるとすれば、委員長の水着が破れなかったコトだな。
何やってるんだよ、ハサミは…
肝心なモノを破かないんだから。



[次回予告]
おさいふブルマねぇ…
余計なモノをつけるな!と何回言えば解るんだ!
こんなのいらねぇよ。
大体、こんなのコミケ以外の場所で使っていたら通報されるだろうが…
コミケ前の今号にこそつけるべきアイテムじゃねー!?

作品では仏さんじょ氏が復活。
楽しみではあるのだが…
ロリにさえ特化しなければな!


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングチャンピオン烈」Vol.22感想 ”釣り屋 ナガレ”2巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。