い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/09/25(金) 15:53 その他のマンガ
プロ野球のセ・リーグでは巨人が優勝しましたね。
セ・リーグ3連覇は30何年かぶりの快挙だそうで。
まぁ、日本シリーズに出る為にはクライマックスシリーズで勝たなきゃならないんですけれどもね…
しかし今年の巨人は強かったなぁ。


さて本日は”美少女いんぱら!”80話のレビューです。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話/50話
51話/52話/53話/54話/55話/56話/57話/58話/59話/60話
61話/62話/63話/64話/65話/66話/67話/68話/69話/70話
71話/72話/73話/74話/75話/76話/77話/78話/79話

番外編「~伊勢谷緋華の牝犬日記~」

単行本1巻紹介


さて今回は、夏のバカンス編の最終回。
最終回らしく、最終日の夜のお話です。
最終日の夜は、花火で遊びます。

DSC08154_20090925151251.jpg
花火

このマンガでは今までに2回ほど花火大会のネタがありましたが、自分達で花火をやるのは初めてでしたでしょうか。
弾馬先生も久しぶりだといっています。

…と、名倉さんが早速、弾馬先生に向けてロケット花火を発射。

DSC08155_20090925151258.jpg
ロケット花火

コレには流石に弾馬先生も、ご立腹。
緋華ちゃんも、弾馬先生に同意します。
やっぱりねぇ、花火を人に向けたら危ないですからね。
その辺り、緋華ちゃんもちゃんと解って…

解って…

わか…




DSC08156_20090925151325.jpg
ダメの見本

うん、まぁ…
解ってはいたケドね…
花火は人ではなく、自分に向けるモノですか、そうですか。
つまり、アレですね。
花火プレイとか何とかそんな。


さて、そんな弾馬先生達を尻目に、ロケット花火の当てっこを始めてしまった京ちゃん達。

DSC08157_20090925151418.jpg
当てっこ

このコマでのポイントは、ロケット花火が的中してなみだ目のチャーちゃんだと思うのですが、どうでしょうか。

3人で楽しそうやっているので、放っておいて、弾馬先生達はおとなしく花火を続行です。

DSC08158_20090925151515.jpg
放っておく

すると、ココでも緋華ちゃんが大炸裂。
本日2度目の緋華ちゃん大劇場です。

DSC08159_20090925151650.jpg
間違ったやり方

なんと緋華ちゃん。
手持ち花火ではなく、ロケット花火を手に持って点火。
そもまま手に持ち続けるという暴挙。
もうさ、花火禁止にした方がいい気がしますね…


さて、こうして3人で集まって手持ち花火をやっている訳ですが。
ふと、弾馬先生が何かに気づきました。

DSC08160_20090925151919.jpg
縞々ぱんつ

しゃがんで花火をやっている訳で。
蒼ちゃんはスカートを穿いている訳で。
つまり、花火の光によって、スカートの中が見える、と。
蒼ちゃんは、以前と同じく縞々ぱんつを穿いているみたいですね。
しかし、弾馬先生も段々と毒気づいてきたのでしょうか。
自分の教え子のスカートの中を覗き見るシュミがあったとは…、ね。

トコロで、緋華ちゃんもスカートなので、当然のコトながら、スカートの中が覗ける訳ですが…
弾馬先生が、緋華ちゃんの方に目を移してみると。

DSC08161_20090925152017.jpg
スカートの中は…

弾馬先生は、当初、冷静に「白…、いや、ベージュか?」などと思っていたのですが、ふと、あるコトを思い出します。
まぁ、既にこの記事を見ていただいている「いんぱラー」の皆様には説明するまでもありませんが、緋華ちゃんは基本的にノーパンです。
しかも、つるっつるに剃っていたりします。
つまり、ベージュというのは、そういう意味です。
まぁ、アレだ、全部言わなくっても解りますよね。っていうか解れ。私の口から全部言わせるな。
しかし、弾馬先生は、既に緋華ちゃんの全裸を見たコトがあるのに、何を慌てているのか…
マッタク、情けない…


さて話は、花火自体のコトに。

DSC08162_20090925152432.jpg
会話

弾馬先生達が花火を買った時、もう1人花火を買っていた人がいたみたいです。
その時、弾馬先生は、何かが気になった様子。

DSC08163_20090925152456.jpg
気になる

どうやらもう1人は、ワザワザ中国製の花火を指定して買っていったらしい。
弾馬先生は、そのコトが気になっているみたい。
中国製だと安かったのかな?などと、値段を気にしている様子。
そんなトコロでケチるなよ、といいたいトコロではありますがね。
やっぱり安月給で、そういうトコロが気になるんでしょうかね。
名倉さんが言うには、安いらしいのですが…

まぁ、この後に壮絶なオチがつく訳ですが、その辺りはご自分の目でお確かめくださいネ、っと。


こうして最後の夜も終わり、バカンス編は終了するのだった。


という訳で長々と続いてきた夏のバカンス編は今回で終了となります。
最後の話は、バカンスの最後に相応しく、花火の話です。
まぁ、花火であっても、相変わらず緋華ちゃんはトバしまくっていますケドもね。


しかし、そんなコトよりも、今回の大問題は、弾馬先生が教え子のスカートの中を覗いていたコトではないでしょうか。
何といいますか、弾馬先生も、このメンバーで行動するようになってからだいぶ経ちますし、段々と毒されてきたというか、染まってきたというか…
しかしまぁ、蒼ちゃんの縞々ぱんつを見ても微動だにしないのは、既に脈なしというコトではないのだろうか?
流石に緋華ちゃんの中を見た時には驚いていましたが。
しかしコレ、計算づくで「見せてんの!」などというコトだったら、ソレはソレで…
うん、まぁ、ないな。
チャーちゃん辺りだったらあるかもしれないけれども。


[今回の萌えコマ]
さて今回の最萌えコマはコチラです。

DSC08165_20090925152656.jpg
微笑ましい

花火を持って、弾馬先生にアピールする蒼ちゃん。
こういうシーンっていいですよね。こう、青春っていう感じがして。
しかし、このセリフ。
先ほどの座っているシーンに適用されたら、やっぱり花火ではなく、スカートの中を…

…って、何を言っているんですかね、私は。
このマンガも80話を数えるコトだし、私も何か、毒されているんですかね…?
うん、いや、元からだろ!っていう説が濃厚ですが。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”釣り屋 ナガレ”第31話「シロギスの心4 ―決着―」 「ヤングチャンピオン烈」Vol.22感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。